ホーム > NZブログ > ニュージーランドンドワイン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.5.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

マウント・ディフィカルティー テイスティングセミナーに参加してきました!

マウント・ディフィカルティー テイスティングセミナーに参加してきました!

こんにちは

先日、マウント・ディフィカルティーの生産者であるフレイザー・マッケンジー氏が来日し、テイスティングセミナーが開催されたので行ってきました。
輸入元であるジェローボームの本社で行われた本セミナー。

マウント・ディフィカルティーの歴史や畑の特徴などを聞き、非常に勉強になりました。

FullSizeR

1998年に作られ、20年目になるワイナリーです。

セントラルオタゴにおいてはフェルトンロードと同じくらい有名な生産者で、ニュージーランドのオリンピック代表のスポンサーをやっています。

compass1485170848

特徴は多種多様なピノノワールです。

セミナーでは下記5種類のワインをテイスティングしたので、それぞれコメントを書きたいと思います。

IMG_4757

Growers Series Lowburn Chardonnay 2016

特徴は、酸がしっかりある中に樽で発酵したクリーミーさやバターみたいなフレーバーがあり、シャルドネの中で酸がしっかりあるのが特徴に感じました。

Pinot Gris 2016

ニュージーランドでもトレンディーな「ピノグリ」。
レストランでもフードに合わせやすいという観点から、採用が多くなっています。
ピーチのアロマから始まり、ふくよかで滑らかな口辺りが特徴でした。
バランスが良いピノグリだと感じます!

Roaring Meg Pinot Noir 2015

15年前より栽培しているローリングメグピノノワール。
オーストラリアで一番売れているニュージーランド ピノノワールであり、このワインをニュージーランドのセントラルオタゴのピノノワールとして初めて飲む方が多いと言われている。
クロムウェルの畑のブドウを使用し、10か月樽で熟成しているのでバランスが良いピノノワールに仕上がっています。
ベリー感が強く感じられ、軽やかでぐびぐび飲めてしまいそうなワインです。

Pinot Noir 2014

これぞセントラルオタゴワインという感じのワイン。とても力強くエレガントなタンニンを含んでいて、コーヒーやチョコレートのニュアンスも感じられました。
熟成したらどう変貌するかみてみたいワインでした。

Long Gully Pinot Noir 2013

1991年よりスタートした、ロングガリーのシングルヴィンヤード。こだわりを感じるワインでした。セントラルオタゴの中で1番古い畑から作られるワインで、毎年作っているわけではなく、良い年だけ生産しているワイン。赤いベリーやレッドフルーツのキャラクターがしっかり表れ、力強い果実味やリッチな味わいが感じられる。素晴らしく滑らかなタンニンの余韻を持っているワインです。

現在楽天ブリーズオンラインショップで取り扱っていますので、是非ご覧ください。

個人的に一番のオススメはピノノワール2014でした!

compass1485172405

是非、セントラルオタゴのピノノワールをはじめて飲む方にお勧めしたい1本でした!

ではでは

熊木

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information