ホーム > NZブログ > 2014年 > 11月 > 30日 > 横浜FマリノスVSアルビレックス新潟 レビュー

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2014.11.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze

横浜FマリノスVSアルビレックス新潟 レビュー

横浜FマリノスVSアルビレックス新潟 レビュー

11月29日(土)17時04分キックオフ

場所:日産スタジアム

観客数:29,379人

29日、日産スタジアム にて行われた横浜FマリノスVSアルビレックス新潟の試合を取材してきました。横浜Fマリノスは監督ホームラストマッチを勝利で飾りたい意気込み。前節FC東京に勝利し、残り2試合勝利で終えたいアルビレックス新潟。両チームとも意地のぶつかり合いの試合となった。

横浜Fマリノスは主導権をなかなか握ることができず難しいゲームだったが、守備の部分でボールを奪い、0点で抑えることが出来た。アルビレックス新潟は悪いサッカーはしていないのだが、勝利出来ない。その理由は明らかに得点力。サイドを使いながらクロスを挙げたり、ボールを奪ってからサイドを使いゲームをコントロールしていた。課題は、最後のクロスの精度やフィニッシュの精度のみである。

IMG_0441

10番の田中選手のこの表情がそれを物語っている。

IMG_0566

この課題がクリアされたら、来年必ず上位に入れるだけのチームであることは証明されている。

こうして書くのは簡単だが、これが一番難しいと思うのだが。

舞行龍

取材目的であるアルビレックス新潟の「舞行龍ジェームズ」は、2014年シーズン初のベンチスタートとなった。試合後、インタビューをした。

質問した内容は下記3問。

今シーズンはじめてベンチスタートだったがどのように感じたか?

「ベンチスタートではやっぱり悔しかったですけど、サッカーは結果が全て。

この前の試合内容が良かったので、仕方ないと思います。

次のチャンスが来るまで頑張り続けるしかない。」

 

ベンチから試合をみた感想?

「試合の内容は悪くなかったと思います。ただ、チャンスを決めないと今日みたいな試合になると思います。」

 

次の試合に向けてのコメント

「また今週の練習でしっかりアピールして、次の試合には出て、サポーターの皆様にホームでの勝利をプレゼントして終わりたいです。

もし出られずベンチになったとしても、精一杯スタンドから応援したいと思います。」

今までにもハングリー精神でここまでやってきた選手である。

何とかレギュラーを勝ち取ってもらいたい。

何とか次節試合に出てシーズンを終わらせてもらいたい。

Best Wishes MJ!!!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information