ホーム > NZブログ > ラグビー日本代表

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.11.4 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックス

リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックス

2018年11月3日(土)に味の素スタジアムで5年ぶりに行われた、リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックスの試合をレポートします。

この試合は43751人ものたくさんの観衆が見守る中、世界ランク1位のニュージーランド代表(オールブラックス)に、日本代表が来年日本で開催されるラグビーW杯で現状のレベルを見て適用するところや修正が必要なところを見つける意味でも、重要な試合だったと思います。

試合前にジャパンのトニーブラウンコーチに「Best Wishes!」とメールをしたところ、「いいねの絵文字」と返ってきました。

そして練習前に自分を見つけてこのポーズ!

3R1A4905

その瞬間、日本代表は何かやってくれるのではないかと感じました。

ジェイミージョセフがヘッドコーチですが、細かい攻撃パターンや戦術はトニーが組み立てています。
そういった意味で、彼は日本代表を知り尽くしています。。。

三洋でプレーをしていた当時は、ニュージーランドの有名なアーティストが来日した際ライブに一緒に行ったり、食事に行っていたことが懐かしいです。
メディアとして接するときと、高校の先輩として接するときがあり、トニーからも自分が「昔よりも日本人っぽい」とたびたび言われています。。。

さて、他の媒体ではこの試合に出場するメンバーが2軍と表記されているのを目にしましたが、自分はそうは思いません。

3R1A5108

確かに、先週行われたブレディスローカップ出場メンバーの多くは、木曜日に日本からイギリスに向かっています。
しかしながら、正式なテストマッチである以上、2軍というわけではないですし、この若手チームの方が怖さもありました。
ここで結果を出すことが、オールブラックスで今いる選手やコーチに一番のアピールとなるからです。

試合でもオールブラックスの選手の本気を見ることができました。

また、ファーストキャップが日本のゲームとなった選手は、決して日本を忘れることはないと思います!

この試合でキャプテンを務めたルーク・ホワイトロックも、2013年に日本で行われた試合でファーストキャップを手にした選手です。

3R1A5920

その時のことや日本のことを忘れないと言っていました。

この試合で注目したのは、
5番のジャクソン・ヘモポ

3R1A5351

8番のルーク・ホワイトロック

3R1A5475

11番のワイサケ・ナホロ

3R1A5617

16番のリアム・コルトマン

3R1A5868

18番のティレル・ロマックス

3R1A5765

19番のディロン・ハント

3R1A5820

です。

スーパーラグビーを観ている人はわかるかもしれませんが、全員ハイランダーズの選手です。

この試合で11か月ぶりのオールブラックスとしての試合になった、2番のデーン・コールズも観ることができました。

3R1A5369

彼はトライも挙げ、怪我を感じさせないプレーを披露しました。走ることもできますし、最年長としてチームを引っ張っていました。

また、ニュージーランドファンなら誰もが知っている「ハカ

本日試合で披露されたのは「カマテ」です。

3R1A5174

日本で一番有名なハカだと思います。先週のブレディスローカップではカパオパンゴだったので、両方会場に行った人はある意味ラッキーだったのではないでしょうか。

そしてハカをリードしたのは、マオリオールブラックスとしても来日し、先週は世界選抜としてもプレーした14番ネヘ・ミルナースカッダー

3R1A4936

ハカの最中は会場が静まり返り、自分は鳥肌が立ちました。

試合は、日本がオールブラックス戦で過去最高となる5トライを挙げて健闘したものの、69対31でオールブラックスが勝利しました。

日本代表はこの試合で課題がいくつか見つかりました。オールブラックスのような格上のチームと対戦したときに、プレッシャーにどこまで耐えられるか、またキックの使い方、ラインブレイク、タックルの精度にも課題がみられました。

上記問題は、次のヨーロッパ遠征の際には修正してもらいたいですし、ワールドカップに向けて、今課題が見つかった方が良いと思います。

この試合で素晴らしい活躍をした選手は23番のジョージ・ブリッジ

3R1A5737

スーパーラグビーのクルセイダーズで15トライを挙げ、23歳であるものの素晴らしいスピードと決定力を持った今後注目の若手選手です。
この試合で後半からの出場で、2トライと結果も残しました。

試合後のミックスゾーンでは、ニュージーランドメディアに対して、「オールブラックスとして初めてデビューして嬉しかった」と言っていました。
これからの活躍が期待できる選手だと思います。

ニュージーランドのミックスゾーンでのメディア対応する選手。

ジョージ・ブリッジ(クルセイダーズ)

3R1A5990

ブレット・キャメロン(クルセイダーズ)

3R1A6003

ティレル・ロマックス(ハイランダーズ)

3R1A6007

リッチー・モウンガ(クルセイダーズ)

3R1A6009

ンガ二・ラウマペ(ハリケーンズ)

3R1A6011

どの選手も笑顔があり、オールブラックスとしての第一歩を踏み出して行くんだなと思いました。

選手たちは今頃飛行機の中で、ニュージーランドとイギリスに向けて旅立っていきました。
自分としても、この2週間は本当に充実した日々を過ごしました。来年のW杯では、この興奮が1か月続くと思うと本当に嬉しいですね。

最後に、日本戦で出場したハイランダーズ所属の選手全員のサインが入ったジャージ!

来年4月にはハイランダーズとサンウルブズとの試合が秩父宮で行われるので、そちらも今から楽しみでしょうがないです!

次の記事では、今回の滞在でゲットしたキウイブリーズ独占情報をお届けしますので、ぜひお楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2017.11.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー 日本代表vsオーストラリア代表 レポート

ラグビー 日本代表vsオーストラリア代表 レポート

2017年11月4日に日産スタジアムで行われた、ラグビー日本代表vsオーストラリア代表の試合を取材してきました。

試合前のウォーミングアップのときに、高校の先輩であるトニー・ブラウンがメディアゾーンまで話をしに来てくれました。

IMG_2534

久々だったので、近況やプライベートのことを話しました。
今度は一緒に飲みながら話す予定です。

この試合で注目したのは、世界3位のオーストラリア代表に対して日本代表はどこまでやれるか!?
ということや、オーストラリアの高いプレッシャーの中で規律を守ることが出来るか!?
さらに、ペナルティーをいかに減らすことが出来るか!?という点です。

オーストラリアはブレディスローカップでオールブラックス(ニュージーランド代表)を下しての来日ということで、勢いのあるチームでした。

IMG_2703

結果としては、オーストラリア代表は体格の大きい選手が多いので、日本代表はディフェンスが抑えることが難しくてペナルティーを与えてしまい、規律の足りない試合展開だったように思えました。

IMG_3917

オーストラリアはオフロードパスも含め、とにかく上手かったです。。。
また、トライの形をチームとして共有出来ていました。

IMG_3731

若い勢いのある選手が代表に選出されているので、これからの活躍に期待をしています。

これから日本代表強化に必要なことは、2019年のW杯本番まで強豪国と試合をするということだと思います。

IMG_2999

同格や格下相手と試合をして勝利をするということもスポンサーや一部メディアに対しては重要ですが、高いプレッシャーで試合をするということは今後の日本代表に対して財産になることでしょう。

キウイブリーズで注目したのはこの試合で初めての10番を背負ったリース・ホッジです。

IMG_2831

ユーティリティーな選手で、今後が期待される23歳です。このポジションで191cmというのもすごいですよね!?

オーストラリアでも不動の10番バーナード・フォーリーの代わりの選手を探すことが急務であり、この試合は良いテストであったと思いました。

FullSizeR - コピー

リースは良い判断でゲームマネジメントを遂行していたように感じました。

IMG_2752

また素晴らしいキックも特徴的でした。後半は多少疲れがあったかも知れませんが。。。

試合後も日本代表の10番松田とジャージを交換して、最後までファンサービスをしていました。

IMG_3140

いつか日本でプレーして欲しい選手ですね。

さらに、16番でリザーブ入りしたスティーブン・ムーア。

IMG_2863

元オーストラリア代表キャプテンでもあり、この遠征後に代表を引退するとのことなので日本で最後のプレーを見れて良かったです。

試合後も現キャプテンのマイケル・フーパーと話をしてロッカールームに戻っていました。

IMG_3151

試合に関してですが、結果は63対30でオーストラリアが勝利しましたが、後半だけをみると28対27で僅差でした。
日本の攻撃にもリズムが出ていましたし、テンポよく攻撃できている場面もありました。

これは前半終了後にコーチ陣の適切な修正箇所が挙げられたように思えました。
スタッツは見ておりませんが、ペナルティーの数も減ったように思えました。

一番注目したのは後半40分姫野のトライ。

IMG_3049

このトライは意味のあるトライだったと思いました。最後までネバーギブアップ精神を感じることが出来ましたし、観客1人1人に響くトライでした。

これから日本代表はヨーロッパでトンガ代表とフランス代表と試合を行います。

 

IMG_2726

試合ごとに課題を見つけて、一つ一つクリアして成長してもらいたいと思います。

次回の記事でオーストラリア代表10番のリース・ホッジへ独占取材を行ったので紹介致します!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2016.11.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表vs アルゼンチン代表 レポート

ラグビー日本代表vs アルゼンチン代表 レポート

11月5日ラグビー日本代表vs アルゼンチン代表の試合を取材しに、秩父宮ラグビー場へ行って参りました。
結果は、アルゼンチンに7トライを奪われ、20-54で敗れました。

ジェイミー・ジョセフHC(監督)の初戦ということもあり、試合前の表情は硬く、笑顔はあまりありませんでした。

IMG_4289

また、アタックコーチのトニー・ブラウン。高校の先輩でもあります。

IMG_4061

いつもはフレンドリーで優しい彼ですが、この日は多少ピリピリしているように思えました。当然プライベートや練習で見る顔とは違っていました。

IMG_4218

ちなみに、会場には元ラグビー協会会長の森氏や、オリンピック担当大臣の丸川氏の姿も確認出来ましした。

IMG_4308

ここからは、試合のレビューです。

ジェイミー・ジョセフ監督は、堀江(写真右)と立川(写真左)の二人にキャプテンを任せました。

IMG_4329

これは、スーパーラグビーのハイランダーズで指揮していた時と同じです。
この戦術はこれからもっと多くのチームで採用されることになると思います。

また、他のメディアでは「大敗」と書かれ、実際そうだとも思いますが、私は新たな発見も多く見ることが出来たし、このスコアで終われたのは健闘だったのではないかと思いました。

どの試合でも勝利を飾りたいと思うのは私も含め、ジャパンのことが好きな多くのファンの願いだと思いますが、体格差がありFWの圧力はピッチで見ていても明らかでした。そのアルゼンチン相手に適応出来た部分も見つけられたように感じ、勝敗だけではない収穫はあったと思います。

IMG_4477

アルゼンチンは、ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカと試合を行い、組織力やチームのスタイルも確率され、ほぼ完璧な状態で来日していました。

IMG_4332

その中でもコンタクトの部分では互角以上!?ジャパンが押している場面もありました。

IMG_4419

連携やコミュニケーションは、チームとして始まったばかりなので、これから上がって行くしかないはず。今後に期待したいです。

今のジャパンにとってのゴールは2019年に日本で開催されるW杯!!
大きなビジョンをもって、チーム関係者・ファンの皆さんで一緒に盛り上げて行けたら良いなと思います!

最後に、最後の最後まで諦めずトライを決めた、この試合初キャップのレメキ・ロマノ・ラヴァには今後注目して行きたいです。

IMG_4525

彼のような選手が出てくることで、チームとしても競争が高まり、組織の実力をアップする相乗効果になると思います。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2016.10.11 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 始動&トニーブラウン!

ラグビー日本代表 始動&トニーブラウン!

本日、昼休みを利用して、ラグビー日本代表の練習をプライベートで見に行って来ました。
取材ではなく、プライベートとして行く機会は中々ないのでとても新鮮でした。

IMG_2075

前回熊谷へ取材に行った際、高校の先輩にあたるトニーブラウン(元オールブラックスで現在ラグビー日本代表のアタックコーチ)の手形を取らせてもらったので、それにサインを入れてもらい少し話しをしました。

IMG_2108

今頃は、帰国の飛行機の中にいるはずです。
また今月の下旬からラグビーの日本代表合宿の前に、再来日するとの事でした。
この短期間で行ったり来たり、なかなかのハードスケジュールですね。

また、プレイベートの話しも出来て良かったです。2人の娘さんもずいぶんと成長していました・・・
時が経つのは早いと改めて感じました。自分も、もっともっと頑張らなければ!と思います。

トニーは2017年のスーパーラグビーでは、ハイランダーズの監督に就任するので、4月に行われる対サンウルブス戦は是非とも見に行きたいと思います!弾丸でも・・・

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2016.10.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トニーブラン ラグビー日本代表アタックコーチ 再会

トニーブラン ラグビー日本代表アタックコーチ 再会

現在、来日している高校の先輩であるトニーブラウン。
元オールブラックスで三洋(現パナソニック)時代のチームを支えていた一人と言える選手です。

高校は一緒キングスハイスクールでNPCはオタゴでスーパーラグビーはハイランダーズでプレーし地元のファンからも愛された選手の一人です。

先週、トップリーグの取材(パナソニックvsNTTコム)の際、偶然再会をしました。
いつもだったら普通に声をかける事が出来ますがなんか緊張しました。。。

なんで日本にいるの!?と聞いたら、パナソニックのアドバイザーをしているとのことです。

キウイブリーズ独占情報8日に熊谷で行われる試合にもチームに帯同するとのことです。

また、滞在の目的の一つはラグビー日本代表のミニキャンプとのことでした。
これからのラグビー日本代表の強化はジェイミージョセフと彼にかかっていると思います。

2週間と短い日本の滞在ですが、満喫してもらいたいです。

では8日に熊谷で!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2016.6.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トニー・ブラウン ラグビー日本代表 アシスタントコーチ

トニー・ブラウン ラグビー日本代表 アシスタントコーチ

先週、高校の先輩であるトニー・ブラウンが日本代表のコーチに就任するとのメディアリリースがあった。
写真の右側。

何故このタイミングでのリリースになったかは不明だが今年の初めから打診はあったという。
ジェイミージョセフの片腕として昨年のスーパーラグビーでハイランダーズの優勝に貢献(アシスタントコーチとして)し、日本でも三洋ワイルドナイツで3連覇にも貢献(選手として)!

8月位に日本に来日するとの事なので今から会うのが楽しみでならない!!!

tony1124%20(2)

日本での最後のプレー(栗田工業)

日本のラグビーを熟知しているジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウン。
イングランドW杯以上の結果を期待したい!

unitshape%20(2)

PS:プライベートでは穏やかで選手時代はチャーミング(記事では書けない。。。)なこともあったが、試合になると彼のスピリッツは半端ないので日本の選手にも必ずポジティブに働くはずです。
写真はニュージーランドのシェープシフターというバンドのライブ後の一枚!懐かしいです。

ではでは

熊木

タグ : , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information