ホーム > NZブログ > クレイグ・ミラー

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.10.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表 vs オーストラリア代表 レポート

リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表 vs オーストラリア代表 レポート

10月23日(土)に昭和電工ドーム大分にて行われたリポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表 vs オーストラリア代表を取材してきました。

キウイブリーズが注目するのは、まずは高校の先輩トニー・ブラウン。

3R1A8825

練習が始まる前にあいさつに来てくれました。
そういうところが彼らしいです。

家族も元気みたいでゆっくりセントラルオタゴのピノノワールを飲みたいです。

って来週ヨーロッパに行ってしまうので今年は難しいかもです。

サンウルブズ時代のマネージャーをしていたオーストラリア出身のアンディーとも再会!

3R1A8833

選手で注目はハイランダーズ出身の日本代表PRクレイグ・ミラー(埼玉パナソニックワイルドナイツ)です!

3R1A8852

彼はキングスハイスクールのライバル校オタゴボーイズハイスクール出身で高校時代も優秀だったみたいです。

対するオーストラリア代表ではリース・ホッジです。

3R1A8886

スーパーラグビーのレベルズの一員として来日した際には何度もインタビューしています。

身長191cmと高身長で、素早いランとキックも素晴らしい能力を持っています。

ユーティリティバックスですが、今試合では15番(FB)での出場です。

両チームともにヨーロッパ遠征を控えているため、ここで弾みをつけたいところです。

前半はオーストラリア代表のペースで先制されました。

リース・ホッジは前半14分に交代。。。

肩の辺りを痛そうに抑えていました。

3R1A8989

3-14と点差が開いたのちに日本も巻き返し、13-17で前半を終えます。

後半8分にレメキがシンビンとなり1人少ない状況でトライを決められ、オーストラリアがさらにリードしました。

その後のメンバー交代で注目選手のクレイグ・ミラー!

3R1A9186

他にも田村(横浜キヤノンイーグルス)なども入りました。

クレイグ・ミラーは安定した動きでした。タックルもディフェンスも派手な選手ではないですが仕事人です。

姫野はオーストラリア代表にマークされていて自由にさせてもらえていなかったように見えました。

3R1A9025

個人的に良かったと思うのが、ラファエレ ティモシー(コベルコ神戸スティーラーズ)です。ゲインやラインブレイクも決まっていましたし、感覚やテクニックに優れていました。

3R1A8958

試合は、32-23でオーストラリア代表が勝利しました。負けはしたものの、日本代表は世界3位のオーストラリア相手に健闘したのではないでしょうか。

17000人もの観客が集まりスタジアムは一体となっていましたし、スクラムで勝った時にはスタジアムがわっと盛り上がりました。テレビでは伝わらない一体感と歓声本当に素晴らしかったです。

日本代表のテンポの良い攻撃パターンは、世界強豪のチーム相手でも通用することが今日の試合で分かりました。

3R1A8936

ただ、実力差はあると感じました。オーストラリアはチームとしてはもちろん、個々の実力も高いです。

要所要所きっちりと決めてくるところはさすがでした。

また、日本代表は試合の流れを変えられるという意味では、世代交代はまだまだなのかなと思うので、もっと経験を積んでいってもらってこれからに期待したいです。

3R1A9003

21番の齋藤はボーデンバレットも将来が楽しみと言っていましたし。

3R1A9170

試合後、今日17番だったクレイグ・ミラーはオーストラリア代表で同じ17番の選手(アンガス・ベル)とジャージを交換していました。

3R1A9230

3R1A9249

同じく試合後のリース・ホッジ。

3R1A9300

腕を固定していました。。。
自分に気づいて手を振ってくれました。

3R1A9298

本来ならば試合終了後にミックスゾーンで独占インタビューをして様子を聞きたかったのですが、コロナのため個別取材ができなくて残念です。

大事に至らないことを祈っています。

日本はこれから欧州に向かいます。11月6日にアイルランド、13日にポルトガル、20日にスコットランドと対戦します。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2021.6.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 クレイグ・ミラー 共同インタビュー

ラグビー日本代表 クレイグ・ミラー 共同インタビュー

大分県別府市で合宿中のラグビー日本代表ですが、本日6月2日(水)にオンライン会見が行われました。

オタゴ出身でオタゴボーイズハイスクール卒業(キングスハイスクールのライバル高校)元オールブラックスのリッチー・マコウやヘイデンパーカーも卒業している高校です。また2017シーズンではトニーブラウンがヘッドコーチを務めたハイランダーズ出身のクレイグ・ミラー(パナソニック ワイルドナイツ)のインタビューの模様をお届けします。

Q. チームの雰囲気は 

A. チームが1つになって団結していると感じました、最初の2・3日だけでも、チームが同じゴールに向かっている、団結して同じ方向に向かっていると感じました

Q. それはどのようなシーンからですか

A. コロナの影響でなかなか外に出られないので、ホテルの中でたくさん喋る時間があります。皆が積極的に話をして、お互いのことを知ろうとしています。トップリーグ期間中だと対戦相手でなかなかそういう機会もないですが、ここに来てからコミュニケーションを取って話し合う姿をたくさん見れています

Q. 自身が会話をした中で印象に残っていることは

A. 齋藤直人選手(サントリー)は、2018年にサンウルブズで最初大学生で参加してきたのを覚えていて、その時も感じましたが、全てにおいて動きが速くてフィットネスもとてもすごかったのですが、今回来た時も変わらずだったのでそういう話をしました

Q. 日本代表入りはいつからの目標でしたか

A. 正直に言うと、2018年のサンウルブズの時にたくさんの素晴らしい選手や環境を体感しました。そこでこういう環境や選手たちと一緒にプレーしたいという気持ちが強くなりました。それがきっかけです

Q. パナソニックにも日本代表選手がたくさんいましたが、2019年のラグビーワールドカップはどういう風に見ていましたか

A. 観客としていろいろと見ることができたので、素晴らしく良い経験として覚えています。チームにとっても日本にとってもすごく良い成果を収めたので、日本中のたくさんの人の心を奪った、成功した大会だと思いました

3R1A6490

Q. サンウルブズは長く経験していますが、日本代表というチームは他のチームと比べて大きな違いを合宿で何か感じていますか

A. テストマッチは1回きりなので、スーパーラグビーのように3・4ヶ月長い期間試合をしていく大会ではないので、1回だけに対してチームをしっかり作りあげていかなくてはいけないというのは、自分にとってのチャレンジですし、他のチームとの違いだと思います

Q. スクラムに関してはどう感じていますか

A. 慎さん(長谷川慎スクラムコーチ)は素晴らしいスクラムコーチですし、スクラムのドクターというような形でさまざまな知識も知っていますし、ディテールにこだわっているコーチです。ラインアウトもそうですが、選手が言われたことをしっかりと信じて遂行するということが、チームとしても団結していくために重要だと感じています

Q. サンウルブズでも2シーズンキャプテンを経験されていますが、日本代表にいる外国人選手とは(日本語でのコミュニケーションを含めて)どういうやり取りをしてますか

A. 個人的には日本語は日々勉強していて、1週間に1回レッスンを受けたりしていました。日本語を話すことによって他の人たちともしっかり繋がることができると思いますし、他の外国人選手たちにもこういう時にどう言ったらいいか聞くこともあります。日々努力をして自分から学ぶ姿勢が大事だと思うので、そういう気持ちを大切に日本語を使っていきたいと思っています

IMG_5585

Q. オタゴ繋がりでジェイミーやトニー・ブラウンはもともと良く知られた方々だと思いますが、ニュージーランドにいた時からどのようなイメージがありましたか。またその2人と日本代表という場で一緒にチームとしてやっていけるのをどう感じていますか

A. 何年か前にこうやってここで一緒に仕事をする、こういう環境にいられるとは考えてもいなかったので、人生もそうですがラグビーはさまざまな出会いや事が起こってどうなるか分からないというのはエキサイティングなことです。リスペクトしているコーチ陣と一緒にできることを嬉しく思います

Q. クレイグ選手は会計士の資格を持っているそうですが、オタゴ大学で資格を取ったのですか。また、ニュージーランドで会計士として働いたことはありますか

A. 会計士になるためにオタゴ大学を卒業してから、当時プロとしてラグビーの道を進んでいくのか少し迷いもありました。最終的に11ヶ月間会計士として働いてからプロのラグビー選手としてやっていく判断をして、それからラグビー選手になりました

Q. 去年コロナ禍でも日本に居続けたのは、ジェイミー側からお願いがあったのですか、それとも自身の判断ですか

A.自分の判断です。ジェイミーとは去年の年末くらいまで話をしていなかったです。日本代表に選ばれていなくてもシーズンを日本でやるつもりでいたので、自身の判断で日本にいることを決めました

Q. 辛い時期だったと思いますが、ニュージーランドに戻りたいと思うことはなかったのですか

A. 実際9-10月ごろにニュージーランドの規制が緩和された時に一度ニュージーランドに戻っています。

6/12(土)にはエコパスタジアムにて強化試合が行われます。
リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表(JAPAN XV) vs サンウルブズ です。
対戦相手がサンウルブズということで、代表に残ってもらいサンウルブズと対戦してもらいたいですね!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.3.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs レッズ 試合後 独占インタビュー

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs レッズ 試合後 独占インタビュー

こんにちは!
トラブル発生でばたばたしていたので、アップが遅くなってしまいすみません。。。

大変お待たせしました!
サンウルブズ vs レッズ 試合後のインタビューをお届けします。

最初は、クレイグ・ミラー主将です。

3R1A2889

Q. 怪我の状態は
A. リカバリー中です。3週間前からリハビリプログラムをスタートし、今いい状態です。1日でも早く復帰できることを私も願っています。

Q. 観客席からみた今日の試合の感想は

A. 前半はとてもよかったです。でもそれを80分やり通すことができませんでした。精度の高い守備や攻撃、規律を守るということができなかったのが敗因だと思います。

次は、ジョシュ・ティムです。

IMG_0909


Q. NZ学生代表として昨年日本に来ていて、今サンウルブズのメンバーとしてプレーすることになりましたが、どうですか

A. 日本に戻ってこれて嬉しいです。前回来たとき、とても楽しかったので。サンウルブズでプレーすることより、日本にまた戻ってこれたことが嬉しいです。(日本は)とてもクールですね!

Q. 今年の目標は

A. チームとしていいシーズンを送れたら嬉しいです。

まだインタビュー慣れしていなくて、新鮮な反応を見ることができました。
これからいろいろ学んでいくんだろうなと思います!

ジョシュ・ティムはライオンズ戦のシンガポール遠征メンバーに入っているので、活躍に期待しています!

ではでは

熊木

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information