ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.7.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

夏の夜をスパークリングワインで爽やかに彩るNZワイン会 開催

夏の夜をスパークリングワインで爽やかに彩るNZワイン会 開催

こんにちは。
昨日は私主催のニュージーランドワイン会を開催させていただきました。

今回のテーマは「夏の夜をスパークリングワインで爽やかに彩るNZワイン会」と銘打ちまして、6つのスパークリングワインをご紹介させていただきました。

最初の乾杯でお出ししたのは、インヴィーヴォのスパークリング ソーヴィニヨン ブランNV

compass1448024717

マールボロ地域にあるインヴィーヴォのスパークリングワインは、フレッシュな香りとキレが特徴で、キンキンに冷やすと、この暑い夏にはもってこいの一本です。

100%ソーヴィニヨン ブランのスパークリングは、とても珍しくいのですが、マールボロ特有のフレッシュさを味わえます。

これに合わせたのはタコと山形のダシという名物を合わせた一品。

IMG_2168

ワインは気取るものではなく、日常に飲むもの。そして、こういった和食にも合うんだよとお伝えしたかったのですが、皆さんそれを感じてくれたようです。

2本目は同じくマールボロ地域にあり、100%ソーヴィニヨン ブランで作られた、トイ・トイのスパークリングワインです。

compass1446557073

こちらは以前もレポートさせていただきましたが、すすきをあしらったラベルが目印のワインです。

インヴィーヴォとの飲み比べでお楽しみいただきました。インヴィーヴォと比べると、やや甘さを感じるテイストですが、グラッシーと呼ばれるソーヴィニヨンブランのフレッシュさもしっかり味わえます。

これに合わせたのは、グリーンサラダとNZ産コーンを潰してNZ産クラッカーに乗せたもの。ニュージーランドのコーンは非常に甘くてとても美味しいです。

IMG_2169

IMG_2173

3本目はオイスターベイのスパークリング キュヴェ・ブリュットNV。こちらはシャルドネ100%のスパークリングです。

compass1468672105

オイスターベイは、ニュージーランドで最も大きなワイナリーで、その名の通りオイスターによく合うワイン造りをベースとしています。

シャルドネの風味豊かな味わいが、パンのような香ばしさが、泡とともにプチプチと口に広がります。

これに合わせたのは、ニュージーランド産グリーンマッスルのアペタイザー。ワインビネガードレッシングをあしらいました。

IMG_2175

ニュージーランド特有の貝、グリーンマッスルは、肉厚で濃厚な味わいが特徴です。日本では弊社のオンラインショップでご購入いただけます。

それと鶏ハムもお出ししました。

IMG_2182

4本目はクラウディーベイのペロリュス NVをサーブさせていただきました。

compass1443792728

クラウディーベイのスパークリングは伝統的なシャンパーニュの製法にとてもよく似た形で作られており、シャルドネとピノ・ノワールがセパージュされています。

ほんのりと樽の香りも感じられ、濃厚で豊かな味わいは、是非一度飲んでいただきたい一本です。

通常はフリットやサーモンと合わせるのが一般的ですが、今回はなんとゴーヤーチャンプルーと合わせてみました。

IMG_2188

実はふとしたことでゴーヤーの程よい苦味とペロリュスが合うのではないかと閃きまして、試してみたところ、なかなかのマリアージュになりましたので、ご提供させていただきました。

良かったら、ゴーヤーとスパークリングを合わせること、試してみてください。

そして5本目には、クラウディーベイのペロリュス・ロゼをご提供させていただきました。

IMG_2194

ペロリュス・ロゼは、日本未発売ですが、先日ニュージーランドに行った際に、
持ち帰ってきたものです。

美しいピンクに立ち上る細かい泡。苺を思わせるようなフルーティーな香り、本当に素晴らしいワインです。

いつか日本でも販売して欲しいです。

最後に、デザート的な形でラブブロックというワイナリーのモスカートブリュット2014をお出ししました。

compass1459165835

モスカートという品種でワインを作っているのは、ニュージーランドでは非常に少なく、ラブブロックはビオグロ認証も受けている、自然にこだわったワイナリーです。

甘さだけでなく、香りと風味がしっかり泡とともに味わえます。それでいて甘ったるさが残らないので、とても美味しいワインです。

締めにはベーコンとほうれん草と舞茸のパスタをお出ししました。

IMG_2201

こちらもモスカートと上手にマッチしてくれたので、ご納得頂けたのではないかと思います。

それぞれに話が盛り上がり、笑いの絶えないワイン会となりました。

IMG_3091

ご来場くださった方に、改めて御礼申し上げます。

我妻

タグ : ,

投稿日 : 2017.7.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドの文字を発見!!

ニュージーランドの文字を発見!!

ニュージーランドの文字を発見!!
フレッシュジュースの売り場で、ニュージーランド産のビーツを見つけました。

IMG_5334

ニュージーランドではハンバーガーにも挟まっていたり、メジャーな野菜なんですよね。
日本ではなかなか口にする機会がありませんが、カリウムやマグネシウム等が豊富で「飲む輸血」と呼ばれるほどのスーパーフードなんですよ!

お店の方に聞いたら、真空パックの状態で届いているとか。
食卓に並べるのは難しいですが、こんな風に手軽に摂取する機会が持てるのは嬉しいです。

IMG_5335

また時々飲みに行こうと思います!
日本でももっと広まってくれたら嬉しいですね。

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2017.7.18 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

女子ソフトボールニュージーランド代表vsU23日本代表との試合 レポート

女子ソフトボールニュージーランド代表vsU23日本代表との試合 レポート

昨日、君津市の小糸スポーツ広場にて行われた、女子ソフトボールニュージーランド代表(通称:ホワイトソックス)と、23歳以下日本代表との試合を取材してきました。

思っていた以上に多くの観客が会場に駆けつけ、スタンディング客も出るほどでした。

IMG_1689

自分はソフトボールについてあまり詳しくないので、試合の感想はごめんなさい。。
ただ、日本がすごく強いという事だけは分かりました。

野球よりピッチャーとバッターの距離が近いこともあり、迫力がありましたね。

IMG_1708

また先週行われたスーパーラグビーのブルーズもそうでしたが、今は冬の南半球からの来日だと、とても暑そうに感じました。

試合の前には市長の挨拶や、地元のソフトボール選手による始球式がありました。
町を挙げて歓迎している事がよく伝わりました。

また、ハカも見ることが出来ました。

IMG_1678

男子のハカとは動きも歌も違いますが、迫力があり、観客からも歓声があがっていました。

このようなスポーツイベントを通じて、ニュージーランドと日本がよりお互いを理解する事に繋がりますね。

IMG_1683

そして、若い世代がこういう機会を持つ事によって、インターナショナルな若者を創出できると思いました。

今後もキウイブリーズでは、日本とニュージーランドの交流を盛り上げるお手伝いをして行けたらと思います!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2017.7.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2017 サンウルブズ vs ブルーズ レポート

スーパーラグビー 2017 サンウルブズ vs ブルーズ レポート

7月15日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2017 最終節 サンウルブズ vs ブルーズの試合を取材してきました。

結果は48対21でサンウルブズがニュージーランドカンファレンスのブルーズを下しました。サンウルブズは今季2勝目となりました!

IMG_1557

31度を超える強烈な日差しが照り付けるピッチでも集中力を切らす事なく、タックルをしてチームとしてのカバーリングも早かったようにみえました。また不甲斐なかった南アフリカ遠征から戻り、チームとして最終戦になんとしても勝利してファンの方と喜びを共有したいという気持ちがこちらにまで伝わるゲームでした。

IMG_1171

サンウルブズのヘッドコーチ「ティアティア」が試合後の会見で「よく耐え、しっかり競れていた」というコメントからもいかに気合が入っていたのかを感じる事が出来ました。

ブルーズも2週間前に日来日(オールブラックスメンバー外)して、鈴鹿市でホンダとの練習試合をするなど十分準備期間があったと思います。

また本日がブルーズの選手として最後の試合になる3選手がキャプテンの前にピッチに出て来ました。

先頭はニュージーランド代表(オールブラックス)のPRチャーリー・ファウムイナ

IMG_1108

続いてニュージーランド代表(オールブラックス)のNO8スティーヴン・ルアトゥア

IMG_1111

最後にマオリオールブラックスのファーストファイブエイトのイハイ・ウエスト

IMG_1113

ブルーズはプレーオフに進むことは出来ませんが、最終戦を勝利して3選手を送り出そうと気合が入っていました。

IMG_1255

その気合を上回ったサンウルブズ。
ラグビーは本当にメンタルのスポーツです。

また会場のサポーターの声援が選手一人一人を後押ししたように思いました。
チームとしての一体感を感じる事が出来た試合でした。

ディフェンスする姿がオオカミのように見えました。

IMG_1234

1対1では止める事が出来ない選手を2人から3人で止めて、素早いカバーリングをする姿を多く見られました。。。

またトップリーグのトヨタでプレーをしたジェロームカイノ。

IMG_1407

後半16分 イエローカードで10分間の退場。これによりチームプランを変更せざる得なかったようです。またブルーズの選手たちの足は止まり、集中力が切れていたようにもみえました。

試合後、イハイ・ウエストに試合の感想を聞きました。

IMG_1212

返ってきたのは「暑かった」の一言。さらに「数年は日本でのプレーは考えていない」とのことでした。
他の多くの選手も下を向きバスに乗り込んでいったのが印象的でした。

3選手くらいはファンにサインをしていました。

アキライロアネは子どもにブーツや練習着をプレゼントしていました。
その子どもにとって一生の宝物になることでしょうね。

本日のフライトでオークランドに戻るブルーズの選手たち。試合後は滞在ホテルのビアガーデンでリフレッシュしたそうです。

来月はハイランダーズも来日しますので、今から楽しみです。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2017.7.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オークランド ブルーズキャプテンズラン

オークランド ブルーズキャプテンズラン

昨日、秩父宮ラグビー場で行われたオークランドブルーズのキャプテンズランを取材しました。

この試合がブルーズ最後の試合になる選手がいます!

ニュージーランド代表(オールブラックス)のPRチャーリー・ファウムイナはフランスのトゥールーズへ移籍。

IMG_0904

ニュージーランド代表(オールブラックス)のNO8スティーヴン・ルアトゥアはイングランドのブリストルへ移籍。

IMG_0921

両選手にとってもブルーズ最後の試合になるのでなんとしても勝利で終わらせたいと思っていると思います。

また、まだリリースされていない選手もいます。。。

今から取材をしに秩父宮ラグビー場へ!

自分の注目はトヨタのジャージを着てたジェーロムカイノ。
チームのバランサーとしての役割もになっています。
サンウルブズ相手にどうマネジメントするかも注目しています。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2017.7.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オークランド ブルーズメンバー発表

オークランド ブルーズメンバー発表

ブログ更新が中々出来ず申し訳ありません。
明後日、15日(土)に秩父宮ラグビー場で行われる今シーズンラストのサンウルブズの試合。
最終戦にふさわしい強敵の対戦チームが来日しています。

ニュージーランド最大都市「オークランド」を拠点に活動をしているブルーズのメンバーが発表されました。

注目は先日までライオンズとオールブラックスとして対戦したジェロムカイノ及びオールブラックスセブンズでも来日していたアキライロアネです。

とてもフレンドリーでお茶目な一面もある選手です。いつか日本でプレーしてもらいたい選手です!

また、監督はタナウマガ。ラグビーファンなら一度は聞いた事があるのでは!?

また、プロップのFaumuinaとNO8のLuatua はブルーズでの最後の試合になります。
チームとしても勝利して送りだしたいとのことでした。

明日秩父宮で行われるブルーズのキャプテンズランを熊木が取材に行くとのことです。
記事をお楽しみに!

高橋

vsサンウルブズメンバー

1.OfaTu’ungafasi
2. James Parsons (c)
3. Charlie Faumuina
4. Gerard Cowley-Tuioti
5. Scott Scrafton
6. Akira Ioane
7.Blake Gibson
8. Steven Luatua
9. Augustine Pulu
10. Ihaia West
11. Melani Nanai
12. TJ Faiane
13. George Moala
14. Matt Duffie
15. Michael Collins.

Replacements:
16. Hame Faiva
17. Pauliasi Manu
18. Sione Mafileo
19. Josh Goodhue
20. Jerome Kaino
21. Sam Nock, 22
Stephen Perofeta
23. Rene Ranger.

タグ : ,

1 / 2221234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information