ホーム > NZブログ > トリニティー・ヒル

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.2.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

12年前のヴィンテージ、トリニティー・ヒル オマージュ シラー2006テイスティングレポート

12年前のヴィンテージ、トリニティー・ヒル オマージュ シラー2006テイスティングレポート

こんにちは。

先日、トリニティー・ヒル(Trinity Hill)の オマージュ(Homage)シラー2006を開けました。

こちらは、2007年のエアーニュージーランド ワインアワードでチャンピオンとなったワインで、熊木がセラーに保管していたものです。

実は先日、この前年の2006年にチャンピオンとなった、デルタ・ヴィンヤードのピノ・ノワールを飲みまして、それを記事にさせていただいたのですが、その第2弾として2007年のトリニティー・ヒルのワインをあけたわけです。

IMG_8569

デルタの記事はこちらです。

改めて、こちらの賞について説明させていただきますと、エアーニュージーランド(ニュージーランド航空)では、毎年多数作られるワインの中から、1本チャンピオンワインを選出し、表彰します。

この賞を取ることは、ニュージーランドのワインメーカーにとって大変名誉であり、多くの関係者が目標としているものです。

さて、2007年にチャンピオンとなったトリニティー・ヒルというワイナリーは、世界的にも数多くの賞を受賞し、専門家や著名人からも大変評価の高い、高級ブティックワイナリーです。

特に「オマージュ」は、トリニティーヒルいわく「Best of best」のワインで、最高のブドウ、最高のワインが作られた年だけリリースされるシリーズです。

そのため、生産本数自体も非常に数が限られている、希少なワインです。

かのスティーブン・スピルバーグ監督がこのワインのファンで、どうしても飲みたいために、直接ワイナリーに電話して取寄せたという逸話もあるほどです。

先日のデルタ・ヴィンヤードの際に、ニュージーランドワインのヴィンテージ熟成の十二分なポテンシャルが証明されたわけですが、果たしてこちらのトリニティー・ヒルはいかに・・

グラスに注ぐと、真っ黒な色合いにびっくりしました。

IMG_8572

ブラックベリー、カシス、プラム、土の香り、森の下生え、そういった複雑な香りが漂ってきます。

口に含むと、コショウのようなスパイシー感と、ブラックチョコレートの香り、そして、深いオーク樽の熟成のスモークが口の中いっぱいに広がります。

しかし、少し硬い。

まだ眠っていて開いていないようです。

少しずつ手でゆっくりと暖め、グラスを回しながら開いていきます。
ボトルに残っていたワインも、カラフェに移し、開かせていきます。

頃合いでもう一度香りを嗅ぐと、先ほどよりも、もっと強烈なスパイス感が立ち上ってきました。

口に含むと、びっくりするくらいインパクトの強いスパイス。フルボディーでありながらも、スパイス、香り、スモーク、果実味、苦味、それらが複雑に絡み合う、繊細なシラーでした。

これが熟成によって生まれたのか、はたまた2007年当時からこのような味わいだったのか・・

2007年当時のテイスティングノートを読むと、同じように強いスパイスや複雑味が特徴だと書かれていますので、それがさらにやわらかく丸まって、ひとまとまりになったのかなと感じました。

うまみの醸成、経年による熟成は、デルタのピノ・ノワールの方が上かなという印象でしたが、2007年のオマージュ
シラーも、非常にふくよかで複雑なスパイスを楽しむことができ、今回も贅沢なヴィンテージを味わうことができました。

ヴィンテージ探求は本当に面白いですし、勉強になりますね。

我妻

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information