ホーム > NZブログ > 2017年 > 5月 > 14日 > 「WINE TOKYO 2017」取材レポート

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.5.14 | 投稿者 : Kiwi Breeze

「WINE TOKYO 2017」取材レポート

「WINE TOKYO 2017」取材レポート

こんにちは、我妻です。
先日、流通センターで行われた「WINE TOKYO 2017」へ取材に行ってきました。

関東最大規模のワイン・洋酒展示試飲会とのことで、約90社のインポーターが集まっており、会場は活気に満ち溢れていました。

IMG_2692

これから夏本番なので、各社は夏に飲みやすい泡と白ワインをイチオシとして、自慢のワインを特集していました。

ニュージーランドワインの代名詞といえる白のソーヴィニョン・ブランは、まさにこれからの季節に飲み頃のワインです。

数多くのニュージーランドのソーヴィニョン・ブランの中で、本日ご紹介するのは、マールボロにあるINVIVO(インヴィーヴォ)というワイナリーです。

IMG_2688

インヴィーヴォのソーヴィニョン・ブランは、日本ではあまり知名度はありませんが、世界的にはDecanter World Wine Award
2010において、世界トップ10のソーヴィニョン・ブラン(Top10 Sauvignon Blanc in the
world)に選ばれるなど、世界的に高評価を受けています。

そのほかにも数多くの賞やトロフィーを受賞しており、かなりレベルが高いです。

畑の生産地によって「MANAシリーズ」、「Eight Point シリーズ」、「Invivo
シリーズ」と、複数の種類が用意されており、特にInvivo
シリーズの中には、オーガニック・ソーヴィニョン・ブランも発売されているなど、ラインナップの多さもこのワイナリーの特徴です。

そんな中でまずお勧めは、「MANAシリーズ」のソーヴィニョン・ブラン。

IMG_2687

口に含んだ瞬間にふわっと広がる、ライムやフルーツの香りと、程よい酸味が特徴です。さわやかで軽い飲み口が、涼しさを感じさせてくれる一品です。

これで税込み1,500円を切るので、非常にコスパが高いと思います。
弊社オンラインショップでも取り扱っています。

そして、ワイナリーと同名の「Invivo シリーズ」のソーヴィニョン・ブランも外せません。

数多くの受賞歴のあるこちらのワインは、MANAシリーズよりもややしっかりしている印象です。さわやかさを残しつつも、いわゆる「グラッシー」と呼ばれるソーヴィニョン・ブランの草のにおいと呼ばれる青々しい風味をしっかりと感じられます。

続いてやってくる、ライムやグレープフルーツのような爽やかな香りと、ピリッとした酸味は、これぞマールボロのソーヴィニョンといえる、教科書的なワインだと思います。

こちらも税込み2,000円弱と、リーズナブル。MANAと飲み比べてみても面白いですね。

他にもたくさんご紹介したいニュージーランドのソーヴィニョンがありますが、今日はインヴィーヴォに絞ってお伝えしました。

夏の乾杯はビールだけではありませんよ。
冷やしたニュージーランドのソーヴィニョン・ブランで、是非夏の暑さを吹き飛ばしてみてくださいね。

我妻

タグ : ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information