ホーム > NZブログ > 2017年 > 6月 > 16日 > 初夏のニュージーランドワイン開催報告

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.6.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze

初夏のニュージーランドワイン開催報告

初夏のニュージーランドワイン開催報告

こんにちは、我妻です。

昨日は私主催で「初夏のニュージーランドワイン会」を開催させていただきました。
少人数での開催となりましたが、参加者の方々も楽しく交流していただき、非常にアットホームな会となりました。

通常、ワイン会といえば赤・白両方出すのが普通ですが、今回は白ワイン、しかもソーヴィニヨンブランのみに限定した、ちょっと変わった会として企画しました。

19238375_1206669482778047_1753816525_o

しかし、同じソーヴィニヨンブランでもこれほどに違いがあり、しかもどれも味わい深いと感じていただけたのではないかと思います。

スタートはクラウディーベイのソーヴィニヨンブラン 2016から。
ソーヴィニヨンブランには、さっぱりとした和食も合うということを感じていただきたかったので、大葉と大根おろしと釜揚げシラスの和え物をご用意させていただきました。

19238288_825071597639961_2100714461_o

ワインには洋食というイメージが皆さん合ったようで、とてもびっくりされていました。

続いては、インヴィーヴォの種類の異なる2つのソーヴィニヨンブランをご用意しました。
特に良質なブドウが採れるとされる、アワテレヴァレーのソーヴィニヨンブラン 2015は、通常のソーヴィニヨンブラン
2016と比べて飲み口がまろやかで、立ち上ってくる香りがほんのりと甘いワインです。

19181950_1206673419444320_1778319964_o

通常の方は冷やしたほうが飲みやすく、アワテレはもう少し高めの温度が飲み頃と感じました。

これら2本には、トマトとレタス、生ハムのサラダと、ローズマリーでほんのり香り付けした鳥ハムをご提供させていただきました。

19243924_1206669202778075_1615204349_o

4本目からは、樽熟成のテイストを入れたものをご提供。

その1つ目は、ニュージーランド滞在時にも訪れたワイナリー、アミスフィールドのソーヴィニヨンブラン 2015です。
口に含んだ瞬間に感じるほのかな樽の香りとクリーミーなテイストが特徴ですが、そのインパクトはすばやく消え、最後に口に残るのは、ソーヴィニヨンブランの爽やかな果実味という、2度味わうことのできる良質なワインです。

5本目は、日本人醸造家のコウヘイ氏が手がけるアタマイのファンキーソーヴィニヨンブラン 2016。
こちらはアミスフィールドよりもさらに樽熟成、樽の香りをしっかりつけているので、ハニートーストのような甘く芳醇で、香ばしい味わいが特徴です。

こちらには、かつおのたたき、アンチョビとトマトとバジルのパスタを合わせていただきましたが、皆さんとにかくアタマイの美味しさを存分に味わっていただいたように思います。

19243706_825071644306623_1669841780_o

最後は、王道クラウディーベイからテココ2013をサーブさせていただきました。
アタマイとの飲み比べでは、テクスチャーの比較をしていただいたので、それぞれのよさを感じていただけたのではないかと思います。

少しずつ残った1~6本目とあわせて、最後にグレープフルーツ、ピンクグレープフルーツ、パイナップルと3種類のフルーツをご提供。
そして、デザートとは言いづらいですが、NZで人気のウィッタカーのミントチョコレートを味わっていただき、終了です。

今回、ニュージーランドワインの美味しさを皆様に知ってもらう機会をご提供できたことを、心から嬉しく思いました。

19250047_1206669656111363_1864994550_o

また開催させていただきますので、ご縁のある方がいらっしゃっていただけることを楽しみにしています。


<ワインリスト>

・クラウディーベイ ソーヴィニヨンブラン 2016
・インヴィーヴォ ソーヴィニヨンブラン 2016
・インヴィーヴォ アワテレ ソーヴィニヨンブラン 2015
・アミスフィールド ソーヴィニヨンブラン 2015
・アタマイ ファンキーソーヴィニヨンブラン 2016
・クラウディーベイ テココ 2013

我妻

タグ : ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information