ホーム > NZブログ > ラグビー日本代表

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.6.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 トニー・ブラウン 共同インタビュー

ラグビー日本代表 トニー・ブラウン 共同インタビュー

現在、アイルランド遠征中のラグビー日本代表ですが、本日6月30日(水)にオンライン会見が行われました。

キングスハイスクール卒業で元オールブラックスであり地元オタゴ代表とハイランダーズでも活躍した、高校の先輩のトニー・ブラウン。
日本では三洋でプレーをしたのでラグビー好きな方でしたら知っているかもです!?

下記、Q&Aです。どこよりも詳しく書きたいと思います。

IMG_9399

Q. ライオンズ戦はどういう部分が満足で、攻守足りないものがあるとしたら何ですか
A. ライオンズ戦に関しては、たくさんの機会(チャンス)を作れたと思っています。遂行力がなくトライが取れなかったので、しっかりとチャンスを活かしきれていれば勝つことに繋がったと思います。機会を作れたということに関しては、すごくエキサイティングな気持ちです

Q. 日本でのキャンプから時間は潤沢ではなかったと思いますが、コーチとしてはもっと時間をかけたいですか。それとも満足いく準備ができていると思いますか
A. 準備の期間というよりも、ラグビーのゲーム自体を一緒にやっていくことが重要だと思います。2年間ラグビーができなかったので、ベストなチームに対してしっかりとテストマッチラグビーをやっていくこと、そして自分たちが成長していくことが鍵となると思います

Q. アイルランド戦に向けて、ゲームで一番期待している部分は
A. アイルランドはすごく強いチームで、85%の確率でホームゲームで彼らが勝っています。タフなチームですしホームアドバンテージもあると思います。自分たちとしてはチャレンジですし、しっかりと良い準備をして自分たちのラグビーをすることができたら良い結果が出せるのではないかと思っています

Q. 2023年ラグビーワールドカップに向けて、どのエリアを強くしたいですか
A. ジャパンラグビーのスタイルを貫いていくことだと思います。4-5年かけて日本ラグビーを構築してきたつもりですし、今後もテストマッチをしてアンダープレッシャーの中で自分たちのラグビーを、強みである速い・スキルを使ったボールインプレータイムを長く持つ時間を作りながら、相手のフィジカリティのところも対抗して自分たちの強みを出していくことが必要だと考えています

Q. 選手層を厚くしていくために、今後も多くの選手を見てみたいという気持ちはありますか
A. その通りで、2年間ラグビーができなかったので、育成に関してはなかなか難しい部分もありました。なかなかテストすることができなかったので、今後は試合を重ねて若い選手たちがプレッシャーの中でプレーをすることによって育成をして選手を見ていくことに繋がると思います

Q. ダブリンへようこそ!2年前の良い記憶がまだあると思いますが、今までのところいかがですか

A. ラグビーワールドカップ日本大会はとても素晴らしいラグビーができていいチームになりました。良い思い出という形で振り返りますが、アイルランドが日本で戦った時とホームのダブリンにいる時というのは大きな違いがあると思います。今回のアイルランドはもっと強い相手になっていると想定していますので、我々にとっては決して簡単に勝てる相手ではないと思います。試合当日は我々がやろうとしていることをきちんとやること、ただアイルランドに関しては怪我人が多少いるようでメンバーの入れ替わりもあるでしょうから、そのあたりはチャンスがあると思っています

Q. アイルランドの分析をすると、2年前に対戦した時とだいぶ変わっていると思いますが、どんな印象ですか
A. ディフェンスに関してはすごく成長していると思います。それと同時にキック、キックからのプレッシャーゲームというのはすごく良くなっていると思います。クオリティのある選手が沢山いてアイルランドのラグビーはとても強かったと考えています。ディフェンスが強いイメージがあるので、警戒していきたいです

Q. ライオンズ戦で遂行力に課題があると話していましたが、それは戦術のところなのかプレーのところか、具体的にどのあたりですか
A. どちらかというとスキルベースの遂行力です。自分たちはチャンスを作れたけれども各選手が仕留めきれなかったという部分です。スキルの部分と個人的なプレーの遂行力を上げていかなくてはいけないです。特にライオンズはすごくプレッシャーをかけてきて、自分たちがチャンスを作った時に必死になって止めに来たので、遂行しきれませんでした。テストマッチはチャンスを作った時にしっかりと取り切ることが重要です

Q. 今後育成強化をしていくという意味合いで、新しい選手を入れる時に、どんなことができるプレイヤーを重視していきたいと考えていますか
A. 彼らに求めるものは、スタンダードをしっかりと上げてもらいたいということです。テストマッチはすごくレベルが高くなるので、2023年に向けてスタンダードを上げていく必要があります。同時にフィットネスもなくてはなりませんし、コンタクトをインターナショナルにレベルに上げてもらうことが必要です

タグ : , ,

投稿日 : 2021.6.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 クレイグ・ミラー 共同インタビュー

ラグビー日本代表 クレイグ・ミラー 共同インタビュー

大分県別府市で合宿中のラグビー日本代表ですが、本日6月2日(水)にオンライン会見が行われました。

オタゴ出身でオタゴボーイズハイスクール卒業(キングスハイスクールのライバル高校)元オールブラックスのリッチー・マコウやヘイデンパーカーも卒業している高校です。また2017シーズンではトニーブラウンがヘッドコーチを務めたハイランダーズ出身のクレイグ・ミラー(パナソニック ワイルドナイツ)のインタビューの模様をお届けします。

Q. チームの雰囲気は 

A. チームが1つになって団結していると感じました、最初の2・3日だけでも、チームが同じゴールに向かっている、団結して同じ方向に向かっていると感じました

Q. それはどのようなシーンからですか

A. コロナの影響でなかなか外に出られないので、ホテルの中でたくさん喋る時間があります。皆が積極的に話をして、お互いのことを知ろうとしています。トップリーグ期間中だと対戦相手でなかなかそういう機会もないですが、ここに来てからコミュニケーションを取って話し合う姿をたくさん見れています

Q. 自身が会話をした中で印象に残っていることは

A. 齋藤直人選手(サントリー)は、2018年にサンウルブズで最初大学生で参加してきたのを覚えていて、その時も感じましたが、全てにおいて動きが速くてフィットネスもとてもすごかったのですが、今回来た時も変わらずだったのでそういう話をしました

Q. 日本代表入りはいつからの目標でしたか

A. 正直に言うと、2018年のサンウルブズの時にたくさんの素晴らしい選手や環境を体感しました。そこでこういう環境や選手たちと一緒にプレーしたいという気持ちが強くなりました。それがきっかけです

Q. パナソニックにも日本代表選手がたくさんいましたが、2019年のラグビーワールドカップはどういう風に見ていましたか

A. 観客としていろいろと見ることができたので、素晴らしく良い経験として覚えています。チームにとっても日本にとってもすごく良い成果を収めたので、日本中のたくさんの人の心を奪った、成功した大会だと思いました

3R1A6490

Q. サンウルブズは長く経験していますが、日本代表というチームは他のチームと比べて大きな違いを合宿で何か感じていますか

A. テストマッチは1回きりなので、スーパーラグビーのように3・4ヶ月長い期間試合をしていく大会ではないので、1回だけに対してチームをしっかり作りあげていかなくてはいけないというのは、自分にとってのチャレンジですし、他のチームとの違いだと思います

Q. スクラムに関してはどう感じていますか

A. 慎さん(長谷川慎スクラムコーチ)は素晴らしいスクラムコーチですし、スクラムのドクターというような形でさまざまな知識も知っていますし、ディテールにこだわっているコーチです。ラインアウトもそうですが、選手が言われたことをしっかりと信じて遂行するということが、チームとしても団結していくために重要だと感じています

Q. サンウルブズでも2シーズンキャプテンを経験されていますが、日本代表にいる外国人選手とは(日本語でのコミュニケーションを含めて)どういうやり取りをしてますか

A. 個人的には日本語は日々勉強していて、1週間に1回レッスンを受けたりしていました。日本語を話すことによって他の人たちともしっかり繋がることができると思いますし、他の外国人選手たちにもこういう時にどう言ったらいいか聞くこともあります。日々努力をして自分から学ぶ姿勢が大事だと思うので、そういう気持ちを大切に日本語を使っていきたいと思っています

IMG_5585

Q. オタゴ繋がりでジェイミーやトニー・ブラウンはもともと良く知られた方々だと思いますが、ニュージーランドにいた時からどのようなイメージがありましたか。またその2人と日本代表という場で一緒にチームとしてやっていけるのをどう感じていますか

A. 何年か前にこうやってここで一緒に仕事をする、こういう環境にいられるとは考えてもいなかったので、人生もそうですがラグビーはさまざまな出会いや事が起こってどうなるか分からないというのはエキサイティングなことです。リスペクトしているコーチ陣と一緒にできることを嬉しく思います

Q. クレイグ選手は会計士の資格を持っているそうですが、オタゴ大学で資格を取ったのですか。また、ニュージーランドで会計士として働いたことはありますか

A. 会計士になるためにオタゴ大学を卒業してから、当時プロとしてラグビーの道を進んでいくのか少し迷いもありました。最終的に11ヶ月間会計士として働いてからプロのラグビー選手としてやっていく判断をして、それからラグビー選手になりました

Q. 去年コロナ禍でも日本に居続けたのは、ジェイミー側からお願いがあったのですか、それとも自身の判断ですか

A.自分の判断です。ジェイミーとは去年の年末くらいまで話をしていなかったです。日本代表に選ばれていなくてもシーズンを日本でやるつもりでいたので、自身の判断で日本にいることを決めました

Q. 辛い時期だったと思いますが、ニュージーランドに戻りたいと思うことはなかったのですか

A. 実際9-10月ごろにニュージーランドの規制が緩和された時に一度ニュージーランドに戻っています。

6/12(土)にはエコパスタジアムにて強化試合が行われます。
リポビタンDチャレンジカップ2021 日本代表(JAPAN XV) vs サンウルブズ です。
対戦相手がサンウルブズということで、代表に残ってもらいサンウルブズと対戦してもらいたいですね!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.10.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本代表 アタッキングコーチ トニーブラウン 帰国

10月20日(日)に南アフリカ代表に敗れ、ベスト8で終わったラグビーワールドカップ 日本大会。

FullSizeR

もちろん目標はもっと高かったのでしょうが、個人的には素晴らしい大会だったと思っています。

日本中がラグビーでこんなにも1つになったことはなかったですし、今までラグビーを見たことがなかった友人や知り合いもラグビーに関心を持つようになりました。

そういった意味で、ベスト8よりもさらに素晴らしい結果を得られたのではないでしょうか。

21日(月)にラグビー日本代表は記者会見を行い、解散しました。
その日の夜はマネジメントチームで祝杯をあげ、トニーブラウンは本日22日(火)のフライトで家族が待つダニーデンへ戻りました。

tony

最後に会いに行く予定が調整できなかったのが本当に心残りです。
どういう立場かはまだわからないのですが、「来年必ず戻ってくる」と言ってくれたので、その日を楽しみにしています。

IMG_0938

まずはダニーデンでゆっくりと過ごしてもらいたいです。

彼は読売ジャイアンツが好きで試合を観に一緒に神宮球場へ行ったり、サンウルブズの試合の後に、自分が一番好きなニュージーランド スパークリングワインであるクラウディー・ベイ ペロリュスをチームの打ち上げ会場で飲んだりと、本当にいい思い出しかありません。

IMG_1284

何でも話せる、数少ない先輩の一人です。

ハイランダーズのコーチに戻ることは既にメディアで報じられていますが、それ以外に大きな動きがあると思うので、今からとても楽しみです!

来年はニュージーランドへ必ず行く予定なので、ハイランダーズの試合も観に行きたいと思っています!!

今度会ったときにラグビー日本代表のウェアをもらいたいと思います!!

IMG_0758

うちにあるトニーコレクションの一部。。。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.9.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表

リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表

9月6日(金)に熊谷ラグビー場で行われた、リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表 を取材してきました。

ラグビーワールドカップ開幕まであと2週間と迫り、これが開幕前の最後のテストマッチです。

3R1A0896

日本代表 vs 南アフリカ の試合は、前回のラグビーワールドカップでの記録的勝利が記憶に残っている方も多いかと思います。

チケットは前売り券が完売で、日本のラグビーファンの期待度の高さが伺えます。
ナイターゲームに22528人の観客が駆けつけ、とても盛り上がっていました。

3R1A0917

ここからは試合のレポートです。

南アフリカ代表は、日本代表をよく分析してきていました。
日本代表の持ち味である速い攻撃を封じ、キープレーヤーの攻撃のパターンを自分たちのものにしていました。

3R1A1011

日本代表はDF1人に対し2人など数人で止めていましたが、南アフリカ代表は1人で止めていて、フィジカルの強さが凄かったです。

3R1A1118

また、攻撃の心臓である田村を自由に動かさず、ハイパント対策で抑えたり、リーチマイケルにもしっかりとカバーリングがついていました。

3R1A1138

そして高いプレッシャーで、日本代表のヒューマンエラーを誘っていました。
ハンドリングエラーで流れが止まってしまうという展開が何度もありました。

南アフリカ代表は後半足が止まっていながらも、集中力を最後まで切らさず戦い抜きました。

日本代表は動きが1秒遅いと感じました。
個で孤立しがちなので、素早いサポートが必要です。

松島のトライは良かったですが、チームというより個の力でとったトライです。

3R1A1241

日本代表は動きを分析されてきているので、攻撃のパターンを増やすなど、次のステップへ進むことが求められます。

3R1A1232

しかし、ワールドカップ直前にティア1の強いチームと対戦できたことは大きいです。

フィジカルの違いを感じ、足りないところがわかったと思います。

残りわずかな時間でできるだけ修正し、より良い状態で本番を迎えてほしいです。
また、福岡とマフィの怪我の状態も気になります。。。1日でも早く回復することを願っています。

試合は41-7で南アフリカ代表が勝利しました。

試合後トニーブラウンと話し、ファミリーがワールドカップのサモアとスコットランドの試合を見に来日するとのことでしたので、どこかのタイミングでプライベートで会う予定です。

3R1A0883

オールブラックスもまもなく来日です!
柏で行われるキャンプを取材する予定ですので、お楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.8.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 第2戦 日本代表 vs トンガ代表

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 第2戦 日本代表 vs トンガ代表

8月3日(土)に東大阪市花園ラグビー場にて行われた、「リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド」第2戦 日本代表 vs トンガ代表 の試合を取材してきました。

試合前日の2日にジェイミー・ジョセフHCの母マウデさんが亡くなったため、ジェイミー・ジョセフHCは急きょ母国ニュージーランドに帰国しました。
そのため、トンガ戦はトニー・ブラウンが代わりに指揮を執り、チームは喪章をつけて試合に臨みました。

3R1A4732

釜石に続き、花園にもたくさんの観客が応援に駆けつけていました。
ナイトゲームですが、それでもかなり蒸し暑かったです。。。

トンガ代表で注目選手は2人いたのですが、元ハイランダーズのナッシー・マヌーは怪我のため代表から離脱してしまい、元ハイランダーズでプロップのシウア・ハラヌコヌカはメンバー外だったのでプレーを見ることができず残念でした。

3R1A4802

3R1A4877

日本代表では、キャプテンリーチマイケル

3R1A5193

前回は途中からの出場だったので、今回先発出場でどこまでできるかに注目していました。試合勘についてはこれからさらに良いものにしていけると思いますし、あとはフィットネスをもっと上げる必要があります。しかし、チームの統率力は素晴らしいので、ワールドカップに向けてコンディションを良くしていってほしいです。

ここから試合のレビューです。

日本代表は試合開始早々に松島がシンビンとなり、正直ピンチになったと思いました。
しかし、1人少ない状態でも攻めの姿勢で、攻守ともに2人目3人目もしっかりと動けていました。

3R1A5035

体の大きいトンガ代表に低い姿勢でタックルし、トンガ代表に仕事をさせていませんでした。
日本代表はゲーム運びがうまく、多彩な戦術パターンで攻撃を仕掛けていました。

3R1A5131

後半日本は反則が続き、16分にトンガに初得点を決められてしまいました。
しかしその後トンガの反則から、日本はPGをきっちりと決めました。そして立て直して、後半32分にキックパスから松島のナイストライ!

その後の試合終了間際の福岡のトライも良かったですね!わーっと歓声があがっていました。

3R1A4928

いつも後半20分以降の動きが課題の日本。ミスや連携に改善の余地はあるものの、いい形で終われたのではないでしょうか。

日本は最後まで攻めの姿勢で、勢いを感じました。

試合は、41-7で日本が勝利し、2連勝となりました。
日本代表はフィジーへ向かい、10日に行われるパシフィックネーションズカップ第3戦で米国と対戦します。また、ジェイミー・ジョセフHCはフィジーで合流する予定です。

3R1A4843

ワールドカップ開幕まであと45日!
怪我に気をつけて、本番に向けて頑張って欲しいです!!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.7.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019 日本ラウンド 第1戦 日本代表 vs フィジー代表

リポビタンDチャレンジカップ  パシフィックネーションズ2019 日本ラウンド 第1戦 日本代表 vs フィジー代表

2019年7月27日(土)に釜石鵜住居復興スタジアムにて行われた、リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド第1戦 日本代表 vs フィジー代表の試合を取材してきました。

3R1A4067

 

チケットは前売り券が完売し、スタジアムはほぼ満員。

IMG_0496

たくさんの観客が応援に駆けつけていました。

この試合で注目したのは、まずフィジー代表のパトリック・オズボーン

3R1A4192

クボタでプレーをしていたこともあり、日本のラグビーを誰よりも知っているフィジーの選手の一人です。
今シーズンはスーパーラグビーのハイランダーズと契約をしたものの、膝の怪我でチームに絡むことがあまりできていませんでした。

3R1A4268

しかし今回のパシフィックネーションズで代表に召集され、9月に開催されるW杯でも召集される可能性が高いです。

負傷からの復帰ということもあり、まだ100%のコンディションではないと思いますが、パワフルなプレーが垣間見ることができたのでこれから楽しみです。

試合後にはキウイブリーズ独占取材を行ったので、ぜひ最後までご覧ください!

日本代表では、自分の高校の先輩であるトニー・ブラウンや監督のジェイミー・ジョセフが、

3R1A3892

①多様な攻撃バリエーションのスタイルを好むフィジーのラグビースタイルにどう対策するのか

②自分たちのペースでどのようにゲームをマネジメントするか

③ベンチ入りしたリーチ・マイケルがどのタイミングでピッチに入り、試合勘やコンディションがどうか

について注目しました。

それでは、ゲームのレビューです。

前半から日本はディフェンスの速いプレッシャーで、フィジーが得意とする個を自由に動かすことを許しませんでした。
そして主導権を握り、ペースを死守しました。

3R1A4145
セットプレーも今までになく安定していました。攻撃のバリエーションについても、日本代表に合ったスタイルでトライを挙げることができていました。

これはトニーが得意とするスタイルだと改めて思いました。

3R1A3951

 

W杯でもこのスタイルを貫けば、ベスト8も見えてくるのではないでしょうか。

日本代表で注目したリーチ・マイケルはまだ100%の仕上がりではなかったものの、チームを牽引する統率力や体を張る姿が印象的でした。

3R1A4441

次に大阪で開催されるトンガ戦では、フル出場してもらい80分プレーをする姿を見てみたいです。

テストマッチなので、一番重要なことは勝ち!

チームが1つにまとまり、辛い宮崎合宿を過ごした結果を選手一人ひとりが実感できたのではないでしょうか。これはとても重要なことだと思います。
ラグビーはメンタルスポーツでもあり、練習でやった内容をプレッシャーがかかる試合でいかに再現できるかがポイントとなるので良かったです。

しかし、課題が見えた試合でもありました。
後半トライを挙げられるチャンスがありましたが、取り切ることができませんでした。W杯ではこの1トライで勝敗が左右されると思います。
また、後半20分すぎから選手の動きや判断力が遅くなるシーンが多数見られました。

ベテラン選手(フォワードとバックス)が話し合い、ゲームプランを考えることでもっとスムーズになると思いました。

試合は、34-21で日本代表が勝利しました。

ここからは、フィジー代表パトリック・オズボーンのキウイブリーズ独占インタビューです。

3R1A4570

本日の試合は!?

とても暑い試合でした。日本はとても素晴らしい試合で、我々は多くのミスをしてしまいましたがこれもラグビーだと思っています。私も日本でプレーをしていましたが、多くの選手が湿度と温度でショックを受けています。昨日は風もありましたが、本日の試合は風もなくコンディションを整えるのが難しかったと思います。日本代表は長い間が合宿を行っていると聞いていますが、皆さんも試合を見てわかったと思いますが、非常に素晴らしいチームに仕上がっていると感じました。

元ハイランダーズで指揮をしていたジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウンにメッセージを

グッドラックと言いたいです。日本代表はW杯で結果を出すことが最終的な目標でしょうから、頑張ってと思っています。セミファイナルなどで日本代表とフィジー代表が対戦したらリベンジしたいです。

試合後釜石まで駆け付けたファンにサインや写真をするパトリック。

 

3R1A4567

 

トニーと試合後にメールでやり取りをしたのですが、W杯まで東京には戻れないようです。

3R1A3974

戻ってくるタイミングで一緒にニュージーランドワインを飲みたいと思っています。しかしそういう時はラグビーの話は全くしないんですよね。。。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

1 / 3123

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information