NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2016.6.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ  フォラージュ体験イベント

クラウディーベイ  フォラージュ体験イベント

6月29日(水)渋谷のクォーツギャラリーにて開催された、ニュージーランドワインのパイオニア、クラウディーベイが2006年より提唱するテロワール体験プロジェクト『美食のトレジャーハント=「FORAGE フォラージュ」』を取材して参りました。

※クラウディー ベイは、ワインを理解するのにその起源を知る必要があると考え、クラウディー ベイを生み出す、ニュージーランド・マールボロ地方の自然の恵み、その恵みの収穫に関わる全ての人々の離れられない関係性を伝える体験として2006年、地域を探索する「フォラージュ(Forage)」を立ち上げました。

豊かな森に覆われ、海に囲まれたニュージーランド、そして日本。その自然・気候・風土には共通項が多く見出され、そこで育まれる食、ワイン、ライフスタイル、美意識は、自然と調和の中に見出されるシンプルなラグジュアリー、ナチュラル ラグジュアリーという言葉で結ばれます。
今回は“海から山まで、ニュージーランドそして日本の自然の恵みをふんだんに掛け合わせながら、クラウディー ベイのスパークリングワイン、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、そしてピノ・ノワールを媒介に、テロワールを旅する”というテーマでイベントは進められました。

それでは、当日登場したお料理などをご紹介致します。

クラウディーベイフォラージュ (4)

まずは、クラウディー ベイのスパークリングワイン「ペロリュス」で乾杯。

クラウディーベイフォラージュ (6)

クラウディー ベイの葡萄栽培責任者ジム・ホワイト氏も登場し、ニュージーランドやフォラージュについて、また今回用意されたワインについてなどの挨拶がありました。

このペロリュスと共に頂いたのは、日本の五島列島で採れた岩牡蠣「花美」。

クラウディーベイフォラージュ (2)

産卵期のふくよかな身を楽しめる様育成された種で、今回はニュージーランドで生牡蠣を食べる時に用いられる方法、すなわち海水から上げたそのままの状態で提供されました。
塩分がそのまま残された牡蠣は少々塩辛く感じられましたが、海のミネラルをしっかりと感じられる食べ方。ペロリュスの繊細な泡でつるりと入って行きました。

クラウディーベイフォラージュ (5)

また同じくペロリュスで頂いたのは、ニュージーランド産スキャンピと、オーラ キング サーモン。
世界でもっとも甘みが強いスキャンピと評価されていて、今回は試験管の様な容器にレモン水、山梨産山椒オイルに入れられて登場しました。レモン水によって甘みがより引き立てられ、口に含み山椒の香りを感じながらペロリュスを流し込む。今回の組み合わせで私は一番好きでした。

IMG_5548

キングサーモンはシンプルな味付けでしたが、トッピングされたパクチーの花が斬新。
私はパクチー好きなので美味しくいただきましたが、これは好みが分かれそうですね。

クラウディーベイフォラージュ (3)

冷菜だけでなく、ニュージーランド産パーナ貝(グリーンマッスル)を使ったパエリアもありました。貝殻の上に綺麗に盛り付けられたパエリアは、ほんのり磯の香りがしてもっちりと仕上がっていました。

ペロリュスの次に登場したのは、クラウディー ベイの代名詞とも言えるソーヴィニヨン・ブラン。

クラウディーベイフォラージュ (8)

クラウディーベイフォラージュ (7)

これに合わせ、キングサーモン、キウイフルーツのサラダが用意されていました。

キングサーモンは脂の乗りが良く、メロンと、喜界島でしか採れないという「シークー」という柑橘を甘く煮た物が添えられていました。ベルガモットの香りのする柑橘で、初めていただく組み合わせが新鮮でした。
キウイフルーツのサラダはキウイをそのまま器にしてあり、皮も残したまま。またまたパクチーの花が登場し、青々した香りが特徴的でした。

次に赤ワインとお肉に移ります。

会場に入った時からジュージューと美味しそうな香りを漂わせ、グリルされていたお肉たち。

クラウディーベイフォラージュ (9)

まずはピノ・ノワールに合わせ、山梨県産の鹿が提供されました。
ネックショットという方法で獲られた鹿は臭みがなく、低温でじっくりと時間をかけ柔らかくジューシーに仕上げられていました。添えられたのはビーツのソース。
イメージや見た目よりクセがなくあっさりとした鹿肉に、食事を圧倒せずどんな料理にも合うピノ・ノワールがマッチしていました。

クラウディーベイフォラージュ (11)

会場を1フロア上に移しお披露目されたのは、今年の8月に日本で初お目見えする「テ・ワヒ」。マオリ語で「The Place」という意味の名前を付けられたこのワインは、マールボロではなくセントラル・オタゴで作られた、クラウディー ベイにとって挑戦とも言えるワインとのこと。

クラウディーベイフォラージュ (10)

こちらに合わせたのはニュージーランド産のラムと、日本の様々な野菜のグリルです。
カラフルな色のニンジンやジャガイモ、ビーツなど見た目にも楽しい一皿でした。が、ラムはこれまでに食べた事のないねっとりとした食感で、ある意味斬新。軽く衝撃を受けました。
想像していたより軽い口当たりでフルーティーなテ・ワヒは、赤ワインの渋みやえぐみが苦手、という方にもさらりと飲みやすいピノ・ノワールで、シンプルに塩でグリルされたラムや野菜の旨味を引き立てている様に感じました。

クラウディーベイフォラージュ (12)

そして、最後に液体窒素を使ったパフォーマンスと共に提供されたのはパイナップルのシャーベット。香草のシャーベットが乗せられ、マヌカハニーが少しかかっていました。
こちらには柑橘のアロマが感じられるシャルドネと合わせ、お肉の後にサッパリといただけました。

クラウディーベイのワインは幾度となく口にして来ましたが、これまでにないスタイルのイベントで、ワクワクしました。これまでフォラージュという言葉すら知りませんでしたが・・・かしこまって飲むのではなく、捕って、調理して、食べて、飲む。そんな潔い楽しみ方もあるのだなと知る良い機会になりました。
いつかクラウディーベイのワイナリーへ行って、本物のフォラージュ体験、してみたいです。

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2016.6.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ ジム・ホワイト 再会 2016・6

クラウディーベイ ジム・ホワイト 再会 2016・6

27日、夕方クラウディーベイのヴィティカルチャリスト(ブドウ栽培責任者)のジムホワイト氏が来日しました。
色々な関係があるので顔はNGですみません。。。。

彼とは数年の付き合いになり本当に紳士な方です。

IMG_5487

滞在しているホテルのバーでクラウディーベイ ソーヴィニヨン・ブランをグラスで飲みました。
バーテンダーの方からクラウディーベイの説明を聞いたあとジムが名刺を。。。

バーテンダーの方も驚いていました!

そのあと、タクシーで赤坂を散策しておでんのお店に入りました!

IMG_5489

20時~22時30分色々話せて本当に有意義な時間でした。
どこのお店に行くか迷い、おでんを食べたいなんて日本通ですよね!?

IMG_3731

話しは変わりますが、Te Wahi(テワヒ)が遂に来月日本でリリースされます。
クラウディーベイはマールボロで有名なワイナリーですが初めてマールボロ以外(セントラルオタゴ)でワインを作ったのです。

ピノノワールと言えばセントラルオタゴ産という方も多いのでは!?
自分もそうです。。。2012年から言ってたことが実現して嬉しい限りです!

既に2ケースブリーズオンラインショップとしてもオーダーをしております!

 

最後に、来年になると思いますが3日位のオフをくっつけて家族を連れて鎌倉に来てくれそうです!

ジムは、親日家で日本酒に非常に興味を持っていました。

 

IMG_5490

おでん屋さんではワイングラスで日本酒!

 

IMG_5496 (2)

数種飲みましたがリースリングやシャルドネのテロワールを感じてました。

本日は、福本が12時~ メディア向けのクラウディーベイイベントに出席をしておりますので明日ブログでレポートしてもらいます。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2016.6.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

アルビレックス新潟 サマーフェスタ2016 舞行龍ジェームズver

アルビレックス新潟 サマーフェスタ2016 舞行龍ジェームズver

6月26日に開催された「アルビレックス新潟サマーフェスタ2016」に今年も行ってきました!

このイベントは選手がブース(選手プロデュース食品・スポンサー・トークショー)に立ち、ファンと触れ合うことが出来る貴重な機会です。

本ブログでは、舞行龍ジェームズの一日をレポートします。

【13:15 ~ 13:45 ピザの販売促進】

IMG_5103

舞行龍ジェームズプロデュースピザ「ツナマヨとチーズ&チーズ」
もっちりしたピザ生地でした。500円で2切れ入っていました。

IMG_5113

味は普通に美味しかったです。

【13:45 ~ 14:00 トークショー】

IMG_5163

端山選手・指宿選手との絡みが面白かったです。長岡の花火大会をリコメンドしていました!
また、端山選手と食事に行ったかは不明です!?

【14:00 ~ 14:15 早川選手募金活動】

IMG_5211

急性白血病でチームから離脱している早川選手の募金活動を指宿選手と行っていました。
一人一人に握手して御礼を言っていました。

【14:30 ~ 14:45 スポンサーブース】

IMG_5330

子供たちと和気藹々とサッカーをする舞行龍がいました。足元は上手かったです。子供とサッカーをしている姿がとても楽しそうで、輝いて見えました。

実際、ヴィファーレン長崎に所属していた時も、子供からの一人気が高かった舞行龍。
その理由がわかる気がしました。

イベント後、舞行龍ファミリーとスタジアム近くでお茶をしました。
息子さんはとてもキュートな赤ちゃんで、目元は奥さん似だったかな!?

IMG_5454

サマーファンフェスタ2016で舞行龍が着用していたシャツに、サインを入れてもらいましたので後日ギャラリーにアップします。

天気予報では雨のち曇りでしたが、行ってみたらかんかん照りの中、一日お疲れ様でした。

オフシーズンになったら是非また家族3人鎌倉へ遊びに来てください!

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2016.6.26 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー 日本代表vsスコットランド代表 レポート

ラグビー 日本代表vsスコットランド代表 レポート

こんばんは

本日、味の素スタジアムで行われた日本代表vsスコットランド代表の試合を取材してきました。

IMG_4593

19時20分キックオフと遅めのスタートでしたが、湿度が高くジメジメと不快なコンディションでした。
試合は両チームとも意地と意地のぶつかり合いでした。

IMG_4677

昨年のW杯で唯一の敗戦をしたスコットランド相手だったので、力が入らないはずがありません。

前半の日本代表のプレッシャーはとてもよかったです。
後半になり中盤でターンオバーをとりゲームの主導権を握ったスコットランド。
試合結果は、21対16で僅差での敗戦。

しかしながら新生ラグビー日本代表を見せることが出来たと思います。

IMG_4768

9番の茂野や10番の田村は期待したいです!

IMG_4760

特に田村のキックの精度は五郎丸を超えるかもしれないと思いました。

ここでキウイブリーズだけの独占情報!

IMG_4701

本試合スコットランドのウィング11番ショーン・メイトランド(ニュージーランド トコロア出身)は、アルビレックス新潟の舞行龍ジェームズのいとこなんです!
先日舞行龍のご両親が来られたとき、幼いころの2人の写真を見せてもらいました。

舞行龍がアルビレックス新潟のオフ日に、わざわざ東京まで会いに来るくらいの仲の良さです。

IMG_4727

ショーンはフルバックが本職とのことでしたがウィングでも存在感を出していました。
また、いつか日本でプレーもしてもらいたいですね。

試合後、ミックスゾーンでインタビューを行おうと試みましたが、体調があまり良くなく。。。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2016.6.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ビールの教科書 ニュージーランド産ビール STOKEゴールド 掲載

ビールの教科書 ニュージーランド産ビール STOKEゴールド 掲載

こんにちは。
ブリーズオンラインショップで取り扱っているニュージーランド産ビール「STOKE」が、またまた書籍で紹介されました!

宝島社より発売された「ビールの教科書」(\648税込)の60ページに、ストークのゴールドが掲載されています。

IMG_0591

ほのかな柑橘系の香りと、しっかりした苦みを感じることのできるビールです。

ニュージーランドからはこの1種類だけなので・・・私が作ったわけではないですが、なんだか誇らしい気分になります。

6月21日発売ですので、是非手に取って読んでみて下さいね!

また、ブリーズオンラインショップのこちらのページで購入出来ますので、気になる方は是非是非!
ストークは全4種類ありますので、どれも気になった方はセットがおすすめですよ。

また、AMAZONでも購入可能です!

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2016.6.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ Forageスペシャルメニュー

クラウディーベイ Forageスペシャルメニュー

日本で、クラウディーベイのForageスペシャルメニューが期間限定で体験できると聞き、表参道のTwo Roomsと六本木1丁目のRuby Jack’sへ行ってきました。

ディレクター・シェフのマシュー・クラブ氏がニュージーランドのマールボロへ行き、フォラージュ体験したこと(自らの手で獲ってきた食材を調理すること)を日本で再現されたそうです!

Ruby Jack’sでは4月1日~6月30日まで、Two Roomsでは4月22日~6月30日までクラウディーベイとお食事のマリアージュをお楽しみいただけます。

IMG_4295

Two Rooms では、クラウディーベイ ソーヴィニヨン ブラン 2015をグラス 1980円 / ボトル 9800円で提供しています。

ソーヴィニヨン ブラン 2015に合わせたのは「三陸産 ホタテの鉄板焼き ベーコンダスト アヴォガド」2300円。

IMG_4300

ホタテは、中はレアなのに表面がカリッと仕上がっていました。一般家庭の火力では再現が難しそうな料理ですね。また、ベーコンダストの芳しい香りが食欲を誘いました。

自分だったら、ソーヴィニヨン ブランよりシャルドネを合わせたいと感じました。来週検証します!

食べ終わった後、その足で Ruby Jack’s へ。

IMG_4324

こちらではピノノワール2013をグラス 2300円 / ボトル 10500円で提供しています。
ピノノワール2013に合わせたのは「じっくり調理した プレミアムラムラックの鉄板焼き」ハーフラック4400円もしくはフルラック8800円。写真はフルラックです。

IMG_4329

2人で食べるにはかなりボリュームが多かったので、ハーフラックをお勧めします。
マリアージュは完璧と言えました。ラム独特の匂い(自分は嫌いではありません)と、ピノノワールのベリー系の香りが口の中で合わさると最高のマリアージュ!

合わないはずのないコンビネーションでした。ちなみに、ラムが出てくるまで30分位かかるので、その間前菜や他の料理も注文されると良いと思います。

両レストランともに今月30日までの提供です!

ではでは

熊木

タグ : , ,

1 / 3123

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information