ホーム > NZブログ > 2016年 > 6月 > 05日 > アントマッケンジー × ブリーズオンラインショップ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2016.6.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze

アントマッケンジー × ブリーズオンラインショップ

アントマッケンジー × ブリーズオンラインショップ

楽天「ブリーズオンラインショップ」での取扱いを検討しているニュージーランドワインの試飲を行いました。

その一つは、ホークスベイの「アントマッケンジー」

2013年に設立された新しいワイナリーです。

image

1970年、ニュージーランド生まれのアントはリンカーン大学で栽培と醸造を学んだ後、マールボロのフラミンガムにてワインメーカーとなります。

その後、スパイバレー、マッドハウスのチーフワインメーカーを歴任し、2009年にカルトワインとして名高い「ドライリバー」の創業時のワインメーカーの後釜としてチーフワインメーカーに就任します。

現在は、ドライリバーとテアワのコンサルティングワインメーカーを務めつつ、マールボロの若手ワインメーカーの指導者としても活躍しています。そんな彼が自身の名を冠して、これからじっくり育て上げようとしているワイナリーが「アントマッケンジーワインズ」です。

自宅に2010年植樹の2haのヴィンヤードを所有し、オーガニック栽培(現在ビオグロ認証の申請中)をベースに、できる限りのhands offな栽培を心がけています。醸造においてもホークスベイの、各ヴィンヤードの個性をワインにそのまま反映すべくヴィンヤード由来の自然酵母での発酵を中心に行っているみたいです。

4種類を試飲しましたがどれも素晴らしい。。。

IMG_3669

セオリー&プラクティス シャルドネとセオリー&プラクティスシラーはバランスが取れたワインでした。特にシラーは最高なフルボディーでお肉と一緒にマリアージュしたかった!

IMG_3671

クラフトファームのシャルドネとシラーはまさしくクラフトです。
個性のかたまりの印象です。

是非飲み比べて頂きたいです。同じ作り手でここまで味が変わるとは。。。あとは価格がお高めなので。。。

現在、クラフトビールがブームになっていますが、これからはクラウトワインの時代かな!?

高橋

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information