ホーム > NZブログ > 記者会見

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.10.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2019年シーズン サンウルブズ ヘッドコーチ トニー・ブラウン 記者会見

2019年シーズン サンウルブズ ヘッドコーチ トニー・ブラウン 記者会見

本日、14時30分から行われた 2019年シーズン サンウルブズのヘッドコーチに就任したトニー・ブラウンの記者会見を取材してきました。

時間通りに会場入りしたトニー。多少緊張していたと思いますが、メディア一人ひとりの質問に丁寧に対応していました。

以下、質問内容です。

3R1A2836

日本代表とサンウルブス両方のコーチを兼任する大変さについてはどう考えているか?

ユニークなシチュエーションで、SRのチームの中で唯一だと思う。
大変なこともあるが、良い点もたくさんあるはずだ。たとえば、SRで経験したことが、国際試合で同じような展開になることもあるはず。
ワールドカップで素晴らしい成果を出したい。

HCオファーの打診のタイミングと、内容について

最も重要なことはサンウルブスの継続性。昨シーズンの経験を引き継いでいくということ。新しいヘッドコーチをつれてくるのは得策ではない。
ジェイミーをはじめ、他のコーチがチームに与えてくれたものを、来シーズンに継続していけば、いい結果がついてくると思う。
オファーの打診のタイミングは、特にはっきりは覚えていなくて、わからない。ジェイミーが離れたときから、話は出ていた。数ヶ月かけて決まったものだ。

先ほど2チームは同時に進行するのは良い影響があるといったが、もちろん悪い影響もあると思う。チーム序盤に良い活躍をしたとしても、途中抜ける可能性もある。

基本的にNZのスーパーラグビーとオールブラックスの関係と似ている。主力選手が抜けても戦い抜けるチームの深さを作れる。

また、抜けた選手たちについても、3~4ラウンド終わった後に戻ってきたときに、プレーの価値を発揮する必要があるため、良い結果を出してくれる可能性が高まる。

また、若い選手に機会があると思う。
機会があるというのは試合に出るという意味だけではない。ヘイデン・パーカーなどと一緒に練習することで、非常に良い刺激があるはずだ。

私たちは多くのスコッドを抱える。チームスタート時には30人という小さな人数で開始するが、SRがスタートして後半から大きな所帯になってくる。SRは怪我が多い。
多くのプレーヤーが後半に加入してくるのはそういった意味で当然だし、シーズンの中で多くのメンバーが関わってくれるのはいいことだと思う。

日本代表に帯同していて、サンウルブスにいないときはどうするのか?

良い質問だね。
ちょうど今プランニングしているところだ。私がいないときはスコット・ハンセンが代理をしてくれるし、彼が100%良い仕事をしてくれるはずだ。
サンウルブスにしか出場しない外国の選手も、すぐに適応してくれると思っている。具体的には素早くてスキルのある選手だ。

ジェイミーから引き継いだことは?

私がサンウルブスで体現したいことは、常に最大限にイノベイティブであること。
JJと比べると私はリラックスした性格だ。ただ、JJが積み上げてきてくれたチームカルチャーをベースに、さらに積み上げていくことを大切にしたい。
イノベイティブなチーム作りをしていくし、たくさんの人に試合を観に来てほしい。
また、世界中をみてもこのスタイルのチームはサンウルブスだけなので、多くの人にみてほしい。

選手のコンディションでも変わってくると思うが、代表選手はどのあたりから起用できると思うか?

そもそも日本代表が誰になるかが決まっていないという前提での話だが、ラウンド4~6から入ってくることを想定している。

去年のシーズンの目標として5位以内とあげたが、今の具体的な目標は?

いま具体的な目標は申し上げることができないが、スタイルが大事だと思う。そのスタイルをチームにどのように浸透できるかを考えている。

そのスタイルとは、試合に来てくれればわかると思うが、スペースを使うこと、スピードに乗ること、ボールキープ率を上げること、ターンオーバーからすぐにカウンターに変化すること、セットピース、スクラムを最小限にすること、すばやい展開を続けていくこと。これらが上手にできたら、必然的に結果がついてくると思う。

優勝ということを言えるわけではないし、日本のメディアをフォローしているわけではないが、母国NZの人たちが観て「すごいね」と言ってもらえるプレーをしたい。具体的には、イノベイティブで革新的で「この試合は日本だけしかできないね」と言ってもらえたらうれしい。

SRをまだ体験したことの無い選手たちをどのように育成していくのか?

チームの深さを作るのはとても難しいことで、チームのやりたいことを徐々にわかってもらうには時間が必要で、正直2~3年はかかるだろう。
だからこそ、JJから引継ぎ、去年と同じアシスタントコーチ、選手たちが来ること、その中で積み上げていくことが非常に大事だ。

トニーは3チーム目のHCだと思うが、今楽しみにしていることは?

去年からの経験を継続することがとても楽しみなことだ。昨シーズン後半は、自分たちがやりたいことができるようになってきた。
何度も話しているが、それを引き継いでいくことが大切だ。
何年も前のことは覚えていないので、過去HCをしたチームのことはすいません、忘れました(笑)。
先のことしか見ていないし、先のことが楽しみな性格なので。

JJは統括という立場になったが、チームに関してはJJと一緒に作っていくのか、完全に任せられているのか?

JJがまずは大まかなスコッドを決め、補強に関しては私とスコット・ハンセンで決めていきます。

記者会見後にパーソナルな質問で、いつファミリーが来日するのかを聞いたところ、来週火曜日とのことでした。

3R1A2877

彼は負けず嫌いで、気持ちの強いヘッドコーチです。
これからの日本ラグビー界の発展に必要な人材だと思っています。
また、2019年W杯で結果を残すためにも、今回の人選が一番良かったと思っています。

上記、写真の笑顔を試合後多く見れたらいいなと思っています!

最後に取材後外に出てもらい、彼の一番好きなセントラルオタゴのピノノワールをプレゼントしました。

「中では渡せないから外で」と言ったら、「日本人みたいだね」って笑われました。。。

高校はトニーの後輩でもあるキングスハイスクールですが、それからはずっと日本ですし、記者会見の会場で渡す勇気は。。。

プレゼントしたワインは、プロフェッツロックのホームビンヤードピノノワール2014をセレクトしました。

3R1A2879

トニーは飲んだことがないワインと言っていたので、コメントをもらうのが楽しみです。
楽天やアマゾンやヤフーのブリーズオンラインショップでも取り扱っています。

最後に週末にでもプライベートな場でセントラルオタゴのワインを飲みながら、プライベートな話をしたいです!

ではでは

熊木、

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.9.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ダン・カーター共同記者会見+キウイブリーズグッズ紹介

ダン・カーター共同記者会見+キウイブリーズグッズ紹介

昨日のゲームレポートに続き、試合後に行われたダン・カーター共同記者会見内容について書きます。

以下、ダン・カーターのコメントです。

「今日はチームにとっても、私にとっても素晴らしい試合になりました。相手は昨年度のチャンピオンチーム。サントリーにはずっと勝てていなかったそうですので、今日はチャレンジでした。非常にハードワークでしたが、トップリーグに出られてとても嬉しく感じています。

日本に来て2ヶ月、ようやくジャージを着て試合に出ることができて、とても嬉しいです。また、本当に多くの人が試合を観にきてくれたことも、嬉しかったです。

2ヶ月の間、色々な人に助けてもらいました。そのおかげで日本に慣れるのはとても早かったです。夏合宿では、チームで色々トライしてハードワークをこなしました。マン・オブ・ザ・マッチの受賞はとても嬉しいことですが、チームの誰が取ってもおかしくなかったと思います。チームメンバーに感謝したいです。

日本のラグビーの基準は毎年レベルアップしています。
今日は80分フルに試合に出るつもりはありませんでした。後半にリザーブの選手が入ってきたときに交代かなと思いましたが、そうではなく80分間プレーしました(笑)

日本のラグビーはスピードが速いので、そこに慣れていくことが必要です。後半は雨が降って、スピードが落ちたので助かりました。また、4ヶ月の試合のブランクがあったので、緊張しました。16年のキャリアがありますが、新しい国でスタートするときは、過去の実績は関係なくまた1から作っていく必要があるため、だいぶ緊張していました。今日はあくまでスタートです。毎週改善していかないといけません。

全体的に、今日の自分のプレーには満足しています。通常自信がつくまで、いつもなら数試合かかりますが、今日は自分のスキルをしっかり出すことができて本当に良かったです。ハードワークのおかげです。チームメンバーも、自分がやりやすいようにしっかりと動いてくれました。」

一流の選手はコメントも一流だということが、記者会見からよくわかりました。

3R1A1011

会場にいた多くのメディアからの質問に丁寧に受け答えする姿に、皆がダン・カーターの人間として素晴らしさを感じていたと思います。

試合後のグリーティングのときのダン・カーター。

3R1A0965

笑顔が素敵ですよね。

最後までファンの方にサインをしていました。

3R1A0981

共同記者会見があり、スタッフが呼びに来るまでずっと書いていました。

人としても素晴らしく、2009年オールブラックスとして来日したときに貰った、オールブラックスのジャージ。

FullSizeR (1)

その翌年にクラストチャーチで行われたブレディスローカップで貰った、オールブラックスジャージ。

FullSizeR

そのときに、日本でいつかプレーをして下さいと言ったところ、「自分のキャリアはどうなるかわからないけど、プレーできたらいいね」と言ってくれたことを覚えています。

さらに、2013年にオールブラックスとして来日したときにもらった手形。

1

サインをしながら、「日本には色々な物があるんだね」と言っていました。

全ての人を本当に大切にする姿勢こそが、ダン・カーターが世界中から慕われている理由かもしれません。

またいつか神戸でインタビューができたらと思っています!

All The Best DC!

ではでは

熊木

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information