ホーム > NZブログ > CLOUDY BAY

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.4.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ試飲&宿泊レポート

クラウディーベイ試飲&宿泊レポート

こんにちは。
我妻です。

オークランドに到着後はトランジットでブレイナムへ。
空港にはクラウディーベイの畑の責任者、ジムが迎えに来てくださり、ワイナリーに向かいました。
IMG_2379

ワイナリーではヴィンテージから最新のワインまで、テイスティングさせて頂きました。
今日は特に最新のワインについてレポートさせていただきますね。
IMG_2384

まずはシャルドネ2016ですが、口に入れると鼻に抜けるトーストのような高貴な香りが素晴らしく、非常に完成度が高いと思いました。来月より日本でも買えるようになります。

そしてピノ・ノワール2016はフレッシュながらもシナモンやベリー、バニラ香などがバランスよく複雑に絡み合い、なかなかの仕上がりです。

ジム曰く、飲み頃は3年くらい先だろうとのこと。その頃に素晴らしいワインになるポテンシャルを感じさせてくれました。ちなみに日本への入荷時期は未定だそうです。

また今回、市販はされないものの、実験的に作ったロゼも飲ませていただきましたが、残念ながらこれは御蔵入りだそうです。

最初はなかなか面白いなと思ったのですが、確かに他のワインと比べると、「クラウディーベイ」というブランドを背負うにはまだまだなんだなと感じました。

そういう意味でワイン生産の難しさも感じた一面でした。

また、普通は入れない工場の中も見学させて頂き、4月頭に樽詰めしたばかりの生まれたてのワインまで飲ませていただきました。
IMG_2348

既にアルコール度数は高く、ここから発酵していくと、よりまろやかなシャルドネやピノ・ノワールになっていくそうです。

今回はクラウディーベイのプロモーションビデオを制作するため、ジムのテイスティングコメントやインタビューも撮影させて頂きました。

完成したらお披露目させていただきますので、どうぞお楽しみに!

さて、この日はそのままシャックと呼ばれるクラウディーベイの宿泊施設に滞在させて頂きました。非常に洗練され、高級感あふれるシャックは、日常の喧騒や時間を忘れてリラックスできました。
IMG_2332

家具や内装、装飾品など至る所にクラウディーベイのこだわりが散りばめられています。
IMG_2317
IMG_2369
IMG_2355

窓からはブドウ畑を見ることができ、鳥のさえずりと爽やかな風が旅の疲れを吹き飛ばしてくれました。

翌朝、日の出を見るために早く起きて外に出ると、ブドウ畑の先から日が昇る様子に心から感動し、自然と感謝の念が湧きました。

素晴らしい体験をさせて頂いたジムやクラウディーベイのスタッフの方に心から感謝します。

我妻

タグ : , , , , , ,

投稿日 : 2017.3.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ ペロリュス×旬のフルーツ カクテル

クラウディーベイ ペロリュス×旬のフルーツ カクテル

お久しぶりです。。。

いつもより早く帰れたので、ニュージーランドのスパークリングワインで一番オススメな「クラウディ―ベイ ペロリュス」でカクテルを作ってみました!

IMG_4903

クラウディーベイペロリュスはシャンパンと同じ製法で作られており、下手なシャンパンより絶対美味しいと思います!

まず先日、パレスホテル東京で飲んだ「ベリーニ」を再現。

IMG_4881

今の季節のいちご。ペロリュスとの相性は100%でした。

いちごをミキサーでピューレ状にして、シャンパンを混ぜるだけの簡単レシピ。
いちごの甘味と爽やかの酸味のあるペロリュスのマリアージュが最高でした。

料理と合わせるより、これだけで飲んでもらいたい1品でした!
お酒が苦手な女性でも美味しく飲めると思います。

その次に作ったのは「ミモザ」

IMG_4871

フレッシュなオレンジを絞った果汁を入れているので、100%のオレンジジュースより酸味があり、ペロリュスの酸味とこれまた相性が良かったです!

甘いお酒はね・・・という方でもさっぱりしているので飲みやすいです。
贅沢な生絞りオレンジミモザ!

後日、キウイブリーズオフシャルのクックパッドでもレシピ公開をします!

しかし、色々やっておいてなんですが、自分はペロリュスを何も割らないで飲む方法が一番だと思いました。

IMG_4887

今年の4月に5年ぶりにニュージーランドに行き、クラウディーベイのワイナリーを訪問するのでレポートをお楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.1.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ テココ2013 エチケット変更

クラウディーベイ テココ2013 エチケット変更

クラウディーベイ テココもエチケットが変わりました。。。
ソーヴィニヨンブラン2016も昨年変更になっているので、2番目の変更です。

現在、クラウディーベイテココ2013をお試し頂けるのは、楽天ブリーズオンラインショップだけです。

詳しくはこちら

前のデザインはマオリの紋章が入った個性的なデザインで、エチケットも立体的で気に入っていたんですが、現在のエチケットはテワヒやソーヴィニヨンブラン2016に合せてニュージーランドという文字が入ることにより、世界を意識しているのかな!?と思いました。

compass1449490120

個人的には前の方が良かったと思います!

因みに、何処よりも早いテイスティングコメントです。

ホワイトネクタリンのフレーバーを引き立てるスイートハーブのアロマ。レモングラスのエキゾチックなニュアンスがみずみずしく、食欲をそそります。

テクスチャーはまろやか且つ芳醇で、硬質なミネラルの雑味が、ひときわ繊細で味わい深く複雑な表情。ストラクチャーを支える複雑な酸味からやがてフレッシュで活力あふれるフィニッシュが訪れます。

テココ2013とのペアリングにおすすめの食材はシーフド(カニや白身魚)だと思います!

compass1475066767

ニュージーランドのフレッシュなソーヴィニヨンブランを知っている方には、是非とも一度試してもらいたいワインです。

最初自分も試飲した時は驚きました。こんなソーヴィニヨンブランを飲んだことなかったので。
理由はなんでしょうか!?

それは、フレンチオークです。
フレンチオークで熟成させることでこんなにも変わるとは!?と思います。まろやかなソーヴィニヨンブランに仕上がっているので、一瞬シャルドネか?と思ったほどです。

まだお試しになっていない方は一度飲んでみる価値がありますよ。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2016.9.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ ソーヴィニヨン・ブラン ラベル変更について

クラウディーベイ ソーヴィニヨン・ブラン ラベル変更について

こんにちは

台風が連続して来てからぐんぐんと気温が下がり、すっかり秋の気配ですね。
うっかり気を抜いたら風邪をひいてしまいそうです。

さて、先日は新しく入荷したクラウディーベイのことを書きます。

IMG_0488

こちら2016年ヴィンテージのソーヴィニヨン・ブランなんですが、何か気付きませんか?

そう、エチケットのデザインが変わったんです!

IMG_0490

これまでの山々のシルエットは同じですが、触ると少し浮き出ていて立体感があります。

またCLOUDY BAYの下にゴールドでNEW ZEALANDの字も入りました。

IMG_0493

スクリューキャップや裏面も少しずつ変わっているので、一通り掲載します。

IMG_0489

クラウディーベイと言えば・・・のエチケットが変わるとなんだか新鮮な気持ちです。左が2015ヴィンテージで右が新しいヴィンテージです。

今後、他の品種(シャルドネとピノノワール)も随時変更されていくみたいです。

是非お手に取ってみて下さいね!

楽天及びAMAZONブリーズオンラインショップでは2016ヴィンテージのクラウディーベイソーヴィニヨン・ブランを取り扱っております。

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2016.7.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

遂に解禁!!! クラウディーベイ テワヒ 2014

遂に解禁!!! クラウディーベイ テワヒ 2014

本日、7月25日(月)はクラウディーベイ「テワヒ」の解禁日です!

ニュージーランドワインの存在を世界に知らしめた、マールボロ地方の代表的ワイナリー、クラウディー ベイ。
1985年の創設以来、大胆な探求の精神をもって、ニュージーランド最大のワイン産地マールボロ地域の特徴を反映する活き活きとした個性的なスタイルのワインを世界中に送り出してきました。

有名なのはソーヴィニヨンブランですが、近年ピノノワールにも力を注いでおり、遂に誕生したのが、テワヒです。

IMG_7740

「テワヒ TE WAHI」とは、ニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で「その場所 The Place」を意味します。上質なピノノワールは、その“起源”について自らをもって雄弁に語るとクラウディー ベイ ワイナリーは考えます。テワヒ最新のヴィンテージ2014はまさに、世界のワイン生産地で最南端に位置し、ニュージーランドワイン産地唯一の大陸性気候の地であるセントラルオタゴの雄大かつ豊穣なテロワール(風土)を凝縮させたワインに仕上がっています。

弊社よりお酒を卸している「ビストロGONZO」にてバイザグラスフェアを開催します。

IMG_7676

約一か月弱のフェアーで他のクラウディーベイもグラスにて提供を行うので、クラウディーベイファンの方はもちろん、まだ飲んだことはないけど・・・という方も是非行ってみて下さい。

クラウディーベイ テワヒ2014 グラス2000円 ボトル12900円
クラウディーベイ ペロリュスNV グラス980円 こぼし1200円 ボトル5900円
クラウディーベイ ソーヴィニヨンブラン 2015 グラス980円 ボトル5900円
クラウディーベイ ピノノワール2013  グラス1200円 ボトル6900円

テワヒ2014はグラスで2000円と、高いと感じられるかもしれませんが、ボトル定価が8800円なのでとてもお得です!

IMG_7662

また、先週お店に行きクラウディーベイに合わせるマリアージュメニューも作りました。

ソーヴィニヨンブランとマリアージュ

IMG_7525

帆立のグリエ 石垣島天日海塩添えて   380円 

ピノノワール2013・テワヒ2014とマリアージュ

IMG_7582

IMG_7588

NZ産 伝説のラムチョップ        480円
+100円 フランボワーズソースを添えて 

ペロリュスとマリアージュ

IMG_7628

南瓜の一口クロケット          380円

是非お試しになり、感想をお聞かせ頂けたら嬉しいです!

PS ブリーズオンラインショップでも明日より発売を行います!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2016.7.4 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ ジム・ホワイト日本滞在最終日 2016 .6

クラウディーベイ ジム・ホワイト日本滞在最終日 2016 .6

7月2日(土)山梨県の甲州ワイン畑へ見学とテイスティングに向かったジム。
この日は秩父宮でラグビーの仕事があり、自分は同行出来ず。。。

IMG_6409

19時すぎに新宿駅で待ち合わせて、道玄坂のカジュアルフレンチGONZOへ!

IMG_6450

お店からはクラウディーベイのペロリュスをサービスしてもらいました。
このサービス力はgoodですね!

IMG_6423

ジムからはシャトー•メルシャンのマリコ•ヴィンヤード シラー2013をプレゼントされましたので、スタッフ含め試飲を行いました。

ジムは甲州へ行ってすごく勉強になったと言ってました。具体的には、葡萄を一房ずつカバーを付けたり、ヴィンヤードのことなどです。。

シラーに合わせて、GONZO名物「山形雪降り和牛尾花沢のロティ」を注文しました。

IMG_6428

A5の和牛を食べた瞬間、ジムは「美味しい!」の連発でした。

ジムはGONZOには昨年もプライベートで来店しています。来年もまた来ると約束をして、外で記念写真!(最初の写真です)

雨宮はお父様が作る石垣島のお塩をプレゼントしていました。気配りが出来る大人に成長して、嬉しい限りです。

IMG_6436

IMG_6438

それから日本酒に興味があるジムは横の日本酒のお店で、日本酒飲み比べセットやお刺身・アジフライを注文しました。

IMG_6444

リースリングやシャルドネのテロワールを感じると言っていました。

IMG_6440

その後再度GONZOに戻り、雨宮も連れてTWO ROOMSへ!

IMG_6449

自分はキウイフルーツマティーニを、雨宮は酒マティーニをジムに御馳走してもらい、終電で鎌倉まで。。。のはずが、乗り過ごしました。。。。

3日の夜に台湾へ飛び立ったジム。日本が大好きなので、次は今年の10月もしくは来年に来日するとのことです!

次回は家族で来日してもらい、鎌倉へ連れて行きたいと思います。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

1 / 51234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2016.8.22

NZギャラリーに「Dan Carter」をアップしました!!

Twitter

NZ Information