ホーム > NZブログ > スーパーラグビー

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.12.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サンウルブス 2018シーズンチームの発表記者会見内容

サンウルブス 2018シーズンチームの発表記者会見内容

こんにちは。

昨日はサンウルブス 2018シーズンチームの発表記者会見を取材してきました。

サンウルブスはスーパーラグビー3年目のシーズンを迎え、2018年2月24日からホーム8試合、アウェー8試合、合計16試合を戦います。

2018シーズンより、ヘッドコーチにはラグビー日本代表の監督も務めるジェイミー・ジョセフ氏が就任しました。

IMG_4329

記者会見の最初に、2018年から5年間掲げるチームスローガン「Go Beyond 2019」が発表されました。

Go Beyond 2019の中には、
① Go for the champion
② Go to the Rugby Park

そして2018年のスローガンでもある
Go for Top 5 in 2018

この3つのサブスローガンが定められていることも伝えられました。

続いてジェイミーヘッドコーチが、以下のように決意を述べられました。

IMG_4326

===
2018年のシリーズ、とにかく楽しみです。
目標はとにかくスローガンに掲げた「Go for top 5 in 2018」。
これを目指して、戦っていきます。

私たちは過去2シーズンを通じて、たくさんの経験をつんできました。
フィロ・ティアティア前ヘッドコーチから引き継いで、良いポジションにいると思います。

選手たちはこれからのシーズン、休みの少ない中でのハードスケジュール、長距離移動によって、疲労や怪我が予測されます。

その中で勝っていくのは苦労すると思いますが、これだけの強い顔ぶれのプロフェッショナル集団の揃ったチームメンバーと、シーズンを戦えるのがとても楽しみです。
===

記者より今回新たにサンウルブスに加入したラグビー日本代表キャプテン、リーチ・マイケル選手について問われると、

「代表ではキープレーヤーだが、サンウルブスでは違った役割を期待している。トータルバランスの良いゲーム展開を作るうえで重要となる、クオリティーの高い選手として期待している」

と答えていました。

また、サンウルブスの課題は「スクラム」であるとし、そこを補強する選手として、今回新たに加入したジョージア出身のジャバ・ブレグバゼ選手の役割にも期待していると話していました。

以下、今回の記者会見に参加した5選手のコメントです。

稲垣 啓太選手:

IMG_4344

 選手一丸となって戦っていきたい。次のシーズンこそは結果を出したい。

堀江 翔太選手:

IMG_4357

 代表選手としては、慣れているジェイミーコーチはやりやすい。個人目標としては、3年目を大きな飛躍の年としたい。また、ジョージア出身のジャバ選手と組んで、レベルアップしたい。

山田 章仁選手:

IMG_4347

 会場とチームが一体となる試合を作っていきたい。トライもひとつでも多く決めたい。

ヴィリー・ブリッツ選手:

IMG_4348

 サンウルブスはラグビーをとても楽しんでいるチーム。一緒に戦うことで学ぶことができる。個人的な目標としては、日本代表にも選ばれること。次のシーズン、成長して夢を叶えたい。

ゲラード・ファンデンヒーファー選手:

IMG_4349

サンウルブスに加われたことを嬉しく思う。スーパーラグビーでは古巣相手とも戦うが、冷静に対応する。

キモノデザイナーの斉藤上太氏がデザインした、2018シーズン特別デザインのユニフォームもお披露目され、次のシーズンに向けた熱意と決意を感じた会見でした。

IMG_4354

トップリーグもさることながら、スーパーラグビーも2018シーズン、目が離せそうにありません!

IMG_4386

なお、ジェイミー・ヘッドコーチは、ニュージーランドのオタゴ出身です。
オタゴといえば、ラグビーだけでなく、ワインもとても有名な地域です。

スローガンを達成された暁には、弊社専売で取り扱っている、クーパーズ・クリークのセントラルオタゴ産のワインを贈りたいものです。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.7.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2017 サンウルブズ vs ブルーズ レポート

スーパーラグビー 2017 サンウルブズ vs ブルーズ レポート

7月15日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2017 最終節 サンウルブズ vs ブルーズの試合を取材してきました。

結果は48対21でサンウルブズがニュージーランドカンファレンスのブルーズを下しました。サンウルブズは今季2勝目となりました!

IMG_1557

31度を超える強烈な日差しが照り付けるピッチでも集中力を切らす事なく、タックルをしてチームとしてのカバーリングも早かったようにみえました。また不甲斐なかった南アフリカ遠征から戻り、チームとして最終戦になんとしても勝利してファンの方と喜びを共有したいという気持ちがこちらにまで伝わるゲームでした。

IMG_1171

サンウルブズのヘッドコーチ「ティアティア」が試合後の会見で「よく耐え、しっかり競れていた」というコメントからもいかに気合が入っていたのかを感じる事が出来ました。

ブルーズも2週間前に日来日(オールブラックスメンバー外)して、鈴鹿市でホンダとの練習試合をするなど十分準備期間があったと思います。

また本日がブルーズの選手として最後の試合になる3選手がキャプテンの前にピッチに出て来ました。

先頭はニュージーランド代表(オールブラックス)のPRチャーリー・ファウムイナ

IMG_1108

続いてニュージーランド代表(オールブラックス)のNO8スティーヴン・ルアトゥア

IMG_1111

最後にマオリオールブラックスのファーストファイブエイトのイハイ・ウエスト

IMG_1113

ブルーズはプレーオフに進むことは出来ませんが、最終戦を勝利して3選手を送り出そうと気合が入っていました。

IMG_1255

その気合を上回ったサンウルブズ。
ラグビーは本当にメンタルのスポーツです。

また会場のサポーターの声援が選手一人一人を後押ししたように思いました。
チームとしての一体感を感じる事が出来た試合でした。

ディフェンスする姿がオオカミのように見えました。

IMG_1234

1対1では止める事が出来ない選手を2人から3人で止めて、素早いカバーリングをする姿を多く見られました。。。

またトップリーグのトヨタでプレーをしたジェロームカイノ。

IMG_1407

後半16分 イエローカードで10分間の退場。これによりチームプランを変更せざる得なかったようです。またブルーズの選手たちの足は止まり、集中力が切れていたようにもみえました。

試合後、イハイ・ウエストに試合の感想を聞きました。

IMG_1212

返ってきたのは「暑かった」の一言。さらに「数年は日本でのプレーは考えていない」とのことでした。
他の多くの選手も下を向きバスに乗り込んでいったのが印象的でした。

3選手くらいはファンにサインをしていました。

アキライロアネは子どもにブーツや練習着をプレゼントしていました。
その子どもにとって一生の宝物になることでしょうね。

本日のフライトでオークランドに戻るブルーズの選手たち。試合後は滞在ホテルのビアガーデンでリフレッシュしたそうです。

来月はハイランダーズも来日しますので、今から楽しみです。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2017.7.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オークランド ブルーズキャプテンズラン

オークランド ブルーズキャプテンズラン

昨日、秩父宮ラグビー場で行われたオークランドブルーズのキャプテンズランを取材しました。

この試合がブルーズ最後の試合になる選手がいます!

ニュージーランド代表(オールブラックス)のPRチャーリー・ファウムイナはフランスのトゥールーズへ移籍。

IMG_0904

ニュージーランド代表(オールブラックス)のNO8スティーヴン・ルアトゥアはイングランドのブリストルへ移籍。

IMG_0921

両選手にとってもブルーズ最後の試合になるのでなんとしても勝利で終わらせたいと思っていると思います。

また、まだリリースされていない選手もいます。。。

今から取材をしに秩父宮ラグビー場へ!

自分の注目はトヨタのジャージを着てたジェーロムカイノ。
チームのバランサーとしての役割もになっています。
サンウルブズ相手にどうマネジメントするかも注目しています。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2017.7.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オークランド ブルーズメンバー発表

オークランド ブルーズメンバー発表

ブログ更新が中々出来ず申し訳ありません。
明後日、15日(土)に秩父宮ラグビー場で行われる今シーズンラストのサンウルブズの試合。
最終戦にふさわしい強敵の対戦チームが来日しています。

ニュージーランド最大都市「オークランド」を拠点に活動をしているブルーズのメンバーが発表されました。

注目は先日までライオンズとオールブラックスとして対戦したジェロムカイノ及びオールブラックスセブンズでも来日していたアキライロアネです。

とてもフレンドリーでお茶目な一面もある選手です。いつか日本でプレーしてもらいたい選手です!

また、監督はタナウマガ。ラグビーファンなら一度は聞いた事があるのでは!?

また、プロップのFaumuinaとNO8のLuatua はブルーズでの最後の試合になります。
チームとしても勝利して送りだしたいとのことでした。

明日秩父宮で行われるブルーズのキャプテンズランを熊木が取材に行くとのことです。
記事をお楽しみに!

高橋

vsサンウルブズメンバー

1.OfaTu’ungafasi
2. James Parsons (c)
3. Charlie Faumuina
4. Gerard Cowley-Tuioti
5. Scott Scrafton
6. Akira Ioane
7.Blake Gibson
8. Steven Luatua
9. Augustine Pulu
10. Ihaia West
11. Melani Nanai
12. TJ Faiane
13. George Moala
14. Matt Duffie
15. Michael Collins.

Replacements:
16. Hame Faiva
17. Pauliasi Manu
18. Sione Mafileo
19. Josh Goodhue
20. Jerome Kaino
21. Sam Nock, 22
Stephen Perofeta
23. Rene Ranger.

タグ : ,

投稿日 : 2017.5.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2017 サンウルブズ vs チーターズ レポート

スーパーラグビー 2017 サンウルブズ vs チーターズ レポート

5月27日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2017 第14節 サンウルブズ vs チーターズの試合を取材してきました。

結果は7対47でチーターズがサンウルブズを下しました。4月8日に行われたブルズ戦に続く2勝目とはなりませんでした。

多くのファンが2勝目を望んだこの一戦。

IMG_9515

秩父宮ラグビー場での試合は4試合しかないので、サンウルブズの選手たちも何としてもこの試合を取りたいと意気込んでいたと思います。

これまで秩父宮での試合を2試合、さらにニュージーランドインバカーギルで行われたハイランダーズ戦を取材してきましたが、今回の試合は攻撃がかみ合っていないように感じました。

チャンスはあるのにトライを挙げることが出来ず、キックパスのミスも目立ちました。

IMG_9507

対してチーターズのバックスの11番・14番・15番は、そのミスを上手く利用して終始ゲームをコントロールしていました。

前半終了間際(40分)のチーターズのトライも抑えなければいけない場面だと思いました。
さらに後半7分のサンウルブズのトライ後は、自信を持ってマネジメントをして、自分たちのペースに持っていってほしかったです。

IMG_9467

この瞬間会場が一体になったような感じがしました。

IMG_9475

このポーズの意味は今度聞いてみたいと思っています。

次に秩父宮ラグビー場で行われるのは、最終節(7月15日)のオークランドブルーズとの一戦。強豪ですが、何があるかはわかりません。

4月29日にハミルトンで行われたチーフスとの試合は、スコア差は7点でした。

なお3月3日にハミルトンで行われたチーフスとブルーズの試合は41対26でチーフスが勝利しています。
5月26日オークランドで行われた試合では16対16でチーフスと引き分けております。

必ずチャンスはあると思います。ホーム最終戦ですし、ファンの方々と選手たちが一緒になり喜びを分かち合って欲しいです!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.4.27 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー サンウルブズ vs ハイランダーズ in インバカーギル レポート

スーパーラグビー サンウルブズ vs ハイランダーズ in インバカーギル レポート

4月22日(土)ニュージーランド インバカーギルのラグビーパークにて行われたハイランダーズVSサンウルブズの試合を取材してきました。
日本のメディアとしてはおそらくキウイブリーズだけだったようにみえました。

それでは試合のレポートです。

まずサンウルブズはしっかりとオーガナイズして試合を進めていました。

IMG_7370

40-15というスコア程の差はあまり感じませんでしたし、今後に繋がる試合だったと思います。

昨年までハイランダーズに所属していた田中がこの試合でスーパーラグビー通算50試合目でもありました。

IMG_7237

サンウルブズのエンジンとして攻守にわたり貢献し、チームメイトに声をかけていたのが印象的でした。

ニュージーランド遠征で初トライを挙げたNO8のヴィリー・ブリッツ。

IMG_7305

お父様が他界され、ハイランダーズ戦から合流しました。
トライ後のパフォーマンス。

IMG_7316

DADと書かれています。
このアングルはキウイブリーズ独占ではないでしょうか!?
感動的でした!!!

さらにラーボニ・ウォーレンボスアヤコのトライ。

IMG_7358

まさにこの場所しかないという場所でのトライでした。パスを出した田村の好判断だったと思います。

対するハイランダーズの監督はトニー・ブラウン。

IMG_2674

ひげを生やしていました。
アップの際には選手と一緒にキック練習をしたり、ディフェンスをしていました。

IMG_2675

自分の高校の後輩でもある、ベン・スミス。

IMG_7320

チームのキャプテンとして常に声を出し、フルバックで指示を出していました。

サントリーでもお馴染みのジョー・ウィラー。

IMG_7207

攻守にわたってとても良い働きをしていました。

オールブラックスのアーロン・スミス。

IMG_7179

言うまでもなく世界最高峰のハーフバックでした。

2019年W杯にオールブラックスとして来日する可能性のある、リーアム・スクワイア。

IMG_7196

昨年の12月のオールブラックス来日メンバーの1人です。
実際生で見ましたが、パワーが半端なかったです。

IMG_7155

経験を積めば必ず選出されると思います。

センターのマット・ファデス。

IMG_7412

彼はニュージーランド学生代表として2回来日しており、またオールブラックスセブンズとしても来日経験があります。
この試合のMOMに選出されていました。いつかはオールブラックスでプレーをしたいと言っていたのですが、その日も近いのではないでしょうか!?後半のトライは素晴らしかったです。

最後に試合後ファンの方はピッチに入り、選手に写真やサインをもらっていました。

IMG_7434

自分が留学していた時は、ダニーデンのケイルズブロックで経験したことがあるこの光景。
日本ではあまり考えられませんが、ニュージーランドではラグビーが生活の一部となっています。

試合に行き、とりあえずビールを飲む。試合中でも売店には行列が絶えませんでした。
市民はラグビーを見る事もそうですが、会場に行くという事が一番大切なのかもしれません。

試合後、ジョー・ウィラーが田中にインタビューをしていました。

IMG_7436

またMOMのマット・ファデス!

IMG_7442

これからもハイランダーズでトライを量産して、是非オールブラックスになってもらいたいです。

ジョー・ウィラーと、この試合のメンバー23人のサインが入ったサインボード。

IMG_7445

選手からも好評でした。サインをした後に選手から、逆に「ありがとう」と言ってもらえました。

最後にベン・スミスにダニーデンのオススメ場所を聞いたところ、「セントクレア」ビーチとのことです。
それについては明日のブログで。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

1 / 3123

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information