ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.1.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第2節 東京サントリーサンゴリアス vs トヨタヴェルブリッツ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第2節 東京サントリーサンゴリアス vs トヨタヴェルブリッツ レポート

1月16日(日)に味の素スタジアムにて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第2節 東京サントリーサンゴリアス vs トヨタヴェルブリッツ を取材してきました。

先週府中ダービーを制した東京サンゴリアスと、第1節が中止となってしまったため今日が実質初戦となるトヨタヴェルブリッツ。
昨年のトップリーグではともにベスト4入りを果たした強豪同士の一戦です!

キウイブリーズが注目するのは、東京サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A9224

そしてトヨタヴェルブリッツのパトリック ・トゥイプロトゥ

3R1A9274

現役オールブラックスの2人の対戦が日本で見れるなんて、本当に嬉しいですよね。

前半3分にダミアン・マッケンジーからショーン・マクマーンに繋いで先制トライ!
そのあとのコンバージョンキックもきっちりと決めて、東京サンゴリアスが良いスタートを切りました。

3R1A9472

対するトヨタヴェルブリッツは、11分にペナルティゴールでリーグワン初得点を決めます。

しかし16分にはまたもダミアン・マッケンジーが得点に絡む活躍で、東京サンゴリアスの勢いが止まりません。

トヨタヴェルブリッツはボールを保持し攻撃の流れを作りたいところです。
その後トヨタヴェルブリッツはじりじりと縦に攻める展開になりますが、東京サンゴリアスも鉄壁のディフェンスでなかなかトライに繋がらない展開に。

3R1A9370

東京サンゴリアスはターンオーバーからのスピードの速さが素晴らしかったですし、攻撃のバリエーションが豊富でした。

東京サンゴリアスが大きくリードし、29-3で前半を終えます。

そして後半5分、スクラムから横へ展開していき、ダミアン・マッケンジーがリーグワン初トライ!!

3R1A9417

先週よりもチームにフィットしていて、日に日に良くなっているようです。攻撃のバリエーションも田村との息もだんだんあってきているように思えました。後半最後のトライはキレイでした!

3R1A9486

スペースを見つけたらラン出来る選手なので自由にさせたくない選手です。

トヨタヴェルブリッツは今節が初試合なため、まだコンディションや連携が整っていない影響を感じました。

3R1A9339

それでも、後半11分には念願の初トライを決めました。
スクラムからボールを動かすこの流れは、ずっとヴェルブリッツがやりたかったものだったのではないでしょうか。

後半16分からは注目のテビタ・リーが入りました。

3R1A9447

トヨタヴェルブリッツは、まだチームとしてまとまりきっておらず、せっかくのチャンスを決めきれないパターンが多く見受けられました。
パトリック・トゥイプロトゥはパワフルでしたが、東京サンゴリアスのショーン・マクマーンなどにマークされ、思うように動けていなかったように見えました。
他にも南アフリカ代表で2019年に世界最優秀選手賞にも輝いたピーターステフ ・デュトイをはじめ、素晴らしい選手がたくさんいるので、個のプレーではなくもっと連携がとれてまとまっていければチームとして良くなっていけると思います。

試合は、50-8で東京サンゴリアスが勝利しました。

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)は、1トライ6ゴール1PGで大活躍のダミアン・マッケンジーでした!

彼の履いてるブーツです。この写真をアップしているのはうちの媒体だけでは!?

3R1A9352

試合後のインタビューでは、「チームで良いパフォーマンスができて勝利できた。日本のラグビーは展開がとても早いので、そのあたりも体感できた。」「日本の生活も、リーグでの戦いも皆さんのおかげで楽しめている。素晴らしいファンがたくさんいると感じながらプレーできているので、楽しい時間を過ごせている」とコメントしました。

また、トヨタヴェルブリッツの姫野は「完敗だった。敗北をしっかりと受け止める。チームのクオリティには満足していない」「今シーズン盛り上げて、ラグビー人気を高めたい」と話しました。

残念ながら今回もミックスゾーンでの個別取材はできませんでした。。。
またしても新型コロナウイルスの感染が拡大していますが、なんとかリーグワンが中止にならないことを心から願っています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.1.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第1節 東京サントリーサンゴリアス vs 東芝ブレイブルーパス東京 レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1  第1節 東京サントリーサンゴリアス vs 東芝ブレイブルーパス東京 レポート

1月8日(土)に味の素スタジアムにて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第1節 東京サントリーサンゴリアス vs 東芝ブレイブルーパス東京を取材してきました。

リーグワン開幕直前に、埼玉パナソニックワイルドナイツに新型コロナウイルス感染症陽性者が確認されたため、1 月 7 日(金)に国立競技場でのNTT ジャパンラグビー リーグワン 2022 ディビジョン1 第1節クボタスピアーズ東京ベイ・船橋 vs 埼玉パナソニックワイルドナイツの開催が中止となってしまいました。

しかし全チームを対象としたPCR検査を行い、こうやってリーグワンの試合が開催されてよかったと思っています。

開幕戦はどのチームを取材するか、正直ぎりぎりまで迷いました。。。

選んだのは、ダミアン・マッケンジーのリーグワンデビュー戦となる、東京サントリーサンゴリアス vs 東芝ブレイブルーパス東京 です!

3R1A0630

木曜に雪が降り、味の素スタジアムも一面真っ白だったとのことですが、試合当日はグラウンド状態も良好でした。

10075人もの観客が味の素スタジアムに足を運び、歓声は出せないものの拍手から盛り上がりを感じることができました。

立ち上がりから流れを掴んだのは、ブレイブルーパス。
アグレッシブで連携も良く、トライまでの一連のプレーが綺麗に決まっていました。

もう10年以上ラグビーの取材をしていますが、ここ数年の中で1番良い仕上がりなんじゃないかと思いました。

対するサンゴリアスは、FBのダミアン・マッケンジーを軸にした戦略のようでした。
まだチームに合流して日の浅いダミアンをフィットさせたいという印象を受けました。

3R1A0659

パスなど連携はまだまだですが、昨季所属していたオールブラックスのボーデン・バレットよりもさらにスピードが速いので、左右に走り回り相手チームを翻弄させることができるのではないでしょうか。

3R1A0712

ブレイブルーパスで元オールブラックスのマット・トッドを抜き去るところも中々すごかったです。

前半は24ー27でブレイブルーパスがリードして折り返しました。

後半が始まって、サンゴリアスがギアアップしたのに対し、ブレイブルーパスはガス切れしていきましたが、それでも拮抗していました。

もう1人注目していたのが、テビタ・リー。

3R1A0668

後半途中からの出場でしたが、試合の流れを変えるスピードのある動きで、何と言ってもフィジカルがすごいです。

3R1A0677

後半27分にはトライも決めました。

3R1A0740

90mものゲインも素晴らしかったです。

彼が日本代表になったら、活躍してくれるんじゃないかと期待しています。

試合は60ー46で東京サントリーサンゴリアスが勝利しました。

ダミアン・マッケンジーは25得点の活躍でした。

3R1A0553

試合後の会見で、「まだ100%満足はできないが、全体的に良いキックができた。たくさんの観客の前でプレーできてうれしい」「まだ日本の速さにアジャストしきれていない。テンポの速いラグビーは自分に合うと思うしすぐに慣れる」と話していました。

本日のベストショットはNO8のショーン・マクマーン 

3R1A0589

この試合のPOM!片腕一本でのトライと攻守にわたってチームの勝利に貢献してました。

3R1A0574
 
第2節は、トヨタヴェルブリッツ vs 東京サントリーサンゴリアスの取材に行く予定です。

現役オールブラックスの共演なるか!?

トヨタヴェルブリッツのLOパトリック・トゥイプロトゥにも期待しています。
ミックスゾーンで取材ができるといいのですが。。。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2022.1.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2022年 明けましておめでとうございます

2022年 明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます
皆様におかれましては新春を清々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます
昨年は多くのお力添えいただき誠にありがとうございました

image0

鎌倉は雲一つない天候でした!これは幸先良い年になりそうですね。

昨年末にはずっと取材していた神戸製鋼のベン・スミスが突然の退団となり・・・年末かなりのバタバタでした。
しかし今年はラグビーがトップリーグからリーグワンへと変わり、新たなスタートを切ります!

開幕戦及びサンゴリアスの試合を取材する予定なのでお楽しみに!

昨年はコロナの影響が続き、例年のような試合や取材が出来ず残念でしたが、今年こそたくさんのレポートが出来たら嬉しいです。

楽しみにして下さっている皆さま、本年も引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ではでは

熊木

投稿日 : 2021.12.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ステーキ宮で、ニュージーランドのオーシャンビーフが食べれます!?

ステーキ宮で、ニュージーランドのオーシャンビーフが食べれます!?

こんにちは。
ステーキのレストラン「ステーキ宮」で、ニュージーランドのオーシャンビーフが味わえるということで、早速行って来ました!

image0

オーシャンビーフとは、南島のサザンアルプスの裾野に広がる、カンタベリー平野で放牧された牛を牧場にて脂育し、日本向けに仕上げられたビーフのことです。

ニュージーランドの栄養価の高い牧草を与えられ育った素牛は、成長促進ホルモンを一切与えられず、ナチュラルで安全性に配慮した脂育プログラムにより、安定した品質のビーフに仕上がるそう。

image4

メニューはこちら

『オーシャンビーフ厚切りリブロースステーキ』

選べるサイズは225gと450g!

image2

どちらも厚さ3cmにカットされ、450gは鉄板からはみ出しそうなすごい迫力でした。
厚みが違います!!!

赤身と脂肪のバランスの取れたお肉で、筋っぽさは感じません。

適度に噛みごたえがありつつジューシーで柔らかな肉質で、最後までぺろっと食べられました。

今回初めてステーキ宮に行きましたが、玉ねぎの甘みの効いたオリジナルの「宮のたれ」がとても美味しくて・・・

image1

オーシャンビーフとの相性も抜群でした。

終わる前にもう一度行っちゃおうかな!?笑

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2021.11.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ダミアン・マッケンジー 東京サントリーサンゴリアスに加入!

ダミアン・マッケンジー 東京サントリーサンゴリアスに加入!

ジャパンラグビーリーグワンの東京サントリーサンゴリアスにオールブラックスのダミアン・マッケンジーが加入すると本日発表されました。

2020-2021シーズンのボーデン・バレットに続くオールブラックスのスター選手の加入です。嬉しいですね!

ダミアン・マッケンジーは26歳で、オールブラックスでは40キャップ。ポジションはFB/SOです。

2019年のラグビーワールドカップ日本大会でも活躍が期待されていましたが、右膝前十字靭帯を断裂したため、残念ながら出場できませんでした。

2018年に行われたブレディスローカップや、2018・2020年にスーパーラグビーのチーフスの一員として来日した際に取材したことがあります。
視野が広く、周りの使い方やパスも上手いですし、キッカーとしても活躍しています。

また、プレーだけでなく彼のスマイルも魅力的です。。。

IMG_1026

以下、東京サントリーサンゴリアスからリリースされたダミアンのコメントです。

「日本で新しく開幕するジャパンラグビーリーグワンに参戦する東京サントリーサンゴリアスのメンバーに加わることを楽 しみにしています。新たなチームメイトに会い、サンゴリアスの文化に貢献し、日本のファンと交流できることが待ちき れません。

私はアタッキングラグビーが大好きで、エキサイティングなプレーが出来ることを楽しみにしています。また、グラウンド 外では、日本の文化に体験できることも楽しみにしています。
近いうちに、満員のスタジアムでお会い出来ることを願っています。ありがとう。」

12月21 日に都内にて、チーム公式記者会見を予定しているとのことなので、できたら取材したいと思っています!

3R1A2071-640x426

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2021.11.4 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

元オールブラックス カール・ハイマン 若年性認知症と慢性外傷性脳症(CTE)と診断されたと公表

元オールブラックス カール・ハイマン 若年性認知症と慢性外傷性脳症(CTE)と診断されたと公表

元オールブラックス カール・ハイマンが若年性認知症と慢性外傷性脳症(CTE)と診断されたと公表しました。

カール・ハイマンは自分と同じダニーデンのキングスハイスクールの出身で、年齢も近い先輩です。

P1010170

オールブラックスでは45キャップで、代表時代のポジションはプロップでした。

2008年のクラシックオールブラックスと、2015年の世界選抜の際に来日しています。

彼とは高校繋がりということもあり、日本に来た際はプライベートでも交流があるため、今回のニュースは衝撃的でした。。。

ラグビーはコンタクトスポーツなので、身体に大きな負荷がかかります。

プロとして長く活躍し、かなり酷使していたことでしょう。

数年間常に頭痛に悩まされ、記憶障害や錯乱状態、自殺願望を経験したといいます。想像を絶する辛さだと思います。。。

このような症状はカール・ハイマンだけでなく、元イングランド代表のスティーブ・トンプソンをはじめ同じ慢性外傷性脳症(CTE)に悩まされている元選手たちがワールドラグビーなどの団体を相手に訴訟となっています。

世界的プレイヤーたちがこういった苦しみを抱えているということは、今活躍している選手たちも同じような状況になるリスクがあるので、正直なところこわいなと思います。

以前独占インタビューした際には、将来的に指導者になって、いつかは日本でコーチができたらと話していました。

世界選抜で来日した際、本人着用したジャージです。

IMG_87051-426x640

今はギャラリーに飾ってます。

少しでも良い状態になることを心より願っています。

ではでは

熊木

1 / 2771234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information