ホーム > NZブログ > オタゴ代表

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.6.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 トニー・ブラウン 共同インタビュー

ラグビー日本代表 トニー・ブラウン 共同インタビュー

現在、アイルランド遠征中のラグビー日本代表ですが、本日6月30日(水)にオンライン会見が行われました。

キングスハイスクール卒業で元オールブラックスであり地元オタゴ代表とハイランダーズでも活躍した、高校の先輩のトニー・ブラウン。
日本では三洋でプレーをしたのでラグビー好きな方でしたら知っているかもです!?

下記、Q&Aです。どこよりも詳しく書きたいと思います。

IMG_9399

Q. ライオンズ戦はどういう部分が満足で、攻守足りないものがあるとしたら何ですか
A. ライオンズ戦に関しては、たくさんの機会(チャンス)を作れたと思っています。遂行力がなくトライが取れなかったので、しっかりとチャンスを活かしきれていれば勝つことに繋がったと思います。機会を作れたということに関しては、すごくエキサイティングな気持ちです

Q. 日本でのキャンプから時間は潤沢ではなかったと思いますが、コーチとしてはもっと時間をかけたいですか。それとも満足いく準備ができていると思いますか
A. 準備の期間というよりも、ラグビーのゲーム自体を一緒にやっていくことが重要だと思います。2年間ラグビーができなかったので、ベストなチームに対してしっかりとテストマッチラグビーをやっていくこと、そして自分たちが成長していくことが鍵となると思います

Q. アイルランド戦に向けて、ゲームで一番期待している部分は
A. アイルランドはすごく強いチームで、85%の確率でホームゲームで彼らが勝っています。タフなチームですしホームアドバンテージもあると思います。自分たちとしてはチャレンジですし、しっかりと良い準備をして自分たちのラグビーをすることができたら良い結果が出せるのではないかと思っています

Q. 2023年ラグビーワールドカップに向けて、どのエリアを強くしたいですか
A. ジャパンラグビーのスタイルを貫いていくことだと思います。4-5年かけて日本ラグビーを構築してきたつもりですし、今後もテストマッチをしてアンダープレッシャーの中で自分たちのラグビーを、強みである速い・スキルを使ったボールインプレータイムを長く持つ時間を作りながら、相手のフィジカリティのところも対抗して自分たちの強みを出していくことが必要だと考えています

Q. 選手層を厚くしていくために、今後も多くの選手を見てみたいという気持ちはありますか
A. その通りで、2年間ラグビーができなかったので、育成に関してはなかなか難しい部分もありました。なかなかテストすることができなかったので、今後は試合を重ねて若い選手たちがプレッシャーの中でプレーをすることによって育成をして選手を見ていくことに繋がると思います

Q. ダブリンへようこそ!2年前の良い記憶がまだあると思いますが、今までのところいかがですか

A. ラグビーワールドカップ日本大会はとても素晴らしいラグビーができていいチームになりました。良い思い出という形で振り返りますが、アイルランドが日本で戦った時とホームのダブリンにいる時というのは大きな違いがあると思います。今回のアイルランドはもっと強い相手になっていると想定していますので、我々にとっては決して簡単に勝てる相手ではないと思います。試合当日は我々がやろうとしていることをきちんとやること、ただアイルランドに関しては怪我人が多少いるようでメンバーの入れ替わりもあるでしょうから、そのあたりはチャンスがあると思っています

Q. アイルランドの分析をすると、2年前に対戦した時とだいぶ変わっていると思いますが、どんな印象ですか
A. ディフェンスに関してはすごく成長していると思います。それと同時にキック、キックからのプレッシャーゲームというのはすごく良くなっていると思います。クオリティのある選手が沢山いてアイルランドのラグビーはとても強かったと考えています。ディフェンスが強いイメージがあるので、警戒していきたいです

Q. ライオンズ戦で遂行力に課題があると話していましたが、それは戦術のところなのかプレーのところか、具体的にどのあたりですか
A. どちらかというとスキルベースの遂行力です。自分たちはチャンスを作れたけれども各選手が仕留めきれなかったという部分です。スキルの部分と個人的なプレーの遂行力を上げていかなくてはいけないです。特にライオンズはすごくプレッシャーをかけてきて、自分たちがチャンスを作った時に必死になって止めに来たので、遂行しきれませんでした。テストマッチはチャンスを作った時にしっかりと取り切ることが重要です

Q. 今後育成強化をしていくという意味合いで、新しい選手を入れる時に、どんなことができるプレイヤーを重視していきたいと考えていますか
A. 彼らに求めるものは、スタンダードをしっかりと上げてもらいたいということです。テストマッチはすごくレベルが高くなるので、2023年に向けてスタンダードを上げていく必要があります。同時にフィットネスもなくてはなりませんし、コンタクトをインターナショナルにレベルに上げてもらうことが必要です

タグ : , ,

投稿日 : 2021.6.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 クレイグ・ミラー 共同インタビュー

ラグビー日本代表 クレイグ・ミラー 共同インタビュー

大分県別府市で合宿中のラグビー日本代表ですが、本日6月2日(水)にオンライン会見が行われました。

オタゴ出身でオタゴボーイズハイスクール卒業(キングスハイスクールのライバル高校)元オールブラックスのリッチー・マコウやヘイデンパーカーも卒業している高校です。また2017シーズンではトニーブラウンがヘッドコーチを務めたハイランダーズ出身のクレイグ・ミラー(パナソニック ワイルドナイツ)のインタビューの模様をお届けします。

Q. チームの雰囲気は 

A. チームが1つになって団結していると感じました、最初の2・3日だけでも、チームが同じゴールに向かっている、団結して同じ方向に向かっていると感じました

Q. それはどのようなシーンからですか

A. コロナの影響でなかなか外に出られないので、ホテルの中でたくさん喋る時間があります。皆が積極的に話をして、お互いのことを知ろうとしています。トップリーグ期間中だと対戦相手でなかなかそういう機会もないですが、ここに来てからコミュニケーションを取って話し合う姿をたくさん見れています

Q. 自身が会話をした中で印象に残っていることは

A. 齋藤直人選手(サントリー)は、2018年にサンウルブズで最初大学生で参加してきたのを覚えていて、その時も感じましたが、全てにおいて動きが速くてフィットネスもとてもすごかったのですが、今回来た時も変わらずだったのでそういう話をしました

Q. 日本代表入りはいつからの目標でしたか

A. 正直に言うと、2018年のサンウルブズの時にたくさんの素晴らしい選手や環境を体感しました。そこでこういう環境や選手たちと一緒にプレーしたいという気持ちが強くなりました。それがきっかけです

Q. パナソニックにも日本代表選手がたくさんいましたが、2019年のラグビーワールドカップはどういう風に見ていましたか

A. 観客としていろいろと見ることができたので、素晴らしく良い経験として覚えています。チームにとっても日本にとってもすごく良い成果を収めたので、日本中のたくさんの人の心を奪った、成功した大会だと思いました

3R1A6490

Q. サンウルブズは長く経験していますが、日本代表というチームは他のチームと比べて大きな違いを合宿で何か感じていますか

A. テストマッチは1回きりなので、スーパーラグビーのように3・4ヶ月長い期間試合をしていく大会ではないので、1回だけに対してチームをしっかり作りあげていかなくてはいけないというのは、自分にとってのチャレンジですし、他のチームとの違いだと思います

Q. スクラムに関してはどう感じていますか

A. 慎さん(長谷川慎スクラムコーチ)は素晴らしいスクラムコーチですし、スクラムのドクターというような形でさまざまな知識も知っていますし、ディテールにこだわっているコーチです。ラインアウトもそうですが、選手が言われたことをしっかりと信じて遂行するということが、チームとしても団結していくために重要だと感じています

Q. サンウルブズでも2シーズンキャプテンを経験されていますが、日本代表にいる外国人選手とは(日本語でのコミュニケーションを含めて)どういうやり取りをしてますか

A. 個人的には日本語は日々勉強していて、1週間に1回レッスンを受けたりしていました。日本語を話すことによって他の人たちともしっかり繋がることができると思いますし、他の外国人選手たちにもこういう時にどう言ったらいいか聞くこともあります。日々努力をして自分から学ぶ姿勢が大事だと思うので、そういう気持ちを大切に日本語を使っていきたいと思っています

IMG_5585

Q. オタゴ繋がりでジェイミーやトニー・ブラウンはもともと良く知られた方々だと思いますが、ニュージーランドにいた時からどのようなイメージがありましたか。またその2人と日本代表という場で一緒にチームとしてやっていけるのをどう感じていますか

A. 何年か前にこうやってここで一緒に仕事をする、こういう環境にいられるとは考えてもいなかったので、人生もそうですがラグビーはさまざまな出会いや事が起こってどうなるか分からないというのはエキサイティングなことです。リスペクトしているコーチ陣と一緒にできることを嬉しく思います

Q. クレイグ選手は会計士の資格を持っているそうですが、オタゴ大学で資格を取ったのですか。また、ニュージーランドで会計士として働いたことはありますか

A. 会計士になるためにオタゴ大学を卒業してから、当時プロとしてラグビーの道を進んでいくのか少し迷いもありました。最終的に11ヶ月間会計士として働いてからプロのラグビー選手としてやっていく判断をして、それからラグビー選手になりました

Q. 去年コロナ禍でも日本に居続けたのは、ジェイミー側からお願いがあったのですか、それとも自身の判断ですか

A.自分の判断です。ジェイミーとは去年の年末くらいまで話をしていなかったです。日本代表に選ばれていなくてもシーズンを日本でやるつもりでいたので、自身の判断で日本にいることを決めました

Q. 辛い時期だったと思いますが、ニュージーランドに戻りたいと思うことはなかったのですか

A. 実際9-10月ごろにニュージーランドの規制が緩和された時に一度ニュージーランドに戻っています。

6/12(土)にはエコパスタジアムにて強化試合が行われます。
リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表(JAPAN XV) vs サンウルブズ です。
対戦相手がサンウルブズということで、代表に残ってもらいサンウルブズと対戦してもらいたいですね!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information