ホーム > NZブログ > チャーチロード

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.4.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

チャーチロード 「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」 テイスティングノート

チャーチロード 「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」 テイスティングノート

こんにちは。

エアーニュージーランド・ワインアワードのチャンピオンになったワインをテイスティングさせていただく企画を、先日も行わせていただきました。

エアーニュージーランド・ワインアワードは毎年1本、その年のチャンピオンワインを決めるという、ニュージーランドで最も栄誉あるワインの賞です。

今回は2008年度のチャンピオンになった、チャーチロードの「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」を頂きました。

チャーチロードはニュージーランドで最も早くボルドースタイルのワインを作り始めたワイナリーのひとつで、1989年に北島にあるホークスベイという地域に設立されました。

国内外で数多くの賞を受賞しており、こちらのリザーブワインシリーズは、素晴らしいブドウが摂れた年のみしか作られない、特別なワインです。

いつも10年を越える昔のワインをあける瞬間はとても緊張します。
なぜなら、一般的にはワインは経年の熟成と共に美味しくなるとされているものの、そのワインの持つポテンシャルや保存状態によって、逆に経年によって味が死んでしまうことが一定割合あるからです。

今回のチャーチロードのワインは、果たしていかに。。

無事に飲める状態として熟成されているのか、それとも・・

ドキドキしながらニュージーランドワインでは珍しいコルクを抜くと、熟成されたシラーのスパイス香がゆっくりと立ち上ってきました。
グラスに注ぐと、トリニティーヒルと同じように、透けないほどに真っ黒に近い色合いです。

ゆっくりとワイングラスを回しながら、香りを嗅ぐと、ほんのりと甘い、完熟したプラムのような香りと、熟成された香ばしい樽のトースト香が漂ってきます。

IMG_1041

これは期待できそうです。

口にゆっくり含むと、プラム、ブラックチェリーのような芳醇な香りと甘みがパッと広がりましたが、まだ少し固い印象です。

あわてず、グラスを回しながらゆっくりと開いていくのを待ちます。

頃合いだと感じるころに再度テイスティングしてみると、プラムやブラックチェリーの豊かな甘さの中に、スミレやバラのような花の香りが広がり、非常に素晴らしくアロマティックな世界が展開します。続いて樽熟成の深いトースト香とともに、シラー特有の白コショウのようなスパイス感が口いっぱいに長く続きました。

これは本当に素晴らしかったです。甘みとアロマティックな香りが抜群で、でも程よいスパイスとタンニンもしっかりあり、今まで私が飲んだ中で、1,2を争うほどに美味しいシラーでした。

デルタ・ヴィンヤード(2006年度チャンピオン)、トリニティーヒル(2007年度チャンピオン)、チャーチロード(2008年度チャンピオン)と飲んできましたが、どれも上手に熟成され、その美味しさとポテンシャルに驚かされます。

もちろん、このような高品質のものが生産できるワイナリー、生産者が素晴らしいのですが、そういったワインを的確に選び、チャンピオンとする審査員たちもすごいなと感じました。

このチャンピオンワインをテイスティングしていく企画は引き続き続けていきたいと思っています。今から他の年度のチャンピオンワインが、さらに楽しみになってきました。

我妻

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information