ホーム > NZブログ > 2017年 > 5月 > 06日 > AJ Hackett Bungy Centerでのバンジージャンプ体験記

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.5.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze

AJ Hackett Bungy Centerでのバンジージャンプ体験記

AJ Hackett Bungy Centerでのバンジージャンプ体験記

こんにちは、我妻です。

クイーンズタウンのはずれにある、AJ Hackett Bungy Centerというところで、バンジージャンプをしてきました!

ここはバンジージャンプを誰でも楽しめるアトラクションとして作られた、発祥の地。カワラウ橋から47mのフォールを楽しむことができます。

IMG_2593

バンジー (bungy) とはニュージーランドの方言でゴムひものことで、ここのセンターの創業者、A. J.
Hackett氏が「バンジージャンプ」と名づけたそうです。

元々バンジージャンプはナゴールという名前でバヌアツで、成人への通過儀礼や豊作祈願として行われていましたが、今ではニュージーランドや日本でも、アトラクションのひとつとして楽しむことができます。

このセンターはオンラインで事前に予約&決済することが可能です。

IMG_7019

15分前には必ず着いていることと書いてあったため、遅れないように到着しましたが、だいぶ待たされました。

これがいわゆるニュージーランドタイムというやつですね。。

なお、オンライン予約&決済はとても便利ですが、一度確定させると、時間変更やキャンセル、払い戻しはできない仕組みになっているので、良く考えてからお申し込みされてくださいね。

さて、待たされること30分ちょっと、ようやく出番が回ってきました。
慣れている様子で気さくなお兄さんが足に紐を付け、さくさく準備を進めます。

準備の際には、水面に手をつけられるくらいまで落ちるか否かを聞かれます。

一つ前に飛んだ女性はYesと答えていましたが、その陽気な兄ちゃんは、誤って頭まで水に浸かったらごめんね、僕を信用しないでね、なんて言って笑っています。

本気なのか冗談なのか分からないのが恐ろしいところです(笑)

さて、今回は一緒に行った、雨宮もジャンプしました。

IMG_2614

華麗にバックフリップでの飛び込みに、見ていた観客から感嘆の声がたくさん聞こえました。

僕はプールの飛び込みのように頭から行きましたが、傍目から見たら、なんだか人形が落ちていくような感じだったそうです(笑)

IMG_2645

もっとカメラに向かってリアクションすればよかったと後悔。。

飛ぶ前はさすがに少しどきどきしましたが、終わった後はアドレナリンが出たからか、なんだかとっても元気になりました(笑)

爽快で、非常にエキサイティングな体験でしたよ!

IMG_2648

AJ Hackett Bungy Centerでは、ほかにもいろんなアクティビティーを楽しむことができます。

クイーンズタウンに訪れた際は、バンジー体験もひとつの選択肢として考えてみてくださいね。

我妻

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2016.8.22

NZギャラリーに「Dan Carter」をアップしました!!

Twitter

NZ Information