ホーム > NZブログ > ラグビー日本代表

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.9.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表

リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表

9月6日(金)に熊谷ラグビー場で行われた、リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表 を取材してきました。

ラグビーワールドカップ開幕まであと2週間と迫り、これが開幕前の最後のテストマッチです。

3R1A0896

日本代表 vs 南アフリカ の試合は、前回のラグビーワールドカップでの記録的勝利が記憶に残っている方も多いかと思います。

チケットは前売り券が完売で、日本のラグビーファンの期待度の高さが伺えます。
ナイターゲームに22528人の観客が駆けつけ、とても盛り上がっていました。

3R1A0917

ここからは試合のレポートです。

南アフリカ代表は、日本代表をよく分析してきていました。
日本代表の持ち味である速い攻撃を封じ、キープレーヤーの攻撃のパターンを自分たちのものにしていました。

3R1A1011

日本代表はDF1人に対し2人など数人で止めていましたが、南アフリカ代表は1人で止めていて、フィジカルの強さが凄かったです。

3R1A1118

また、攻撃の心臓である田村を自由に動かさず、ハイパント対策で抑えたり、リーチマイケルにもしっかりとカバーリングがついていました。

3R1A1138

そして高いプレッシャーで、日本代表のヒューマンエラーを誘っていました。
ハンドリングエラーで流れが止まってしまうという展開が何度もありました。

南アフリカ代表は後半足が止まっていながらも、集中力を最後まで切らさず戦い抜きました。

日本代表は動きが1秒遅いと感じました。
個で孤立しがちなので、素早いサポートが必要です。

松島のトライは良かったですが、チームというより個の力でとったトライです。

3R1A1241

日本代表は動きを分析されてきているので、攻撃のパターンを増やすなど、次のステップへ進むことが求められます。

3R1A1232

しかし、ワールドカップ直前にティア1の強いチームと対戦できたことは大きいです。

フィジカルの違いを感じ、足りないところがわかったと思います。

残りわずかな時間でできるだけ修正し、より良い状態で本番を迎えてほしいです。
また、福岡とマフィの怪我の状態も気になります。。。1日でも早く回復することを願っています。

試合は41-7で南アフリカ代表が勝利しました。

試合後トニーブラウンと話し、ファミリーがワールドカップのサモアとスコットランドの試合を見に来日するとのことでしたので、どこかのタイミングでプライベートで会う予定です。

3R1A0883

オールブラックスもまもなく来日です!
柏で行われるキャンプを取材する予定ですので、お楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.8.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 第2戦 日本代表 vs トンガ代表

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 第2戦 日本代表 vs トンガ代表

8月3日(土)に東大阪市花園ラグビー場にて行われた、「リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド」第2戦 日本代表 vs トンガ代表 の試合を取材してきました。

試合前日の2日にジェイミー・ジョセフHCの母マウデさんが亡くなったため、ジェイミー・ジョセフHCは急きょ母国ニュージーランドに帰国しました。
そのため、トンガ戦はトニー・ブラウンが代わりに指揮を執り、チームは喪章をつけて試合に臨みました。

3R1A4732

釜石に続き、花園にもたくさんの観客が応援に駆けつけていました。
ナイトゲームですが、それでもかなり蒸し暑かったです。。。

トンガ代表で注目選手は2人いたのですが、元ハイランダーズのナッシー・マヌーは怪我のため代表から離脱してしまい、元ハイランダーズでプロップのシウア・ハラヌコヌカはメンバー外だったのでプレーを見ることができず残念でした。

3R1A4802

3R1A4877

日本代表では、キャプテンリーチマイケル

3R1A5193

前回は途中からの出場だったので、今回先発出場でどこまでできるかに注目していました。試合勘についてはこれからさらに良いものにしていけると思いますし、あとはフィットネスをもっと上げる必要があります。しかし、チームの統率力は素晴らしいので、ワールドカップに向けてコンディションを良くしていってほしいです。

ここから試合のレビューです。

日本代表は試合開始早々に松島がシンビンとなり、正直ピンチになったと思いました。
しかし、1人少ない状態でも攻めの姿勢で、攻守ともに2人目3人目もしっかりと動けていました。

3R1A5035

体の大きいトンガ代表に低い姿勢でタックルし、トンガ代表に仕事をさせていませんでした。
日本代表はゲーム運びがうまく、多彩な戦術パターンで攻撃を仕掛けていました。

3R1A5131

後半日本は反則が続き、16分にトンガに初得点を決められてしまいました。
しかしその後トンガの反則から、日本はPGをきっちりと決めました。そして立て直して、後半32分にキックパスから松島のナイストライ!

その後の試合終了間際の福岡のトライも良かったですね!わーっと歓声があがっていました。

3R1A4928

いつも後半20分以降の動きが課題の日本。ミスや連携に改善の余地はあるものの、いい形で終われたのではないでしょうか。

日本は最後まで攻めの姿勢で、勢いを感じました。

試合は、41-7で日本が勝利し、2連勝となりました。
日本代表はフィジーへ向かい、10日に行われるパシフィックネーションズカップ第3戦で米国と対戦します。また、ジェイミー・ジョセフHCはフィジーで合流する予定です。

3R1A4843

ワールドカップ開幕まであと45日!
怪我に気をつけて、本番に向けて頑張って欲しいです!!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.7.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019 日本ラウンド 第1戦 日本代表 vs フィジー代表

リポビタンDチャレンジカップ  パシフィックネーションズ2019 日本ラウンド 第1戦 日本代表 vs フィジー代表

2019年7月27日(土)に釜石鵜住居復興スタジアムにて行われた、リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド第1戦 日本代表 vs フィジー代表の試合を取材してきました。

3R1A4067

 

チケットは前売り券が完売し、スタジアムはほぼ満員。

IMG_0496

たくさんの観客が応援に駆けつけていました。

この試合で注目したのは、まずフィジー代表のパトリック・オズボーン

3R1A4192

クボタでプレーをしていたこともあり、日本のラグビーを誰よりも知っているフィジーの選手の一人です。
今シーズンはスーパーラグビーのハイランダーズと契約をしたものの、膝の怪我でチームに絡むことがあまりできていませんでした。

3R1A4268

しかし今回のパシフィックネーションズで代表に召集され、9月に開催されるW杯でも召集される可能性が高いです。

負傷からの復帰ということもあり、まだ100%のコンディションではないと思いますが、パワフルなプレーが垣間見ることができたのでこれから楽しみです。

試合後にはキウイブリーズ独占取材を行ったので、ぜひ最後までご覧ください!

日本代表では、自分の高校の先輩であるトニー・ブラウンや監督のジェイミー・ジョセフが、

3R1A3892

①多様な攻撃バリエーションのスタイルを好むフィジーのラグビースタイルにどう対策するのか

②自分たちのペースでどのようにゲームをマネジメントするか

③ベンチ入りしたリーチ・マイケルがどのタイミングでピッチに入り、試合勘やコンディションがどうか

について注目しました。

それでは、ゲームのレビューです。

前半から日本はディフェンスの速いプレッシャーで、フィジーが得意とする個を自由に動かすことを許しませんでした。
そして主導権を握り、ペースを死守しました。

3R1A4145
セットプレーも今までになく安定していました。攻撃のバリエーションについても、日本代表に合ったスタイルでトライを挙げることができていました。

これはトニーが得意とするスタイルだと改めて思いました。

3R1A3951

 

W杯でもこのスタイルを貫けば、ベスト8も見えてくるのではないでしょうか。

日本代表で注目したリーチ・マイケルはまだ100%の仕上がりではなかったものの、チームを牽引する統率力や体を張る姿が印象的でした。

3R1A4441

次に大阪で開催されるトンガ戦では、フル出場してもらい80分プレーをする姿を見てみたいです。

テストマッチなので、一番重要なことは勝ち!

チームが1つにまとまり、辛い宮崎合宿を過ごした結果を選手一人ひとりが実感できたのではないでしょうか。これはとても重要なことだと思います。
ラグビーはメンタルスポーツでもあり、練習でやった内容をプレッシャーがかかる試合でいかに再現できるかがポイントとなるので良かったです。

しかし、課題が見えた試合でもありました。
後半トライを挙げられるチャンスがありましたが、取り切ることができませんでした。W杯ではこの1トライで勝敗が左右されると思います。
また、後半20分すぎから選手の動きや判断力が遅くなるシーンが多数見られました。

ベテラン選手(フォワードとバックス)が話し合い、ゲームプランを考えることでもっとスムーズになると思いました。

試合は、34-21で日本代表が勝利しました。

ここからは、フィジー代表パトリック・オズボーンのキウイブリーズ独占インタビューです。

3R1A4570

本日の試合は!?

とても暑い試合でした。日本はとても素晴らしい試合で、我々は多くのミスをしてしまいましたがこれもラグビーだと思っています。私も日本でプレーをしていましたが、多くの選手が湿度と温度でショックを受けています。昨日は風もありましたが、本日の試合は風もなくコンディションを整えるのが難しかったと思います。日本代表は長い間が合宿を行っていると聞いていますが、皆さんも試合を見てわかったと思いますが、非常に素晴らしいチームに仕上がっていると感じました。

元ハイランダーズで指揮をしていたジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウンにメッセージを

グッドラックと言いたいです。日本代表はW杯で結果を出すことが最終的な目標でしょうから、頑張ってと思っています。セミファイナルなどで日本代表とフィジー代表が対戦したらリベンジしたいです。

試合後釜石まで駆け付けたファンにサインや写真をするパトリック。

 

3R1A4567

 

トニーと試合後にメールでやり取りをしたのですが、W杯まで東京には戻れないようです。

3R1A3974

戻ってくるタイミングで一緒にニュージーランドワインを飲みたいと思っています。しかしそういう時はラグビーの話は全くしないんですよね。。。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2019.4.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ウルフパック vs ハリケーンズB ゼットエーオリプリスタジアム 強化試合レポート

ウルフパック vs ハリケーンズB ゼットエーオリプリスタジアム  強化試合レポート

4月20 日(土)にゼットエーオリプリスタジアムで行われたウルフパック vs ハリケーンズBの試合を取材してきました。
結果は66対21でウルフパックがサンウルブズBを下しました。

ウルフパックとは、ラグビーW杯に向けてラグビー日本代表が現在キャンプを行っており、その名称で強化試合3戦目です。

試合後、ハリケーンズBで主将としてプレーする6番ヘイデン・べッドウェル・カーチスに独占インタビューを行ったのでお楽しみに。
また、彼は三菱重工業でもプレーをしており、今シーズンが終わったらまた日本に戻って来るとのことです。

ここらからは試合のレビューです。

前半スタート直後、ハリケーンズBの12番ピーター・ウマガ・ジェンセンのトライでペースを渡したと思いましたが、ウルフパックは落ち着いていました。

3R1A5961

ハリケーンズのディフェンスの裏のスペースを上手く使って攻撃を組み立てたり、キックをしてからトライを挙げるなど多彩な攻撃を見せていました。

3R1A6239

また、際立っていたのは10番田村の視野の広さ。

3R1A6043

観客席から見ているとスペースや選手の位置は分かりやすいのですが、ピッチ上でフラットだと良く見ていてもスペースを見つけることは難しいのです。

さらに、チームとしてやることを選手一人ひとり理解してプレーをしているように思えたのも、今後に向けて明るい兆しといえるでしょう。

3R1A6713

今日の試合は、連携が良い→チームとして自信がつく→やってることが間違っていないと思う(特にメンタル)という循環が見られました。

その結果、合計10トライを挙げるという結果に繋がったんだと思います。

3R1A6122

また、昨日サンウルブズでプレーした選手たちも会場で声援を送っていました。

3R1A5851

サンウルブズもウルフパックも一緒になって日本代表ラグビーの強化をしているんだなと改めて思った光景でした。

試合後、ハリケーンズBキャプテンのヘイデン・べッドウェル・カーチスに試合の感想を聞きました。

3R1A6835

この試合は、月初にニュージーランドでプレーした時と全然違う展開になってしまいました。ウルフパックのプレッシャーも良かったですし、フィジカル面もでしたがなんとしても勝ちたいという気持ちを感じました。私たちはそれを超えることができず、この結果になってしまいました。

ハリケーンズのシーズンが終わったらどうするのですか

三菱重工業に戻り、今年からトップリーグでプレーができるので今から楽しみです。

 

あと、昨日配られたパンフレットでハリケーンズBの24番と書かれていたオーリー・サプスフォードは19番で出場していました!

ハリケーンズBの最後のトライ!!

3R1A6754

今後が楽しみな選手です!是非注目してみて下さい。

来週土曜日はウェスタンフォースとの強化試合が秩父宮ラグビー場で行われます。

3R1A5843

この試合は無料でもあるので、一人でも多くの方にラグビーを生で見てもらいたいと思います!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.11.4 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックス

リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックス

2018年11月3日(土)に味の素スタジアムで5年ぶりに行われた、リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックスの試合をレポートします。

この試合は43751人ものたくさんの観衆が見守る中、世界ランク1位のニュージーランド代表(オールブラックス)に、日本代表が来年日本で開催されるラグビーW杯で現状のレベルを見て適用するところや修正が必要なところを見つける意味でも、重要な試合だったと思います。

試合前にジャパンのトニーブラウンコーチに「Best Wishes!」とメールをしたところ、「いいねの絵文字」と返ってきました。

そして練習前に自分を見つけてこのポーズ!

3R1A4905

その瞬間、日本代表は何かやってくれるのではないかと感じました。

ジェイミージョセフがヘッドコーチですが、細かい攻撃パターンや戦術はトニーが組み立てています。
そういった意味で、彼は日本代表を知り尽くしています。。。

三洋でプレーをしていた当時は、ニュージーランドの有名なアーティストが来日した際ライブに一緒に行ったり、食事に行っていたことが懐かしいです。
メディアとして接するときと、高校の先輩として接するときがあり、トニーからも自分が「昔よりも日本人っぽい」とたびたび言われています。。。

さて、他の媒体ではこの試合に出場するメンバーが2軍と表記されているのを目にしましたが、自分はそうは思いません。

3R1A5108

確かに、先週行われたブレディスローカップ出場メンバーの多くは、木曜日に日本からイギリスに向かっています。
しかしながら、正式なテストマッチである以上、2軍というわけではないですし、この若手チームの方が怖さもありました。
ここで結果を出すことが、オールブラックスで今いる選手やコーチに一番のアピールとなるからです。

試合でもオールブラックスの選手の本気を見ることができました。

また、ファーストキャップが日本のゲームとなった選手は、決して日本を忘れることはないと思います!

この試合でキャプテンを務めたルーク・ホワイトロックも、2013年に日本で行われた試合でファーストキャップを手にした選手です。

3R1A5920

その時のことや日本のことを忘れないと言っていました。

この試合で注目したのは、
5番のジャクソン・ヘモポ

3R1A5351

8番のルーク・ホワイトロック

3R1A5475

11番のワイサケ・ナホロ

3R1A5617

16番のリアム・コルトマン

3R1A5868

18番のティレル・ロマックス

3R1A5765

19番のディロン・ハント

3R1A5820

です。

スーパーラグビーを観ている人はわかるかもしれませんが、全員ハイランダーズの選手です。

この試合で11か月ぶりのオールブラックスとしての試合になった、2番のデーン・コールズも観ることができました。

3R1A5369

彼はトライも挙げ、怪我を感じさせないプレーを披露しました。走ることもできますし、最年長としてチームを引っ張っていました。

また、ニュージーランドファンなら誰もが知っている「ハカ

本日試合で披露されたのは「カマテ」です。

3R1A5174

日本で一番有名なハカだと思います。先週のブレディスローカップではカパオパンゴだったので、両方会場に行った人はある意味ラッキーだったのではないでしょうか。

そしてハカをリードしたのは、マオリオールブラックスとしても来日し、先週は世界選抜としてもプレーした14番ネヘ・ミルナースカッダー

3R1A4936

ハカの最中は会場が静まり返り、自分は鳥肌が立ちました。

試合は、日本がオールブラックス戦で過去最高となる5トライを挙げて健闘したものの、69対31でオールブラックスが勝利しました。

日本代表はこの試合で課題がいくつか見つかりました。オールブラックスのような格上のチームと対戦したときに、プレッシャーにどこまで耐えられるか、またキックの使い方、ラインブレイク、タックルの精度にも課題がみられました。

上記問題は、次のヨーロッパ遠征の際には修正してもらいたいですし、ワールドカップに向けて、今課題が見つかった方が良いと思います。

この試合で素晴らしい活躍をした選手は23番のジョージ・ブリッジ

3R1A5737

スーパーラグビーのクルセイダーズで15トライを挙げ、23歳であるものの素晴らしいスピードと決定力を持った今後注目の若手選手です。
この試合で後半からの出場で、2トライと結果も残しました。

試合後のミックスゾーンでは、ニュージーランドメディアに対して、「オールブラックスとして初めてデビューして嬉しかった」と言っていました。
これからの活躍が期待できる選手だと思います。

ニュージーランドのミックスゾーンでのメディア対応する選手。

ジョージ・ブリッジ(クルセイダーズ)

3R1A5990

ブレット・キャメロン(クルセイダーズ)

3R1A6003

ティレル・ロマックス(ハイランダーズ)

3R1A6007

リッチー・モウンガ(クルセイダーズ)

3R1A6009

ンガ二・ラウマペ(ハリケーンズ)

3R1A6011

どの選手も笑顔があり、オールブラックスとしての第一歩を踏み出して行くんだなと思いました。

選手たちは今頃飛行機の中で、ニュージーランドとイギリスに向けて旅立っていきました。
自分としても、この2週間は本当に充実した日々を過ごしました。来年のW杯では、この興奮が1か月続くと思うと本当に嬉しいですね。

最後に、日本戦で出場したハイランダーズ所属の選手全員のサインが入ったジャージ!

来年4月にはハイランダーズとサンウルブズとの試合が秩父宮で行われるので、そちらも今から楽しみでしょうがないです!

次の記事では、今回の滞在でゲットしたキウイブリーズ独占情報をお届けしますので、ぜひお楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2017.11.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー 日本代表vsオーストラリア代表 レポート

ラグビー 日本代表vsオーストラリア代表 レポート

2017年11月4日に日産スタジアムで行われた、ラグビー日本代表vsオーストラリア代表の試合を取材してきました。

試合前のウォーミングアップのときに、高校の先輩であるトニー・ブラウンがメディアゾーンまで話をしに来てくれました。

IMG_2534

久々だったので、近況やプライベートのことを話しました。
今度は一緒に飲みながら話す予定です。

この試合で注目したのは、世界3位のオーストラリア代表に対して日本代表はどこまでやれるか!?
ということや、オーストラリアの高いプレッシャーの中で規律を守ることが出来るか!?
さらに、ペナルティーをいかに減らすことが出来るか!?という点です。

オーストラリアはブレディスローカップでオールブラックス(ニュージーランド代表)を下しての来日ということで、勢いのあるチームでした。

IMG_2703

結果としては、オーストラリア代表は体格の大きい選手が多いので、日本代表はディフェンスが抑えることが難しくてペナルティーを与えてしまい、規律の足りない試合展開だったように思えました。

IMG_3917

オーストラリアはオフロードパスも含め、とにかく上手かったです。。。
また、トライの形をチームとして共有出来ていました。

IMG_3731

若い勢いのある選手が代表に選出されているので、これからの活躍に期待をしています。

これから日本代表強化に必要なことは、2019年のW杯本番まで強豪国と試合をするということだと思います。

IMG_2999

同格や格下相手と試合をして勝利をするということもスポンサーや一部メディアに対しては重要ですが、高いプレッシャーで試合をするということは今後の日本代表に対して財産になることでしょう。

キウイブリーズで注目したのはこの試合で初めての10番を背負ったリース・ホッジです。

IMG_2831

ユーティリティーな選手で、今後が期待される23歳です。このポジションで191cmというのもすごいですよね!?

オーストラリアでも不動の10番バーナード・フォーリーの代わりの選手を探すことが急務であり、この試合は良いテストであったと思いました。

FullSizeR - コピー

リースは良い判断でゲームマネジメントを遂行していたように感じました。

IMG_2752

また素晴らしいキックも特徴的でした。後半は多少疲れがあったかも知れませんが。。。

試合後も日本代表の10番松田とジャージを交換して、最後までファンサービスをしていました。

IMG_3140

いつか日本でプレーして欲しい選手ですね。

さらに、16番でリザーブ入りしたスティーブン・ムーア。

IMG_2863

元オーストラリア代表キャプテンでもあり、この遠征後に代表を引退するとのことなので日本で最後のプレーを見れて良かったです。

試合後も現キャプテンのマイケル・フーパーと話をしてロッカールームに戻っていました。

IMG_3151

試合に関してですが、結果は63対30でオーストラリアが勝利しましたが、後半だけをみると28対27で僅差でした。
日本の攻撃にもリズムが出ていましたし、テンポよく攻撃できている場面もありました。

これは前半終了後にコーチ陣の適切な修正箇所が挙げられたように思えました。
スタッツは見ておりませんが、ペナルティーの数も減ったように思えました。

一番注目したのは後半40分姫野のトライ。

IMG_3049

このトライは意味のあるトライだったと思いました。最後までネバーギブアップ精神を感じることが出来ましたし、観客1人1人に響くトライでした。

これから日本代表はヨーロッパでトンガ代表とフランス代表と試合を行います。

 

IMG_2726

試合ごとに課題を見つけて、一つ一つクリアして成長してもらいたいと思います。

次回の記事でオーストラリア代表10番のリース・ホッジへ独占取材を行ったので紹介致します!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

1 / 3123

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information