ホーム > NZブログ > 2019年

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.8.17 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「TUKU IHO 受け継がれるレガシー」展 & ニュージーランド航空 新作 機内安全ビデオ レポート

「TUKU IHO 受け継がれるレガシー」展 & ニュージーランド航空 新作 機内安全ビデオ レポート

記事のアップが遅くなってしまいましたが、8月1日(木)に六本木の東京ミッドタウンにて行われたイベントに参加してきましたので、レポートいたします。

まず、 「TUKU IHO 受け継がれるレガシー」展です。

こちらは北海道に続き、東京ミッドタウン 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて8/1〜8/31まで開催されています。

ニュージーランド・マオリ芸術工芸学校の教員や学生が作成したマオリの伝統芸術作品などを50点以上展示するほか、ニュージーランド全国高校カパ・ハカ大会で優勝した男女混合チーム「ラウクラ」のパフォーマンスを見ることができます。

3R1A4605

今回、TUKU IHO キュレーターのカール・ジョンストン氏説明のもと、メディア内覧会が行われました。

3R1A4639

ニュージーランド・マオリ芸術工芸学校は、マオリ文化の歴史・伝統をとても大事にしています。

3R1A4609

文化を継承し次世代に伝えるだけでなく、世界各国を巡回し各地の先住民文化と交流する画期的な文化プロジェクトに取り組んでいます。

彫刻家の方の実演を間近で見ることができたのですが、とても繊細な作業をされていました!

3R1A4622

ラウクラの皆さんのパフォーマンスは、とても迫力があり熱気にあふれていました。

3R1A4612

なお、火曜は休館・休演ですので、ご注意ください。

同日、記者発表会にてニュージーランド航空 新作 機内安全ビデオが発表されました。

ニュージーランド航空の機内安全ビデオといえば、ユニークなことで世界的に知られていて、毎回話題となってます。

3R1A4669

最新の「オールブラックス航空」編は、機内安全ビデオシリーズとして10周年を記念するもので、今回もニュージーランド航空のエッセンスが詰まったキウィ流のユーモアに溢れた作品となっています。

9月に来日するラグビーニュージーランド代表を応援する機内安全ビデオとなっていて、オールブラックスのレジェンドもたくさん出演しています。

3R1A4665

動画はこちらこちらこちらから

機内安全ビデオでありながら、皆がオールブラックスを応援し、サポートしたいという強い想いが伝わる素晴らしい映像ですよね。

その後は、ニュージーランド大使館主催の「TUKU IHO 受け継がれるレガシー」展 オープニングレセプションに参加させていただきました。

3R1A4672

たくさんの方が訪れ、とても盛り上がっていました。

9月20日開幕のラグビーワールドカップで、ニュージーランドに関する話題も増えていて、嬉しいですね。
これからもたくさんの情報をお届けいたしますので、お楽しみに!

タグ : , ,

投稿日 : 2019.8.14 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

バスケットボール男子 日本代表 vs ニュージーランド代表 in 千葉ポートアリーナ

バスケットボール男子 日本代表 vs ニュージーランド代表 in 千葉ポートアリーナ

8月12日(月)に千葉ポートアリーナで行われた、バスケットボール男子 日本代表 vs ニュージーランド代表 の強化試合を取材してきました。

皆さんご存知の通り、ラグビー ニュージーランド代表は「All Blacks」ですが、バスケットボールは、「Tall Blacks」と言います!
今回が初来日の選手も多かったようです。

試合前には、Tall Blacksのハカが披露されたのですが、残念ながら正面で撮影することができませんでした。本日14日にも練習試合で対戦するので、今度こそ正面から撮影したいです!

3R1A5556

ここからは試合のレポートです。

結果からお伝えしますが、試合は99ー89で日本代表が勝利しました。

ニュージーランド代表は、スロースターターで、前半から得点差がついてしまったことが、敗因につながったと考えられます。

3R1A5466

日本代表は、試合開始直後からどんどん攻撃を仕掛けていたので、Tall Blacksはそこを改善・対策ができれば、結果は変わってくるのではないでしょうか。
連携が高まってくればもっと良くなりますし、コミュニケーションはしっかりととれていたので、まだまだこれからだと思います。
今日の練習試合では、そこに注目したいです。

あとは、やはり日本代表はホームアドバンテージがあり、勝ち方を分かっているという印象でした。

また、日本代表の八村塁が両チーム最多の35得点と大活躍していました。

3R1A5572

NBAのウィザーズで活躍している彼は、正直桁違いのレベルでした。
彼を中心とした攻撃パターンや、身体の強さ、ポジショニングの良さは素晴らしかったです。

3R1A5784

キウイブリーズが注目した選手は、0番のTai Websterです。

3R1A5823

この試合では、18得点7アシストの活躍でした。
兄弟で代表に選ばれていて、チームの中心選手です。
視野が広く、テクニシャン。パスを供給し、チームの心臓といえるでしょう。
今後が楽しみです!

Tall Blacksは、ホストタウンである厚木市でキャンプを行なっていたこともあり、厚木市から市民向けツアーが開催されるなど、たくさんのファンが応援に駆けつけていました。
アウェイながらも、試合中にはホームのように歓声を送り、ホスピタリティを感じました。
試合後には、選手がファンに手を振り、声援に応えていました。

3R1A6059

今日の試合は一般非公開ですが、取材しますので、お楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.8.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

舞行龍ジェームズ 川崎フロンターレから古巣アルビレックス新潟へ移籍

舞行龍ジェームズ 川崎フロンターレから古巣アルビレックス新潟へ移籍

本日、8月13日9時にアルビレックス新潟と川崎フロンターレ両チームから正式に移籍のリリースがありました!

彼としても本当に悩んだ結果の移籍だったのではないでしょうか。
プロのサッカー選手として、移籍は環境も変わりますし、ポジションが約束されているわけでもないので、人生を左右する出来事だと思います。

舞行龍自身、新潟→金沢→長崎→新潟→川崎と多くの移籍をしてますが、今回は年齢的なこともあり、一番悩んだことでしょう。

8月8日の夜に舞行龍から電話をもらい、移籍の話を聞きました。
そのとき、自分は色々なことが頭をよぎりました。

彼は本当に紳士で、人を大切にできる選手です。だから30歳になっても現役でいられるんだと思います。

そして11日13時から麻生グランドへ、練習を見に行きました。

IMG_0680

これが川崎フロンターレでの最後の活動だったので。。。

ファンの方にサインに応じ、紳士的な対応でした。

3R1A5255

そして夕方家族で新潟へ移動しました。

3R1A5296

2017年シーズンから2年半、舞行龍ファミリーが近所にいて色々な思い出をつくることができて本当に楽しかったです。
そしてアルビレックス新潟へ行っても、川崎フロンターレというチャンピオンチームで得た経験を還元できると確信をしています。

最後にまた新潟へ舞行龍ジェームズを見に行くのが今から楽しみです!

Best Wishes MJ!!

7年ぶり!?V・ファーレン長崎がJFLで優勝した時に撮った以来の2ショット!

3R1A5282

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.8.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 第2戦 日本代表 vs トンガ代表

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 第2戦 日本代表 vs トンガ代表

8月3日(土)に東大阪市花園ラグビー場にて行われた、「リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド」第2戦 日本代表 vs トンガ代表 の試合を取材してきました。

試合前日の2日にジェイミー・ジョセフHCの母マウデさんが亡くなったため、ジェイミー・ジョセフHCは急きょ母国ニュージーランドに帰国しました。
そのため、トンガ戦はトニー・ブラウンが代わりに指揮を執り、チームは喪章をつけて試合に臨みました。

3R1A4732

釜石に続き、花園にもたくさんの観客が応援に駆けつけていました。
ナイトゲームですが、それでもかなり蒸し暑かったです。。。

トンガ代表で注目選手は2人いたのですが、元ハイランダーズのナッシー・マヌーは怪我のため代表から離脱してしまい、元ハイランダーズでプロップのシウア・ハラヌコヌカはメンバー外だったのでプレーを見ることができず残念でした。

3R1A4802

3R1A4877

日本代表では、キャプテンリーチマイケル

3R1A5193

前回は途中からの出場だったので、今回先発出場でどこまでできるかに注目していました。試合勘についてはこれからさらに良いものにしていけると思いますし、あとはフィットネスをもっと上げる必要があります。しかし、チームの統率力は素晴らしいので、ワールドカップに向けてコンディションを良くしていってほしいです。

ここから試合のレビューです。

日本代表は試合開始早々に松島がシンビンとなり、正直ピンチになったと思いました。
しかし、1人少ない状態でも攻めの姿勢で、攻守ともに2人目3人目もしっかりと動けていました。

3R1A5035

体の大きいトンガ代表に低い姿勢でタックルし、トンガ代表に仕事をさせていませんでした。
日本代表はゲーム運びがうまく、多彩な戦術パターンで攻撃を仕掛けていました。

3R1A5131

後半日本は反則が続き、16分にトンガに初得点を決められてしまいました。
しかしその後トンガの反則から、日本はPGをきっちりと決めました。そして立て直して、後半32分にキックパスから松島のナイストライ!

その後の試合終了間際の福岡のトライも良かったですね!わーっと歓声があがっていました。

3R1A4928

いつも後半20分以降の動きが課題の日本。ミスや連携に改善の余地はあるものの、いい形で終われたのではないでしょうか。

日本は最後まで攻めの姿勢で、勢いを感じました。

試合は、41-7で日本が勝利し、2連勝となりました。
日本代表はフィジーへ向かい、10日に行われるパシフィックネーションズカップ第3戦で米国と対戦します。また、ジェイミー・ジョセフHCはフィジーで合流する予定です。

3R1A4843

ワールドカップ開幕まであと45日!
怪我に気をつけて、本番に向けて頑張って欲しいです!!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.7.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019 日本ラウンド 第1戦 日本代表 vs フィジー代表

リポビタンDチャレンジカップ  パシフィックネーションズ2019 日本ラウンド 第1戦 日本代表 vs フィジー代表

2019年7月27日(土)に釜石鵜住居復興スタジアムにて行われた、リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド第1戦 日本代表 vs フィジー代表の試合を取材してきました。

3R1A4067

 

チケットは前売り券が完売し、スタジアムはほぼ満員。

IMG_0496

たくさんの観客が応援に駆けつけていました。

この試合で注目したのは、まずフィジー代表のパトリック・オズボーン

3R1A4192

クボタでプレーをしていたこともあり、日本のラグビーを誰よりも知っているフィジーの選手の一人です。
今シーズンはスーパーラグビーのハイランダーズと契約をしたものの、膝の怪我でチームに絡むことがあまりできていませんでした。

3R1A4268

しかし今回のパシフィックネーションズで代表に召集され、9月に開催されるW杯でも召集される可能性が高いです。

負傷からの復帰ということもあり、まだ100%のコンディションではないと思いますが、パワフルなプレーが垣間見ることができたのでこれから楽しみです。

試合後にはキウイブリーズ独占取材を行ったので、ぜひ最後までご覧ください!

日本代表では、自分の高校の先輩であるトニー・ブラウンや監督のジェイミー・ジョセフが、

3R1A3892

①多様な攻撃バリエーションのスタイルを好むフィジーのラグビースタイルにどう対策するのか

②自分たちのペースでどのようにゲームをマネジメントするか

③ベンチ入りしたリーチ・マイケルがどのタイミングでピッチに入り、試合勘やコンディションがどうか

について注目しました。

それでは、ゲームのレビューです。

前半から日本はディフェンスの速いプレッシャーで、フィジーが得意とする個を自由に動かすことを許しませんでした。
そして主導権を握り、ペースを死守しました。

3R1A4145
セットプレーも今までになく安定していました。攻撃のバリエーションについても、日本代表に合ったスタイルでトライを挙げることができていました。

これはトニーが得意とするスタイルだと改めて思いました。

3R1A3951

 

W杯でもこのスタイルを貫けば、ベスト8も見えてくるのではないでしょうか。

日本代表で注目したリーチ・マイケルはまだ100%の仕上がりではなかったものの、チームを牽引する統率力や体を張る姿が印象的でした。

3R1A4441

次に大阪で開催されるトンガ戦では、フル出場してもらい80分プレーをする姿を見てみたいです。

テストマッチなので、一番重要なことは勝ち!

チームが1つにまとまり、辛い宮崎合宿を過ごした結果を選手一人ひとりが実感できたのではないでしょうか。これはとても重要なことだと思います。
ラグビーはメンタルスポーツでもあり、練習でやった内容をプレッシャーがかかる試合でいかに再現できるかがポイントとなるので良かったです。

しかし、課題が見えた試合でもありました。
後半トライを挙げられるチャンスがありましたが、取り切ることができませんでした。W杯ではこの1トライで勝敗が左右されると思います。
また、後半20分すぎから選手の動きや判断力が遅くなるシーンが多数見られました。

ベテラン選手(フォワードとバックス)が話し合い、ゲームプランを考えることでもっとスムーズになると思いました。

試合は、34-21で日本代表が勝利しました。

ここからは、フィジー代表パトリック・オズボーンのキウイブリーズ独占インタビューです。

3R1A4570

本日の試合は!?

とても暑い試合でした。日本はとても素晴らしい試合で、我々は多くのミスをしてしまいましたがこれもラグビーだと思っています。私も日本でプレーをしていましたが、多くの選手が湿度と温度でショックを受けています。昨日は風もありましたが、本日の試合は風もなくコンディションを整えるのが難しかったと思います。日本代表は長い間が合宿を行っていると聞いていますが、皆さんも試合を見てわかったと思いますが、非常に素晴らしいチームに仕上がっていると感じました。

元ハイランダーズで指揮をしていたジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウンにメッセージを

グッドラックと言いたいです。日本代表はW杯で結果を出すことが最終的な目標でしょうから、頑張ってと思っています。セミファイナルなどで日本代表とフィジー代表が対戦したらリベンジしたいです。

試合後釜石まで駆け付けたファンにサインや写真をするパトリック。

 

3R1A4567

 

トニーと試合後にメールでやり取りをしたのですが、W杯まで東京には戻れないようです。

3R1A3974

戻ってくるタイミングで一緒にニュージーランドワインを飲みたいと思っています。しかしそういう時はラグビーの話は全くしないんですよね。。。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2019.7.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2019年川崎フロンターレ ファン感謝デー 舞行龍ジェームズレポート

2019年川崎フロンターレ ファン感謝デー 舞行龍ジェームズレポート

昨日7月20日(土)、等々力競技場で行われた2019年川崎フロンターレファン感謝デーに行って来ました。

3R1A3806

かれこれ12年以上の付き合いとなるニュージーランド出身の舞行龍ジェームズ。
彼が考案した、ベジマイトサンドを是非とも食べてみたくて。。。

3R1A3774

ニュージーランドではベジマイトを毎朝トーストにつけて食べている人が多く、朝食の定番なのですが、舞行龍が考案したようにポテトチップスを入れるのも人気です。

多くのファンに笑顔で応え、一人ひとりの目を見て対応していました。

3R1A3776

実際食べてみたところ、湿度が高かったせいかポテトチップスが思ったよりもかりっとしていなかったのが残念でした。。。
しかし、味としてはまあまあでした。

3R1A3784

その際もらったカード。

IMG_0430

川崎フロンターレはこういうサービスが非常に素晴らしいですよね!

そのあと横浜で一緒にBBQをしました!お疲れのところ、ファミリーで来てくれてありがとう。

シーズン中なので、あまりお酒を飲まない舞行龍。この日もペリエとノンアルコールビールだけでした。やはりプロだなと思います。

夏のうちに是非一緒にゆっくり飲みたいなと思っています。って言っても翌日オフでないといけないのでなかなか難しいかもです。。。

ではでは

熊木

タグ : ,

1 / 111234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information