ホーム > NZブログ > 2017年 > 10月 > 19日 > ワインコンプレックス TOKYO 2017-18 レポート

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.10.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze

ワインコンプレックス TOKYO 2017-18 レポート

ワインコンプレックス TOKYO 2017-18 レポート

こんにちは。

昨日は都内で開催されたワイン試飲会「ワインコンプレックス TOKYO 2017-18」に参加してきました。

ワインコンプレックスは世界各国のワインが集まり、インポーターや生産者が自慢のワインを振舞いながら、レストランや酒販店向けに商談を行う試飲会です。

いつもながらに会場はたくさんの人の熱気で盛り上がっていました。

もちろん、ニュージーランド産のワインもたくさん出展していました。

今回出会ったワインの中で面白かったのは、「Bald Hills(ボールドヒルズ)」というニュージーランドのセントラルオタゴにあるワイナリーのリースリングとピノ・ノワールでした。

image_123923953

このワイナリーはシングルヴィンヤードで造っている小さなワイナリーですが、既に数多くの金賞、ゴールドメダルなどを受賞しており、これから日本で発売していくようです。

リースリングは高い残糖数にもかかわらず、酸がしっかり際立っているため、甘み感じさせず、その糖と酸のバランスが絶妙で、その上で非常にフルーティーな香りが引き立っていました。

IMG_3406

ピノ・ノワール2013はとても繊細で絹のような口当たりながらも、長く続くタンニンと、セントラルオタゴ独特のミネラル感のバランスが美しいワインでした。

IMG_3407

今回は生産者も来日されていたので、色々お話させていただくこともできました。美しいバランス感のワインを生産されている、彼らの今後に注目のワイナリーです。

今回のワインコンプレックスでは、目玉企画として、牡蠣に合うワインを選ぶコンテスト、「ベストオイスターワイン」10種の発表もされていました。

IMG_3394

牡蠣は、ワインにとてもよく合うフードとして知られています。生産者の中には、牡蠣に合うという目的だけに特化したワインを造っているところも多くあります。

さて、今回のベストオイスターワインには、ニュージーランド産のワインとして唯一「インヴィーヴォ スパークリング ソーヴィニヨンブラン NV」がノミネートされていました。

IMG_3393

インヴィーヴォについては、何度か記事として書かせていただいたこともありますが、2007年に設立された若いワイナリーでありながらも、既に世界的な賞を数多く受賞している、マールボロ地区にある世界が注目するワイナリーです。

IMG_3396

マールボロの代名詞ともいえる品種、ソーヴィニヨンブラン100%のスパークリングワインは、ドライな飲み口ながらも柑橘系のフレッシュさが、泡とともに口いっぱいに広がる、完成度の高い素晴らしいワインです。

そのフレッシュさは、牡蠣の生臭さを消してくれて、爽やかに楽しむことができる一品なので、今回の「ベストオイスターワイン」に選ばれていることにも納得しました。

弊社楽天ブリーズオンラインショップ、自社ブリーズオンラインショップでもインヴィーヴォのスパークリングは取り扱っていますので、是非牡蠣とあわせて楽しんでみてくださいね。

我妻

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information