ホーム > NZブログ > シレーニ・エステート

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.9.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン会「シレーニ・エステート」の会

ニュージーランドワイン会「シレーニ・エステート」の会

こんにちは。

昨晩、毎月恒例のワイン会を開催させて頂きました。
今回のテーマは「シレーニ・エステート」。

シレーニ・エステートは、ホークスベイにあるワイナリーで、現在、日本に輸入されているニュージーランドワインの中で、輸入量No.1を誇っています。

ローマ神話に登場する酒の神であるバッカスの従者であり、「おいしいワイン、食事、そして素晴らしい仲間」との生活を楽しんだとして知られている、シレーニ神に由来して名づけられたワイナリーです。

実際に、食事との相性を重視し、お手ごろ価格のワインを楽しんでもらうことをシレーニ・エステートはモットーとしています。

そんなシレーニ・エステートから、今日は7種類のワインをセレクトしてご用意させていただきました。

1)ヌーヴォー ソーヴィニヨン・ブラン2018

乾杯は、良く冷やしたヌーヴォーのソーヴィニヨン・ブランをご提供させていただきました。

北半球とは季節が正反対の南半球ニュージーランドでは、2018年のブドウの収穫がすでに終了し、2018年ヴィンテージのワインが、続々と登場しています。

特にこのヌーヴォーは7月から発売されているのですが、グレープフルーツのような果実のアロマに、爽やかなハーブのニュアンスが重なり、はじけるようなフレッシュさが特徴のソーヴィニヨン・ブランです。

お食事としては、「エビとアボカドのマリネ」をご用意。

IMG_5759

ハーブのニュアンスが強く、爽やかなこちらのソーヴィニヨン・ブランに合うように、レモンとライムで爽やかに、さっぱりと頂ける様に工夫しました。

2)ヌーヴォー ピノ・ノワール2018

続いては、同じくヌーヴォーとしてソーヴィニヨン・ブランと同時に発売されたピノ・ノワールをご提供しました。

こちらのピノ・ノワールは爽やかなチェリーや、いちごやスミレの花など、上品な香りが広がります。まさにフレッシュなお花畑のような新酒で、香りも味も、軽やかな気持ちにさせてくれる1本です。

お食事には「野菜とキノコのトマト煮込みスープ」をご用意しました。

IMG_5762

急に涼しくなってきた昨今、温かいスープとフレッシュなピノ・ノワールをあわせていただきました。

3)スパークリング ソーヴィニヨン・ブラン[NV]

ここからは、スパークリングワイン5種類をセレクトし、順次お出ししていきました。

まずはスパークリングのソーヴィニヨン・ブランです。

こちらには、中華風の味付けのものにマリアージュさせたいと思い、「イカとセロリの中華風塩炒め」をご提供しました。

IMG_5763

セロリの風味と、しょうがと紹興酒で味付けしたイカから出た旨みを、やや辛口のこちらのスパークリングワインが綺麗に流してくれる、そんなマリアージュができたように思います。

4)スパークリング シャルドネ[NV]

シャルドネは、一瞬本当にシャルドネ?と感じさせるほどに強い柑橘、特にレモンのニュアンスが色濃く、爽やかな辛口に仕上がっていました。

あわせていただいたお食事は、「豚とレンコンのすり身揚げ」です。

IMG_5766

バゲットにパテをたっぷりと乗せて、油で揚げました。

さっぱりとしつつも、辛口のこちらのワインが、揚げ物によく合ったのではないかと思います。

5)スパークリング ピノ・グリ[NV]

ピノ・グリの方は、ライムの皮を連想させるような柑橘と程よい苦味があり、こちらもシャルドネと同じく辛口スタイルです。

シャルドネとピノ・グリ、飲み比べると違いがハッキリ分かる2種類ですが、逆に飲み比べる機会もほとんどないと思いますので、面白かったのではないかと思います。

お食事としては、こちらも中華メニューからチョイスしました「よだれ鶏」をお作りしました。

IMG_5768

じっくりと蒸しあげ、うまみを凝縮させた鶏肉に、たっぷりの中華タレを絡めてお召し上がりいただきました。

中華のタレは後味が口に残るものですが、柑橘をベースに持つこちらのピノ・グリのスパークリングが、綺麗に洗い流してくれたように思います。

6)スパークリング ロゼ[NV]

ロゼもこの次にお出しするスイートメルローも、シレーニが得意とする「メルロー」というブドウ品種を使ったワインです。

ロゼの方が辛口ですが、それでもほんのりと完熟したプラムのようなメルローの特徴のニュアンス、果実味、柔らかな甘さを見出すことができ、非常にフルーティーな1本です。

こちらのワインには、じっくりと赤ワインとデミグラスソースで煮込んだ「ボロネーゼのパスタ」をご用意しました。

IMG_5769

デミグラスソースで引き出された合挽き肉の旨みが、辛口の中にもしっかりとメルローの果実味のニュアンスのあるこちらのロゼに引けを取らずにマッチしたのではないかと思います。

7)スパークリング スイート メルロー[NV]

ここまででおなかいっぱいという声も聞かれましたが(笑)

最後にデザートとして、「黒糖蒸しパン with マヌカハニー」をご用意しました。

IMG_5772

ワイン会の間に蒸しあげ、あつあつ、ふわふわのパンにマヌカハニーをつけて召し上がっていただいたところ、皆さんから大絶賛を頂きました。

蒸しパン単体でも黒糖の柔らかな甘みを感じられますし、マヌカハニーを塗っていただくと、より濃厚な味わいの蒸しパンとなり、手が止まらないという嬉しい感想を頂きました。

そこにあわせていただいたのが、スイートメルローです。名前の通りにやや甘口に作られたメルローのスパークリングで、色も美しい濃い紫色をした、珍しいスパークリングワインです。

こちらの甘さと、黒糖やマヌカハニーの甘さは決してお互いがぶつからず、それぞれに協調しあったマリアージュになったと思います。

今日のワイン会は、いつもより少人数ながらも、まさしくシレーニ神が愛したように、ワイワイと楽しく盛り上がる会となりました。

みんなでおなかいっぱいになりながら、最後に記念写真を撮影。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.7.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

本日 7月1日解禁 世界一早いニュージーランドヌーヴォーのご紹介

本日 7月1日解禁 世界一早いニュージーランドヌーヴォーのご紹介

昨日は一足先に、7月1日より発売する2017年ヴィンテージとして世界一早いヌーヴォー(新酒)3本をテイスティングさせていただきました。

最初は「サイフリード」というワイナリーの「オールド・コーチ・ロード ライトソーヴィニヨン・ブラン2017」です。

IMG_0735

サイフリードは、ネルソンに位置する家族経営としてはニュージーランド最大級のワイナリーで、ぶどう全て自家栽培でまかなっており、環境に優しいぶどう造り、ワイン造りを早くから実践し、「サスティナブル・ワイン・グローイング」の認証を受けています。

そのサイフリードが自信を持って送り出すオールド・コーチ・ロードは、非常にフレッシュな柑橘系の香りと、長く続く酸味が特徴です。

IMG_0779

まさに「生き生きとした」という表現が最適な、非常に果実味あふれる一本で、口に入れた瞬間にいっぱいに広がるライム、グレープフルーツといった爽やかなアロマは、まさにニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランの特徴を存分に感じることができる一本です。
アルコール度数も9.5%と、普通のワインよりも低めに造られているのが特徴で、これからの季節、キンキンに冷やして飲むのがオススメです。

本日よりブリーズオンラインショップで販売スタート。
詳しくはこちらをご覧ください。

続いては「シレーニ・エステート」というワイナリーの「シレーニ・ヌーヴォー・ソーヴィニヨン・ブラン
2017」

IMG_0741

「シレーニ・ヌーヴォー・ピノ・ノワール2017」

IMG_0750

です。

ラベルもとてもアーティスティックで、美しいなという印象です。

シレーニ・エステートはニュージーランドワインの中でも最も世界各国に輸出されているワイナリーのひとつで、現在世界82カ国に渡り販売されています。
日本においても輸入されているニュージーランドワインの中で、輸入量No.1を誇っています。実際、輸出量だけでなく国際的に著名なワインコンペティションにて、数多くのメダルを受賞したり、ニュージーランド航空の機内ワインに採用された実績も誇るなど、実力派のワイナリーです。

そんな名実ともに実績のあるシレーニの送る世界一早いヌーヴォー。

ソーヴィニヨン・ブランは、オールド・コーチ・ロードのものと比べて、より複雑なアロマが特徴です。

IMG_0776

柑橘系の香りもたくさん味わうことのできるフレッシュなソーヴィニヨンなのですが、オールド・コーチと比較すると酸味もやや抑え目で、少し落ち着いた印象を感じます。
こちらも冷やして飲むととてもおいしい一本ので、是非冷やして飲んでほしいですが、少し温度が高くなっても、ハーブの香りが損なわれず、ヌーヴォーとしては珍しい温度変化によって変わる味わいも楽しむことができます。

ピノ・ノワールはロゼのような薄いピンクが特徴で、甘いイチゴやベリーのような香りが印象的なワインです。

IMG_0770

赤ワインなのに、グビグビ飲めてしまう、ある意味危険なワインです(笑)
香りはとても甘い印象なのですが、口に入れたテイストは、すっきりとしていて辛口なので、カルパッチョや冷製パスタなど、フードにとても合わせやすいと思います。こちらも少し冷やして飲むのがオススメです。

これからの暑い季節には、ビールだけでなく、このようなニュージーランドのヌーヴォーで、おしゃれにディナーを彩ってみてはいかがでしょうか。

3本ともにとてもリーズナブルなので、オススメですよ。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2014.10.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

シレーニエステート × 伊勢丹

シレーニエステート × 伊勢丹

こんばんは。

 

昨日から伊勢丹のチェック柄が変わりました!!!

 

それに伴い、ニュージーランドの「シレーニエステート」と「伊勢丹」とのコラボレーションワインが発売されました。

 

ニュージーランドの代表品種「ソービィニオンブラン」

エチケットが伊勢丹柄なんです!

限定品なので、お求めはお早めに。

シレーニ・エステー (2)

 

昨日は「シレーニエステート」から、エグゼクティブブランドマネージャーのサイモンさんが来日して、自ら店頭に立たれていました。

エチケットにサインをもらったので、またギャラリーでもご紹介します。

最後に「マオリオールブラックス」の取材模様はTwitterにてアップしますのでチェックお願いします。

 

ではでは

 

熊木

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2014.8.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

シレーニ・エステート スペシャルイベント

シレーニ・エステート スペシャルイベント

82313時~ ワインショップ・エノテカ 広尾本店にて行われた「シレーニ・エステート」のイベントを取材した。

当日は、9種類のシレーニのワインを3000円でテイスティング出来、コスパが良いイベントだと感じた。

70名のゲストが参加し、NVスパークリングを片手にチーフワインメーカーの「グラント・エドモンズ氏」を迎えた。

ニュージーランドのこと・ワイン及び個別ワインの説明をし、それに合わせるフードについても説明があった。

フィンガーフードの提供もあり、大盛況でイベントは終了。イベント後半には、ワインボトルにエドモンズ氏からサインをもらったり、写真を一緒に撮るゲストも見られた。

 

テイスティングワイン一覧

 

1 NVスパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

2 シャルドネ2013(セラー・セレクション)

3 ピノ・ノワール2013(セラー・セレクション)

4 ザ・ストレイツ・ソーヴィニヨン・ブラン2013(エステート・セレクション)

5 ザ・トライアングル・メルロ2012(エステート・セレクション)

6 シャルドネ2006(エクセプショナル・ヴィンテージ)

7 ピノ・ノワール2009(エクセプショナル・ヴィンテージ)

8 メルロ2007(エクセプショナル・ヴィンテージ)

9 レイト・ハーヴェスト・セミヨン2012

3年ぶりの来日となった「エドモンズ氏」だが、もう少し頻繁に日本に来たいとコメントを残した。極めて多忙な日本での滞在であったが、満喫出来た様だ。

今回提供したワインの中で一番のおススメは「シャルドネ2006(エクセプショナル・ヴィンテージ)」で、刺身やお寿司とマリアージュして欲しいとのこと。

 

後日、NZフレンズにてインタビュー内容をアップしますのでお楽しみに!!!

ではでは

熊木

 

タグ : , , , , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information