ホーム > NZブログ > セントラルオタゴ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.10.3 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

【フードメニュー決定!】ミーシャズ・ヴィンヤード ワインメーカーズディナー

【フードメニュー決定!】ミーシャズ・ヴィンヤード ワインメーカーズディナー

こんにちは。
昨日は25日に行われるミーシャズ・ヴィンヤードとのワインメーカーズディナーに向けて、レストランEbizoにて、フードマリアージュの打ち合わせでした。

一つ一つのワインに合うメニューを関係者全員でじっくり議論しあいながら、考案していきました。

さて、お待ちかねのフードリストを、今日は発表です!

1.NZ産グリーンマッスルと平目のカルパッチョ 酢橘と石垣島天日海塩を添えて

SB (2)

2.Ebizoのサクッと海老パン

リースリング (3)

3.ロブスターテールのソテーとサフランリゾット

ピノグリ (3)

4.NZ産ラムチョップとタスマニア産マスタードを添えて

インプロント (2)

5.葡萄牛のリブロースグリル

ハイノート (3)

6.秋のスペシャルデザート

当日のお楽しみです!

一品につき、一種類のワインをご提供させていただきます。

ちなみに、このメニューを見て、それぞれが何のワインと合うか分かりますか?
全問正解の方は相当なワイン通だと思いますが、ちょっと考えてみてくださいね。

ミーシャズ・ヴィンヤードのワインのラインアップは以下の通りです。

<白ワイン>
・ソーヴィニヨン・ブラン “ザ・スターレット”

SB (3)

・ゲヴェルツトラミナー “ザ・ギャラリー”

ゲヴェ

・ピノ・グリ “ドレス・サークル”

ピノグリ (1)

・リースリング “ライム・ライト”

リースリング (1)

<赤ワイン(2種類のピノ・ノワール)>

・インプロンプトゥ ピノ・ノワール

インプロント (3)

・ピノ・ノワール “ザ・ハイ・ノート”

ハイノート (1)

さて、正解は・・・

1.NZ産グリーンマッスルと平目のカルパッチョ
 = ソーヴィニヨン・ブラン

2.Ebizoのサクッと海老パン
 = リースリング

3.ロブスターテールのソテーとサフランリゾット
 = ピノ・グリ

4.NZ産ラムチョップとタスマニア産マスタードを添えて
 = インプロンプトゥ ピノ・ノワール

5.葡萄牛のリブロースグリル
 = ピノ・ノワール “ザ・ハイ・ノート”

6.秋のスペシャルデザート
 = ゲヴェルツトラミナー

どれだけ分かりましたか?

納得のものも、え?って思うものも、どんな感じなんだろうというものも、当日皆様の舌で、直接マリアージュをお試しいただければ幸いです。

というように書いておきながら、大変残念なお知らせです。
実は今回のメーカーズディナーですが、先日こちらのブログ等で公開したところ、おかげさまであっという間にお席が満席となりました。

大変恐縮ではありますが、現在キャンセル待ちの状態です。
ご興味のある方は、申し訳ありませんが、キャンセル待ちにエントリーをお願いできればと思います。

■お問い合わせ:
ロブスター&シャンパンEbizo
03-6416-3105

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.9.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ テワヒ × ヒルトン東京お台場 唐宮

クラウディーベイ テワヒ × ヒルトン東京お台場 唐宮

昨日22日にヒルトン東京お台場の中国料理 唐宮でクラウディーベイのディナーが行われました。

IMG_8678

今回もまた日程の関係で参加することが出来なかったので、ランチタイムにお邪魔してクラウディーベイディナーで出されたメニューを作っていただきました。

最近マイブームである中華とワインとのマリアージュ。

テワヒ2014にマリアージュした「牛ヒレのXOジャン炒め 青山椒のソース

IMG_8692

テワヒのベリーとスパイシーなアロマが、青山椒のソースと絶妙にマッチしていました。また、XOジャン炒めということもあり、うまみ成分が詰まっていました。

クラウディーベイはマールボロのピノノワール2014も作っていますが、こちらですとワインがXOジャン炒めに勝てないと思ったので、重厚な味わいを楽しめるテワヒとのマリアージュが正解だと思います!

最後に副料理長の東郷さんとテワヒで1枚。

IMG_8737

特別にご対応いただき、ありがとうございました。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.8.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ テワヒ × ヒルトン東京お台場 さくら 鉄板エリア

クラウディーベイ テワヒ × ヒルトン東京お台場 さくら 鉄板エリア

先週25日にヒルトン東京お台場の日本料理さくらでクラウディーベイのディナーが行われましたが、日程の関係で参加する事が出来なかったので、ランチタイムにお邪魔してクラウディーベイディナーの際に出されたメニューを作ってもらいました。

IMG_6498

鉄板エリアで提供されたのは、近江牛

近江牛は三大和牛の一つで、江戸時代徳川家へ献上牛として使われていたこともあるブランド牛みたいです!

手前がフィレ40g
奥がサーロイン40g

IMG_6566

酸味のあるポン酢+わさび+大根おろしが添えられました。

IMG_6564

この色を見て下さい。。。芸術です。

IMG_6532

このお肉とマリアージュしたのは、クラウディーベイが唯一セントラルオタゴで作っているピノノワール「テワヒ2014」です。

IMG_6558

近江牛は、口に入った瞬間ふわっと無くなる感じがテワヒとのマリアージュして出来上がっているような気がしました。個人的にはサーロインよりフィレの方が美味しかったです。20代前半の時は間違いなくサーロインだったのですが。。。

さらに国産牛とテワヒのマリアージュも行いました。これはクラウディーベイコースでは提供されないのですが、個人的に興味があったので。。。

近江牛と比べるとこちらの方がクオリティーは落ちると思いますが、肉本来のうま味が噛めば噛むほど、口の中でテワヒと一緒になった瞬間に「おー!」となりました。
テワヒの持っているレッドチェリーとブラックチェリーに始まり、ブラックプラムのようなリッチなアロマとの絶妙なマリアージュを感じる事が出来ました。

また、ガーリックライスは食感を変えて提供。今まで食べたことの無いおこげ!

IMG_6598

ガーリックをもちろん使用しているのですが、日本を代表するハーブ「しそ」が中に入っているので、さっぱりしているのが特徴的でした。

デザートはマンゴーアイスとパイナップル。

IMG_6604

とても良い口直しになりました。

これだけで意外とお腹いっぱいになったので、25日夜のコースでさらに天ぷら・お寿司等も食べたら苦しかったでしょうね。。。

最後に料理長の林さんとテワヒで1枚。

IMG_6605

特別にご対応いただき、ありがとうございました。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.8.27 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クーパーズ・クリーク 「セントラルオタゴ ピノノワール」テイスティングat Ebizo

クーパーズ・クリーク 「セントラルオタゴ ピノノワール」テイスティングat Ebizo

こんばんは。

先日は渋谷にあるロブスター&シャンパン Ebizoにて、「クーパーズ・クリーク」の「セントラルオタゴ ピノノワール
“レザーバック”2015」をテイスティングしてきました。

こちらの赤ワインは、弊社が専売で取り扱っているワインで、ピノノワールの名産地、セントラルオタゴで作られた大変希少価値の高いワインです。

この日はラッキーなことにグラスでも販売をしておりました!
また、お店の方にお願いすればグラスでも開けてくれるかもしれません!?

IMG_6933

クーパーズ・クリークのワインメーカー、サイモン・ナンズは「香りの魔術師」の異名をもち、国内外のワインコンテストで常に高い評価を集め、数多くのトロフィーを獲得しています。

compass14366145963

そんな香りの魔術師が創り出すピノノワールは、非常に繊細でシルキーな飲み口と、ブラックベリー、プラムなどの濃厚な果実味、そしてセントラルオタゴの土壌特有のミネラル分、長く続くタンニン、これらがどれもすべて複雑に絡み合う、非常にレベルの高いピノノワールでした。

セントラルオタゴという土地のポテンシャルを最大限に引き出しながらも、果実味の複雑な香りを何層にも楽しめるように、工夫されていると感じました。
口中に残るトーンが本当に長いので、ゆったり味わい、楽しむことのできるピノノワールです。

compass14366145964

このグラスはリーデルがセントラルオタゴのピノノワールの為に作った貴重なグラスです!

00393

また、Ebizoのタパスから、チョリソーを合わせましたが、肉の脂身やジューシーさ、スパイシーな辛味にも負けないくらい、フルボディーのピノなので、これは良いマリアージュとなりました。

IMG_6958

もちろん、オーソドックスにラムチョップと合わせるのは最高でしょうし、タンニンが強いので、ビーフステーキなどにもよく合うと思います。

現在のヴィンテージは2015ですが、そんなに新しいピノノワールとは思えない熟成感が既にあります。
もちろん、経年熟成させていっても、きっと素晴らしいワインになるでしょう。それもまた、大変楽しみなワインです。

これだけの価格帯で、高品質なものはあまりないので、お勧めのワインのひとつです。

ブリーズオンラインショップ(自社サイト
ブリーズオンラインショップ(楽天サイト

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.7.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワインフェアでAmisFieldのワインを飲んできました!

ニュージーランドワインフェアでAmisFieldのワインを飲んできました!

こんばんは。

今日はニュージーランドワインフェアを開催しているということで、新宿三丁目にある「HI’s GINTO(ヒズギント)」というレストランへ行ってきました。

IMG_0820

フェアで出されていたワインは、ニュージーランド滞在時にも訪れたことのある「AmisField(アミスフィールド)」のソーヴィニヨンブラン2014と、ピノ・ノワール2012でした。

アミスフィールドのソーヴィニヨンブランは柑橘系のフレッシュな香りとともに、ほんのりと味わいのある樽香がふわっと鼻に抜ける、非常に爽やかな白ワインです。

IMG_0827

そのソーヴィニヨンブランに合わせて、ニュージーランド産の生牡蠣をオーダー。

IMG_0832

生牡蠣の風味とミネラル感、そして絞ったレモンが、ソーヴィニヨンブランのフレッシュな味にぴったりマッチします。
新鮮な生牡蠣は、非常においしかったです。

続いて、ピノ・ノワールに合わせて、ニュージーランド産ラムステーキを注文。

IMG_0833

ピノ・ノワールは少し冷えすぎてサーブされた印象があります。
とても繊細で、スミレの花のような香りが特徴の美しいピノ・ノワールですので、そういった香りはもう少し高めの温度の方が開きます。

ですので、とても残念に感じました。

ラムステーキも、正直なところ筋が多く、ちょっと硬かったです。。。

IMG_0841

ニュージーランドで頂いたラムステーキはとてもやわらかく、すぐに噛み切れてしまうのが特徴でしたが、サーブされたものにはその特徴を感じなかったので、とても残念でした。

トッピングされていた赤ワインを使ったソースはとてもおいしかっただけに、惜しい一品でした。

しかし、ゆっくりと食事を味わっていると、次第にピノ・ノワールの温度も上がってきて、いつもどおり芳醇な香りとセントラル・オタゴ特有のテロワールを感じさせてくれました。

やはりアミスフィールドのワインは、本当にレベルが高いですね。

料理は残念なところもありましたが、アミスフィールドのワインがレストランで提供されているのはとても嬉しいですね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.5.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

GRN ニュージーランドワイン試飲会 プロフェッツ・ロックver

GRN ニュージーランドワイン試飲会 プロフェッツ・ロックver

こんばんは、我妻です。

昨日はニュージーランドワインのインポーターであるGRNさん主催の試飲会に参加してきました。

今回はGRNさんの取り扱っているニュージーランドワイン約30種類の出展だけでなく、プロフェッツ・ロックの醸造長ポール・プジョル氏も来日し、会場に来ていました。

ポールさんにはインタビューを行いましたので、後日、NZ Friendsにアップさせていただきます。

さて、GRNさんがインポートしている主要なニュージーランドのワイナリーの中には、先日のニュージーランド滞在時に訪れた「アミスフィールド」もあります。

IMG_7080

今回の試飲会でも、アミスフィールドのワインは、ソーヴィニヨン・ブラン2014とピノ・ノワール2012が出展されていました。

こちらのソーヴィニヨンはほんの少しの期間、樽で熟成されていることや、2014ヴィンテージということもあり、いわゆるニュージーランドの代表的なソーヴィニヨンの持つフレッシュさや青臭さが抑えられ、まろやかさな舌触りとパッションフルーツのような香りが際立ち、また程よい酸味とミネラル感を味わえる素晴らしい仕上がりになっていました。

ピノ・ノワールも、口に含んだ瞬間に感じるセントラルオタゴのテロワール、芳醇な大地の香りとミネラル感が、いつも豊かな気持ちにさせてくれます。個人的にはアミスフィールドはとても大好きなワインです。

続いての「TOHU」はニュージーランドの先住民であるマオリ族が所有し、運営する世界初のワイナリーです。
日本で飲めるラインアップはソーヴィニヨン、リースリング、ピノ・ノワール、メルローの4種類で、どれもブドウ本来の果実味、ミネラル、タンニンをしっかりと味わえる形に仕上がっています。

これは、「土地を守り、大地から糧を得て、その恵みに感謝する」というマオリ文化の一つの表れで、高品質なブドウを自然に表現した結果なのだと感じました。

今回最後のレポートとして、プロフェッツ・ロックをご紹介させていただきます。

プロフェッツ・ロックはセントラルオタゴに位置し、醸造長のポールさんを含め、わずか3人で運営しているワイナリーですが、ブドウに対して肥料は一切使わない、自然酵母のみで発酵させる、重力に任せた自然ろ過をするなど、非常にこだわりぬいたワインメイキングをしています。
その結果もあり、世界トップワイン評論家であるジャンシス・ロビンソン氏から「世界を牽引するワインメーカー5人のうちの1人」と評されています。

IMG_9134

ピノ・ノワールは土壌の違いによって「ロッキー・ポイント ピノ・ノワール」と「プロフェッツ・ロック
ピノ・ノワール」と2種類のラインアップがありますが、両方ともポールさんのこだわりの凝縮のようなワインでした。

どちらも口に入れた瞬間に香る、ベリーやチェリーなどの香り、まろやかな舌触り、長く続くシナモンの味わいとタンニン。どれもが上品にバランスよく含まれています。まさにセントラルオタゴの土壌の味わいをしっかり感じることのできる、素晴らしいピノ・ノワールです。
これはゆっくりと時間をかけて、ワインが開いていく感じを味わっていくべき、高級ピノ・ノワールだと感じました。

また、今回の目玉として、ブルゴーニュワインの最高峰のひとつとして数えられる「ドメーヌ・ジョルジュ・コント・ド・ヴォギュエ」の醸造長フランソワ・ミエ氏と共同で生産した「キュヴェ・オー・アンティポード2015」も出展されていました。

IMG_9132

貴重なワインのため、本当に一口だけのテイスティングでしたが、口の中で一気に花が開くようにプラム、ベリー、シナモン、香辛料のような香ばしさがはじけます。酸味は抑え目です。そして飲み終わったあとも口に残るタンニンが非常に香ばしく、そして切れが良く、最後にスーッと口の中から香りが消えていく感じがとても上品でした。

こちらも、もっとゆっくり時間をかけて味わいたいものです。

ワインメーカーのポールさんとお話しながら試飲させていただいたこともあり、彼のこだわりをより感じることができた貴重な機会でした。

今回は詳しくレポートしませんでしたが、シャーウッド・エステートやジョージ・ミッシェル、ナタワラのワインもそれぞれに個性あふれる素晴らしいワインです。

こうやって一気にテイスティングさせていただくことで、それぞれの特徴をしっかりと味わうことができるので、大変素晴らしい機会になりました。

我妻

タグ : , ,

1 / 3123

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information