ホーム > NZブログ > グリーンホフ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.9.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

モトックス試飲会で「グリーンホフ」の生産者に会ってきました!

モトックス試飲会で「グリーンホフ」の生産者に会ってきました!

こんにちは。

先日、第一ホテル東京で行われた、モトックスの試飲会に参加してきました。

モトックスは日本でも有数のワインインポーターで、ヨーロッパ、アメリカ、ニューワールド、そして日本と世界各国のワインが200アイテム以上集結していました。

3R1A9731

今回もたくさんのワイン関係者が集まり、会場内はたくさんの人の熱気で盛り上がっていました。

その中で、今回はニュージーランドの生産者「グリーンホフ」から、オーナー兼ワインメーカーのアンドリュー・グリーンホフさんと、パートーナーのジェニファーさんが来日していました。

グリーンホフはニュージーランド南島の北部、ネルソンに1990年に設立されたワイナリーです。

当時ニュージーランドはまだワイン産業が始まったばかりで、ネルソンにようやくいくつかワイナリーが設立されていたころです。

単なるワインラバーで、ワイン造りに関しては素人だったアンドリューさんは、ネルソンに小さなブドウ畑を購入し、そこから栽培農家や醸造家から学び続け、試行錯誤を繰り返しながら「自然栽培」をコンセプトに、独自のスタイルを確立していきました。

2008年には完全にオーガニックへの転換を行い、除草剤、殺虫剤、殺菌剤、可溶性肥料などは一切使用せず、オーガニック農法でブドウを育てています。ビオグロ認証も取得しています。

1820_004

その丁寧で誠実な作業から作られるワインは、多くのワインファンはもちろん、専門家からも注目されています。

さて、今回の試飲会では、リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、ホープヴィンヤード・ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ノワールの4種類が出されていました。

IMG_5713

早速テイスティングをしてみると、どれもとても優しくて、ブドウ本来の味がしっかり表現されており、それでいてテクスチャーが何層にも重なって、とても複雑でバランスの良い味わいを持っているな、という印象でした。

リースリングは非常にアロマティックながらも、石灰土壌由来のミネラルが非常に豊かで、ほどよい甘さと酸味がバランスよく引き締まったドライな印象。

通常のソーヴィニヨン・ブランは、マールボロに比べて酸味が控えめで、メロンやパッションフルーツなどの甘い香りと果実味が前面に出てくる、アロマティックなタイプ。

ホープヴィンヤード・ソーヴィニヨン・ブランは、ほんのりと樽香が口の中で広がり、先ほどの果実味と非常にバランスよく混じりあって、テクスチャーを大きく広げていて、ゆっくり飲みたい1本です。

最後のピノ・ノワールは、優しくて柔らかなチェリーやブラックベリーの果実の口当たりの中にも、途中からしっかりとしたタンニンとスパイス感、カカオのようなどっしりとした風味が交じり合い、このバランスがとても良く取れた1本でした。

小規模経営のワイナリーのワインは生産者の人柄が出る、というのが私の仮説なのですが、人当たりがよく、人懐っこくて優しいアンドリューさんの性格が、やはりワインに現れているように感じました。

少しの時間でしたが、お会いしてお話させていただき、とても楽しい時間を過ごすことができました。

いつか是非ネルソンのワイナリーにも訪れてみたいものです。

さて、こちらのグリーンホフのワインですが、弊社楽天およびYahoo!のブリーズオンラインショップでも絶賛取り扱い中です。
この機会に是非飲んでみてくださいね。

楽天ブリーズオンラインショップ

Yahoo!ブリーズオンラインショップ

我妻

タグ : , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information