ホーム > NZブログ > サンウルブズ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.4.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 ROUND 11 サンウルブズ vs ハイランダーズ レポート

スーパーラグビー2019 ROUND 11 サンウルブズ vs ハイランダーズ レポート

4月26日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2019 ROUND 11 サンウルブズ vs ハイランダーズの試合を取材してきました。

結果は0-52でハイランダーズがサンウルブズを下しました。

3R1A7791

まさに元ハイランダーズのヘッドコーチであるトニー・ブラウンへのリスペクトを感じた試合でした。

3R1A8866

今シーズン数々のハイランダーズの試合をみてきましたが、その中でもベストの試合といえるでしょう。

それだけハイランダーズの気迫は物凄かったです。皆がハードワークして、勝ちきるための強い気持ちを感じました。

3R1A7954

サンウルブズは今シーズンの多くの試合は、前半から畳み込むように攻撃をしかけてペースを握る戦術で、後半になり失速し敗戦という形が多かったのですが、この試合は終始ハイランダーズのペースでした。5分に神戸製鋼でもプレーをするトム・フランクリンがトライし、サンウルブズを圧倒。

3R1A7738

それから終始ハイランダーズのペースであったものの、ときにサンウルブズが主導権を握ったときでも落ち着いて対処していました。

その後もハイランダーズは最後の最後まで手を抜かず、90分間集中を切らすことなく戦い抜きました。

キャプテンズランの記事でも書いていた通り、まず9番アーロン・スミス

3R1A7732

10番ジョシュ・イオアネ

3R1A8005

が自由にプレーできていたこと、さらにFW陣は特に4番ジャクソン・ヘモポ

3R1A8085

5番トム・フランクリン

3R1A7722

が良かったのがハイランダーズの快勝の要因といえるでしょう。
全ての選手がハードワークをして、同じ方向を向いているように思えた試合でした。

対してサンウルブズはハイランダーズのプレッシャーからくる焦りからか、ハンドエラーが多くなってしまいました。

3R1A8377

タックルのあとの選手のフォローが遅かったですし、選手が孤立してしまっていました。
選手間同士のコミュニケーションも不足していたように感じました。

その中でも、ヘイデン・パーカーの気合いは特別なものを感じました。

3R1A8415

諦めることなく、走り続けタックルする姿は、見ていて心を打たれました。

3R1A8625

試合後、両チームの選手ともに力を出し切ったのがよくわかりました。

3R1A8701

3R1A8707

サンウルブズはこの悔しさをこれからのプレーに繋げて欲しいと思います。

この結果をみて、いろいろな意見を言うファンやメディアもいるでしょう。
しかし自分からみたら、サンウルブズはマイナスな要素は全くないと思います。なによりこの日のハイランダーズは本当に素晴らしかった。

ハイランダーズはしっかりとサンウルブズの対策をして試合に臨んできていたと感じましたし、サンウルブズはそれだけ要注意されるような存在になったのではないでしょうか。

3R1A8105

アーロン・スミスをはじめとして選手たちは試合後たくさんのファンにサインや写真撮影に応じていました。

3R1A8774

ファンを大切にする姿勢がとてもよく伝わりました。

試合後にハイランダーズの15番マット・ファデスに独占インタビューを行いましたので、次の記事でお届けします。
他にもキウイブリーズならではの情報もありますので、要チェックです!お楽しみに!!

ハイランダーズの選手は、昨日ニュージーランドへ帰国しました。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2019.4.26 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 サンウルブズ vs ハイランダーズ サンウルブズキャプテンズラン及び注目選手

スーパーラグビー2019 サンウルブズ vs ハイランダーズ サンウルブズキャプテンズラン及び注目選手

ハイランダーズに続き、サンウルブズのキャプテンズランも取材してきました。

今日の試合のポイントは、まずフォワードの対決です。
ハイランダーズのフォワード陣はがたいがよく、経験が豊富です。

サンウルブズも対策をしているかと思いますが、いかにビルドアップし勇気がいると思いますがラインを上げることができるかが重要となります。

3R1A7122

また、ハイランダーズの9番アーロン・スミスと10番ジョシュ・イオアネにプレッシャーを与え、自由にさせないことです。

サンウルブズは、今日の風も利用してキックをうまく使い、ワイドにグラウンドを使うことがポイントになります。

注目選手は、ヘイデン・パーカーです。

3R1A7119

彼のゲームマネジメントが勝敗を決めると言っても過言ではないでしょう。

キウイブリーズ独占インタビューで、
「試合をとても楽しみにしています。今でも知っている選手が多くいますし。
ハイランダーズという伝統があり強いチームにチャレンジできるのを嬉しく思います。
(古巣との対戦というのは)不思議な感覚なのですが、この試合でいいパフォーマンスをして勝ちたいです。」とコメントをもらいました。

IMG_4192-640x426

昨日も全体練習の後に残ってずっとキックの練習をしていたようです。彼は本当に努力家です。。。

ヘイデン・パーカーをはじめとして、サンウルブズにはハイランダーズを古巣とする選手が多いので、そういった意味では今日の試合はより気合いが入っていることと思います。

また、ダン・プライアーにも話を聞きましたが、どうやら脚の状態が良くないようです。

3R1A7124

そのため、今日の試合は7番は松橋になります。

3R1A7204

今日は風が強く寒いので、プレーする選手は怪我に気をつけて欲しいです。。。

あと、昨日トニー・ブラウンはゴールポストを狙い何度もボールを当てていました。

3R1A7171

今でもキックは本当に上手いです!

3R1A7163

Best Wishes!!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.4.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2019 ROUND10 サンウルブズ vs ハリケーンズ レポート

スーパーラグビー 2019 ROUND10 サンウルブズ vs ハリケーンズ レポート

4月19日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2019 ROUND10 サンウルブズ vs ハリケーンズの試合を取材してきました。
結果は29対23でハリケーンズがサンウルブズを下しました。

2021年シーズンよりスーパーラグビーからの撤退が決まったサンウルブズ。
今季2勝は挙げているものの、秩父宮ラグビー場では勝利がないので、なんとしても勝利をファンと分かち合いたいという気持ちでグランドに入って行った選手たち。

サンウルブズとしては初の金曜のナイター試合で、仕事終わりにスタジアムに駆けつけた方も多く見られました。

この試合での注目選手は、サンウルブズはジェイミー・ブースで、ハリケーンズのTJ ・ペレナラ。

3R1A4929

両ハーフバックがどのようにゲームマネジメントするか注目をしました。
最初にアウェーのハリケーンズのTJ ・ペレナラ

3R1A5698

スタジアムで観た方はお分かりだと思いますが、チームの心臓と言える動きで、攻守にわたり声掛けをしたり、スペースがあると足を使って突破をして、ディフェンスの時間でもフォワードの選手にもタックルにいき一人で止めてました。

さすがオールブラックスです。

対してサンウルブズのジェイミー・ブースも序盤から味方選手に指示をしていましたが、TJ ・ペレナラと比較をしてしまうと。。。

3R1A5273

という感じでした。しかし、サンウルブズのディフェンス陣に対して指示を与え続け、ハリケーンズにスペースを無くして、得意の攻撃パターンを何度も作っていました。

ここからは試合のレビューです。

前半はサンウルブズの前へ出るタックルとプレッシャーで完全にペースを握りました。

3R1A5279

ハリケーンズの選手はサンウルブズのプレッシャーに圧倒され、ミスが多く目立ちました。

3R1A5203

サンウルブズはハリケーンズのショートサイドでの部分で効果的に攻撃し、ペースを握っていました。

3R1A5306

しかし後半は一転し、ハリケーンズがテンポとペースを戻し、勝利を挙げました。これは初年度からスーパーラグビーに参加している経験や、さらにチャンピオンチームとしてのゲームマネジメント力が素晴らしかったです。

今回ヘイデン・パーカーがキックを外すところを初めて生で見て、ある意味貴重だと思いました。。。

3R1A5135

平日の夜にも関わらず、1万6805人のオーディエンスが秩父宮ラグビー場に集まりました。
これは非常に素晴らしいことであると思いますし、どの選手も声援が非常に力になるとミックスゾーンでもコメントがありました。

また、ハリケーンズの選手も「サンウルブズの声援は素晴らしい」と試合後コメントをもらいました。
これは他のスポーツでもいえるんですが、日本の応援は海外のチームではないような独特な声援だそうです。

試合後、トニー・ブラウンは記者会見で「良いチームはコンペティションで勝ちにこだわることだけど、グレイトなチームは負けないことにこだわる。
この違いは意味が違う」と言っていました。

3R1A5789

もちろん勝ちにこだわることが重要ですが、どんな試合でも負けないことが本当に強いチームの使命だと思いました。このことは自分がニュージーランドでの高校生活でサッカーをやっていたときに同じことを聞いたので、懐かしく感じました。

次節は、自分が高校を卒業したダニーデンを本拠地としているハイランダーズ

次も金曜ナイターの開催になるので、ファンの方も一度生でラグビーを観てもらいたいと思います。

自分としては、正直どちらのチームを応援しようか、非常に迷っています。。。

2017年のニュージーランドのインバカーギルで行われた試合では、ハイランダーズの監督をしていたトニー・ブラウン。

また、来日メンバーもかなり豪華で、知り合いの選手も多いので、今からユニフォームを半分にしてスペシャルなユニフォームを作成しようかと考え中です!?

ちなみに、トニー・ブラウンとアシスタントコーチのコーリー・ブラウンのファミリーが来日していて、試合を観に来ていました。

3R1A4913

実はスタジアムで大型ビジョンにもちらっと映っていたんです!ファミリーは月曜にニュージーランドに帰国するとのことです。

あと、サンウルブズの通訳の名富くんはキングスハイスクール出身で自分の後輩です!

3R1A5762

頑張ってほしいです!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.4.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 サンウルブズ vs ハリケーンズ 両チームキャプテンズラン及び注目選手

スーパーラグビー2019 サンウルブズ vs ハリケーンズ 両チームキャプテンズラン及び注目選手

4月18日(木)に秩父宮ラグビー場にて行われた、サンウルブズとハリケーンズのキャプテンズランを取材してきました。

サンウルブズの注目選手は、ジェイミー・ブース

3R1A4718

パーマストン・ノース出身で昨シーズンまで所属していた古巣ハリケーンズとの対戦ということもあり、彼のボールさばきがチームの勝因を左右すると言っても良いでしょう。

3R1A4738

また、この試合はハリケーンズはバレット兄弟やサヴェアなど主力を温存しての来日となっていますが、控えにいる選手はこのチャンスをものにしたいと意気込みがあると思うので、逆に注意が必要です。

しかし、ラグビーはチームスポーツでもあるので、相手のディフェンスをラインをあげてプレッシャーをかけ、できる限り孤立しなければ必ずチャンスは回ってくるでしょう。

ハリケーンズの注目選手は、TJ ・ペレナラ。

3R1A4816

オールブラックスで55キャップを誇り、オールブラックのハカをリードすることが多い選手。また、攻撃的なハーフバックで相手のチームの穴を見つけるのがうまい選手なので、早いタイミングでプレッシャーをかけることが今日の試合のポイントになると思います。

昨日のキャプテンズランではサンウルブズに対して警戒していました。

3R1A4796

「2勝しかしていないとはいえ、非常に良いゲームをしていてワラターズ戦では1ポイント差で敗戦した試合も素晴らしかったですし、他のチームも苦戦しているように思えました。試合を見ていてどんなところからもスコアを挙げる力を持っていて、守りに関しても素晴らしいところがあると思っています。ハリケーンズしても自分たちのスタイルを貫き、忘れないようにして明日の試合にチャレンジしたいです。」とコメント。

3R1A4778

冒頭の公開練習は、オールブラックスと同じように、テニスボールを使いコーチがラケットから打つ球を選手が片手で取り動体視力を鍛える!?というもので、連携を高めるようなトレーニングを行っていました。

3R1A4803

どの選手もリラックスし冒頭は笑顔も見えたので、良い緊張感の中練習をこなしていたように思いました。また、キャプテンズランの後はファンにサービスをするところも素晴らしかったです。

今夜、19時秩父宮ラグビー場にて注目の1戦です!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.3.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サンウルブズデビュー ジョシュ・ティムについて

サンウルブズデビュー ジョシュ・ティムについて

こんにちは!

今日取り上げるのは、キウイブリーズならではの情報です!

昨年の5月に日本で行われた、ニュージーランド学生代表 vs 関東学生代表の試合でキウイブリーズが注目した選手である、ジョシュ・ティム

詳しくはこちら

元ニュージーランド代表で活躍したジョン・ティムの息子です。
その試合を取材して注目しコメントした選手が、サンウルブズのスコッドとして、追加招集されました!
体格はニュージーランド学生代表の時よりも大きくなっていました。

ニュージーランド遠征で合流し、昨日行われた、スーパーラグビー ROUND4 ブルーズ vs サンウルブズ戦でリザーブ入りしました。
そして後半6分から途中出場し、早くもサンウルブズで公式戦デビューです!

ハイランダーズでは無くサンウルブズでのスーパーラグビーデビューです!
なんとなく嬉しいのは自分だけでしょうか!?

試合は惜しくも28-20と、サンウルブズは惜しくも連勝なりませんでしたが、次節は秩父宮ラグビー場で開催されるレッズ戦。
ジョシュ・ティムが秩父宮ラグビー場でサンウルブズの一員としてプレーする姿が見たいです。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.2.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs ワラターズ レポート

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs ワラターズ レポート

2月23日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2019 ROUND2 サンウルブズ vs ワラターズの試合を取材してきました。

結果は、昨日のキャプテンズランの記事で書いた通りの僅差で、31対30でワラターズがサンウルブズを下しました。

3R1A1280

本当に悔しい試合でした。試合終了間際までワラターズを追い詰めるも、惜敗。
今季初の勝ち点1を獲得しました。

3R1A0674

しかしながら、次につながる一戦だったのではないでしょうか!?

この試合で注目したのは、不動の10番と言ってもいいヘイデン・パーカー

3R1A1160

キック成功率は秩父宮ラグビー場で100%と、いまだ外したことがないというキックの名手ですが、注目しているのはどのようにゲームマネジメントをするかについてです。

3R1A0763

ハイランダーズでプレーしていた時よりも、年々体が大きくなっているように思えます。
当初はディフェンスがあまり良くなかったため、スターティング15に選ばれなかったこともありましたが、ワラターズのロックの選手を一人で止めたりと、今ではディフェンスも素晴らしい選手になっていました。

もう一人は、スーパーラグビーデビューで自分の地元ダニーデンにあるオタゴボーイズハイスクールを卒業した、トム・ロウです。

3R1A0850

オタゴボーイズハイスクールは、ヘイデン・パーカーや今季キャプテンを任されているクレイグ・ミラー、元オールブラックスキャプテンのリッチー・マコウも卒業している高校で、自分が卒業したキングスハイスクールのライバル校でもあった高校です。

まず、セレクターは素晴らしい選手をサンウルブズに連れてきたと思います。

スーパーラグビーでの経験がない選手で注目はしていましたが、どこまでできるかは未知数な選手です。フィジカルの部分でもチームへの貢献をしていましたし、なんといってもデビュー戦で初トライ!

3R1A0857

持っている選手だと思います。
また、ロックの選手ですがバックスみたいな俊敏な動きもあったので今後が楽しみです。

試合後、昨年の同じ試合で注目したワラターズのバーナード・フォーリーに本日の試合の感想をもらいました。

試合は、サンウルブズが勝てた試合だっただけに、残念な結果でした。

3R1A1012

コンディション面でサンウルブズが優勢に立ち、ホームアドバンテージを最大限に生かすことができたのではないでしょうか。

また、シャークス戦からのスクラムの修正力には正直驚きました。

ワラターズには多くのワラビーズ(オーストラリア代表)がいる中での、ターンオーバー。

見ていて今後に期待が持てる内容でした。
しかし、試合後にキャプテンのクレイグ・ミラーとエドワード・カークは迎えの車に乗り、病院へ検査に向かいました。

3R1A1294

クレイグ・ミラーは「次の試合には間に合う」と言っていましたが、どうなるでしょうか。。。
カークは無言だったので、重症でないことを願っています。公式からの発表を待ちたいと思います。

今回の試合では、ヘッドコーチであるトニー・ブラウンは日本代表合宿の方に帯同のため、スコット・ハンセン アシスタントコーチがヘッドコーチ代行を務めました。
そのため、トニーは不在だと思っていたら、翌日がオフのためチームを見にきていてびっくりしました!

3R1A0577

トレードマークであるハンチング帽をかぶっていました。
そして自分を見つけて、親指を立てるお馴染みのポーズをとってくれました!

明日の記事では、ワラターズのバーナード・フォーリーと、サンウルブズのヘイデン・パーカーとトム・ロウへのインタビューを書きたいと思います!

全てキウイブリーズ独占インタビューなので、どうぞお楽しみに。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

1 / 61234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information