ホーム > NZブログ > トニーブラウン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.10.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表 vs オーストラリア代表 レポート

リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表 vs オーストラリア代表 レポート

10月23日(土)に昭和電工ドーム大分にて行われたリポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表 vs オーストラリア代表を取材してきました。

キウイブリーズが注目するのは、まずは高校の先輩トニー・ブラウン。

3R1A8825

練習が始まる前にあいさつに来てくれました。
そういうところが彼らしいです。

家族も元気みたいでゆっくりセントラルオタゴのピノノワールを飲みたいです。

って来週ヨーロッパに行ってしまうので今年は難しいかもです。

サンウルブズ時代のマネージャーをしていたオーストラリア出身のアンディーとも再会!

3R1A8833

選手で注目はハイランダーズ出身の日本代表PRクレイグ・ミラー(埼玉パナソニックワイルドナイツ)です!

3R1A8852

彼はキングスハイスクールのライバル校オタゴボーイズハイスクール出身で高校時代も優秀だったみたいです。

対するオーストラリア代表ではリース・ホッジです。

3R1A8886

スーパーラグビーのレベルズの一員として来日した際には何度もインタビューしています。

身長191cmと高身長で、素早いランとキックも素晴らしい能力を持っています。

ユーティリティバックスですが、今試合では15番(FB)での出場です。

両チームともにヨーロッパ遠征を控えているため、ここで弾みをつけたいところです。

前半はオーストラリア代表のペースで先制されました。

リース・ホッジは前半14分に交代。。。

肩の辺りを痛そうに抑えていました。

3R1A8989

3-14と点差が開いたのちに日本も巻き返し、13-17で前半を終えます。

後半8分にレメキがシンビンとなり1人少ない状況でトライを決められ、オーストラリアがさらにリードしました。

その後のメンバー交代で注目選手のクレイグ・ミラー!

3R1A9186

他にも田村(横浜キヤノンイーグルス)なども入りました。

クレイグ・ミラーは安定した動きでした。タックルもディフェンスも派手な選手ではないですが仕事人です。

姫野はオーストラリア代表にマークされていて自由にさせてもらえていなかったように見えました。

3R1A9025

個人的に良かったと思うのが、ラファエレ ティモシー(コベルコ神戸スティーラーズ)です。ゲインやラインブレイクも決まっていましたし、感覚やテクニックに優れていました。

3R1A8958

試合は、32-23でオーストラリア代表が勝利しました。負けはしたものの、日本代表は世界3位のオーストラリア相手に健闘したのではないでしょうか。

17000人もの観客が集まりスタジアムは一体となっていましたし、スクラムで勝った時にはスタジアムがわっと盛り上がりました。テレビでは伝わらない一体感と歓声本当に素晴らしかったです。

日本代表のテンポの良い攻撃パターンは、世界強豪のチーム相手でも通用することが今日の試合で分かりました。

3R1A8936

ただ、実力差はあると感じました。オーストラリアはチームとしてはもちろん、個々の実力も高いです。

要所要所きっちりと決めてくるところはさすがでした。

また、日本代表は試合の流れを変えられるという意味では、世代交代はまだまだなのかなと思うので、もっと経験を積んでいってもらってこれからに期待したいです。

3R1A9003

21番の齋藤はボーデンバレットも将来が楽しみと言っていましたし。

3R1A9170

試合後、今日17番だったクレイグ・ミラーはオーストラリア代表で同じ17番の選手(アンガス・ベル)とジャージを交換していました。

3R1A9230

3R1A9249

同じく試合後のリース・ホッジ。

3R1A9300

腕を固定していました。。。
自分に気づいて手を振ってくれました。

3R1A9298

本来ならば試合終了後にミックスゾーンで独占インタビューをして様子を聞きたかったのですが、コロナのため個別取材ができなくて残念です。

大事に至らないことを祈っています。

日本はこれから欧州に向かいます。11月6日にアイルランド、13日にポルトガル、20日にスコットランドと対戦します。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2021.6.12 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表(JAPAN XV) vs サンウルブズ レポート

リポビタンDチャレンジカップ2021  日本代表(JAPAN XV) vs サンウルブズ  レポート

6月12日(土)に静岡・エコパスタジアムにて行われた、リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表(JAPAN XV) vs サンウルブズを取材してきました。

日本代表は、1年8ヶ月ぶりのゲーム!
対するサンウルブズは今回のために再編成されました。

キウイブリーズが注目するのは、日本代表で初キャップとなったハイランダーズ出身のクレイグ・ミラーです。

3R1A6867

ディフェンスの仕事人です。

3R1A6892

試合前のウォーミングアップ時、日本代表のアシスタントコーチを務めているトニー・ブラウンからこっちに来てくれました。

IMG_9127

キウイブリーズでは何度も紹介していますが、自分と同じキングスハイスクールの先輩です。
カメラを向けると満面の笑みでしたが、その後スイッチがオンになったかのように表情がキリッとなり、選手たちに声をかけていました。

3R1A6899

3R1A6898

オンとオフがしっかりしているところが素晴らしいと思います。

試合は、前半の立ち上がりからサンウルブズの厳しいプレッシャーが日本代表を苦しめます。

3R1A6997

サンウルブズには若い選手も多く、日本代表入りを目指してアピールするため全力でぶつかっていました。

先制点はサンウルブズ。
前半19分に日本代表のミスを突き、スペースをうまく利用してトライに繋げました。

日本代表はプレッシャーを受け、思うように動けず細かいミスや反則が多かったです。
判断やサポートが遅れてしまっていたり、距離感があったりと、うまくコンビネーションがとれていなくてちぐはぐとしていた印象でした。

サンウルブズは一人ひとりがやるべきことをやっているという感じでチームに勢いもありましたし、とっさの判断で攻撃にバリエーションがありました。

3R1A7099

前半は3-14でサンウルブズがリードして終了しました。

 

日本代表に必要なのは、ヨーロッパ遠征に向けてこの試合に勝ってチームに弾みをつけることなので、後半しっかりと修正する必要がありました。

後半からクレイグ・ミラーが入りました。

3R1A6914

3R1A7058

デビュー戦ということもあり緊張していると思いきや攻守にわたりに厚みが出来ていたので悪くなかったと思います。
ハイランダーズでジェイミーやトニーのもとでプレーしていた経験から、彼らの戦術を理解しているのかもしれません。

後半20分にモールから堀越がトライを決めたのをきっかけに、日本代表が逆転。

3R1A7250

一度は追いつかれたものの、試合は32-17で日本代表が勝利しました。

今日の一枚!

3R1A7129

前半のあの状態からしっかりと修正してきたのはさすがでした。
結果として勝ち切ったものの、課題は山積みです。特にディフェンスの部分で、ミスを減らしていく必要があります。

フランスW杯まであと2年ですし、ベテランと若手をうまくミックスしていくでしょうから、今後メンバーは大きく入れ替わるかもしれません。

もう一人注目選手を紹介します。サントリーでプレーするテビタ・タタフです。

3R1A6992

3R1A7049

後半から入った選手で流れを変えることが出来る選手でした。

これから日本代表はヨーロッパ遠征をして、6/26(土)にブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦、7/3(土)にアイルランド代表戦を行います。

日本代表は9月にも合宿をするので、その時にゆっくりトニーと話せたらと思っています。
早くコロナが落ち着いて、ミックスゾーンで取材が出来たらと思っています。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2020.9.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オールブラックス来日から1年が経ちました!!!

オールブラックス来日から1年が経ちました!!!

こんばんは!

昨年の9/9にオールブラックスが来日し、今日でちょうど1年が経ちました。

自分としても良い経験ができたラグビーワールドカップ日本大会。ここで振り返ってみたいと思います。

来日中はさまざまなイベントや取材に登場した選手たち。
トレーニングや試合の合間にできる限りファンサービスに応じていました。

3R1A1998-426x640

3R1A1995-426x640

皆対応がとても丁寧で、一流の選手たちは人としても素晴らしいと改めて感じました。

キウイブリーズとしては試合の取材はしなかったものの、プライベートで観戦に行きました。あの熱気や勢いは忘れられないですね。
大会期間中にオールブラックスの選手からもらったグッズやサイン。初公開です。

FullSizeR (1)

FullSizeR

all blacks

そしてラグビーワールドカップ後にはたくさんの選手が日本に来てトップリーグで活躍しました!ご存知の通り、新型コロナウイルスの影響で2020大会はシーズン途中で中止となり、ニュージーランドの選手は帰国しました。

来シーズンに向けて選手たちがまた日本に戻ってくるのを楽しみにしています。
ベン・スミスやボーデン・バレットなど素晴らしい選手もやってきますし、ますます期待が高まります!

スーパーラグビーに参戦していたサンウルブズも、新型コロナウイルスの影響でラストシーズンを思わぬ形で終わりを迎えてしまいました。
非常に残念ではありますが、サンウルブズがスーパーラグビーに挑戦したことで世界トップレベルのラグビーを日本で観る機会が増えましたし、ラグビーファンを増やしてくれたと思っています。
自分の高校の先輩であるトニーと色々話したり、時々一緒にお酒を飲んだのもいい思い出です。

tony-640x426

本当は春にニュージーランドへ行ってトニーと会う予定だったのですが、それも叶わず。。。次の機会が待ち遠しいです。

また、オールブラックスつながりで知り合った片山酒造の片山貴之さんが急逝されたそうです。

ad963b530e163cfc74722fcec2a12d74-479x640

日本酒をご提供いただき、「酒蔵にも是非遊びに来てくださいね」と言ってくださっていたのですが…スケジュールの関係や昨今の事情でなかなか行くことができていなかったところ、突然の訃報でした。直接お会いすることができなかったのが残念です。

心からお悔やみ申し上げます。

きっとこれからもいろいろなことがあると思いますが、一期一会を大切にしていきたいです。
ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.6.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 ROUND 16 サンウルブズ vs ブランビーズ レポート

スーパーラグビー2019 ROUND 16 サンウルブズ vs ブランビーズ レポート

6月1日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2019 ROUND 16 サンウルブズ vs ブランビーズの試合を取材してきました。

この試合も、アシスタントコーチであるスコット・ハンセンが代理で指揮をしました。

トニー・ブラウンHCは今夜日本に戻って来るとのことです。
いよいよ日本代表のスコットも発表され、W杯へ向けての合宿が始まります!!!

ホーム最終戦ということもあり、選手やファンの方の熱気が、前節のレベルズ戦の時よりも高かったように感じました。

また、この試合でダン・プライアーが欠場になり、ヘイデン・パーカーがキャプテンとしてチームを牽引しました!

3R1A0894
試合後に独占取材を行いましたので、ぜひ最後までご覧ください。

3R1A1177

シーズン当初は、クレイグ・ミラーとマイケル・リトル共同キャプテンからトンプソン ルークをはじめ、多くの選手がキャプテンとしてチームを牽引するなど、他のスーパーラグビーのチームと比べるとユニークではあると思います。一方ファンの立場からすると、もちろん勝利を見たいと思いますが、色々な選手が見られるということも嬉しいですよね。

この試合で、ファーストトライは前半1分のホセア・サウマキ。注目したのは出だし。

3R1A0943

いかに早くペースを握るかが重要だったので、このトライは意味のあるものだったと思います。

しかし規律とコミュニケーション不足によりトライを許し、徐々にブランビーズのペースに。。。

しかし、サンウルブズにはマシレワがいます。

3R1A1054

個人で突破して独特なステップでトライを挙げます。

3R1A1079

このトライで後半に向けて明るい兆しが見えましたが。。。。

後半は同じ形からのトライを許し、前半以上に規律に問題が見えましたし、外国の選手と日本の選手との間で溝のようなものを感じました。

3R1A1144

実際のところ、現在未勝利が続いていることもあり、とある選手からはあまり良い空気ではないと言われました。。。

しかしながら、選手たちはファンの為になんとか勝利を挙げたいという強い気持ちを感じる試合だったと思います。

試合は、42対19でブランビーズが勝利しました。

残り2戦、1つでも多く勝利を見せてもらえるように選手たちを後押ししたいです!

ここからは、試合後のヘイデン・パーカーの独占インタビューです。

3R1A1509

写真は共同記者会見での写真です!

本日の試合の感想は

とてもタフな試合だったと思います。この試合に向けて、先週までの課題について解決するべく準備をしました。しかしながらブランビーズにペナルティーを多く与え、コーナーにキックされモールで多く崩されました。結果はがっかりしていますが、先週より良い戦いができているので、ポジティブな部分も見えてきています。来週の南アフリカのケープタウンで良い準備をして、良いプレーを見せたいと思っています。

来シーズンのスーパーラグビーのチームは

まだ何も決めてませんが、まずは神戸製鋼でプレーをして、今は日本でプレーをしたいです!!

試合後、ホーム最終戦ということもあったので、自分の一番おすすめであるスパークリングワイン クラウディーベイ ペロリュスをプレゼントしました。

3R1A1521

ヘイデンはビール派ですが、クラウディーベイのことは知っていて、チームのみんなで飲むとのことです!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.5.26 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 ROUND 15 サンウルブズ vs レベルズ レポート

スーパーラグビー2019 ROUND 15 サンウルブズ vs レベルズ レポート

5月25日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2019 ROUND 15 サンウルブズ vs レベルズの試合を取材してきました。

この試合は、トニー・ブラウンHCは日本代表へ向けての準備のためニュージーランド滞在中ということもあり、アシスタントコーチであるスコット・ハンセンが代理で指揮をしました。

トニーは分析がとても優れていると思っています。

サンウルブズはグランドを広く使って早いテンポのスタイルで攻撃し、そのバリエーションも他のチームより多くあります。

ヘイデンの腕には、攻撃のパターンがずらっと書いてあります。。。

3R1A0460

この試合で注目したのは、レベルズのリース・ホッジとサンウルブズのヘイデン・パーカーです。

リース・ホッジはユーティリティーバックでボールを持ち自分で走ることもできますし、パスやキックにも長けた選手です。

3R1A0244

試合後、リース・ホッジに独占インタビューを行ったのでお楽しみに。

試合の結果は、7-52でレベルズがサンウルブズを下しました。

レベルズは、フォワードが素晴らしかったです。サンウルブズへの初動が早く、プレッシャーを与えスペースを与えずに、サンウルブズの良さを消していました。

3R1A0370

レベルズは本来バックスが良く、ディフェンスがあまり良くないイメージだったので、大きな違いでした。。。

3R1A0330

この試合の結果でプレーオフの進出も視野に入れていて、気合を感じました。

サンウルブズはイージーなミスが多く、連携があまり良くありませんでした。

3R1A0283

毎週選手が入れ替わることが原因だと思いますが、選手間のコミュニケーション不足もあるのではないでしょうか。

ハンドリングエラーも多かったので、次節ホーム最終戦では修正していってほしいです。

この試合で唯一のトライを挙げたジェイソン・エメリーも、チームとして挙げたトライではなく個人でプレッシャーをかけてのトライでした。

3R1A0555

トライ自体は良いことですが、サンウルブズらしい流れるようなパスで最後はウィングのトライを見たいです!

準備してきた形でトライを挙げることにより、チームとしても自信が沸き、皆が同じ方向を向けると思います。

また、もう一つ修正が必要なのはセットピースです。これも毎週メンバーが変わるのでコーチ陣も悩むところだと思いますが、チームとしてのスタイルを貫いてもらいたいです。

6月1日はホーム最終戦です。秩父宮ラグビー場でスタンドが赤く染まる写真を是非撮影したいと思います!

ここからは、レベルズのリース・ホッジのインタビューです。

3R1A0690

試合の感想は!?

とても楽しむことができた試合でした。前半はとてもフィジカルな試合だったんですが、フォワードの選手が良い活躍をしてくれました。また、自分たちが準備していたように攻撃からトライを挙げられたので良かったです。

オーストラリア代表として今年のW杯への夢は!?

全てのオーストラリア人のラグビー選手が目指しているところだと思います。ワールドカップ前には多くの試合があり、多くのトレーニングがあります。また、まだ大会まで多くの時間があります。そのため、自分のベストを常に出すことが大切だと思います。そうすればセレクターからワラビーズに選ばれてくると思っています。

また、ヘイデン・パーカーは、試合は残念な結果となってしまいましたが、試合後にはスタジアムを出て多くのファンに囲まれて1人1人に丁寧に対応していました。

3R1A0696

スーパーラグビー最終戦後、すぐに神戸製鋼に合流するそうです。

3R1A0611
トップリーグ期間中にはファミリーも神戸に来られるようなので、ますますの活躍が期待されます!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.4.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 ROUND 11 サンウルブズ vs ハイランダーズ レポート

スーパーラグビー2019 ROUND 11 サンウルブズ vs ハイランダーズ レポート

4月26日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2019 ROUND 11 サンウルブズ vs ハイランダーズの試合を取材してきました。

結果は0-52でハイランダーズがサンウルブズを下しました。

3R1A7791

まさに元ハイランダーズのヘッドコーチであるトニー・ブラウンへのリスペクトを感じた試合でした。

3R1A8866

今シーズン数々のハイランダーズの試合をみてきましたが、その中でもベストの試合といえるでしょう。

それだけハイランダーズの気迫は物凄かったです。皆がハードワークして、勝ちきるための強い気持ちを感じました。

3R1A7954

サンウルブズは今シーズンの多くの試合は、前半から畳み込むように攻撃をしかけてペースを握る戦術で、後半になり失速し敗戦という形が多かったのですが、この試合は終始ハイランダーズのペースでした。5分に神戸製鋼でもプレーをするトム・フランクリンがトライし、サンウルブズを圧倒。

3R1A7738

それから終始ハイランダーズのペースであったものの、ときにサンウルブズが主導権を握ったときでも落ち着いて対処していました。

その後もハイランダーズは最後の最後まで手を抜かず、90分間集中を切らすことなく戦い抜きました。

キャプテンズランの記事でも書いていた通り、まず9番アーロン・スミス

3R1A7732

10番ジョシュ・イオアネ

3R1A8005

が自由にプレーできていたこと、さらにFW陣は特に4番ジャクソン・ヘモポ

3R1A8085

5番トム・フランクリン

3R1A7722

が良かったのがハイランダーズの快勝の要因といえるでしょう。
全ての選手がハードワークをして、同じ方向を向いているように思えた試合でした。

対してサンウルブズはハイランダーズのプレッシャーからくる焦りからか、ハンドエラーが多くなってしまいました。

3R1A8377

タックルのあとの選手のフォローが遅かったですし、選手が孤立してしまっていました。
選手間同士のコミュニケーションも不足していたように感じました。

その中でも、ヘイデン・パーカーの気合いは特別なものを感じました。

3R1A8415

諦めることなく、走り続けタックルする姿は、見ていて心を打たれました。

3R1A8625

試合後、両チームの選手ともに力を出し切ったのがよくわかりました。

3R1A8701

3R1A8707

サンウルブズはこの悔しさをこれからのプレーに繋げて欲しいと思います。

この結果をみて、いろいろな意見を言うファンやメディアもいるでしょう。
しかし自分からみたら、サンウルブズはマイナスな要素は全くないと思います。なによりこの日のハイランダーズは本当に素晴らしかった。

ハイランダーズはしっかりとサンウルブズの対策をして試合に臨んできていたと感じましたし、サンウルブズはそれだけ要注意されるような存在になったのではないでしょうか。

3R1A8105

アーロン・スミスをはじめとして選手たちは試合後たくさんのファンにサインや写真撮影に応じていました。

3R1A8774

ファンを大切にする姿勢がとてもよく伝わりました。

試合後にハイランダーズの15番マット・ファデスに独占インタビューを行いましたので、次の記事でお届けします。
他にもキウイブリーズならではの情報もありますので、要チェックです!お楽しみに!!

ハイランダーズの選手は、昨日ニュージーランドへ帰国しました。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information