ホーム > NZブログ > ヘイデン・パーカー

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.5.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

5月1日(日)に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス を取材してきました。

試合開始前に17日に57歳で他界したヘッドFWコーチのスティーブ・カンバーランド氏への黙とうが捧げられました。

3R1A2369

ハイランダーズやオタゴでのコーチの経験もあり、長きにわたって日本ラグビーの発展に貢献されました。心よりご冥福をお祈りします。

3R1A2371

ホーム最終戦で、彼に勝利を届けたいところです。

キウイブリーズが注目するのは、コベルコのベン・スミス。試合前日にメンバー変更があり、リザーブからスターティングメンバーになりました。復帰後初です!

3R1A2374

そして、ヘイデン・パーカー。
第11節(3月27日)以来2回目のリザーブです。

3R1A2519

前半7分にSO李が先制トライを決めます。ベン・スミスからのパスが得点につながりました!

3R1A2391

前半は17-12でコベルコがリードします。

後半4分にトライを許し逆転されるも、コベルコもすぐにトライを決めその後も得点を重ねていきます。

後半28分にベン・スミスと交代でヘイデン・パーカーが入りました。

キヤノンは粘りを見せて9点差まで追い上げましたが、届かず。

コベルコは、規律を守れていなかったように感じました。TMOで反則やエラーによりノートライになるなど、粗い面が見られました。もっと丁寧にしてミスを減らせていたら、さらに点を離せたのではないでしょうか。
また、最後の10分くらいは声があまり出ていなかったのでコミュニケーションの面においても次節に向けて修正が必要です。
ただ、ホーム最終戦を勝つんだという強い気持ちがチーム全体にあったように感じました。

試合は、42-33でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

最終戦は8日にユアテックスタジアム仙台にて、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安と対戦します。

なお、試合前日にベン・スミスに独占インタビューを行いました。

3R1A1893

オタゴデイリータイムスで彼が今季で引退を検討していると報じられているので、その件についてです。
シーズン終了前にこういったデリケートな話を聞くことに対しての批判もあるかとは思います。しかしこのタイミングでオタゴデイリータイムスから記事が出ました。。。
自分たちは高校の先輩後輩という長い付き合いですし信頼関係があるので、彼からこの件について直接聞かずにはいられなかったことをご理解いただきたいです。

ベンは、「去就は今は未定で、全く決めていない。まだリーグワンの試合も(インタビュー時点で)2試合残っているので、今はそちらにフォーカスしている。自分の感覚にずれがあるけど、ベテランとしてまだやれるとも思っている。帰国後、家族と話し合ってから決断するつもり」とのことでした。

コベルコの攻撃のスピード、テンポの良い攻撃スタイルはリーグワントップクラスです。そこに経験豊かなベンの的確な指示出しやパスは絶対的な力になると思っています。
インタビューを行った試合前日の練習でもキレのある動きが見られましたし、昨日の試合でファーストトライの起点となった彼のパスは本当に素晴らしかったです。
来週もメンバー入りして活躍してくれるのを期待しています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.3.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦  東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

3月4日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

久しぶりの秩父宮かつナイトゲームです。
3月とはいえ、夜はまだまだ肌寒かったです。。。

image0

キウイブリーズが注目するのは、東京サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A0033

テビタ・リー

3R1A0037

コベルコ神戸スティーラーズのアーロン ・クルーデン

3R1A0216

です。

ダミアン・マッケンジーとアーロン・クルーデンは、以前チーフスでチームメイトでした。
また、トップリーグの時に強豪でともに優勝経験もあるチームの対戦ということで、自分の中でもかなり注目していましたが。。。

いざ試合が始まってみたら、東京サンゴリアスの一方的な試合でした。

東京サンゴリアスは、序盤はディフェンスの時間こそありましたが、前半14分のサム・ケレビのトライを皮切りに怒涛の攻撃で得点を重ねました。

前半は28-5で東京サンゴリアスがリードして折り返しました。

後半は神戸が意地を見せる時間もありましたが、東京サンゴリアスはペースを崩すことなく攻め続けていました。
攻撃のバリエーションも豊富で、チームの戦術としてやりたいことがしっかりとできていたようでした。

神戸は昨年までの良さはどこに行ってしまったのでしょうか。。。メンバーが大幅に入れ替わったわけではないはずですが、終始噛み合っていないように感じました。
テンポが速い東京サンゴリアスを止められず、自分たちの流れを掴めなくてフラストレーションが溜まっていたのかもしれません。
どうにか良い方向に修正して、リーグ後半は巻き返して欲しいところです。

試合は、56-17で東京サンゴリアスが勝利しました。
テビタ・リーは3トライ。素晴らしいです。

3R1A0126

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)は、3トライ+ゴールキック8本全て決めたダミアン・マッケンジーでした!
やはり彼は別格です。スピードが速いですし、動きにキレがあります。華麗なプレーで観客をワクワクさせてくれますね。
以前取材した時よりもずっとチームにフィットしていました。

 

3R1A0189

 

3R1A0182

新型コロナウイルスの影響で直近2試合は不戦敗だったとはいえ、神戸は2勝6敗とかなり苦しいです。
東京サンゴリアスは、7勝1敗です。

ここで、久しぶりのキウイブリーズ独占情報をお届けします!
コベルコ神戸スティーラーズのヘイデン ・パーカー

怪我のため今シーズンの出場がまだありません。。。
たまたまコンタクトできたので少し話せたのですが、もうすぐ試合に復帰できそうとのことです!!

3R1A0054

昨日も試合前のトレーニングに参加していました。

最終的に決めるのはチームなのでわかりませんが、本人としてはもうそろそろ試合に出れそうなくらいに仕上がっているそうです。ですので、近いうちにメンバー入りする可能性が十分にあります。

試合で彼のプレーを見れるのが今から待ち遠しいですね!

 

本日の一枚。ダミアンにタックルにいくアーロン。

3R1A0110

来週もリーグワンの取材に行く予定です。

ではでは

熊木

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2019.7.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグカップ2019 プール戦 第3節 リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

トップリーグカップ2019 プール戦  第3節  リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

2019年7月5日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われた、リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を取材してきました。

この試合で注目すべき点は、サンウルブズでも大活躍したヘイデン・パーカーのトップリーグ今期初戦ということと、東京で開催される唯一の試合ということもあり、コンディションや連携などを中心に見ていました。

3R1A2665

両チームともまだ3戦目ということもあり、連携面では物足りなさを感じましたが、気持ちの入ったプレーで会場を盛り上げていました。

ヘイデンも得意のキックで100%と素晴らしいスキルを見せていましたが、後半19分脳震盪の疑いでピッチを去り、試合終了まで戻ることはありませんでした。

3R1A2828

試合は、神戸製鋼が19-13で勝利しました。
これで神戸製鋼は3連勝となりました。

連携のところは、まだチームに合流したばかりということもあり、もう少しだと思いました。
しかしハーフバックのアンドリュー・エリスとの連携はそこそこ出来ていたと思います。

3R1A2879

また、ハーフバックのアンドリュー・エリスは最初にトップリーグに加入した際に、神戸へ取材をしたことがありますが、年々フィットしているように感じました。

3R1A2725

また、彼の特徴でもある明るい性格でチームを牽引していました。35歳とは思えない動きだったので、今シーズンも楽しみです。

試合後、ヘイデン・パーカーに取材を申し込みましたが、脳震盪の疑いがあるとのことでメディアには対応をしませんでしたが、バスに乗る前にキャッチをしました。

3R1A2930

状態はそこまで悪くないとのことでした。また、2週間ニュージーランドでゆっくり過ごし、リフレッシュできたとのことです。

また、彼女も神戸に来てくれるとのことで、公私ともに良い状態になると良いと思います。

試合後、多分一番人気でファンサービスをするヘイデン。

3R1A2926

また、神戸製鋼のダン・カーターは9月から10月位にラグビーW杯のイベントやPRのため、来日はしますが、チームには合流したいようで、大会終了後に合流する見込みとのことでした。

リコーでハイランダーズでも活躍したエリオット・ディクソンもマオリ・オールブラックスに選出されているため、正式には決まっていないとのことですが、10月くらいからチームに合流するようです。

今年のトップリーグにも多くの素晴らしい選手が世界からやって来る予定なので、今から楽しみです!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2019.3.17 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2019 ROUND5 サンウルブズ vs レッズ レポート

スーパーラグビー 2019 ROUND5 サンウルブズ vs レッズ レポート

3月16日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2019 ROUND5 サンウルブズ vs レッズの試合を取材してきました。
結果は34対31でレッズがサンウルブズを下しました。

まず試合開始前に、クライストチャーチでテロの犠牲になった方々への黙とうが行われました。

3R1A2413

レッズのコーチ陣の中には、涙を浮かべていた方もいました。
この件に関して記事として書けていませんでしたが、正直自分からはなんと言っていいかわかりません。
簡単に記事にできる内容ではなかったです。自分の第2の故郷で、このようなことが起こってしまい、本当に辛く悲しいです。

2011年に起きたクライストチャーチでの大地震のときに言われた「Kia Kaha(強くあれ)」!

自分にできることがあれば、何かしたいと思っています。

ここからは、ラグビーの記事。

前回秩父宮ラグビー場にて行われたワラターズ戦と同様、僅差での敗戦となりました。
勝てた試合だっただけに、もったいない試合でした。

後半20分間で4トライも取られる結果は、規律と選手間でのコミュニケーションがもう少し必要だと思いました。

前半は試合のマネジメントが良かっただけに、非常に残念でした。

しかし敗戦はしているものの、年々僅差での敗戦となっていて、会場内の盛り上がりを感じます。

3R1A2513

初年度から取材していますが、明らかにわくわくする内容になっています。
攻撃のバリエーションも多く、チームとしてやっていこうとする姿を見ることができます。

3R1A2583

2021年以降のスーパーラグビーへの参戦についてさまざまな報道がありますが、選手たちがプレーでアピールしていってほしいです。

さらに観客が入ることも大きな力になるので、ファンの応援もとても重要になります。

3R1A2844

この試合でも、ヘイデン・パーカーのゲームマネジメントは素晴らしかったです。

3R1A2708

今試合もキックは全て成功しました。

3R1A2805
ただ、後半途中から入ってくる選手とのコミュニケーションはもっと取るべきだったのではないでしょうか。9番と10番の位置や、お互いの理解度によってゲームの精度が非常に変わると思うので。。。

また、この試合で注目したのはダン・プライアー

3R1A2668

昨シーズンからサンウルブズに加入して、トレードマークのドレッドヘアーで相手にアグレッシブに突進するフランカーです。

この試合では、レッズからのディフェンスの規律を維持できるかについて注目しました。

3R1A2720

結果1トライを挙げ、ディフェンスもラインアウトでもチームを牽引し、他のメンバーに頻繁に声掛けをしていました。

来年のトップリーグは、サニックスでプレーすることが決まっているので楽しみです!

試合後トニー・ブラウンと話し、次節のライオンズ戦よりサンウルブズの指揮を取るとのことなので、今以上に楽しみです。

3R1A2874

ミックスゾーンでの一コマ。多くのメディアに囲まれていました。

会場では多くのファンにサインを書いていて、人気な姿を見ることができました!

3R1A2882

ハリケーンズ戦の前に電話をして、一緒にワインが飲めたら良いなと思っています。。。

また、ジョシュ・ティムとキャプテンのクレイグ・ミラーに独占インタビューをしたので、明日の記事で紹介します。お楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.2.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs ワラターズ 試合後 独占インタビュー

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs ワラターズ 試合後 独占インタビュー

試合後は、両チームともにファンの方へサインや写真対応をしていました。

3R1A1284

どの選手も笑顔で、素晴らしい対応でした!

3R1A1300

テレビ観戦では経験出来ない経験なので実際スタジアムへ足を運んで体験してもらいたいです!

恒例の試合後のインタビューです。

最初は、ワラターズのバーナード・フォーリーからです。

3R1A1308

本日の試合の感想は!?

本当にいい試合でした。
両チームとも攻撃をして守備をして、素晴らしい展開のラグビーをすることができました。
サンウルブズは我々に対して素晴らしいラグビーをしていました。
勝利することができて、本当に嬉しいです。

ヘイデン・パーカーは、テレビの取材を最初に受けていました。

3R1A1315

ロッカールームでビールを飲んでいたせいか、顔が赤くなっていました。

自分が試合後のインタビューで毎回同じ質問をするので、彼の方もすでにわかっていました。
しかし変える訳にもいかないので。。。

3R1A1223

本日の試合の感想は!?

とてもタフな試合でした。私は、サンウルブズのチームを誇りに思います。
ワラターズのプレッシャーを抑えることができたのもよかったです。
ドロップゴールが決まっていればと思う気持ちはありますが、違う結果になっていたと思います。
勝利をすることができなかったのでがっかりな部分はありますが、前節からチームとして成長できた部分があるので、次節に向けてさらに成長して勝利を挙げたいと思います。

最後はトム・ロウにインタビューです。

3R1A1292

本日の試合の感想は!?

とても速い展開の試合でした。チームとしては前節より多く成長できたと思います。このままチームとして成長していけたら成功できるチームだと思っています!

今シーズンの目標は!?

サンウルブズで良いパフォーマンスをすることです。また、サンウルブズの一員として勝利を挙げたいです。

また、トムのご両親が秩父宮で観戦をしていたとのことで、ご両親としても彼がスーパーラグビーで初めてプレーをして、更にトライを挙げる姿を生で見れて嬉しかったのではないでしょうか!?

チームは、次節に向けて市原で練習をスタートしています!
ヘイデンやトムが言っていたように、負けはしたものの次節に切り替え良い準備をして必ず勝利をしてくれる、と信じられたインタビューでした。

また、バーナードはラグビーW杯後に日本のトップリーグでのプレーを示唆していましたよ。。。

3R1A0950

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.2.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs ワラターズ レポート

スーパーラグビー 2019 サンウルブズ vs ワラターズ レポート

2月23日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2019 ROUND2 サンウルブズ vs ワラターズの試合を取材してきました。

結果は、昨日のキャプテンズランの記事で書いた通りの僅差で、31対30でワラターズがサンウルブズを下しました。

3R1A1280

本当に悔しい試合でした。試合終了間際までワラターズを追い詰めるも、惜敗。
今季初の勝ち点1を獲得しました。

3R1A0674

しかしながら、次につながる一戦だったのではないでしょうか!?

この試合で注目したのは、不動の10番と言ってもいいヘイデン・パーカー

3R1A1160

キック成功率は秩父宮ラグビー場で100%と、いまだ外したことがないというキックの名手ですが、注目しているのはどのようにゲームマネジメントをするかについてです。

3R1A0763

ハイランダーズでプレーしていた時よりも、年々体が大きくなっているように思えます。
当初はディフェンスがあまり良くなかったため、スターティング15に選ばれなかったこともありましたが、ワラターズのロックの選手を一人で止めたりと、今ではディフェンスも素晴らしい選手になっていました。

もう一人は、スーパーラグビーデビューで自分の地元ダニーデンにあるオタゴボーイズハイスクールを卒業した、トム・ロウです。

3R1A0850

オタゴボーイズハイスクールは、ヘイデン・パーカーや今季キャプテンを任されているクレイグ・ミラー、元オールブラックスキャプテンのリッチー・マコウも卒業している高校で、自分が卒業したキングスハイスクールのライバル校でもあった高校です。

まず、セレクターは素晴らしい選手をサンウルブズに連れてきたと思います。

スーパーラグビーでの経験がない選手で注目はしていましたが、どこまでできるかは未知数な選手です。フィジカルの部分でもチームへの貢献をしていましたし、なんといってもデビュー戦で初トライ!

3R1A0857

持っている選手だと思います。
また、ロックの選手ですがバックスみたいな俊敏な動きもあったので今後が楽しみです。

試合後、昨年の同じ試合で注目したワラターズのバーナード・フォーリーに本日の試合の感想をもらいました。

試合は、サンウルブズが勝てた試合だっただけに、残念な結果でした。

3R1A1012

コンディション面でサンウルブズが優勢に立ち、ホームアドバンテージを最大限に生かすことができたのではないでしょうか。

また、シャークス戦からのスクラムの修正力には正直驚きました。

ワラターズには多くのワラビーズ(オーストラリア代表)がいる中での、ターンオーバー。

見ていて今後に期待が持てる内容でした。
しかし、試合後にキャプテンのクレイグ・ミラーとエドワード・カークは迎えの車に乗り、病院へ検査に向かいました。

3R1A1294

クレイグ・ミラーは「次の試合には間に合う」と言っていましたが、どうなるでしょうか。。。
カークは無言だったので、重症でないことを願っています。公式からの発表を待ちたいと思います。

今回の試合では、ヘッドコーチであるトニー・ブラウンは日本代表合宿の方に帯同のため、スコット・ハンセン アシスタントコーチがヘッドコーチ代行を務めました。
そのため、トニーは不在だと思っていたら、翌日がオフのためチームを見にきていてびっくりしました!

3R1A0577

トレードマークであるハンチング帽をかぶっていました。
そして自分を見つけて、親指を立てるお馴染みのポーズをとってくれました!

明日の記事では、ワラターズのバーナード・フォーリーと、サンウルブズのヘイデン・パーカーとトム・ロウへのインタビューを書きたいと思います!

全てキウイブリーズ独占インタビューなので、どうぞお楽しみに。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

1 / 3123

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information