ホーム > NZブログ > 2015年 > 2月 > 18日 > シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア スチュー・ラザフォード氏独占インタビュー

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2015.2.18 | 投稿者 : Kiwi Breeze

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア スチュー・ラザフォード氏独占インタビュー

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア スチュー・ラザフォード氏独占インタビュー

現在、上映されているニュージーランドの首都ウェリントンが舞台になっている「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」!!!

これから上映される場所もあります。。。詳しくは公式サイトをご確認下さい。

本人役で出演している「スチュー・ラザフォード氏」へ映画のことについてインタビューをしたので紹介します。因みに大学卒業後日本の企業でも働いていたそうです!詳しくは明日の「NZフレンズ」にて!!

Q 初めてTaika氏とJemaine氏に会った時のことを覚えていますか?

実はTaikaとは同じ高校出身で、Jemaineとはお互いがヴィクトリア大学に通っていた時に出会いました。

(注):Taika氏とJemaine氏シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイアの監督です!!!

Q 彼らに対する印象はどうでしたか?

高校時代Taikaとはあまり仲がよくありませんでした。すごくクールで近寄りにくかったんです。でも、後になって彼のことをよく知るようになり、素晴らしい奴だと気付きました。その後彼とは、他の仲間と共に4年ほど同じフラットで共同生活をしました。
Taikaに対する主な印象は、仕事熱心だということです。彼はとても賢くて才能もある、でもどんな仕事にも膨大な時間を費やして取り組むんですよね。

Jemaineとは共通の友人を通して知り合いました。最初は口数が少ない印象でしたが、話してみるととても面白かったんです。そのうち、ダンスフロアでも面白い「隠された動き」を持っている事に気が付きました。というのも、彼は元々ダンスの動きはとても良いのですが、時々信じられないような動きを繰り出して、何もなかったかの様に元の動きに戻ったりするんです。

Q なぜこの映画への参加を決めたのですか

彼らは2005年に私がTaikaや仲間と共同生活をしていたフラットでこの映画の短編を撮影していて、実は最初のシーンは棺を保管していた私の寝室で撮影されたんです。それで、逆に撮影に関わらない方が大変でした。
私は街中で撃たれるシーンの手伝いをしていて、彼らにCoriの友達役としてこのシーンに出演したいか、と聞かれ「あぁ」と答えたんです。それが始まりです。私の出演部分が映画の中で大きくなったのは、顔が赤ら顔なので、吸血鬼たちの隣に立つと彼らがより「死んでいる」様に見えるからでしょうね。

Q 劇場版と元々の短編版のあなたの役における違いは何ですか

違いはあまりない方がいいですね。2012年に撮影した時も、極力2005年のStuと同じになる様にしました。実は短編の撮影の後カメラに慣れる為、コマーシャルやテレビのオーディションを受け始めたんです。ところが2011年にTaikaから“演技のレッスンをするな”とメールをもらいました。その時に、キアヌ・リーブスの様になるのではなく、2005年の時のままでいた方がいいんだと気付きました。それで一日中部屋にこもって、誰とも話さないふりをしました。
Jemaineがあるシーンを監督していた時にStuはもっと優しくするようアドバイスをくれました。もし違いがあるとすれば、Stuの優しさがアップしたところですね。

Q これから本作を観る日本人に一言(Please 日本語で)。

「この作品を頑張って見に行けば、生き残る可能性は高いと思います(笑)」

本当にリラックスして見れるコメディー映画!!

公式サイトはこちら

写真:Kane Skennar

ではでは

熊木

タグ : , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information