ホーム > NZブログ > エアーニュージーランド

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.4.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

チャーチロード 「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」 テイスティングノート

チャーチロード 「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」 テイスティングノート

こんにちは。

エアーニュージーランド・ワインアワードのチャンピオンになったワインをテイスティングさせていただく企画を、先日も行わせていただきました。

エアーニュージーランド・ワインアワードは毎年1本、その年のチャンピオンワインを決めるという、ニュージーランドで最も栄誉あるワインの賞です。

今回は2008年度のチャンピオンになった、チャーチロードの「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」を頂きました。

チャーチロードはニュージーランドで最も早くボルドースタイルのワインを作り始めたワイナリーのひとつで、1989年に北島にあるホークスベイという地域に設立されました。

国内外で数多くの賞を受賞しており、こちらのリザーブワインシリーズは、素晴らしいブドウが摂れた年のみしか作られない、特別なワインです。

いつも10年を越える昔のワインをあける瞬間はとても緊張します。
なぜなら、一般的にはワインは経年の熟成と共に美味しくなるとされているものの、そのワインの持つポテンシャルや保存状態によって、逆に経年によって味が死んでしまうことが一定割合あるからです。

今回のチャーチロードのワインは、果たしていかに。。

無事に飲める状態として熟成されているのか、それとも・・

ドキドキしながらニュージーランドワインでは珍しいコルクを抜くと、熟成されたシラーのスパイス香がゆっくりと立ち上ってきました。
グラスに注ぐと、トリニティーヒルと同じように、透けないほどに真っ黒に近い色合いです。

ゆっくりとワイングラスを回しながら、香りを嗅ぐと、ほんのりと甘い、完熟したプラムのような香りと、熟成された香ばしい樽のトースト香が漂ってきます。

IMG_1041

これは期待できそうです。

口にゆっくり含むと、プラム、ブラックチェリーのような芳醇な香りと甘みがパッと広がりましたが、まだ少し固い印象です。

あわてず、グラスを回しながらゆっくりと開いていくのを待ちます。

頃合いだと感じるころに再度テイスティングしてみると、プラムやブラックチェリーの豊かな甘さの中に、スミレやバラのような花の香りが広がり、非常に素晴らしくアロマティックな世界が展開します。続いて樽熟成の深いトースト香とともに、シラー特有の白コショウのようなスパイス感が口いっぱいに長く続きました。

これは本当に素晴らしかったです。甘みとアロマティックな香りが抜群で、でも程よいスパイスとタンニンもしっかりあり、今まで私が飲んだ中で、1,2を争うほどに美味しいシラーでした。

デルタ・ヴィンヤード(2006年度チャンピオン)、トリニティーヒル(2007年度チャンピオン)、チャーチロード(2008年度チャンピオン)と飲んできましたが、どれも上手に熟成され、その美味しさとポテンシャルに驚かされます。

もちろん、このような高品質のものが生産できるワイナリー、生産者が素晴らしいのですが、そういったワインを的確に選び、チャンピオンとする審査員たちもすごいなと感じました。

このチャンピオンワインをテイスティングしていく企画は引き続き続けていきたいと思っています。今から他の年度のチャンピオンワインが、さらに楽しみになってきました。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.2.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

12年前のヴィンテージ、トリニティー・ヒル オマージュ シラー2006テイスティングレポート

12年前のヴィンテージ、トリニティー・ヒル オマージュ シラー2006テイスティングレポート

こんにちは。

先日、トリニティー・ヒル(Trinity Hill)の オマージュ(Homage)シラー2006を開けました。

こちらは、2007年のエアーニュージーランド ワインアワードでチャンピオンとなったワインで、熊木がセラーに保管していたものです。

実は先日、この前年の2006年にチャンピオンとなった、デルタ・ヴィンヤードのピノ・ノワールを飲みまして、それを記事にさせていただいたのですが、その第2弾として2007年のトリニティー・ヒルのワインをあけたわけです。

IMG_8569

デルタの記事はこちらです。

改めて、こちらの賞について説明させていただきますと、エアーニュージーランド(ニュージーランド航空)では、毎年多数作られるワインの中から、1本チャンピオンワインを選出し、表彰します。

この賞を取ることは、ニュージーランドのワインメーカーにとって大変名誉であり、多くの関係者が目標としているものです。

さて、2007年にチャンピオンとなったトリニティー・ヒルというワイナリーは、世界的にも数多くの賞を受賞し、専門家や著名人からも大変評価の高い、高級ブティックワイナリーです。

特に「オマージュ」は、トリニティーヒルいわく「Best of best」のワインで、最高のブドウ、最高のワインが作られた年だけリリースされるシリーズです。

そのため、生産本数自体も非常に数が限られている、希少なワインです。

かのスティーブン・スピルバーグ監督がこのワインのファンで、どうしても飲みたいために、直接ワイナリーに電話して取寄せたという逸話もあるほどです。

先日のデルタ・ヴィンヤードの際に、ニュージーランドワインのヴィンテージ熟成の十二分なポテンシャルが証明されたわけですが、果たしてこちらのトリニティー・ヒルはいかに・・

グラスに注ぐと、真っ黒な色合いにびっくりしました。

IMG_8572

ブラックベリー、カシス、プラム、土の香り、森の下生え、そういった複雑な香りが漂ってきます。

口に含むと、コショウのようなスパイシー感と、ブラックチョコレートの香り、そして、深いオーク樽の熟成のスモークが口の中いっぱいに広がります。

しかし、少し硬い。

まだ眠っていて開いていないようです。

少しずつ手でゆっくりと暖め、グラスを回しながら開いていきます。
ボトルに残っていたワインも、カラフェに移し、開かせていきます。

頃合いでもう一度香りを嗅ぐと、先ほどよりも、もっと強烈なスパイス感が立ち上ってきました。

口に含むと、びっくりするくらいインパクトの強いスパイス。フルボディーでありながらも、スパイス、香り、スモーク、果実味、苦味、それらが複雑に絡み合う、繊細なシラーでした。

これが熟成によって生まれたのか、はたまた2007年当時からこのような味わいだったのか・・

2007年当時のテイスティングノートを読むと、同じように強いスパイスや複雑味が特徴だと書かれていますので、それがさらにやわらかく丸まって、ひとまとまりになったのかなと感じました。

うまみの醸成、経年による熟成は、デルタのピノ・ノワールの方が上かなという印象でしたが、2007年のオマージュ
シラーも、非常にふくよかで複雑なスパイスを楽しむことができ、今回も贅沢なヴィンテージを味わうことができました。

ヴィンテージ探求は本当に面白いですし、勉強になりますね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.1.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

13年前のヴィンテージのニュージーランド産ピノ・ノワールを開けました!

13年前のヴィンテージのニュージーランド産ピノ・ノワールを開けました!

こんにちは。
先日、デルタ・ヴィンヤードのピノ・ノワール2005を開けました。

こちらは、2006年のエアーニュージーランド ワインアワードでチャンピオンとなったワインで、熊木がセラーに保管していました。

ニュージーランドワインは歴史が40年程度のため、熟成したヴィンテージを楽しむことはほとんど無く、また、そもそもとしてニュージーランドワインは長期保存ができないのではないか、とも言われていました。

ですので、このワインをあけるのは少しドキドキだったのですが、果たして結果は・・

記事後半でお伝えします。

さて、エアーニュージーランド(ニュージーランド航空)では、毎年多数作られるワインの中から、1本だけチャンピオンワインを選出し、表彰します。

この賞はニュージーランドのワインメーカーにとって、もっとも栄誉ある賞のひとつで、日本で言うならば分野は違いますが、直木賞や芥川賞のようなものに当たるでしょうか。

チャンピオンになったワインは、1年間ニュージーランド航空のファーストクラスにて、振舞われることになっています。

ちなみに2017年のチャンピオンワインは、イザベル・エステートのシャルドネ2016でした。これについては、以前こんな記事を書かせていただいています。

こちら

さて、お待たせしました。

デルタ・ヴィンヤードのピノ・ノワール2005は、どうだったかと言いますと・・

IMG_7848

グラスに注ぐと、美しいレンガ色に変化しており、チョコレートやカカオのニュアンスが柔らかに立ち上ってきました。

樽熟成されたフレーバーが、まろやかなロースト香と円熟した深みとなって、香りだけでも幸せな気分になります。

一口飲んだ瞬間に、思わず「あぁ、美味しい」と声が漏れてしまいました。

シルクのような舌触り、香りからも感じられたチョコレート、カカオのニュアンス、優しい土の香り、熟成したイチジクやプラムのようなテイスト、そしてまろやかなタンニンとスパイス感が混ざり合って、静かなフィニッシュを迎えます。

非常に複雑な中にも絶妙なバランスでワインが熟成されていて、本当に素晴らしいヴィンテージになっていました。

IMG_7852

ニュージーランドワインのヴィンテージのポテンシャルが、充分にあるということが分かりました。
これは個人的にもとても嬉しい発見ですが、何故ニュージーランドにはヴィンテージの保管がないのでしょう・・

恐らくですが、5年、10年と熟成させる前に、ワインが大好きなキーウィーは、みんな我慢できずに飲んでしまうんでしょうね(^^;

それはまぁ冗談としまして、、
美味しいワイン、好きなワインを自分のセラーで保管して数年後に開けるという楽しみが、ニュージーランドワインでもできそうですね!

今後、弊社オンラインショップでは、デルタ・ヴィンヤードの取り扱いを本格的に始動する予定ですのでお楽しみに!

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2014.11.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

エアー・ニュージーランドワインアワード 2014

エアー・ニュージーランドワインアワード 2014

今年もこの季節がやって参りました。

 

11月22日、北島ネーピアの「Pettigrew Green Arena」にてエアー・ニュージーランドワインアワード2014が発表されました。

今年は、トータル1557のニュージーランドワインが出展され、112のゴールドメダルが選出されました。

Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013

そして、全ワインのトップに立ったのが「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013」。

早速、現地よりチャンピオンワインを手配しました。ボトルにはワインメーカーのサインが入っているかも!?

また、ニュージーランドにいる友人にもテイスティングしてもらい、コメントを貰う予定です!!フードとのマリアージュもご提案出来たらと思っています。

 

それにしても近年、ホークスベイのシャルドネがトロフィーを取る事が多いですね。2011年にはホークスベイの「Villa Maria Single Vineyard Keltern Hawke’s Bay Chardonnay 2010」が受賞していました。

自分のイメージでは、ホークスベイはシラーが良いと思っていましたが、実はシャルドネにも適しているのでしょうか!?時間があれば、今度テイスティングしに行きたいと思います。

下記、トロフィーワイン一覧です。

 

AIR NEW ZEALAND WINE AWARDS 2014   TROPHY WINNERS

Air New Zealand Champion Wine of the Show「 Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013

O-I New Zealand Reserve Wine of the Show 「Villa Maria Single Vineyard Southern Clays Marlborough Pinot Noir 2012」

JF Hillebrand New Zealand Ltd Champion Pinot Noir 「Villa Maria Single Vineyard Southern Clays Marlborough Pinot Noir 2012」

Label and Litho Limited Champion Sauvignon Blanc 「Saint Clair Wairau Reserve Marlborough Sauvignon Blanc 2014」

Rabobank New Zealand Limited Champion Chardonnay 「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013」

BDO New Zealand Limited Champion Other White Styles and Ros 「Falconhead Hawke’s Bay Viognier 2013」

Bite Magazine Champion Sweet White Wine「Giesen The Brothers Late Harvest Sauvignon Blanc 2012 Marlborough」

Coast FM Champion Merlot, Cabernet and Blends 「Esk Valley Gimblett Gravels Hawke’s Bay Merlot Cabernet Sauvignon Malbec 2013」

Fruitfed Supplies Limited Champion Syrah 「Church Road McDonald Series Hawke’s Bay Syrah 2012」

Guala Closures NZ Champion Pinot Gris「Sea Level Nelson Pinot Gris 2014」

ICIB Gold Medal Insurance Champion Gewrztraminer 「Spy Valley Marlborough Gewrztraminer 2013」

Liquorland Champion Open Red Wine「Saint Clair Marlborough Premium Pinot Noir 2013」

New World Champion Open White Wine「Forrest The Doctors Marlborough Riesling 2014」

Plant & Food Research Champion Riesling「Forrest The Doctors Marlborough Riesling 2014」

Wineworks Champion Sparkling Wine「Tohu Rewa Marlborough M thode Traditionnelle Blanc de Blanc 2011」

Business World Travel Champion Exhibition Red Wine 「Matua Single Vineyard Hawke’s Bay Syrah 2013」

Waitoa Free Range Chicken Champion Exhibition White or Sparkling Wine 「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2012」

ではでは

 

熊木

タグ : , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information