ホーム > NZブログ > シャルドネ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.11.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

シャルドネの会~ニュージーランドワイン会 開催報告

シャルドネの会~ニュージーランドワイン会 開催報告

こんにちは。
昨日は私主催のニュージーランドワイン会を開催させていただきました。

今回のテーマはシャルドネ。シャルドネは最も有名な品種のひとつであり、「ワインの女王」と呼ばれるほどに世界的愛されている白ワインです。今回もニュージーランド産のシャルドネを6本厳選し、お料理とともにご提供させていただきました。

最初にご提供したのは、シャーウッド・エステート ストラタム シャルドネ2016です。

シャーウッド・エステートはマールボロ地域の中で特にワイン生産に適しているとされる「ワイパラ・ヴァレー」に位置し、サステイナブルプログラムおよび有機栽培に取り組んでいるワイナリーです。

今回お出ししたシャルドネの中では最もすっきりとした口当たりで、しっかりとした酸味とミネラルが特徴のワインです。それでいてほのかに梨のようなフルーティーな香りがあるので、すっきりと楽しめる一本です。

こちらにあわせていただいたのは、特製バーニャカウダーソースの野菜ディップ

IMG_3568

ストラタムにあわせて、バーニャカウダーソースには、ワインビネガーで酸味を少し出してみました。その酸味と、ストラタムの酸とミネラルがとてもよくマッチしていたのではないかと思います。

2本目は、グリーンソングス ネルソン シャルドネ2016をお出ししました。
グリーンソングスは、日本人醸造家のコウヘイ氏の手がける、パーマカルチャー、エコロジカルなワイナリーで、2017年にアタマイビレッジワインズから現在の「グリーンソングス」にワイナリー名を変更しました。

こちらのシャルドネは、非常にやわらかくまろやかな飲み口が特徴です。ふんわりと包み込んでくれるような、優しい白い花とフローラルな香りが特徴です。
続いてやってくるフレッシュな酸、そしてその奥にほのかに樽の香りを感じることができ、フルーティーさ、香り、酸、ミネラルのバランスの良い、素晴らしいワインだと思います。

こちらのワインに合わせていただいたのは、アサリの白ワイン蒸し

23435023_1503905166358967_6535236564474317821_n

ガーリックとオリーブオイルでしっかりと下味をつけた中で、一気に白ワインで蒸し上げ、長ネギを散らしました。料理酒として利用したのも、シャルドネです。

アサリの味わいと、長ネギの風味が、グリーンソングスの奏でる爽やかで優しい味とマッチしたのではないでしょうか。

続いて3本目は、クーパーズ・クリーク “LIMEWORKS”ホークスベイシャルドネ 2015です。

ワインメーカー、サイモン・ナンズは、「香りの魔術師」の異名をもち、彼が手掛けるクーパーズ・クリークのワインは国内外のワインコンテストで常に高い評価を集め、数多くのトロフィーを獲得しています。

特にこのシャルドネは彼らのラインアップの頂点に位置し、ニュージーランド産の全シャルドネの中で2位になった実績や、世界中でも賞を数多く受賞している、伝説のワインです。

香りの魔術師という異名の通り、非常にスモーキーな香りが特徴のこちらのシャルドネは、今までの2本とは対照的です。
重厚な口当たりは、まるでバターのようなエッセンスがあり、熟した果実の味わいをしっかり感じられます。

そしてなんと言っても一番の特徴は、スモーキーな樽香です。飲み終わった後も長く続く、香ばしいスモーク感が、リッチな気分にさせてくれます。

樽の感じがしっかりと効いたシャルドネが好きな方には、本当にオススメの一品です。

こちらにあわせたのが、エリンギのバターソテーです。

IMG_3569

肉厚のエリンギを、たっぷりのバターとオリーブオイルでソテーした後に、お醤油で味付けさせていただきました。

シャルドネは濃厚でクリーミーな味付けによく合いますが、特にこのクーパーズクリークは、強い樽やバターのエッセンスが特徴なので、しっかりとバターや醤油で味付けしても、全くワインを壊しません。
強いインパクト同士の交わるマリアージュを楽しんでいただけたのではないでしょうか。

4本目はアストロラーベ シャルドネ 2015をお出ししました。
こちらのシャルドネは全て手摘収穫された後、10ヶ月間のオーク樽熟成されたもので、クーパーズ・クリークと同じように樽の香りがしっかりとついたシャルドネです。

しかしクーパーズ・クリークほどにガツンと来る樽感ではなく、スモーキーな中にも、メロン、ドライフルーツのような熟した果実な香りと、やわらかい酸、そしてクリーミーな口当たりが豊かな気分にさせてくれました。

こちらのワインに合わせていただいたのは、豚とキムチのピリ辛ナゲットです。

IMG_3572

お好みでレタスと一緒に召し上がっていただきました。

ワインとキムチをあわせるというのは、常識的にはあまり考えられないかもしれませんが、少し抑え目にしたキムチが辛味だけではなく、程よい甘さを引き立たせ、豚肉のジューシーさとマッチして、ワインを引き立ててくれました。

あまり常識的ではないマリアージュに、少しドキドキしましたが、有難いことに、こちらのお料理は大好評を頂きました。

5本目はジョージ・ミッシェル ゴールデンマイル シャルドネ 2014です。

ブルゴーニュのChateau de Grandmont
のオーナー兼醸造家であるジョージ・ミッシェルが、世界的に高い評価を受けるマールボロでもワインを生産したいと考え、1997年にジョージ・ミッシェル
エステートを設立しました。

こちらのワインは、口に入れた瞬間にピーチやパッションフルーツのような香ばしいフルーツの香りがふわっと広がります。それと同時に優しい樽の香りが包み込んでくれて、まるで上品なデザートを頂いているような気持ちになります。

樽香の強いインパクトのあるクーパーズ・クリーク、アストロラーベとはまた一線を画した、良質なワインです。

個人的にジョージ・ミッシェルのワインは、ピノ・ノワールとともに大好きなのですが、大変残念なことに、今年限りで日本での販売が終了となってしまうそうです。。
早い販売再開を切に願います。。

最後の6本目、締めの一本としまして、クラウディーベイ シャルドネ2015をお出ししました。

クラウディーベイはご存知の通り、ニュージーランドで最も有名なワイナリーのひとつです。

口に含むと、グレープフルーツやシトラスのようなフルーティーな味わい、その中にメロンのようなリッチな甘さが広がってきます。
続いてやってくる、ローストしたナッツのような樽の余韻が続き、ゆったりとフィニッシュを迎えます。
スタートからフィニッシュまでの味わいの変化が一気に走っていく、素晴らしいシャルドネだと思います。

ソーヴィニヨン・ブランが有名ですが、シャルドネも素晴らしいので、是非味わってもらいたい一本です。

こちらにあわせていただいたのが、ほうれん草とスモークサーモンのクリームパスタです。

IMG_3573

少し強めにスモークされたサーモンの香ばしさと、塩分が、ワインを引き立ててくれました。

最後にデザートとして、エスプレッソ風味のマスカルポーネを、クラッカーにディップしていただいて、締めとさせていただきました。

IMG_3579

5回目となる今回のNZワイン会。

早速感想もたくさん頂いています。

「同じようなワインがひとつも無く、すべて楽しめました」
「こんなにシャルドネを飲み比べたのは初めてでした」
「ワインとのお料理が最高でした」
「ワインは音楽にとっても似てるなぁと思いました。」

参加者の皆様同士は、はじめましての人が多かったのですが、共通の知り合いがいたり、出身が同じだったりと不思議なご縁があり、すぐに打ち解けてくださって、ワインとお料理、そして会話を楽しんでくださっていたのが印象的でした。

IMG_4613

ご来場くださった方、改めて御礼申し上げます。

我妻

タグ : ,

投稿日 : 2017.4.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ試飲&宿泊レポート

クラウディーベイ試飲&宿泊レポート

こんにちは。
我妻です。

オークランドに到着後はトランジットでブレイナムへ。
空港にはクラウディーベイの畑の責任者、ジムが迎えに来てくださり、ワイナリーに向かいました。
IMG_2379

ワイナリーではヴィンテージから最新のワインまで、テイスティングさせて頂きました。
今日は特に最新のワインについてレポートさせていただきますね。
IMG_2384

まずはシャルドネ2016ですが、口に入れると鼻に抜けるトーストのような高貴な香りが素晴らしく、非常に完成度が高いと思いました。来月より日本でも買えるようになります。

そしてピノ・ノワール2016はフレッシュながらもシナモンやベリー、バニラ香などがバランスよく複雑に絡み合い、なかなかの仕上がりです。

ジム曰く、飲み頃は3年くらい先だろうとのこと。その頃に素晴らしいワインになるポテンシャルを感じさせてくれました。ちなみに日本への入荷時期は未定だそうです。

また今回、市販はされないものの、実験的に作ったロゼも飲ませていただきましたが、残念ながらこれは御蔵入りだそうです。

最初はなかなか面白いなと思ったのですが、確かに他のワインと比べると、「クラウディーベイ」というブランドを背負うにはまだまだなんだなと感じました。

そういう意味でワイン生産の難しさも感じた一面でした。

また、普通は入れない工場の中も見学させて頂き、4月頭に樽詰めしたばかりの生まれたてのワインまで飲ませていただきました。
IMG_2348

既にアルコール度数は高く、ここから発酵していくと、よりまろやかなシャルドネやピノ・ノワールになっていくそうです。

今回はクラウディーベイのプロモーションビデオを制作するため、ジムのテイスティングコメントやインタビューも撮影させて頂きました。

完成したらお披露目させていただきますので、どうぞお楽しみに!

さて、この日はそのままシャックと呼ばれるクラウディーベイの宿泊施設に滞在させて頂きました。非常に洗練され、高級感あふれるシャックは、日常の喧騒や時間を忘れてリラックスできました。
IMG_2332

家具や内装、装飾品など至る所にクラウディーベイのこだわりが散りばめられています。
IMG_2317
IMG_2369
IMG_2355

窓からはブドウ畑を見ることができ、鳥のさえずりと爽やかな風が旅の疲れを吹き飛ばしてくれました。

翌朝、日の出を見るために早く起きて外に出ると、ブドウ畑の先から日が昇る様子に心から感動し、自然と感謝の念が湧きました。

素晴らしい体験をさせて頂いたジムやクラウディーベイのスタッフの方に心から感謝します。

我妻

タグ : , , , , , ,

投稿日 : 2014.12.3 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

エアー・ニュージーランドワインアワード 2014 結果

エアー・ニュージーランドワインアワード 2014 結果

今年もこの季節がやって参りました。

11月22日、北島ネーピアの「Pettigrew Green Arena」にてエアー・ニュージーランドワインアワード2014が発表されました。

今年は、トータル1557のニュージーランドワインが出展され、112のゴールドメダルが選出されました。

 

そして、全ワインのトップに立ったのがVidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013」。

IMG_5877

早速、現地よりチャンピオンワインを手配しました。ボトルにはワインメーカーのサイン。

また、ニュージーランドにいる友人 Mさんにもテイスティングしてもらいコメントを貰いました。

「桃などのストーンフルーツやナッツの香りがあり、口当たりがとても滑らか。キャラメルの余韻を長く楽しめるワイン。」

82

フードとのマリアージュは、「NZ産金目鯛のレモンガーリック蒸し」が一番合うとのこと!!!

これからは、NZクッキングとの連動をして行きたいと思っています!

 

それにしても近年、ホークスベイのシャルドネがトロフィーを取る事が多いですね。2011年にはホークスベイの「Villa Maria Single Vineyard Keltern Hawke’s Bay Chardonnay 2010」が受賞していました。

自分のイメージでは、ホークスベイはシラーが良いと思っていましたが、実はシャルドネにも適しているのでしょうか!?時間があれば、今度テイスティングしに行きたいと思います。

 

下記、トロフィーワイン一覧です。

 

AIR NEW ZEALAND WINE AWARDS 2014 – TROPHY WINNERS Air New Zealand Champion Wine of the Show 「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013」

O-I New Zealand Reserve Wine of the Show 「Villa Maria Single Vineyard Southern Clays Marlborough Pinot Noir 2012」

JF Hillebrand New Zealand Ltd Champion Pinot Noir 「Villa Maria Single Vineyard Southern Clays Marlborough Pinot Noir 2012」

Label and Litho Limited Champion Sauvignon Blanc 「Saint Clair Wairau Reserve Marlborough Sauvignon Blanc 2014」

Rabobank New Zealand Limited Champion Chardonnay 「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013」

BDO New Zealand Limited Champion Other White Styles and Rosé 「Falconhead Hawke’s Bay Viognier 2013」

Bite Magazine Champion Sweet White Wine 「Giesen The Brothers Late Harvest Sauvignon Blanc 2012 Marlborough」

Coast FM Champion Merlot, Cabernet and Blends 「Esk Valley Gimblett Gravels Hawke’s Bay Merlot Cabernet Sauvignon Malbec 2013」

Fruitfed Supplies Limited Champion Syrah 「Church Road McDonald Series Hawke’s Bay Syrah 2012」

Guala Closures NZ Champion Pinot Gris 「Sea Level Nelson Pinot Gris 2014」

ICIB Gold Medal Insurance Champion Gewürztraminer 「Spy Valley Marlborough Gewürztraminer 2013」

Liquorland Champion Open Red Wine 「Saint Clair Marlborough Premium Pinot Noir 2013」

New World Champion Open White Wine 「Forrest The Doctors Marlborough Riesling 2014」

Plant & Food Research Champion Riesling 「Forrest The Doctors Marlborough Riesling 2014」

Wineworks Champion Sparkling Wine 「Tohu Rewa Marlborough Méthode Traditionnelle Blanc de Blanc 2011」

Business World Travel Champion Exhibition Red Wine 「Matua Single Vineyard Hawke’s Bay Syrah 2013」

Waitoa Free Range Chicken Champion Exhibition White or Sparkling Wine 「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2012」

ではでは

熊木

タグ : , , , , , , , , ,

投稿日 : 2014.11.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

エアー・ニュージーランドワインアワード 2014

エアー・ニュージーランドワインアワード 2014

今年もこの季節がやって参りました。

 

11月22日、北島ネーピアの「Pettigrew Green Arena」にてエアー・ニュージーランドワインアワード2014が発表されました。

今年は、トータル1557のニュージーランドワインが出展され、112のゴールドメダルが選出されました。

Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013

そして、全ワインのトップに立ったのが「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013」。

早速、現地よりチャンピオンワインを手配しました。ボトルにはワインメーカーのサインが入っているかも!?

また、ニュージーランドにいる友人にもテイスティングしてもらい、コメントを貰う予定です!!フードとのマリアージュもご提案出来たらと思っています。

 

それにしても近年、ホークスベイのシャルドネがトロフィーを取る事が多いですね。2011年にはホークスベイの「Villa Maria Single Vineyard Keltern Hawke’s Bay Chardonnay 2010」が受賞していました。

自分のイメージでは、ホークスベイはシラーが良いと思っていましたが、実はシャルドネにも適しているのでしょうか!?時間があれば、今度テイスティングしに行きたいと思います。

下記、トロフィーワイン一覧です。

 

AIR NEW ZEALAND WINE AWARDS 2014   TROPHY WINNERS

Air New Zealand Champion Wine of the Show「 Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013

O-I New Zealand Reserve Wine of the Show 「Villa Maria Single Vineyard Southern Clays Marlborough Pinot Noir 2012」

JF Hillebrand New Zealand Ltd Champion Pinot Noir 「Villa Maria Single Vineyard Southern Clays Marlborough Pinot Noir 2012」

Label and Litho Limited Champion Sauvignon Blanc 「Saint Clair Wairau Reserve Marlborough Sauvignon Blanc 2014」

Rabobank New Zealand Limited Champion Chardonnay 「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2013」

BDO New Zealand Limited Champion Other White Styles and Ros 「Falconhead Hawke’s Bay Viognier 2013」

Bite Magazine Champion Sweet White Wine「Giesen The Brothers Late Harvest Sauvignon Blanc 2012 Marlborough」

Coast FM Champion Merlot, Cabernet and Blends 「Esk Valley Gimblett Gravels Hawke’s Bay Merlot Cabernet Sauvignon Malbec 2013」

Fruitfed Supplies Limited Champion Syrah 「Church Road McDonald Series Hawke’s Bay Syrah 2012」

Guala Closures NZ Champion Pinot Gris「Sea Level Nelson Pinot Gris 2014」

ICIB Gold Medal Insurance Champion Gewrztraminer 「Spy Valley Marlborough Gewrztraminer 2013」

Liquorland Champion Open Red Wine「Saint Clair Marlborough Premium Pinot Noir 2013」

New World Champion Open White Wine「Forrest The Doctors Marlborough Riesling 2014」

Plant & Food Research Champion Riesling「Forrest The Doctors Marlborough Riesling 2014」

Wineworks Champion Sparkling Wine「Tohu Rewa Marlborough M thode Traditionnelle Blanc de Blanc 2011」

Business World Travel Champion Exhibition Red Wine 「Matua Single Vineyard Hawke’s Bay Syrah 2013」

Waitoa Free Range Chicken Champion Exhibition White or Sparkling Wine 「Vidal Legacy Hawke’s Bay Chardonnay 2012」

ではでは

 

熊木

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2014.8.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

シレーニ・エステート スペシャルイベント

シレーニ・エステート スペシャルイベント

82313時~ ワインショップ・エノテカ 広尾本店にて行われた「シレーニ・エステート」のイベントを取材した。

当日は、9種類のシレーニのワインを3000円でテイスティング出来、コスパが良いイベントだと感じた。

70名のゲストが参加し、NVスパークリングを片手にチーフワインメーカーの「グラント・エドモンズ氏」を迎えた。

ニュージーランドのこと・ワイン及び個別ワインの説明をし、それに合わせるフードについても説明があった。

フィンガーフードの提供もあり、大盛況でイベントは終了。イベント後半には、ワインボトルにエドモンズ氏からサインをもらったり、写真を一緒に撮るゲストも見られた。

 

テイスティングワイン一覧

 

1 NVスパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

2 シャルドネ2013(セラー・セレクション)

3 ピノ・ノワール2013(セラー・セレクション)

4 ザ・ストレイツ・ソーヴィニヨン・ブラン2013(エステート・セレクション)

5 ザ・トライアングル・メルロ2012(エステート・セレクション)

6 シャルドネ2006(エクセプショナル・ヴィンテージ)

7 ピノ・ノワール2009(エクセプショナル・ヴィンテージ)

8 メルロ2007(エクセプショナル・ヴィンテージ)

9 レイト・ハーヴェスト・セミヨン2012

3年ぶりの来日となった「エドモンズ氏」だが、もう少し頻繁に日本に来たいとコメントを残した。極めて多忙な日本での滞在であったが、満喫出来た様だ。

今回提供したワインの中で一番のおススメは「シャルドネ2006(エクセプショナル・ヴィンテージ)」で、刺身やお寿司とマリアージュして欲しいとのこと。

 

後日、NZフレンズにてインタビュー内容をアップしますのでお楽しみに!!!

ではでは

熊木

 

タグ : , , , , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information