ホーム > NZブログ > オーガニックワイン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.9.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

モトックス試飲会で「グリーンホフ」の生産者に会ってきました!

モトックス試飲会で「グリーンホフ」の生産者に会ってきました!

こんにちは。

先日、第一ホテル東京で行われた、モトックスの試飲会に参加してきました。

モトックスは日本でも有数のワインインポーターで、ヨーロッパ、アメリカ、ニューワールド、そして日本と世界各国のワインが200アイテム以上集結していました。

3R1A9731

今回もたくさんのワイン関係者が集まり、会場内はたくさんの人の熱気で盛り上がっていました。

その中で、今回はニュージーランドの生産者「グリーンホフ」から、オーナー兼ワインメーカーのアンドリュー・グリーンホフさんと、パートーナーのジェニファーさんが来日していました。

グリーンホフはニュージーランド南島の北部、ネルソンに1990年に設立されたワイナリーです。

当時ニュージーランドはまだワイン産業が始まったばかりで、ネルソンにようやくいくつかワイナリーが設立されていたころです。

単なるワインラバーで、ワイン造りに関しては素人だったアンドリューさんは、ネルソンに小さなブドウ畑を購入し、そこから栽培農家や醸造家から学び続け、試行錯誤を繰り返しながら「自然栽培」をコンセプトに、独自のスタイルを確立していきました。

2008年には完全にオーガニックへの転換を行い、除草剤、殺虫剤、殺菌剤、可溶性肥料などは一切使用せず、オーガニック農法でブドウを育てています。ビオグロ認証も取得しています。

1820_004

その丁寧で誠実な作業から作られるワインは、多くのワインファンはもちろん、専門家からも注目されています。

さて、今回の試飲会では、リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、ホープヴィンヤード・ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ノワールの4種類が出されていました。

IMG_5713

早速テイスティングをしてみると、どれもとても優しくて、ブドウ本来の味がしっかり表現されており、それでいてテクスチャーが何層にも重なって、とても複雑でバランスの良い味わいを持っているな、という印象でした。

リースリングは非常にアロマティックながらも、石灰土壌由来のミネラルが非常に豊かで、ほどよい甘さと酸味がバランスよく引き締まったドライな印象。

通常のソーヴィニヨン・ブランは、マールボロに比べて酸味が控えめで、メロンやパッションフルーツなどの甘い香りと果実味が前面に出てくる、アロマティックなタイプ。

ホープヴィンヤード・ソーヴィニヨン・ブランは、ほんのりと樽香が口の中で広がり、先ほどの果実味と非常にバランスよく混じりあって、テクスチャーを大きく広げていて、ゆっくり飲みたい1本です。

最後のピノ・ノワールは、優しくて柔らかなチェリーやブラックベリーの果実の口当たりの中にも、途中からしっかりとしたタンニンとスパイス感、カカオのようなどっしりとした風味が交じり合い、このバランスがとても良く取れた1本でした。

小規模経営のワイナリーのワインは生産者の人柄が出る、というのが私の仮説なのですが、人当たりがよく、人懐っこくて優しいアンドリューさんの性格が、やはりワインに現れているように感じました。

少しの時間でしたが、お会いしてお話させていただき、とても楽しい時間を過ごすことができました。

いつか是非ネルソンのワイナリーにも訪れてみたいものです。

さて、こちらのグリーンホフのワインですが、弊社楽天およびYahoo!のブリーズオンラインショップでも絶賛取り扱い中です。
この機会に是非飲んでみてくださいね。

楽天ブリーズオンラインショップ

Yahoo!ブリーズオンラインショップ

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.8.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

食事の最後を彩るワイン、ラブブロック「リースリング2012」

食事の最後を彩るワイン、ラブブロック「リースリング2012」

こんにちは。

今日ご紹介するイチオシニュージーランドワインは、ラブブロックというワイナリーの「リースリング2012」です。
NZ Organic Wine Awards 2015にて、GOLDを受賞しています。

ラブブロックの特徴は、なんと言ってもこだわりぬいた有機栽培。マールボロとセントラルオタゴに2つの畑を持ち、30年以上有機栽培にこだわって、ワイン造りをしています。

compass1451996025

ニュージーランド政府規定のサスティナブルに加え、ビオディナミの手法を調和させていきました。2012年にビオグロ認証を受けています。

さて、こちらのリースリングは、マールボロの畑で栽培されたブドウのみを使って作られています。黄金色に輝くボディーからは、完熟した南国のフルーツのような香りが漂います。

ゆっくりと口に含むと、その瞬間にいっぱいに広がる、完熟したパイナップルのような甘みと香り、続いて程よい酸味がマッチして、非常に飲みやすいのが特徴です。

IMG_3189

アルコール度数も8%と通常のワインよりも低めのため、ぐびぐび飲めてしまうので、ある意味危険なワインです(笑)

一杯目は10度前後と少し低めの温度で是非お楽しみください。二杯目以降も飲まれる場合は、少し高めの温度で、完熟したフルーツのような芳醇な甘さと香りが立ち上ってくるのを楽しむのがオススメです。

パイナップルはもちろん、桃やパッションフルーツ、カシューナッツなどに良く合うと思います。

楽しいパーティーや食事の最後に味わうワインとして、是非一度お試しくださいね。

自社サイトおよび楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っております。

是非お試しください。

自社サイト(ブリーズオンラインショップ)
楽天サイト(ブリーズオンラインショップ)

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.4.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド マールボロでの人気レストラン「ロックフェリーワイン」でランチ

ニュージーランド マールボロでの人気レストラン「ロックフェリーワイン」でランチ

ニュージーランドのマールボロにあるオーガニックワインのロックフェリーでランチをしました。
2011年よりレストランを併設していつも賑わっており、予約が取るのが大変とのことでした。
旬の食材を使い、シンプルな味付けながら食材のうま味が出ていました。

まず乾杯はブリュット。

IMG_6614

オーガニックらしい優しい味わいの中にベリーを彷彿とさせます。さらにブリオッシュ及びシトラスの風味が口の中に広がりました。爽やかでありながら優しい泡が魅力的なスパークリングワインでした。
これがボトルで3120円(39NZD)!お買い得です。

フードで注文したのは、

Roasted Aoraki salmon served on crushed green peas and smoky bacon, topped with hickory, chipotole, lime and coriander cream 2320円(29NZD)

IMG_6619

Fish of the Day served on parmesan & chive mash, topped with truffed mushrooms, hazelnuts and basil oil 2160円(27NZD)

IMG_6617

Waitoa free range Moroccan spiced marinated chicken served with bulghur wheat, sweet corn, roasted peppers, feta and avocado topped with preserved lemon and herb yoghurt 2160円(27NZD)

IMG_6616

スパークリングに一番マリアージュしていたのはサーモンだったように感じました。
どのメニューも斬新で素晴らしかったです。

見た目以上にボリュームがありお腹いっぱいになりました。。。また野菜の使い方が非常に上手いとも思います。食感や口に入った際の複雑な味覚が病みつきになりそうでした。
非常にコスパの高いレストランでした。

まず、雰囲気がオープンエアーの中素晴らしく開放的でおしゃれな作りになっています。マールボロに行く際は是非行ってみて下さい!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information