ホーム > NZブログ > リポビタンDチャレンジカップ2022

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.7.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs フランス代表 第2戦 レポート

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs フランス代表 第2戦 レポート

7月9日(土)に国立競技場にて行われた、リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs フランス代表 第2戦 を取材してきました。

先週豊田スタジアムでの第1戦は、23-42で敗れた日本代表。前半は13-13で折り返したものの、後半は力の差を見せつけられました。先週からどのように修正しているのか、そしてリベンジかつフランス代表に初勝利となるのでしょうか!?

日本代表は、新型コロナウイルスの影響で一時離脱していたSH齋藤直人が復帰し、SO李承信とともにスターティングメンバーに入りました。若手2人のハーフバックコンビです!
また、同じく一時離脱していたベテランHO堀江翔太もリザーブに入りました。

キウイブリーズが注目するのは、ニュージーランド出身で20歳のワーナー・ディアンズ。まだまだ線は細いですが、201cmの長身を生かしたプレーに期待です。

3R1A7325

もう1人は、アシスタントコーチを務めるトニー・ブラウンです。ハイランダーズから日本代表へとハードスケジュールだったので、フランス代表戦の後はバケーションに入ります。

3R1A6916

試合前練習のときに「Hot!!(暑い!!)」って言っていました。

国立競技場でのテストマッチは8年ぶりです。57,011人ものの観客が応援に駆け付け、ものすごい熱量を感じました。この入場者数はテストマッチで過去最多とのことです。

3R1A7155

キックオフ前には、昨日亡くなった安倍元首相へ黙とうが捧げられ、日本代表は喪章を付けてゲームに臨みました。

前半9分にフランス代表に先制されるも、12分にカウンターから山中のトライ!素晴らしい流れでした。

3R1A6993

3R1A7005

19分に李がPGを落ち着いて決め、8-7と逆転します。

3R1A7022

そして前半終了間際の40分、細かいパスを繋ぎトライを決めたのはまたしても山中!

3R1A7096

3R1A7109

抜け出したリーチから山中へのパス、良かったですね!

15-7と日本代表がリードして前半を終えます。
前半のこの2トライは、まさに日本代表がやりたかったことなのではないでしょうか。
ところどころミスはあるものの、全体的に連携やパスの精度も良くなっている印象です。
フランス代表は前半リードされて終えたのは、今シーズンで初めてだったそうです。

後半フランス代表はPGを着実に決め、2点差にまで迫ります。
何度かピンチを迎えながらも日本代表は耐えていたのですが。。。
後半30分スクラムから抜け出し、逆転トライを決められてしまいます。

後半33分テビタ・タタフのトライが決まったと思われましたが、TMOによりノックオンでノートライに。親指を骨折している中、細かいところまでコントロール出来なかったのかもしれないです。

3R1A7219

試合は、20-15でフランス代表が勝利しました。
日本代表は歴史的快挙まで後一歩及ばず敗れましたが、素晴らしい試合でした。

3R1A7265

後半ミスで取りきれないところもありましたし、ティア1の強いチームに勝つためには細かいところまでさらに突き詰めていく必要があるというのを実感したと思います。

試合後のインタビューで、坂手キャプテンは勝ちたかったと悔しそうでした。それでも「自分たちのラグビーは良かった、いい感じにゲームを進めることができた場面が沢山あった。もっと努力して勝てるチームを作って次に向かいたい」と話すなど、収穫も多かったようです。
見つかった課題を秋に繋げていき、よりレベルアップしていってほしいです。

また、フランス代表から安倍元首相の名前の入ったユニホームと白い花束が贈られる場面も。素晴らしい心遣いだと思いました。
3R1A7302

3R1A7308

試合後にトニー・ブラウンに独占インタビューをしたので、後日アップします!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2022.7.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs フランス代表 第1戦 レポート

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs フランス代表 第1戦 レポート

7月2日(土)に豊田スタジアムにて行われた、リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs フランス代表 第1戦 を取材してきました。

先週ウルグアイ代表との対戦で43-7と大勝した日本代表。
今週・来週は、フランス代表との2連戦です。フランス代表は、現在世界ランキング第2位の強豪チームです。今まで10回対戦していますが、1分9敗で日本代表はまだ一度も勝ったことがありません。

世界ランキング10位の日本代表は、新型コロナウイルスへの感染によりウルグアイ代表戦に出場した4名が代表から離脱するという事態に。。。
そのため、先週初キャップを獲得したコベルコ神戸スティーラーズのSO 李承信がスタメンに入りました。ウルグアイ代表戦では短い時間ながら良い動きをしていたので、活躍に期待です。
今後が楽しみな選手だと元オールブラックスのベン・スミスも言っていました。

3R1A6676

前半2分に先制されるも、前半5分ペナルティゴールを李が落ち着いて決めました。
こういうときにきちんと決められるのは大きいと思います。

3R1A6467

前半13分テビタ・タタフのトライ!!
フランス代表の堅いディフェンスまでも突破するパワーがありました。

3R1A6546

トライ後のお祈りポーズ!

3R1A6568

会場の歓声も凄かったです!

時にヒヤッとする場面もありましたがフランス代表のミスに助けられました。
お互い一歩も譲らず、13-13で前半を終えます。

後半最初のトライを決めたのはフランス代表。空いたスペースを突きました。
そこから勢いは完全にフランス代表のペースとなりました。

前半終わった段階では、フランス代表が慣れない日本の暑さで体力を消耗し集中力を切らしてしまうのではないかなと考えていました。
しかし予想とは反対に、前半多かったペナルティをしっかりと修正してミスを減らしてきました。
流れるようなパスワークで一気にトライまで持っていく力がありますし、戦術のバリエーションも豊富でキックも上手く活用していました。

フランス代表も層を厚くするため、若手の選手が多かったのですが、それでもレベルの高さを見せつけてきました。
フィジカルが強くディフェンスでプレッシャーをかけてきたので、日本代表は後半なかなかチャンスを得られませんでした。
プレッシャーをかけられた時のサポートも遅かったように感じました。。。

それでも試合終了間際、ラストプレーでシオサイア・フィフィタが粘りのトライ!日本代表が意地を見せました。
24,570人もの観客からの声援が後押ししました。
このトライは次に繋がると思います!

3R1A6787

3R1A6791

試合は、42-23でフランス代表が勝利しました。

3R1A6830

敗れはしましたが、李をはじめとしてキャップ経験の少ない選手たちは良い経験が出来たのではないでしょうか。
1週間しっかりと修正して、良い準備をして来週の第2戦に臨んでほしいです。
あとはこれ以上チームで新型コロナウイルス感染が広まらないことを祈っています。。。

本日のベストショット!

3R1A6686

リーチ・マイケルがボールを持つと「リーチ」と歓声が今日一すごかったです。

試合後、一人ディスタンスを保っていたので体調が心配されます。

3R1A6848

トニーがアップの最後に笑顔が見れました。

3R1A6418

明日チームは東京に移動するとのことです。メディアとしてでは無く高校の先輩としてゆっくり会うのが楽しみです。

来週7/9(土)国立競技場でのリポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs フランス代表 第2戦も取材予定です。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.6.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs ウルグアイ代表 第2戦 レポート

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs ウルグアイ代表 第2戦 レポート

6月25日(土)にミクニワールドスタジアム北九州にて行われた、リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs ウルグアイ代表 第2戦 を取材してきました。

6月18日(土)秩父宮ラグビー場での第1戦は、34-15でNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)のメンバーを中心とした日本代表が勝利しました。

第2戦は、宮崎で合宿をしてきたトップチームが出場します。
そして7月2日(豊田スタジアム)・9日(国立競技場)にフランス代表との2連戦を控えています。

今回は2019年のラグビーワールドカップ日本大会で活躍したベテラン選手と、若手の選手が融合された編成となっています。

初キャップとなった選手の中に、コベルコ神戸スティーラーズの取材をした際に注目し、元オールブラックスのベン・スミスも将来有望な選手と言っていた李承信もいました。

3R1A5914

今回キウイブリーズが注目するのは、ニュージーランド出身のワーナー・ディアンズ。

3R1A5592

高校から日本でプレーするなど、東芝ブレイブルーパス東京でチームメイトのリーチ・マイケルと同じです。
ワーナー・ディアンズは現在20歳で、今回初めてのスターティングメンバーなのでまだまだ経験が浅いですが、2023年のワールドカップに向けてこれから活躍が期待されます。
自分も高校時代にダニーデンに留学していたので親近感が沸きます。

リーチ・マイケルも同じくスターティングメンバーに入っています。

3R1A5603

試合前に激しい雨や雷雨の時間帯もあり心配でしたが、キックオフの時には雨が止みました。気温は低めですが湿度が高く、風もありました。

image0 (2)

前半終了間際に、ウルグアイ代表のこぼれ球をディラン・ライリーがトライに持ち込みます。代表初トライです!

3R1A5710

日本代表は我慢の時間帯を乗り越えて前半を無失点に抑え、19-0で前半を終えます。

後半に入り、前半途中に降ってきた雨は止みましたが、風が強くなっていました。

後半10分ラインアウトからのモールで押し込み、ベン・ガンターがトライを決めます。
3R1A5859

ワーナー・ディアンズは後半12分で交代しました。

3R1A5694

勢いが止まらない日本代表は、後半15分初キャップのゲラード・ファンデンヒーファーや、後半23分梶村などトライを量産していきます。

しかしペナルティが続き、後半34分にウルグアイ代表のトライでこの試合初めての失点。
こういう時にきちんと修正し、守り切れていたらもっと良かったのですが。。。

ディフェンスが崩れていってしまったのは勿体無かったかなと思います。

試合は、43-7で日本代表が勝利しました。

沢山の選手が出場し経験を積むことができたので、今後のチーム力向上に繋がっていくと思います。
しかし、規律の乱れにより細かい反則が増えてしまったところが課題です。

李承信は後半22分からの出場で短い時間でしたが、攻守にわたりのびのびとプレーしていて良かったです。

3R1A5940

3R1A5953

今日の秘蔵ショット!
試合前にトニー・ブラウン アシスタントコーチがこっちに来てくれました。

image0 (1)

談笑からのこの表情。オンオフが違いすぎます。

3R1A5628

最終戦が国立なのでその前に色々キャッチアップしたいなと思います。そのあとはハイランダーズから仕事だったのでバケーションを満喫するとのことです。

来週7/2日(土)豊田スタジアムのリポビタンDチャレンジカップ2022 フランス代表戦 第1戦 も取材に行く予定です。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2022.6.18 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs ウルグアイ代表 第1戦 レポート

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs ウルグアイ代表 第1戦 レポート

6月18日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われた、リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs ウルグアイ代表 を取材してきました。

男子日本代表のウルグアイ代表との対戦は、2015年以来7年ぶり4回目となります。

先週のチャリティーマッチと同じく、日本代表はNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)のメンバーを中心に編成されています。

3R1A4612

対するウルグアイ代表は、2019年に行われたラグビーワールドカップでフィジーに勝利しています。

3R1A4607

今日はジェイミー・ジョセフHCが来ていました。

3R1A4578

アシスタントコーチのトニー・ブラウンは帯同しておらず、トップチームが合宿をしている宮崎にいるそうです。

また、イベントで来日している元オールブラックスのダン・カーターも来ていました。

3R1A4616

試合開始後から日本代表が積極的に攻めていき、ウルグアイ代表はペナルティを何度も取られる展開が続きます。

前半9分にロングパスから代表初キャップの根塚が初めてのトライを決めました!
リーグワン新人賞を受賞した選手です。

3R1A4711

両チームともにイエローカードにより14人ずつになる時間帯もありました。

ウルグアイ代表は体が強く、一度ボールを持つとパワーで攻め込むことができます。
前半終盤になるとウルグアイ代表も安定してきたように感じました。

前半34分にペナルティゴールで初得点を決めます。

要所要所では日本代表が強いもののなかなか得点に繋がらなかったのですが、前半終了間際にテビタ・タタフがトライ!

3R1A4769

前半は15-3で日本代表がリードします。

後半3分に山本の突破からパスを受けた堀越がトライ!

3R1A4853

ウルグアイ代表も後半18分にラインアウトから攻撃し、トライを決めます。

その後メンバーを一気に入れ替えた日本代表。
後半24分、33分にラインアウトモールから日野がトライを決めるなど、フィジカルの強さを見せつけました。

ウルグアイ代表も反撃し後半35分にトライを決めましたが、試合は34-15で日本代表が勝利しました。

3R1A4947

日本代表は課題はありますが、初キャップの選手も多い中テストマッチでしっかりと勝つことができて選手たちの自信に繋がったのではないでしょうか。

アシスタントコーチのアランド・ソアカイの勝率は100%と、今後に繋がるのではないのでしょうか!?

3R1A4586

本日のベストショット!テビタ・タタフです。次はトップチームでの活躍を期待してます。

3R1A4667

来週6月25日(土)は福岡のミクニワールドスタジアム北九州にて、第2戦が行われます。こちらも取材予定です。

ではでは

熊木

タグ : , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information