ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.9.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2021年 本日 キウイの日!!

2021年 本日 キウイの日!!

こんにちは。
今日、9月1日はキウイの日!

キウイフルーツで有名なゼスプリが制定した記念日なんです。

そんなキウイの日限定でカフェコムサで発売されたケーキですよ。

『2種のキウイとヨーグルトクリームのケーキ』

image1

グリーンキウイとゴールドキウイが美しく並べられていますね〜
酸味のあるグリーンと甘味の強いゴールドを合わせて頬張ると、果汁たっぷりでジューシー!

ヨーグルトクリームはとてもあっさりしているので、キウイの甘さを消さず、大ぶりカットでも全然重たくなかったです。

全国のカフェコムサでそれぞれ異なるキウイのケーキが販売されているので、是非お近くの店舗へ足を運んでみて下さいね。

image2

福本

タグ : ,

投稿日 : 2021.8.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

東京2020パラリンピックが開幕します!

東京2020パラリンピックが開幕します!

こんばんは!
本日24日、国立競技場にて開会式が行われて東京2020パラリンピックが開幕します。
東京は、史上初のパラリンピック2度目の開催となる都市です。
9月5日まで、22競技が実施されます。
ニュージーランド代表は、車いすラグビーや陸上、自転車、水泳、カヌー、射撃などに出場します。

佐賀市内で8月7日から24日まで事前キャンプを行っていたニュージーランド陸上代表の選手たちは、今朝ホテルを出発し選手村へと向かいました。

IMG_2646

ホテル関係者の方々が旗を振ってお見送りをされたそうです。

IMG_2639

写真提供:佐賀県スポーツ課

先週18日にはオンラインでニュージーランド陸上選手団と南里副知事が面会をし、チームを激励をしました。その中で、県民からのメッセージ動画なども映されました。

また、20・21日には佐賀市のSAGAサンライズパークで公開練習を行い、練習後には見学に来た市民と写真撮影などに応じました。

選手たちは日本のおもてなしにとても喜んでいたとのことです。

キウイ・ブリーズが注目する選手は、アナ・グリマルディです!

1616435

1997年2月12日生まれの24歳で、2016年リオデジャネイロパラリンピックでは、女子走り幅跳びT47で金メダルを獲得しました。
ダニーデンのベイフィールド高校を卒業していて、Athletics Taieriという陸上のクラブチームに所属していました。

自分もキングスハイスクールに通っていた時に陸上をやっていてAthletics Taieriに所属していたので、親近感を持ちました。

開会式は本日20時からですが、ニュージーランド代表は新型コロナウイルス感染予防対策のため、開会式に参加しないということがあらかじめ発表されています。
万全の準備をして、良い結果が出ることを心より願っています!

Kia kaha!

ではでは

熊木

投稿日 : 2021.7.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド男子サッカー代表 ダニー・ヘイ監督 独占インタビュー

ニュージーランド男子サッカー代表 ダニー・ヘイ監督 独占インタビュー

ニュージーランド男子代表が新たな歴史を作りました!3回目の出場にして、初の決勝トーナメント出場です。

グループステージが予想外の展開になったと思った方も多かったかもしれませんが、自分はそうとは思っていませんでした。
なぜなら、監督のダニー・ヘイは初戦となる韓国戦にフォーカスしていたからです。
練習を非公開にして、戦術などの情報が漏れることがないよう徹底的に管理していました。

アップが遅くなりましたが、以下のインタビューは大会前に行なっております。
有言実行となったのは本当に素晴らしいと思います。。。

・チームの様子はいかがですか?

素晴らしいです。ここでのトレーニングはとても整備された施設で行っているので、最高です。日本の皆さんのホスピタリティのお陰で快適に過ごせていますし、先日のオーストラリアとの試合もとても良かったですね。練習場での成果が試合で発揮されるのを見ることができました。また、彼らとの対戦を楽しみにしています。

・チームの強みは何ですか?

私たちのチームの強みは、フィールド全体にあると思います。私はウィンストン・リードのような選手がバックラインを統率し、質の高い選手がボールを持っていることを心から信じています。そして、クリス・ウッドのような選手が、才能ある若い選手たちと前線で連携することは、私にとって非常にエキサイティングなことです。

・東京オリンピックでの目標は何ですか?

私たちニュージーランドチームは、オリンピックで一度も勝ったことがありません。これが最初の目標ですね。でも最終的には、自分たちでより高い目標を設定したいと思っています。そして、グループリーグを突破したいと思っています。しかし、それが非常に難しいことはわかっています。私たちは超強力なプランを計画していますし、最終的にはそれが可能なチームだと信じています。

・注目しているチームや選手はいますか?

韓国を中心に、すべてのチームを分析してみました。彼らはフィールドの至る所に強みを持っています。才能のある素早い選手たちによるカウンターアタックという意味では、彼らは非常に強力だと思います。前回の大会では銅メダルを獲得していますが、今回はどうでしょうか。彼らは良いチームであり、よく組織されていて、勝つのはハードでしょう。

・All Whitesは暫くプレーしていないと思いますが、コスタ選手やマグリンチィ選手など選ぶチャンスはありますか?

9月、10月、11月に試合が行われることを期待しています。オーストラリアのベースプレーヤーを選ぶことができるかどうかは、新型コロナによる制限にかかっています。ニュージーランドの検疫問題を考えると、オーストラリアは彼らにとって厳しいかもしれません。しかし、良いレベルでプレーできる選手がどんどん出てきていますし、それが結果的に将来のAll Whitesを強くすることになると思っています。

このインタビューの後、NZナイツ(現ウェリントンフェニックスFC)に初の日本人選手として所属した友人でもある今矢直城とfacetimeにて話してもらいました。

3R1A7582

彼とダニー・ヘイはNZナイツでチームメイトだったので、久しぶりに話して楽しそうでした。

31日に行われる準々決勝ですが、オーバーエイジのDFウィンストン・リードが怪我しています。。。
また、プレミアリーグでも活躍し、韓国戦で得点を決めたFWクリス・ウッドは日本DFの吉田や冨安から徹底的にマークされるでしょう。

そのため、これまではワントップでしたが、今回は2列目の選手が攻撃にバリエーションを作り、ロングシュートなどでギャップを突いた戦術をしてくることが予想されます。

それを踏まえてキウイブリーズが注目するのは、MFクレイトン・ルイスです。

3R1A7580

以前オークランド・シティFCにいた頃にクラブワールドカップで日本に来日したことがあります。その後ヨーロッパでプレーし、今はウェリントン・フェニックスFCに在籍しています。

彼の動き及びパスがポイントとなると思っています。

日本代表もオーバーエイジのDF酒井が出場停止となっているため、今までとはまた違ったメンバーで難しい試合になるでしょう。
それでも調子が良い日本代表はかなり強いと思いますが、ニュージーランド代表は全力を尽くし頑張ってもらいたいです!

余談ですが、クリス・ウッドはアルビレックス新潟の舞行龍ジェームズと子どもの頃チームメイトでした。

3R1A8538

試合は7/31(土)カシマサッカースタジアムにて18:00キックオフです。
応援しています!!

ではでは
熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2021.7.27 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド女子サッカー代表 アビー・アーセグ&アナ・グリーン 独占インタビュー

ニュージーランド女子サッカー代表 アビー・アーセグ&アナ・グリーン 独占インタビュー

ご無沙汰しております。
現在、開催されている東京オリンピック。

本日、ニュージーランド女子サッカー代表の予選リーグ最終戦が宮城で行われます。

ニュージーランドがいるグループGは強敵揃いで、アメリカ・スウェーデン・オーストラリアです。

現在2連敗で来ていますが、なんとか最終戦で勝ち点を取ってもらいたいです!

日本の埼玉でプレーをしていた元キャプテンのアビー・アーセグとアナ・グリーンにインタビューを行いました。
インタビューは大会前に実施しております。。。
アップが遅くなりすみません。

3R1A7646

アビー・アーセグ

 

3R1A7650

アナ・グリーン

両選手共に4回目のオリンピック出場です。

・チームの様子はいかがですか?

いい調子ですよ。私達はできる限りのことをしたつもりです。というのは、私たちにとって厳しい状況の中にあったからです。もちろん、COVIDの制約の中では、誰もがこれまでにない状況です。しかし、私たちはできる限りのことをしていると思います。チームとして一緒にいる時間が少なく、ゲームもできませんでした。しかし、このような状況下においては良い状態です。

・チームの強みは何でしょうか?

長い間一緒にやってきた仲間なので、多くの選手がこれまでにたくさんの試合をしてきました。団結力があると思います。今回一緒にプレーした時間は少ないですが、すぐにまとまるでしょう。これは常に私たちの重要な強みのひとつであり、90分間努力する能力、フィットネスは常に私たちのゲームの強力な部分であると思います。ですから、今回のオリンピックでも、それが一番の強みと言えますね。

・東京オリンピックでの目標を教えて下さい。

ここに集まるどのチームも全てのゲームに勝ちたいと思っていますし、出来る限りの得点を取りたいと思っています。世界最大級のスポーツイベントに他の考えで臨むことは、自分自身やチーム、そして自分が代表している国に対して失礼にあたると思います。ですから、もちろん私達もすべての試合に勝ちたいですし、ベストを尽くしたいと思います。そして最も重要なことは、国の誇りになることです。

・プレーしていた埼玉の皆さんにメッセージはありますか?

びっくりする様な経験をたくさんして、本当に本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました。そして、それは私の人生において大切なものになったと思います。ここに来たことで、本当に良い思い出がたくさんできました。チームの仲間と一緒にプレーしましたが、お互いに楽しい時間を過ごせたと思います。日本に来て、一緒に生活し、この美しい国でサッカーをさせて下さった皆さんのホスピタリティに感謝しています。

本日、17時にキックオフです。
ニュージーランドはグループG首位のスウェーデン相手ですが、既に予選通過が決まっているため何があるかわからないと思っています!

最後まで応援したいと思います。

KIA KAHA

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2021.7.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

イチローズモルトの取材で秩父に行ってきました!

イチローズモルトの取材で秩父に行ってきました!

こんばんは。
先日、イチローズモルトの製造・販売している株式会社ベンチャーウイスキーの秩父蒸留所に行ってきました。

今回取材させていただくきっかけとなったのが、イチローズモルト 秩父エディション2021

3R1A7523

世界的に有名なKUSUDA WINES(クスダワインズ)のピノ・ノワールカスクを使用しています。
クスダワインズの楠田氏は秩父出身で、現在ニュージーランドのマーティンボローでワインを造っています。

イチローズモルトとクスダワインズのコラボレーションは、今回で3度目です。

コラボレーションの経緯やエピソードなどをブランドアンバサダー吉川(吉の字はつちよし)由美さんに伺ってきました。

3R1A7549

Q. コラボレーションのきっかけは

A. 秩父市内で酒屋を営む秩父あさひやさんがきっかけです。秩父あさひやの朝川さんは楠田さんと同級生だということもあり仲が良くお話をいただきました。秩父の生産者同士で世界的に評価されるお酒を造っている繋がりがあって、ワイン樽をウイスキーで使うというのは海外でも行われているので、せっかくなのでコラボレーションしてみませんかと声をかけていただきました。朝川さんには、弊社で使用させていただいているワイン樽の仕入れについて色々とご調整いただいております。
お酒造りというのは、生産者の性格というのが出ると思っていて、楠田さんのワインは、実直で真面目な印象です。ここも肥土伊知郎や働いている人たちの性格というのが味に出ていて、クラシックでトラディショナルでありつつも少し遊びがあって、窮屈でないのが特長です

Q. 秩父エディションというのは秩父だけの取り扱いですか

A. 秩父のみで、年に1回リリースしているものです。
エディションは他にも、ロンドン・パリ・台湾、USAエデションがあります。シングルモルトを世界的に出そうとすると、最低でも生産量が1万本くらい必要になってきます。1万本でも少ないのですが、昔から取引してくれている都市にはお出ししたいと思っているので、都市限定にすると少量でもリリースできるんです

Q. ピノ・ノワールカスクの特徴は

A. たとえばシラーは、ワイン自体もスパイシーで力強さがあり、それがウイスキーにも引き継がれます。それと比べてピノ・ノワールは、繊細で柔らかい感じの味わいになりますし、ワインの品種が違えばタンニンの出かたも変わってきます。ワインに限らず、もともと入っていたお酒の特長を頭に置いて飲むとそれが引き継がれると思います。なので、ウイスキーだけでなく入っていたお酒を飲んでみたりします。クスダワインズも秩父あさひやさんで購入してたまに飲んでいます

Q. ニュージーランドに行かれたことはありますか

A. ウイスキーのイベントでドラムフェスタというのがあるんですが、それでクライストチャーチに行きました。2014年か15年にブース出展の依頼があり、3日間滞在しました。ニュージーランドでもそんなにたくさんの量は入っていないのですが、飲めるところはあります。マーティンボローにある楠田さんのワイナリーにも行きましたが、あの街でもウイスキーを飲む方が多いと聞きました。酒販店との話し合いになりますが、将来的に小ロットでもニュージーランドの商品があってもいいかなと思います

Q. ニュージーランドワインは飲みますか

A. ホテルでバーテンダーをしていたときに、クラウディーベイはホテルで取り扱いがありましたし、昔から色々と飲んでいます。楠田さんとお仕事させていただくようになって、クスダワインズも飲んでいます。ウイスキーだけでワインも好きなので、同じ品種の生産国違いで飲み比べをして違いを感じたりもします

Q. 今後のビジョンは

A. 最近ウイスキーの層が広がっていて、ウイスキーを飲んでみたいけれど手が出しにくいと感じている人に向けてのきめ細やかな対応をしていくことが、近い将来の目標のひとつです。そういったのはクラフトの方がやりやすいのではと思っています。また、秩父市内で幅広い世代の方を対象として教室をやって住民の人たちのウイスキーの知識が他の地域よりも底上げされて、ウイスキーの街として認知度が上がっていくのが街の将来として見えていったらいいなと思っています

実際にお話を伺ったりイチローズモルトを飲んでみて、アットホームだけれど、その中でも骨格があって従業員の方々の人柄の良さが表れていると感じました。
ウイスキーに関しては、自分はニュージーランド関連のものを飲むことがある程度でしたが、今回の取材を通して色々と飲んでみたいなと思いました。

そして、秩父エディション2021で使用された樽がこちら。実際に見ることができて良かったです!

3R1A7547

ブランドアンバサダーの仕事以外にも、秩父市内での飲食店の会社を設立されていて、ブリティティシュパブをやっていらっしゃいます。店頭に立たれるのはイベントの時くらいだそうですが、イチローズモルトのブランドアンバサダーとしてでなく、地域にも貢献したいという強い想いを感じました。古民家を改装した素敵な雰囲気のパブでした。

IMG_9461

ハイランダーイン秩父
ちょうど秩父エディション2021が在庫切れとのことで残念でした。。。

また、秩父神社近くの秩父あさひやさんにも行って、朝川さんにもお話を伺ってきました。
朝川さんが4代目で約110年という歴史を持つ秩父あさひやさん。

3R1A7567

同級生である楠田さんとワインの空き樽の話になって、このコラボレーションにつながったとのこと。空き樽が出たら、日本に送ってもらっているそうです。

さまざまな縁があってできたイチローズモルト 秩父エディション2021。生産量も少ないため、地元の飲食店などを中心に行き渡っているとのことです。

今回、3店舗でイチローズモルト 秩父エディション2021を味わってきました。

3R1A7573

秩父は自然豊かで、地元の人たちもアットホームでとても良いところでした。
また機会を作って行きたいなと思っています。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2021.6.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 トニー・ブラウン 共同インタビュー

ラグビー日本代表 トニー・ブラウン 共同インタビュー

現在、アイルランド遠征中のラグビー日本代表ですが、本日6月30日(水)にオンライン会見が行われました。

キングスハイスクール卒業で元オールブラックスであり地元オタゴ代表とハイランダーズでも活躍した、高校の先輩のトニー・ブラウン。
日本では三洋でプレーをしたのでラグビー好きな方でしたら知っているかもです!?

下記、Q&Aです。どこよりも詳しく書きたいと思います。

IMG_9399

Q. ライオンズ戦はどういう部分が満足で、攻守足りないものがあるとしたら何ですか
A. ライオンズ戦に関しては、たくさんの機会(チャンス)を作れたと思っています。遂行力がなくトライが取れなかったので、しっかりとチャンスを活かしきれていれば勝つことに繋がったと思います。機会を作れたということに関しては、すごくエキサイティングな気持ちです

Q. 日本でのキャンプから時間は潤沢ではなかったと思いますが、コーチとしてはもっと時間をかけたいですか。それとも満足いく準備ができていると思いますか
A. 準備の期間というよりも、ラグビーのゲーム自体を一緒にやっていくことが重要だと思います。2年間ラグビーができなかったので、ベストなチームに対してしっかりとテストマッチラグビーをやっていくこと、そして自分たちが成長していくことが鍵となると思います

Q. アイルランド戦に向けて、ゲームで一番期待している部分は
A. アイルランドはすごく強いチームで、85%の確率でホームゲームで彼らが勝っています。タフなチームですしホームアドバンテージもあると思います。自分たちとしてはチャレンジですし、しっかりと良い準備をして自分たちのラグビーをすることができたら良い結果が出せるのではないかと思っています

Q. 2023年ラグビーワールドカップに向けて、どのエリアを強くしたいですか
A. ジャパンラグビーのスタイルを貫いていくことだと思います。4-5年かけて日本ラグビーを構築してきたつもりですし、今後もテストマッチをしてアンダープレッシャーの中で自分たちのラグビーを、強みである速い・スキルを使ったボールインプレータイムを長く持つ時間を作りながら、相手のフィジカリティのところも対抗して自分たちの強みを出していくことが必要だと考えています

Q. 選手層を厚くしていくために、今後も多くの選手を見てみたいという気持ちはありますか
A. その通りで、2年間ラグビーができなかったので、育成に関してはなかなか難しい部分もありました。なかなかテストすることができなかったので、今後は試合を重ねて若い選手たちがプレッシャーの中でプレーをすることによって育成をして選手を見ていくことに繋がると思います

Q. ダブリンへようこそ!2年前の良い記憶がまだあると思いますが、今までのところいかがですか

A. ラグビーワールドカップ日本大会はとても素晴らしいラグビーができていいチームになりました。良い思い出という形で振り返りますが、アイルランドが日本で戦った時とホームのダブリンにいる時というのは大きな違いがあると思います。今回のアイルランドはもっと強い相手になっていると想定していますので、我々にとっては決して簡単に勝てる相手ではないと思います。試合当日は我々がやろうとしていることをきちんとやること、ただアイルランドに関しては怪我人が多少いるようでメンバーの入れ替わりもあるでしょうから、そのあたりはチャンスがあると思っています

Q. アイルランドの分析をすると、2年前に対戦した時とだいぶ変わっていると思いますが、どんな印象ですか
A. ディフェンスに関してはすごく成長していると思います。それと同時にキック、キックからのプレッシャーゲームというのはすごく良くなっていると思います。クオリティのある選手が沢山いてアイルランドのラグビーはとても強かったと考えています。ディフェンスが強いイメージがあるので、警戒していきたいです

Q. ライオンズ戦で遂行力に課題があると話していましたが、それは戦術のところなのかプレーのところか、具体的にどのあたりですか
A. どちらかというとスキルベースの遂行力です。自分たちはチャンスを作れたけれども各選手が仕留めきれなかったという部分です。スキルの部分と個人的なプレーの遂行力を上げていかなくてはいけないです。特にライオンズはすごくプレッシャーをかけてきて、自分たちがチャンスを作った時に必死になって止めに来たので、遂行しきれませんでした。テストマッチはチャンスを作った時にしっかりと取り切ることが重要です

Q. 今後育成強化をしていくという意味合いで、新しい選手を入れる時に、どんなことができるプレイヤーを重視していきたいと考えていますか
A. 彼らに求めるものは、スタンダードをしっかりと上げてもらいたいということです。テストマッチはすごくレベルが高くなるので、2023年に向けてスタンダードを上げていく必要があります。同時にフィットネスもなくてはなりませんし、コンタクトをインターナショナルにレベルに上げてもらうことが必要です

タグ : , ,

1 / 2761234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information