ホーム > NZブログ > エアーニュージーランド

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.6.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2012年度のエアーニュージーランド・ワインアワード・チャンピオンワイン「グラスホッパー・ロック セントラル・オタゴ ピノ・ノワール2010」

2012年度のエアーニュージーランド・ワインアワード・チャンピオンワイン「グラスホッパー・ロック セントラル・オタゴ ピノ・ノワール2010」

こんにちは。

今回もやって参りました、毎年のエアーニュージーランド・ワインアワード・チャンピオンワインを飲むという企画。

前回試飲した2011年度は少し残念な結果になりましたが、気を取り直して2012年度のチャンピオンワインをテイスティングさせていただきました。

この年のチャンピオンは、「グラスホッパー・ロック」というセントラル・オタゴにあるワイナリーのピノ・ノワール2010です。

IMG_3720

個人的には大好きなセントラル・オタゴのピノ・ノワールということで、非常に楽しみにしていました。

しかも、グラスホッパー・ロックは、ピノ・ノワールだけの生産者なんです。
こちらが作られたアーンズクルー・ヴィンヤードという畑は、セントラル・オタゴの中のアレクサンドラというエリアにあり、世界の中でも最南端にあるブドウ畑の一つなのだそうです。

最南端にありながらも、日照の強い地域で、その寒暖差が果実に強い影響を与え、凝縮感のあるブドウが作られています。

グラスホッパー・ロックは、現在日本に入荷されていませんし、小さなワイナリーですが、セントラル・オタゴの中ではトップクラスの品質を誇り、それでいて価格は控えめなため、コストパフォーマンスの高いことでも知られているそうです。

そういった事前情報が、さらに期待感を膨らませてくれます。
しかも8年前のヴィンテージですから、順調に熟成していれば、ピノ・ノワールにとって、まさに最高のコンディションなはずです。

さて、スクリューキャップをあけ、リーデルのセントラル・オタゴ ピノ・ノワールグラスに注ぎます。

IMG_3727

ピノ・ノワールとしては、かなり濃い目のブラック・ルビーのような色合いです。
セントラル・オタゴのピノ・ノワールは、濃い色のものを良く見かけます。

香りをかぐと、芳醇なベリー系の香りと、完熟したプラムのような風味がいっぱいに広がります。黒い果実の宝庫という印象で、香りからして複雑なテクスチャーがあることが容易に想像できます。

そうして口に含みますと、非常にインパクトのある果実味、しっかりとした骨格を持ちながらも、繊細なベリーや完熟したプラムの甘さ、ローストしたナッツのような香り、そして柔らかなスパイスと酸味、口の中で長く優しくずーっと続くタンニン。これら全てがバランスがよく混ざり合って、香りのときに感じたように、何層にもテクスチャーが広がっていきました。これは本当に美味しいです。

特に完熟したプラムのようなフレーバーと甘さ、長く続くタンニンが、ずっと絡み合い、このピノ・ノワール全体を作り上げている印象です。

色々なニュージーランドのピノ・ノワールを飲んできましたが、これは本当にレベルが高いなと思いました。

しかもこれでNZ$40(3200円)程度というのだから、本当に驚きですね。

これはぜひとも、日本に入荷して欲しいなと感じました。

今日は大変すばらしいワインにめぐり合えて、嬉しい気持ちで終えられました。

【過去のチャンピオンワインのテイスティングレポート】

2011年:ヴィラマリア「シングルヴィンヤード・ホークスベイ シャルドネ2010」

2010年:ペレグリン「ピノ・ノワール2009」

2009年:ユリヒャー「ピノ・ノワール2008」

2008年:チャーチロード「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」

2007年:トリニティーヒル「オマージュ シラー2006」

2006年:デルタ・ヴィンヤード「ピノ・ノワール2005」

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.6.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2011年度のエアーニュージーランド・ワインアワード チャンピオンワイン 「ヴィラマリア ケルターン ホークスベイ シャルドネ2010」

2011年度のエアーニュージーランド・ワインアワード チャンピオンワイン 「ヴィラマリア ケルターン ホークスベイ シャルドネ2010」

こんにちは。

先日、2011年度のエアーニュージーランド・ワインアワードでチャンピオンになったワイン、ヴィラマリア(Villa
Maria)の「シングル・ヴィンヤード ケルターン ホークスベイ シャルドネ2010」をテイスティングさせていただきました。

2006年度から順に、毎年エアーニュージーランドワインアワードでのチャンピオンワインを飲むという企画を行っています。
この賞は、ニュージーランドのワインアワードの中で最も名誉あるもののひとつで、多くのニュージーランドのワイン関係者にとってチャンピオンになることが目標とされているものです。

ご興味のある方は、過去記事も良かったらお読みくださいね。

さて、ヴィラマリアといえば、ご存知の方も多いかもしれませんが、ニュージーランドでもっとも有名なワイナリーのひとつで、ニュージーランド航空の国際線のエコノミークラスでサーブされています。

ワイナリーの設立も1961年と、ニュージーランド国内では最も古いもののひとつであり、ヴィラマリアは世界中のワインコンペティションでニュージーランド最多の受賞歴を誇るワイナリーとしても有名です。
例えば、またイギリスの専門誌「ドリンクス・インターナショナル」による「世界で最も称賛されるワインブランド」において、ヴィラマリアは2015年、2016年と2年続いてトップ10に選ばれています。

そういう意味で、名実ともに一流のヴィラマリアがエアーニュージーランド・ワインアワードでチャンピオンになるというのは、ある意味で妥当な結果ではあるのですが、それだけに楽しみにしていました。

しかも、2006年からチャンピオンワインの試飲を継続していますが、そこから数えると初の白ワインですので、期待感も高まります。

IMG_3715

スクリューキャップをあけ、グラスにゆっくりと注ぐと、まず立ち上ってくるのは白い花や洋ナシのようなほんのり甘くフルーティーな香り。
シャルドネ由来の潤沢な果実味のポテンシャルを感じさせます。その中からほんのりと樽の香りが漂ってきて、樽熟成されたシャルドネだと感じさせてくれます。

そしてゆっくり口に含むと、、、あれ?ちょっと硬い?
洋ナシや桃のようなアロマティックな香りと甘さに、少しアンバランスに感じる酸味、樽感も一緒に混ざり合っている感じがあまりしません。

ちょっとサーブ温度が低かったのかなと思い、常温の中でゆっくり戻していきました。

すると、香りはさらにアロマティックになり、果実の風味とほんのりとした甘い香りが鼻を刺激し、幸せな気分にしてくれました。
そして再び口に入れると、先ほどのようなアンバランスさはなくなり、アロマティックな骨格を酸味と樽感がゆっくり覆ってくれました。

シャルドネは本当に温度帯が重要なことが分かりますが、しかしそれでも、このポテンシャルであれば、他のシャルドネでも同じレベルのものはたくさんあるような気がしました・・。

もしかしたらチャンピオンを取った当時に飲んだら違った印象だったのかもしれませんし、現行のケルターンホークスベイシャルドネのヴィンテージもまた違うかもしれません。

IMG_3712

しかし、残念ながら歴代のチャンピオンワインの中では初めて、感動で終わる、というものではありませんでした。。

また改めて、現行のケルターン ホークスベイ シャルドネを飲んでみたいなと感じました。

【過去のチャンピオンワインのテイスティングレポート】

2010年:ペレグリン「ピノ・ノワール2009」

2009年:ユリヒャー「ピノ・ノワール2008」

2008年:チャーチロード「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」

2007年:トリニティーヒル「オマージュ シラー2006」

2006年:デルタ・ヴィンヤード「ピノ・ノワール2005」

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.6.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2010年度のエアーニュージーランド・ワインアワード チャンピオンワイン 「ペレグリン ピノ・ノワール2009」

2010年度のエアーニュージーランド・ワインアワード チャンピオンワイン 「ペレグリン ピノ・ノワール2009」

こんにちは。

先日のユリヒャーに続き、その翌年2010年のエアーニュージーランド・ワインアワードのチャンピオンとなった「ペレグリン(Peregrine)」というワイナリーのピノ・ノワール2009をテイスティングさせていただきました。

※毎年エアーニュージーランドワインアワードでのチャンピオンワインテイスティングしているのを恒例の企画としています。

興味のある方は、記事末尾に過去の記事をリンクしていますので、良かったらご覧くださいね。

ペレグリンは、南島のセントラル・オタゴにあるワイナリーで、1998年にグレッグ・ヘイ(Greg Hay)氏によって設立されました。最初のヴィンテージである1998年のソーヴィニョン・ブランがエアーニュージーランド・ワインアワードでチャンピオンとなり、華々しいスタートを切ります。

それから約10年後に、再びニュージーランドのチャンピオンとなったのが、こちらのピノ・ノワール2009です。

2009年ですから、9年前のワインになります。
先日のユリヒャーに続き、9年、10年という熟成は本当に楽しみな年代です。

いつもながらにドキドキしながら、栓を開けました。

グラスに注ぐと濃い紫色で、程よい熟成を感じさせます。グラスを回して香りを嗅ぐと、立ち上ってくるチェリーやラズベリーのような果実味と、柔らかなスパイス香。とっても幸せになる美しい香りです。しばらく香りだけを味わっていられます。

そうして、ゆっくりと口に含みます。ドキドキ・ワクワクの一瞬です。

IMG_2139

まずは口いっぱいに、完熟したプラムのような果実の甘みが広がりました。続いてこのワインの骨格を作り出すしっかりしたタンニンと、これぞセントラル・オタゴというような土の香りのするミネラルが広がり、黒胡椒のようなスパイスがやってきます。

強い日照時間と、ごつごつした岩の土壌のセントラル・オタゴをしっかりと表現しているワインです。
ユリヒャーもピノ・ノワールでしたが、これは全く違う表情のピノ・ノワールといえます。

こちらのワインは開いてくると、タンニンとスパイスがまろやかになり、果実の甘みと絶妙にマッチしてきました。

これくらいの熟成感のあるセントラル・オタゴのピノ・ノワールは本当にさすがですね。非常に美味しく頂くことができました。

チャンピオン・ワインは、毎年どれも表情が違いますが、どれも素晴らしいです。

なお、ペレグリンはこのようにワイン品評会で賞をとるでけでなく、非常に近代的かつ芸術的な建物も特徴なんだそうです。その建物も世界的に評価を受けているそうで、いつか訪れてみたいワイナリーのひとつになりました。

【過去のチャンピオンワインのテイスティングレポート】
2009年:ユリヒャー「ピノ・ノワール2008」

2008年:チャーチロード「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」

2007年:トリニティーヒル「オマージュ シラー2006」

2006年:デルタ・ヴィンヤード「ピノ・ノワール2005」

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.5.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2017年度 エアーニュージーランド・ワインアワード 受賞ワイナリー 「イザベル・エステート」 取材レポート

2017年度 エアーニュージーランド・ワインアワード 受賞ワイナリー 「イザベル・エステート」 取材レポート

こんにちは。

今日は、先日のニュージーランド滞在中6番目に訪れたワイナリー「イザベル・エステート」についてレポートさせていただきますね。

イザベル・エステートは1980年にマールボロに設立されたワイナリーで、イザベルのシャルドネ2016は、昨年2017年度のエアーニュージーランド・ワインアワードでチャンピオンにもなりました。

3

全てを自社畑、シングルヴィンヤードでワインを作り続けており、ワインメーカーのジェレミー・マッケンジー氏がブドウ畑の責任者も兼任するなど、少人数で良質なワインを作り続けているブティックワイナリーです。

ジェレミーさんはヴィラ・マリアやアラン・スコットなどの有名なワイナリーでワインメーカーとして勤務した後、イザベルのチーフワインメーカーに就任しました。
今回の取材ではジェレミーさんが直接畑を案内してくれたり、ワインの説明をしてくださいました。

42

イザベルのワインのラインアップは、ロゼ、ソーヴィニヨン・ブラン、ドライ・リースリング、ピノ・グリ、シャルドネ、そしてピノ・ノワールの6種類。

どれも非常にレベルが高かったのですが、やはりさすがのチャンピオンワイン、シャルドネ2016は大変クリーミーでまろやかな舌触りの中に、メロンや熟したイチジクの豊かな果実味、ローストしたナッツ香、そして程よい酸味がバランスよく混ざり合います。本当に完成度の高い、素晴らしい1本でした。

自身のキャリアのひとつの集大成であり、目標の一つであったエアーニュージーランドワインアワードでチャンピオンになるということを達成された現在、何を目標にしていますか、という質問に対し、今後も人々に親しまれ、愛されるワインを作り続けていくのと同時に、将来は自分自身がオーナーのワイナリーを持つことも夢だと語ってくれました。

また、ワインは熟成させて楽しむものであるという彼のポリシーから、長期熟成に耐えられるワイン造りも心がけているとのことで、実際にこの取材の数日前に1999年のイザベルのピノ・ノワールを開けたところ、非常にすばらしい熟成がされていたそうです。

僕たちの作るワインは20年の熟成を楽しめる!」と楽しそうに語ってくださったので、最後はピノ・ノワールを自分用に購入し、サインしていただきました。

IMG_5016

自宅のセラーに保管し、熟成のときをゆっくりと待ちたいと思います。

なお、イザベルではこれからワイナリー内にセラードアを開くということで、取材時には工事中でしたが、今後はワインを買ったりテイスティングしたり、楽しめるようになるそうですよ。

その際は、是非訪れてみてくださいね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.5.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2009年度のエアーニュージーランド・ワインアワードチャンピオンワイン「ユリヒャー ピノ・ノワール2008」

2009年度のエアーニュージーランド・ワインアワードチャンピオンワイン「ユリヒャー ピノ・ノワール2008」

こんにちは。

先日のチャーチロードに続き、その翌年2009年のエアーニュージーランド・ワインアワードのチャンピオンとなった「ユリヒャー(Juliher)」というワイナリーのピノ・ノワール2008をテイスティングさせていただきました。

毎年エアーニュージーランドワインアワードでのチャンピオンワインを飲むのは、私にとって本当に楽しみなイベントのひとつになってきました。

興味のある方は、過去の記事をご覧ください。
2008年:チャーチロード

2007年:トリニティーヒル

2006年:デルタ・ヴィンヤード

ユリヒャーは北島マーティンボロにあるワイナリーで、1996年に設立されました。その評価は高く、海外でも多くのゴールドメダルを受賞しており、ニュージーランドTOP50のワイナリーにランクインしています。

2008年、ちょうど10年前のピノ・ノワールですから、順調に熟成していればまさに飲み頃。いつも通り期待感が高まります。

スクリューキャップを開けると、香ばしい黒い果実と、程よい樽の香りが漂ってきます。

グラスに注ぐと、ピノ・ノワールとしては珍しいほどにダークなルビー色で、色だけ見れば、シラーに近い黒色を放っています。

グラスを回し、ゆっくりと立ち上ってくる香りは、とてもスパイシーです。
胡椒のようなスパイスの中から、ダークチェリー、ブルーベリーのような凝縮した香りが柔らかに漂ってきます。

IMG_1256

そうして口に含むと、まず最初に感じたのが、ワイン用語で「森の下生え」というのですが、森に足を踏み入れたときに漂う緑や葉っぱ、そして土のような香りがふわっと広がりました。

続いて黒い果実中心の凝縮感に溢れた香り、きめ細かな舌触り、そして最初に香ってきたスパイス感と酸味がバランスよく交じり合い、長くタンニンが口の中に残りました。

色々と表現しましたが、端的に言うと、とても美味しいということです(笑)

熟成度合いも抜群でした。

マーティンボロのピノ・ノワールは、マールボロやセントラル・オタゴとは全く違ったニュアンス、テクスチャーを持ったピノ・ノワールでした。

IMG_1258

改めて一言でこちらのユリヒャーの特徴を表すならば、「森の下生え&スパイス」。この感じは南島とは全く違うので、これが土壌や気候による個性なのだなと、大変勉強になりました。

しかし、こういったワインがチャンピオンになるあたりが、エアーニュージーランド・ワインアワードの素晴らしさですね。

今まで飲んできた、どのチャンピオンワインとも表情が違います。

それゆえに毎年審査員の苦労が伺えますが、正等に美味しく、そこまで高くないワインが賞を取るという文化に改めて敬意を表したい気持ちになりました。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.4.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

チャーチロード 「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」 テイスティングノート

チャーチロード 「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」 テイスティングノート

こんにちは。

エアーニュージーランド・ワインアワードのチャンピオンになったワインをテイスティングさせていただく企画を、先日も行わせていただきました。

エアーニュージーランド・ワインアワードは毎年1本、その年のチャンピオンワインを決めるという、ニュージーランドで最も栄誉あるワインの賞です。

今回は2008年度のチャンピオンになった、チャーチロードの「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」を頂きました。

チャーチロードはニュージーランドで最も早くボルドースタイルのワインを作り始めたワイナリーのひとつで、1989年に北島にあるホークスベイという地域に設立されました。

国内外で数多くの賞を受賞しており、こちらのリザーブワインシリーズは、素晴らしいブドウが摂れた年のみしか作られない、特別なワインです。

いつも10年を越える昔のワインをあける瞬間はとても緊張します。
なぜなら、一般的にはワインは経年の熟成と共に美味しくなるとされているものの、そのワインの持つポテンシャルや保存状態によって、逆に経年によって味が死んでしまうことが一定割合あるからです。

今回のチャーチロードのワインは、果たしていかに。。

無事に飲める状態として熟成されているのか、それとも・・

ドキドキしながらニュージーランドワインでは珍しいコルクを抜くと、熟成されたシラーのスパイス香がゆっくりと立ち上ってきました。
グラスに注ぐと、トリニティーヒルと同じように、透けないほどに真っ黒に近い色合いです。

ゆっくりとワイングラスを回しながら、香りを嗅ぐと、ほんのりと甘い、完熟したプラムのような香りと、熟成された香ばしい樽のトースト香が漂ってきます。

IMG_1041

これは期待できそうです。

口にゆっくり含むと、プラム、ブラックチェリーのような芳醇な香りと甘みがパッと広がりましたが、まだ少し固い印象です。

あわてず、グラスを回しながらゆっくりと開いていくのを待ちます。

頃合いだと感じるころに再度テイスティングしてみると、プラムやブラックチェリーの豊かな甘さの中に、スミレやバラのような花の香りが広がり、非常に素晴らしくアロマティックな世界が展開します。続いて樽熟成の深いトースト香とともに、シラー特有の白コショウのようなスパイス感が口いっぱいに長く続きました。

これは本当に素晴らしかったです。甘みとアロマティックな香りが抜群で、でも程よいスパイスとタンニンもしっかりあり、今まで私が飲んだ中で、1,2を争うほどに美味しいシラーでした。

デルタ・ヴィンヤード(2006年度チャンピオン)、トリニティーヒル(2007年度チャンピオン)、チャーチロード(2008年度チャンピオン)と飲んできましたが、どれも上手に熟成され、その美味しさとポテンシャルに驚かされます。

もちろん、このような高品質のものが生産できるワイナリー、生産者が素晴らしいのですが、そういったワインを的確に選び、チャンピオンとする審査員たちもすごいなと感じました。

このチャンピオンワインをテイスティングしていく企画は引き続き続けていきたいと思っています。今から他の年度のチャンピオンワインが、さらに楽しみになってきました。

我妻

タグ : , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information