ホーム > NZブログ > サンウルブズ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.10.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2019年シーズン サンウルブズ ヘッドコーチ トニー・ブラウン 記者会見

2019年シーズン サンウルブズ ヘッドコーチ トニー・ブラウン 記者会見

本日、14時30分から行われた 2019年シーズン サンウルブズのヘッドコーチに就任したトニー・ブラウンの記者会見を取材してきました。

時間通りに会場入りしたトニー。多少緊張していたと思いますが、メディア一人ひとりの質問に丁寧に対応していました。

以下、質問内容です。

3R1A2836

日本代表とサンウルブス両方のコーチを兼任する大変さについてはどう考えているか?

ユニークなシチュエーションで、SRのチームの中で唯一だと思う。
大変なこともあるが、良い点もたくさんあるはずだ。たとえば、SRで経験したことが、国際試合で同じような展開になることもあるはず。
ワールドカップで素晴らしい成果を出したい。

HCオファーの打診のタイミングと、内容について

最も重要なことはサンウルブスの継続性。昨シーズンの経験を引き継いでいくということ。新しいヘッドコーチをつれてくるのは得策ではない。
ジェイミーをはじめ、他のコーチがチームに与えてくれたものを、来シーズンに継続していけば、いい結果がついてくると思う。
オファーの打診のタイミングは、特にはっきりは覚えていなくて、わからない。ジェイミーが離れたときから、話は出ていた。数ヶ月かけて決まったものだ。

先ほど2チームは同時に進行するのは良い影響があるといったが、もちろん悪い影響もあると思う。チーム序盤に良い活躍をしたとしても、途中抜ける可能性もある。

基本的にNZのスーパーラグビーとオールブラックスの関係と似ている。主力選手が抜けても戦い抜けるチームの深さを作れる。

また、抜けた選手たちについても、3~4ラウンド終わった後に戻ってきたときに、プレーの価値を発揮する必要があるため、良い結果を出してくれる可能性が高まる。

また、若い選手に機会があると思う。
機会があるというのは試合に出るという意味だけではない。ヘイデン・パーカーなどと一緒に練習することで、非常に良い刺激があるはずだ。

私たちは多くのスコッドを抱える。チームスタート時には30人という小さな人数で開始するが、SRがスタートして後半から大きな所帯になってくる。SRは怪我が多い。
多くのプレーヤーが後半に加入してくるのはそういった意味で当然だし、シーズンの中で多くのメンバーが関わってくれるのはいいことだと思う。

日本代表に帯同していて、サンウルブスにいないときはどうするのか?

良い質問だね。
ちょうど今プランニングしているところだ。私がいないときはスコット・ハンセンが代理をしてくれるし、彼が100%良い仕事をしてくれるはずだ。
サンウルブスにしか出場しない外国の選手も、すぐに適応してくれると思っている。具体的には素早くてスキルのある選手だ。

ジェイミーから引き継いだことは?

私がサンウルブスで体現したいことは、常に最大限にイノベイティブであること。
JJと比べると私はリラックスした性格だ。ただ、JJが積み上げてきてくれたチームカルチャーをベースに、さらに積み上げていくことを大切にしたい。
イノベイティブなチーム作りをしていくし、たくさんの人に試合を観に来てほしい。
また、世界中をみてもこのスタイルのチームはサンウルブスだけなので、多くの人にみてほしい。

選手のコンディションでも変わってくると思うが、代表選手はどのあたりから起用できると思うか?

そもそも日本代表が誰になるかが決まっていないという前提での話だが、ラウンド4~6から入ってくることを想定している。

去年のシーズンの目標として5位以内とあげたが、今の具体的な目標は?

いま具体的な目標は申し上げることができないが、スタイルが大事だと思う。そのスタイルをチームにどのように浸透できるかを考えている。

そのスタイルとは、試合に来てくれればわかると思うが、スペースを使うこと、スピードに乗ること、ボールキープ率を上げること、ターンオーバーからすぐにカウンターに変化すること、セットピース、スクラムを最小限にすること、すばやい展開を続けていくこと。これらが上手にできたら、必然的に結果がついてくると思う。

優勝ということを言えるわけではないし、日本のメディアをフォローしているわけではないが、母国NZの人たちが観て「すごいね」と言ってもらえるプレーをしたい。具体的には、イノベイティブで革新的で「この試合は日本だけしかできないね」と言ってもらえたらうれしい。

SRをまだ体験したことの無い選手たちをどのように育成していくのか?

チームの深さを作るのはとても難しいことで、チームのやりたいことを徐々にわかってもらうには時間が必要で、正直2~3年はかかるだろう。
だからこそ、JJから引継ぎ、去年と同じアシスタントコーチ、選手たちが来ること、その中で積み上げていくことが非常に大事だ。

トニーは3チーム目のHCだと思うが、今楽しみにしていることは?

去年からの経験を継続することがとても楽しみなことだ。昨シーズン後半は、自分たちがやりたいことができるようになってきた。
何度も話しているが、それを引き継いでいくことが大切だ。
何年も前のことは覚えていないので、過去HCをしたチームのことはすいません、忘れました(笑)。
先のことしか見ていないし、先のことが楽しみな性格なので。

JJは統括という立場になったが、チームに関してはJJと一緒に作っていくのか、完全に任せられているのか?

JJがまずは大まかなスコッドを決め、補強に関しては私とスコット・ハンセンで決めていきます。

記者会見後にパーソナルな質問で、いつファミリーが来日するのかを聞いたところ、来週火曜日とのことでした。

3R1A2877

彼は負けず嫌いで、気持ちの強いヘッドコーチです。
これからの日本ラグビー界の発展に必要な人材だと思っています。
また、2019年W杯で結果を残すためにも、今回の人選が一番良かったと思っています。

上記、写真の笑顔を試合後多く見れたらいいなと思っています!

最後に取材後外に出てもらい、彼の一番好きなセントラルオタゴのピノノワールをプレゼントしました。

「中では渡せないから外で」と言ったら、「日本人みたいだね」って笑われました。。。

高校はトニーの後輩でもあるキングスハイスクールですが、それからはずっと日本ですし、記者会見の会場で渡す勇気は。。。

プレゼントしたワインは、プロフェッツロックのホームビンヤードピノノワール2014をセレクトしました。

3R1A2879

トニーは飲んだことがないワインと言っていたので、コメントをもらうのが楽しみです。
楽天やアマゾンやヤフーのブリーズオンラインショップでも取り扱っています。

最後に週末にでもプライベートな場でセントラルオタゴのワインを飲みながら、プライベートな話をしたいです!

ではでは

熊木、

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.9.27 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サンウルブズ スーパーラグビー2019シーズン トニー・ブラウン新ヘッドコーチ決定!!

サンウルブズ スーパーラグビー2019シーズン トニー・ブラウン新ヘッドコーチ決定!!

先程、サンウルブズの運営法人である一般社団法人ジャパンエスアールから高校の先輩でもある「トニー・ブラウン」が、新ヘッドコーチとして2019年2月に開幕するスーパーラグビー2019シーズンの指揮をとることが決定との、メディアへ向けてのリリースがありました!

これでやっと記事に出来ます!!!
正式リリース前には勿論書くことは出来ませんので。。。。

IMG_3802

2017年ハイランダーズのヘッドコーチとなり、2018年サンウルブズのアシスタントコーチとなり、2019年ラグビーW杯もある中、ジェイミージョセフをサポートするべくトニーがヘッドコーチに任命されたこと、本当に嬉しいです。

彼自身すごく迷いもあると思いますし、サンウルブズのシーズン中は「ヘッドコーチだと荷が重い」と言っていたこともありました。しかし、日本代表を強化する一員として注力して来た中、決めたんだと思います。

2019年W杯の結果を残す為にも非常に重要な決断だったと思います。
本当に熱いハートを持っているので、チーム一丸となって頑張ってもらいたいです!

下記、トニー・ブラウン 新ヘッドコーチからのコメント です。

IMG_9232

来シーズンもサンウルブズのコーチングスタッフとして関われることを光栄に思います。2018年はチーム としてフィールド内外で著しい進歩を遂げられた1年となりました。 この2018年に築いた土台の上にしっかりと努力を積み重ねていくことが、2019年の我々の最重要課題です。 厳しい戦いの中でサンウルブズをより良いチームへ成長させていくために、スコット・ハンセン、そして 他コーチ陣とともに、私はヘッドコーチとして最善を尽くして参ります。

また、10月5日に記者会見が行われるので取材に行こうと思っています!
彼が一番好きなセントラルオタゴのピノノワールをお祝いでも持って行こうかな・・・

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.7.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サンウルブズ シーズンエンドパーティー 2018

サンウルブズ シーズンエンドパーティー 2018

昨日、遂にこの時が訪れました。

都内で行われたサンウルブズシーズンエンドパーティーを取材してきました。

IMG_5533

自分は今シーズンはホーム(秩父宮)での試合は全て取材を行ってきました。

シーズンが終了してしまうということは悲しい気持ちもありますが、来シーズンに向けて色々な側面でサンウルブズが盛り上がって行くことを望んでいます!

パーティーの前にサンウルブズの選手の囲み取材がありました。

キウイブリーズでも一番注目していたヘイデン・パーカーの囲み取材について書きたいと思います。

IMG_5507

■ サンウルブスはどういうチームだと思いますか?

世界的に見ても、非常にまれな特徴を持ったチームだと思います。色々な文化の背景の選手が混ざっていますが、全員が一丸となって、お互いに楽しみながらプレーしていると思います。
またたくさんの経験ができるチームだと感じています。
これからこのチームがどんどん成長していくことを願っています。

■ キックのとき、どんなことを考えていますか?

自分の中でルーティーンがあります。毎回頭の中で同じことを言い聞かせて蹴っているのですが、入るか、入らないという結果はあまり考えていません。毎回同じようにボールを蹴るということを意識しています。それさえできれば、結果はついてくると思っています。

■ 来シーズンについては?

またサンウルブスに戻ってきたいと考えています。

■ ハイランダーズの頃と比べて、今シーズンどのように成長できたと感じていますか?

ハイランダーズではあまりスタートで出る機会が少なく、途中出場をするとどうしても気負ってしまっていました。それに対し、サンウルブスではスターティングから出場するチャンスが多く、与えられた仕事をやり続けられたことが、大きかったと思います。
その結果、シーズンスタートから比べると成長できたと思います。怪我も克服してプレーできたことが、とても嬉しいです。

■ これからトップリーグに参加すると、年中プレーすることになりますが、どう感じていますか?

特に意識することはなく、今まで通りコンディションを整えてやるだけです。
神戸に入ることは、とても楽しみです。非常に良く学べるチャンスだと思っているので、色々アドバイスをもらったりして、この機会にたくさん成長したいです。

IMG_5525

他の選手の囲み取材も聞いていましたが、今季以上の結果を出すと言っていましたし、来年にはラグビーW杯が日本で開催されます!

そして来月からはトップリーグも始まります!

キウイブリーズとしても1つでも多くの試合を取材できたらと思っています。
皆さんから選手への質問も募集しますので、その際はよろしくお願いします!

ヘイデン・パーカーは神戸製鋼でダン・カーターと共にプレーをします!
今から楽しみです。ダン・カーターはセンターでもプレーが出来るのでもしかしたら10番と12番なんてこともあるかもです!?

今から開幕が非常に楽しみです!

最後にパーティー中のヘイデン・パーカーの笑顔

IMG_5580

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.5.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サンウルブズ試合後のヘイデン・パーカー&クレイグ・ミラー単独取材

サンウルブズ試合後のヘイデン・パーカー&クレイグ・ミラー単独取材

試合後多くのファンに感謝の気持ちでサインや写真対応をしていた2人に、ミックスゾーンで単独取材を行いました!

クレイグ・ミラー

IMG_4125

本日の試合の感想は

サンウルブズにとって素晴らしい日を東京で迎えることができました!
ファンの方には毎試合スタジアムに来ていただいたのに、なかなか勝利できなかったので、今日は勝てて嬉しい。数か月前にチームとして始動して非常に大変な練習をこなしてきたので、この結果が出て嬉しい。

日本のファンの感想

日本のファンの方は世界一だと思う。サンウルブズのチームメイトもそう言っている。サンウルブズは色々な国でプレーをしてきたが、この秩父宮のファンは素晴らしいサポーターたちだと思っている。

ヘイデン・パーカー

IMG_4142

試合の感想

とても楽しむことができた。素晴らしい天気で、まさにラグビー日和だった。今日の試合の結果はとても嬉しかった。

サンウルブズでファーストトライを決め、100%のキック成功率について

サンウルブズのチームでトライを決めて嬉しかった。
キックに関しては本当に良くできた。天気とグラウンドの状態が良かったのも助けになった。また、チームとして私の仕事を遂行できる環境だったことも良かった。

日本語について

日本語で下記内容を話しました。
「こんにちは
私はヘイデンパーカーです。
27です。
よろしくお願いします。」

日本のファンの感想

アンビリーバブルだと思う。私たちはまだ未勝利なのにも関わらず、スタジアムまで足を運んでくれた。ファンの人たちのために、私たちはきついトレーニングも頑張れるので、嬉しかった。

試合後、ロッカールームでビールを飲んだヘイデン。

IMG_4192

ほろ酔いの赤い顔でぱちり。

その後テレビの共同取材があったので、そちらも取材しました。

<ヘイデン・パーカー試合後インタビュー>

IMG_4195

■ 試合後談話

今日の素晴らしいパフォーマンスに誇りを持っている。ここまで長い道のりだった。今日は勝てて本当に良かった。勝因は2つあると思っている。1つはニュージーランド遠征で多くの経験を積めたこと。もう1つは、その遠征での高いモチベーションを今日まで続けられたこと。

■ キックを行う際に何かルーチンはあるか

いくつかメッセージを自分に込めている。まずはゆっくりとアプローチすること。そして、ボールを蹴りきること。一度キックをしたら、もうやることはない。だから、ボールがどこへ向かうかを心配することはしない。ただ蹴りきるだけだ。

■ 次の試合についての心がけは?

今日できたプレーを再現することだと思う。次の戦いは、もちろんレッズとは違うチームだが、今日のことをもう一度再現できたら勝てるはずだ。今日の自分のプレー、キックにとても満足している。また、チームに貢献できたことがとても嬉しい。

■ 普段の練習について

週2~3回は、キックの練習をしている。しかし、キックだけでなく、私にはいくつか改善する点があるので、他の点についてももちろん練習を行っている。

試合後涙するファンの姿を見て、自分ももらい泣きしそうになりました。
今まで見たサンウルブズの試合の中で1番の試合だったと思います!

日本での試合はありませんが、練習も取材しようと思っているので、質問を募集します!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.5.14 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2018 サンウルブズvs レッズ レポート

スーパーラグビー2018 サンウルブズvs レッズ レポート

5月12日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2018 サンウルブズ vs レッズの試合を取材してきました。

結果は63対28でサンウルブズが今季初勝利を挙げました!

この試合が国内最終戦のため、このような結果になったことが必ず来年へと繋がる勝利だと思います!

試合のレポートは後半で!!!

この試合で注目したのは、サンウルブズのヘイデン・パーカー

IMG_4191

クレイグ・ミラー

IMG_4187
そして開幕戦以来のメンバー入りとなったジェイソン・エメリー

IMG_4190

3選手です。

この3選手はいずれも昨シーズンまでトニー・ブラウン(現サンウルブズのアタッキングコーチ)がハイランダーズを率いていたときにプレーをしていました。

ヘイデン・パーカーとクレイグ・ミラーはオタゴボーイズハイスクール卒業で、自分が卒業したキングスハイスクールとはライバル高校なのです。

この試合でまず書くべきなのは、ヘイデン・パーカーのキックです。

IMG_4014

なんと100%の成功率を叩き出しました。

難しい位置からも確実にスコアを挙げていくことによって、相手にかなりのプレッシャーを与えたに違いありません。また、レッズは多くのペナルティーをサンウルブズに与えてしまい、そしてヘイデン・パーカーがキックを成功をさせる。その結果不用意にファールができなくなったため、レッズの選手たちのメンタルは、もしかしたら敗戦。。。という気持ちが芽生えていたかもしれません。

サンウルブズでの初トライも挙げたヘイデン・パーカー!

IMG_3914

ラグビーはメンタルが非常に重要なスポーツです。このような空気でサンウルブズの素晴らしいファンの声援が後押しした結果、この初勝利に繋がったんだと思います。

クレイグ・ミラーも後半交代するまで素晴らしいパフォーマンスを披露していました。

IMG_3950

未だ発表がないのでチーム名は書けませんが、トップリーグでもプレーする事が決まっているクレイグ・ミラー。ディフェンスラインや体を張ったプレーが、チームの意識向上になったと思います。

そして開幕で骨折をしてしまったジェイソン・エメリー。
この試合はリザーブからのスタートでした。
彼らしいステップと俊敏な動きで、レッズの選手をごぼう抜きしていました。

IMG_3956

そしてサンウルブズでの初トライ!

IMG_4024

これからもっとコンディションをあげて、チームの中心選手となるような気がします。

サンウルブズはやりたいことをフィールドでやっていた印象があり、特にブレイクダウンが今日はとても良かったと感じました。

それはここまで1勝もできていなかったことで、「ファンの為に」とチームが一つになっていたからでしょう。

また、ホセア・サウマキの3トライ!

IMG_4059

リズムに乗ったこの選手を止めることは誰もできないと思えたほど、素晴らしかったです。

試合後にヘイデン・パーカーとクレイグ・ミラーの2選手に単独取材を行ったので、その記事は明日書きます!

試合前後のトニー・ブラウン。

IMG_3802

IMG_4167

プライベートで会う時以外はいつもピリピリしている彼の笑顔。

IMG_4109

クールな感じですが、本当は人一倍責任感が強く、勝利を欲していたんだと思います。

スーパーラグビーはまだまだ続きます!これからもサンウルブズの動向に注目したいです。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.4.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2018 サンウルブズvs ブルーズ レポート

スーパーラグビー2018 サンウルブズvs ブルーズ レポート

4月14日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2018 サンウルブズvs ブルーズの試合を取材してきました。

結果は24対10でブルーズがサンウルブズを下しました。

この試合で注目したのはブルーズのアキラ・イオアネと、サンウルブズでリザーブからスタートしたヘイデン・パーカーの2選手です。

アキラ・イオアネはオールブラックスセブンズでも来日していて、さらに日本で生まれた選手でもあります。

IMG_2416

彼はNO8でプレーしますが、ステップなど小刻みな動きもできる選手です。
今年、日本と対戦するオールブラックスでのメンバー入りが期待されます。

また、サンウルブズで注目するのはヘイデン・パーカー。

IMG_2485

ブルーズの15番マイケル・コリンズと9番ジョナサン・ルルとはオタゴでチームメイトということもあり気合いが入るに決まっています。
試合後もクレイグ・ミラーも含めてオタゴ組で話していました。

IMG_2482

戦術面でも大分理解できているようにみえるので、ニュージーランド遠征ではペナルティーキックや周りを動かすプレー及び守備に期待しています。

IMG_2456

ここからは試合のレポートです。

前半はサンウルブズのエリアマネジメントがうまくいっていて、ディフェンス陣が声を出してブルーズの攻撃をよくマネジメントできていたと思います。
しかしあともう1トライ、できたら2トライ決めていればゲームを決定付けていたかと思います。

IMG_2380

5点という差でブルーズも後半修正してきたので、アタック・ディフェンスともにブレイクダウンからうまく機能していました。

ブルーズのトライシーンもそうでしたが、サンウルブズの穴を見つけ、そこを立て続けに攻撃してきました。その点については今後修正が必要になってくるでしょう。

IMG_2409

主導権を取ったブルーズが後半を制し、ゲーム終了。

IMG_2466

サンウルブズは今後いかに相手のペースにさせないか、また疲労がたまった後半で声を出してミスタックルがないようにチームでプレーするかがポイントになる思います。

この試合は本当に悔しい敗戦となりました。

秩父宮で行われるサンウルブズの試合は残り1試合(5月12日)となります!選手たちには是非とも健闘してもらいたいですね。

キウイブリーズ恒例の選手独占インタビューはブルーズのアキラ・イオアネと、サンウルブズのジェイソン・エメリーの2選手に行いました。

ブルーズ:アキラ・イオアネ

IMG_2397

今日の試合についてどう思いますか?

フィジカルな試合展開でした。後半の早い時間で事前に準備していたマネジメント通りに試合を遂行し、勝利することができました。しかしサンウルブズの健闘も素晴らしかったです。

日本の観客についてはどう感じましたか?

とても素晴らしいと思います。いつも日本のファンの方の前でプレーすることを楽しみにしています。

サンウルブズ:ジェイソン・エメリー

IMG_2168

怪我の調子はどうですか?

順調に回復しています。次のホームゲームでプレーをしたいと願っています。

来週、ニュージーランド遠征はどうですか?

今の現状ですと、おそらくメンバーに選出されないと思います。あと数週間かかります。

スーパーラグビーの後、日本のチームでプレーする予定は?

サニックスで2年間プレーする予定です。とても楽しみにしています。家族も準備を進めています。

サニックスにはカルロス・スペンサーがいますね。

そうですね。今日初めて彼に会いました。私が小さいころ、彼がプレーするところを見ていました。彼がコーチということで、とてもエキサイティングです。

ジェイソン・エメリーがグランドを駆けめぐる姿を楽しみにしています!
どの選手もそうですが、ベンチではなく常にフィールドでプレーしたいと言っていたので、彼の姿を5月に見れることを願っています。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

1 / 41234

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information