ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.4.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2019 ROUND10 サンウルブズ vs ハリケーンズ レポート

スーパーラグビー 2019 ROUND10 サンウルブズ vs ハリケーンズ レポート

4月19日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2019 ROUND10 サンウルブズ vs ハリケーンズの試合を取材してきました。
結果は29対23でハリケーンズがサンウルブズを下しました。

2021年シーズンよりスーパーラグビーからの撤退が決まったサンウルブズ。
今季2勝は挙げているものの、秩父宮ラグビー場では勝利がないので、なんとしても勝利をファンと分かち合いたいという気持ちでグランドに入って行った選手たち。

サンウルブズとしては初の金曜のナイター試合で、仕事終わりにスタジアムに駆けつけた方も多く見られました。

この試合での注目選手は、サンウルブズはジェイミー・ブースで、ハリケーンズのTJ ・ペレナラ。

3R1A4929

両ハーフバックがどのようにゲームマネジメントするか注目をしました。
最初にアウェーのハリケーンズのTJ ・ペレナラ

3R1A5698

スタジアムで観た方はお分かりだと思いますが、チームの心臓と言える動きで、攻守にわたり声掛けをしたり、スペースがあると足を使って突破をして、ディフェンスの時間でもフォワードの選手にもタックルにいき一人で止めてました。

さすがオールブラックスです。

対してサンウルブズのジェイミー・ブースも序盤から味方選手に指示をしていましたが、TJ ・ペレナラと比較をしてしまうと。。。

3R1A5273

という感じでした。しかし、サンウルブズのディフェンス陣に対して指示を与え続け、ハリケーンズにスペースを無くして、得意の攻撃パターンを何度も作っていました。

ここからは試合のレビューです。

前半はサンウルブズの前へ出るタックルとプレッシャーで完全にペースを握りました。

3R1A5279

ハリケーンズの選手はサンウルブズのプレッシャーに圧倒され、ミスが多く目立ちました。

3R1A5203

サンウルブズはハリケーンズのショートサイドでの部分で効果的に攻撃し、ペースを握っていました。

3R1A5306

しかし後半は一転し、ハリケーンズがテンポとペースを戻し、勝利を挙げました。これは初年度からスーパーラグビーに参加している経験や、さらにチャンピオンチームとしてのゲームマネジメント力が素晴らしかったです。

今回ヘイデン・パーカーがキックを外すところを初めて生で見て、ある意味貴重だと思いました。。。

3R1A5135

平日の夜にも関わらず、1万6805人のオーディエンスが秩父宮ラグビー場に集まりました。
これは非常に素晴らしいことであると思いますし、どの選手も声援が非常に力になるとミックスゾーンでもコメントがありました。

また、ハリケーンズの選手も「サンウルブズの声援は素晴らしい」と試合後コメントをもらいました。
これは他のスポーツでもいえるんですが、日本の応援は海外のチームではないような独特な声援だそうです。

試合後、トニー・ブラウンは記者会見で「良いチームはコンペティションで勝ちにこだわることだけど、グレイトなチームは負けないことにこだわる。
この違いは意味が違う」と言っていました。

3R1A5789

もちろん勝ちにこだわることが重要ですが、どんな試合でも負けないことが本当に強いチームの使命だと思いました。このことは自分がニュージーランドでの高校生活でサッカーをやっていたときに同じことを聞いたので、懐かしく感じました。

次節は、自分が高校を卒業したダニーデンを本拠地としているハイランダーズ

次も金曜ナイターの開催になるので、ファンの方も一度生でラグビーを観てもらいたいと思います。

自分としては、正直どちらのチームを応援しようか、非常に迷っています。。。

2017年のニュージーランドのインバカーギルで行われた試合では、ハイランダーズの監督をしていたトニー・ブラウン。

また、来日メンバーもかなり豪華で、知り合いの選手も多いので、今からユニフォームを半分にしてスペシャルなユニフォームを作成しようかと考え中です!?

ちなみに、トニー・ブラウンとアシスタントコーチのコーリー・ブラウンのファミリーが来日していて、試合を観に来ていました。

3R1A4913

実はスタジアムで大型ビジョンにもちらっと映っていたんです!ファミリーは月曜にニュージーランドに帰国するとのことです。

あと、サンウルブズの通訳の名富くんはキングスハイスクール出身で自分の後輩です!

3R1A5762

頑張ってほしいです!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.4.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 サンウルブズ vs ハリケーンズ 両チームキャプテンズラン及び注目選手

スーパーラグビー2019 サンウルブズ vs ハリケーンズ 両チームキャプテンズラン及び注目選手

4月18日(木)に秩父宮ラグビー場にて行われた、サンウルブズとハリケーンズのキャプテンズランを取材してきました。

サンウルブズの注目選手は、ジェイミー・ブース

3R1A4718

パーマストン・ノース出身で昨シーズンまで所属していた古巣ハリケーンズとの対戦ということもあり、彼のボールさばきがチームの勝因を左右すると言っても良いでしょう。

3R1A4738

また、この試合はハリケーンズはバレット兄弟やサヴェアなど主力を温存しての来日となっていますが、控えにいる選手はこのチャンスをものにしたいと意気込みがあると思うので、逆に注意が必要です。

しかし、ラグビーはチームスポーツでもあるので、相手のディフェンスをラインをあげてプレッシャーをかけ、できる限り孤立しなければ必ずチャンスは回ってくるでしょう。

ハリケーンズの注目選手は、TJ ・ペレナラ。

3R1A4816

オールブラックスで55キャップを誇り、オールブラックのハカをリードすることが多い選手。また、攻撃的なハーフバックで相手のチームの穴を見つけるのがうまい選手なので、早いタイミングでプレッシャーをかけることが今日の試合のポイントになると思います。

昨日のキャプテンズランではサンウルブズに対して警戒していました。

3R1A4796

「2勝しかしていないとはいえ、非常に良いゲームをしていてワラターズ戦では1ポイント差で敗戦した試合も素晴らしかったですし、他のチームも苦戦しているように思えました。試合を見ていてどんなところからもスコアを挙げる力を持っていて、守りに関しても素晴らしいところがあると思っています。ハリケーンズしても自分たちのスタイルを貫き、忘れないようにして明日の試合にチャレンジしたいです。」とコメント。

3R1A4778

冒頭の公開練習は、オールブラックスと同じように、テニスボールを使いコーチがラケットから打つ球を選手が片手で取り動体視力を鍛える!?というもので、連携を高めるようなトレーニングを行っていました。

3R1A4803

どの選手もリラックスし冒頭は笑顔も見えたので、良い緊張感の中練習をこなしていたように思いました。また、キャプテンズランの後はファンにサービスをするところも素晴らしかったです。

今夜、19時秩父宮ラグビー場にて注目の1戦です!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.4.17 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「マナ バイ インヴィーヴォ」をテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「マナ バイ インヴィーヴォ」をテイスティングしました。

マナバイインヴィーヴォ」のソーヴィニヨン・ブラン2018、ピノ・ノワール2017をテイスティングしました。

マナバイインヴィーヴォ」は2007年、当時30歳だったティム・ライトボーン(マーケティング&ディレクター)とロブ・キャメロン(ワインメーカー&ディレクター)によって設立され、南島のマールボロとセントラルオタゴから世界水準の高品質なワインを生産するワイナリーです。

世界中に最高のニュージーランドワインを届けるという理想のもと、2009年以降数々の賞を受賞し、世界規模のワイナリーに成長しています。

ワイナリー名の「インヴィーヴォ(ラテン語)」は英語では「IN THE LIFE」という意味を持ちます。

商品名の「マナ(MANA)」はニュージーランドの先住民族であるマオリ族が大切にしていた価値観であり、日本語では「」や「品格」を意味します。

ニュージーランドに貨幣制度が存在する前、マオリ族の間で流通していたのはお金ではなく「MANA」という価値観でした。

マオリ族はお金や物資のためではなく「MANA」を高めるために生きていたといい、人間が本来持つ高潔さや気品という尊い価値観を大切にしていたマオリ族の思想を意味しています。

①ソーヴィニヨン・ブラン 2018

IMG_1199

生産地 マールボロ
アルコール度数 12.5%

南島のマールボロ地方のアワテレとワイラウで収穫されたぶどうを使用し、約28%はビオグロ認証(オーガニック認証)を受けた畑のぶどうが使用されています。

トロピカルフルーツやライム、グースベリーのアロマが香り、爽やかな酸味とキリッとした辛口の爽快な白ワインです。

IMG_1200

アスパラガスの天ぷら」と「イカのマリネ」とマリアージュしましたが、旬のアスパラガスと衣のサクッとした食感がソーヴィニヨン・ブランの爽やかさとマッチし、天ぷらにかけたレモンとマリネの酸味も相性が良かったです。

②ピノ・ノワール 2017

IMG_1198

生産地 マールボロ・セントラルオタゴ
アルコール度数 13%

マールボロ産のピノ・ノワール80%とセントラルオタゴ産のピノ・ノワール20%を使用し、約11ヶ月間フレンチの古樽で樽熟成されました。

マールボロの赤系果実(イチゴ・ラズベリーなど)の風味にセントラルオタゴの黒系果実(ブルーベリー・ブラックチェリーなど)の風味がバランス良く調和し、生き生きとした酸ときめ細かい滑らかなタンニンが優しい口当たりです。

IMG_1201

ポークソテー グリーンピースソース」と「マカロニ ナポリタン」とマリアージュしましたが、旬のグリーンピースに塩・コショウでシンプルに味付けした豚肉の旨みと甘みがピノ・ノワールの果実味たっぷりの滑らかな口当たりと良く合い、口の中に豚肉の脂っぽさが残らず心地良かったです。

また、ナポリタンのトマトの味わいともよくマッチしました。

あらゆる肉料理に合わせやすいピノ・ノワールです。

MANA」シリーズのワインはニュージーランド在住の執筆家・森の生活者である四角大輔氏がプロデュースした減農薬ワインなので、初心者の方からワイン好きな方まで楽しめる世界トップクラスのニュージーランドワインです。

楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っておりますので詳細はこちらです。

杉山

タグ : , ,

投稿日 : 2019.4.14 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

舞行龍ジェームズ 川崎フロンターレ リーグ戦初出場!!!

舞行龍ジェームズ 川崎フロンターレ リーグ戦初出場!!!

ついにこの日がやってきました。

ACLやカップ戦での出場はありますが、リーグ戦では本日が川崎フロンターレデビューです。

3R1A92331-532x640

ちなみにアウェーのサガン鳥栖戦だったので、ダゾーンでの観戦です。。。

舞行龍は、小林へ1回・馬渡へ2回のロングフィード。あとなんといっても、前半15分の知念へのパス。これはあと一歩のところでアシストがつくかもしれなかったので、残念でした。

韓国でのACLの時よりバランスが良くなって、他の選手とも良い連携が取れていました。
新加入の選手を見ていたらわかりますが、フロンターレはチームにフィットするのに時間がかかるスタイルのサッカーをします。

また、メンバーが変わった中でもアウェーで0点で抑え、なによりも勝ち点3を挙げたことで次節に繋がる試合になったのではないでしょうか。

次回は等々力のホームグランドで舞行龍の雄姿を直接見に行きたいと思います!

あと、J1で100試合出場も近くなってきたので、是非とも川崎フロンターレで迎えてもらいたいです。

3R1A8026-447x640

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.4.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

舞行龍ジェームズ 7ヶ月ぶりの出場!!

舞行龍ジェームズ 7ヶ月ぶりの出場!!

先月麻生グランドにて練習試合を見てから、2週間。

その時の記事はこちら

ついにこの日がやってきました!!!

本日、韓国の蔚山とACLで対戦した川崎フロンターレ。

2018年9月9日以来の出場となった、川崎フロンターレの舞行龍ジェームズ

3R1A3379

前半パスミスによって相手にチャンスを与えてしまったシーンはあったものの、これから試合の出場時間が長くなれば、もっとフィットするレベルでした。

また、前半に谷口が奈良と交代。谷口の怪我の状態が心配ですが、もし離脱と仮定すると、舞行龍をはじめとしてこの試合でスタメンとして新たにチャンスをもらった選手をピッチに送り出した鬼木監督の采配は間違っていないと思います。

舞行龍はカバーリングでも良いプレーが見られたので、まずは試合に出て少しでも絡むことがフロンターレの今後にもかかっているのではないでしょうか。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.4.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「キャット・シリーズ」をテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「キャット・シリーズ」をテイスティングしました。

キャット・シリーズ」のソーヴィニヨン・ブラン2014、ピノ・グリージョ2014、シャルドネ2014、メルロー2013をテイスティングしました。

キャット・シリーズ」のワインは「ローンカウリ」シリーズ同様、1980年にオークランド北部のフアパイに設立されたワイナリー「クーパーズ・クリーク」によって生産されたワインです。

「香りの魔術師」という異名を持つサイモン・ナンズ氏のもと「全てのぶどうを常に最良のものが得られる場所で育てる」というポリシーを掲げ、常に新しいぶどうに挑戦を続ける名門ワイナリーです。

ラベルに猫の絵がデザインされ、キャップの上の部分に肉球が1つ、その周りを足跡が一周するデザインがとても可愛らしいので、特に猫好きな方はデザインも楽しめるワインです。

5

①「Cat’s Pee on a Gooseberry Bush」

2

ソーヴィニヨン・ブラン 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「セリヨウスグリの茂みにかかった猫のオシッコ」というユーモアあふれる名前のソーヴィニヨン・ブランは、セイヨウスグリやグレープフルーツ、トロピカルフルーツのしっかりとしたアロマが特徴的で、爽やかな酸味の余韻が続く白ワインです。

アサリと豚ロースと春キャベツの白ワイン蒸し」とマリアージュしましたが、アサリの旨みと春キャベツ、ローズマリーのハーブ感が爽やかで清涼感あふれるソーヴィニヨン・ブランにピッタリでした。

10

②「Posh Puss」

3

ピノ・グリージョ 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「上品な猫」というユニークな名前のピノ・グリージョは、桃や洋ナシなどの豊かなアロマが香り、フレッシュでフルーティーな爽快な白ワインです。

「エスニック風蒸し鶏」と「生春巻き」とマリアージュしましたが、ピリ辛なエスニック料理の辛さをピノ・グリージョが和らげてくれて、スッキリと楽しむことが出来ました。

どんな料理にも合わせやすい安心の白ワインです。

8

③「Fat Cat」

1

シャルドネ 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「太った猫」という遊び心のある名前のシャルドネですが、「太った」とは、トロピカルフルーツのアロマやアメリカンオーク樽で熟成された樽感とバニラの香りが強い「豊かな」フルボディのワインであることを意味しています。

チキンとアスパラのクリームパスタ」とマリアージュしましたが、濃厚なクリームソースに負けない辛口のシャルドネが相性抜群でした。

6

④「Tom Cat」

4

メルロー 2013

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13.5%

「雄猫」を意味するメルローは、ブルーベリーやカシスのアロマとフレッシュな甘み、程よい酸味と共に、アメリカンオーク樽で熟成された深みのある味わいです。

ビーフシチュー」とマリアージュしましたが、重めのデミグラスソースを柔らかいタンニンがさっぱりさせてくれてマッチしました。

9

高品質を保ちながら気軽に楽しめるお手頃なワインを生産する「クーパーズ・クリーク」が生み出す「キャット・シリーズ」のワインは、遊び心あふれるワインなので、リラックスして楽しめるオススメのワインです。

楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っておりますので詳細はこちら

杉山

タグ : , , ,

1 / 2611234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information