NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.9.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オールブラックス イベント(柏・チューダー・オープニングセレモニー)

オールブラックス イベント(柏・チューダー・オープニングセレモニー)

9月14日(土)に行われたオールブラックスのイベントを取材してきましたので、レポートします。

まずは柏市です!千葉県県立柏の葉公園総合競技場にて、「KASHIWA RUGBY DAY 2019 IN KASHIWA-NO-HA 〜オールブラックスが柏市にやってくる〜」の交流イベントが行われました。
競技場には約7000人ものファンが集まり、会場はとても盛り上がっていました。

3R1A1837

アントン・レイナートブラウン

3R1A1796

ブラッド・ウェバー

3R1A1768

パトリック・テュイプロトゥ

3R1A1777

リッチー・モウンガ

3R1A1786

オファ・トゥウンガファシ

3R1A1770

が登場した際には、多くの子どもたちがハイタッチをして迎えていました。
柏市民のニュージーランド国歌合唱は、覚えて歌うのは決して簡単なことでなかったと思います。
選手たちもリスペクトを感じたのではないでしょうか。
そしてハカを披露!

3R1A1861

圧巻でした。柏ハカのパフォーマンスの動画をTwitterなどで後日アップしたいと思っています。

チーム対抗ボールリレーでは、リッチーが声出しをして本気でした!

3R1A1926

ポジションがSOなので、さすが司令塔だなと感じました。
柏市は街をあげて4日間オールブラックスをサポートしていて、素晴らしかったです。

3R1A1937

その後は都内へ移動し、15時すぎから銀座で行われたスイスの腕時計ブランド チューダー ブティック 銀座のオープニングイベントへ。

IMG_1155

チューダーはオールブラックスとパートナーシップを結んでいます。
こちらには、ネポ・ラウララ、ジョーディー・バレット、ボーデン・バレット、ジャック・グッドヒュー、アーディー・サヴェアが出席。
テープカットを行い、和やかな雰囲気でした。

ブラックベイ クロノ ダークという限定モデルが発売されましたので、購入できましたらレポートします。

そして選手はオフィシャルスーツに着替えて、増上寺へ。ウエルカムセレモニーに参加しました。選手たちはワールドカップの記念キャップを被り、ライトアップされた本堂前に登場!

3R1A1969

キャプテンのキアラン・リードはオールブラックス仕様のだるまを持っていました。
選手たちは太鼓を叩いたり、多くのファンからの撮影やサインに応じていました。

3R1A1989

自分が卒業した高校があるオタゴのハイランダーズに所属する3人を撮影!
同じ高校の後輩ベン・スミスもファンの赤ちゃんを抱っこするなど、気さくにファンサービスをしていました。

3R1A1997

人混みの中から声をかけたら、驚いていました。

3R1A1998

リーアム・コルトマン

3R1A1994

アーロン・スミスは安定のピースです。

3R1A1995

いよいよとても重要な南アフリカ戦に向けて本格的なトレーニングが始まります。
選手たちには皆怪我なく頑張ってほしいです!

これからもオールブラックスのイベントの模様など取材予定ですので、お楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2019.9.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オールブラックス スティーブ・ハンセンHCが黒岩祐治神奈川県知事を表敬訪問 &横浜中華街を訪問

オールブラックス スティーブ・ハンセンHCが黒岩祐治神奈川県知事を表敬訪問 &横浜中華街を訪問

9月12日(木)に オールブラックス スティーブ・ハンセンHCが横浜中華街を訪れ、日本ラグビー発祥の地というラグビー記念碑を訪問しました。

横浜中華街の経営者の方々と会話を交わしながら、外国人観光客のおもてなしに役立つAIGジャパン・ホールディングス制作の「How NOT to Card」を店舗にて配布し、サインや写真に応じていました。

3R1A1573

その後、神奈川県庁を表敬訪問し、黒岩知事にW杯への意気込みを語りました。

3R1A1701

スティーブ・ハンセンHCはメディア取材にて、

Q. 日本の印象・歓迎について

A.柏市の子供たちや地域住民の方々から温かく歓迎していただきました。実に素晴らしい歓迎式典で、選手スタッフ一同皆喜ばしく思っています。

Q. 日本の気候・天候について。

A. 寒いより暑い方がいいです。暑い時間帯を避けて朝練習を行うようにしています。試合に影響はあるとは思いませんが、ただ湿度が高く、ボールが滑りやすくなるので、そこは選手にとってスキルを試されると思っています。

Q. 来週横浜で対戦する南アフリカについて

A. 初戦でここ横浜で試合を行いますが、トーナメント後半でまたこの地に戻ってきたいと思います。南アフリカは過去何度も対戦してきていて、伝統の一戦としてもよく知られています。試合は非常にフィジカルでハードな戦いになると思います。我々としては健闘を尽くします。

Q. 横浜の印象は

A. 去年も来ましたが、素晴らしいスタジアムと思っています。フィールドもメンテナンスされていて、今回も非常にいい状態で試合に臨むことができます。
また、中華街は素晴らしく感銘をうけました。多くの物語が眠っている街で、誇りに思うべき歴史と文化です。

3R1A1759

表敬訪問では、「神奈川県の皆様が温かく歓迎してくださっていることに御礼申し上げます。大会期間中に訪日外国人がたくさん訪れるので、今回配布したAIGジャパン・ホールディングス制作の「How NOT to Card」カードがコミュニケーションをスムーズにする一助となり意義あるものになれば。そしてまた日本に来たいと思っていただきたいです。」と話しました。

黒岩知事は、「スタジアムの芝をサッカー用からラグビー用に張り替えたので完璧な準備ができています。素晴らしい大会となるよう最後までサポートします」とエールを送っていました。

大会まであとわずかとなり、日本中が盛り上がっていますね!
明日14日(土)に柏市で行われるオールブラックスのイベントも取材予定ですので、どうぞお楽しみに。

タグ : ,

投稿日 : 2019.9.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表

リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表

9月6日(金)に熊谷ラグビー場で行われた、リポビタンDチャレンジカップ2019 ラグビー日本代表 vs 南アフリカ代表 を取材してきました。

ラグビーワールドカップ開幕まであと2週間と迫り、これが開幕前の最後のテストマッチです。

3R1A0896

日本代表 vs 南アフリカ の試合は、前回のラグビーワールドカップでの記録的勝利が記憶に残っている方も多いかと思います。

チケットは前売り券が完売で、日本のラグビーファンの期待度の高さが伺えます。
ナイターゲームに22528人の観客が駆けつけ、とても盛り上がっていました。

3R1A0917

ここからは試合のレポートです。

南アフリカ代表は、日本代表をよく分析してきていました。
日本代表の持ち味である速い攻撃を封じ、キープレーヤーの攻撃のパターンを自分たちのものにしていました。

3R1A1011

日本代表はDF1人に対し2人など数人で止めていましたが、南アフリカ代表は1人で止めていて、フィジカルの強さが凄かったです。

3R1A1118

また、攻撃の心臓である田村を自由に動かさず、ハイパント対策で抑えたり、リーチマイケルにもしっかりとカバーリングがついていました。

3R1A1138

そして高いプレッシャーで、日本代表のヒューマンエラーを誘っていました。
ハンドリングエラーで流れが止まってしまうという展開が何度もありました。

南アフリカ代表は後半足が止まっていながらも、集中力を最後まで切らさず戦い抜きました。

日本代表は動きが1秒遅いと感じました。
個で孤立しがちなので、素早いサポートが必要です。

松島のトライは良かったですが、チームというより個の力でとったトライです。

3R1A1241

日本代表は動きを分析されてきているので、攻撃のパターンを増やすなど、次のステップへ進むことが求められます。

3R1A1232

しかし、ワールドカップ直前にティア1の強いチームと対戦できたことは大きいです。

フィジカルの違いを感じ、足りないところがわかったと思います。

残りわずかな時間でできるだけ修正し、より良い状態で本番を迎えてほしいです。
また、福岡とマフィの怪我の状態も気になります。。。1日でも早く回復することを願っています。

試合は41-7で南アフリカ代表が勝利しました。

試合後トニーブラウンと話し、ファミリーがワールドカップのサモアとスコットランドの試合を見に来日するとのことでしたので、どこかのタイミングでプライベートで会う予定です。

3R1A0883

オールブラックスもまもなく来日です!
柏で行われるキャンプを取材する予定ですので、お楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.9.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

明治安田生命J2リーグ 第30節 柏レイソル vs アルビレックス新潟 レポート

明治安田生命J2リーグ 第30節 柏レイソル vs アルビレックス新潟 レポート

8月31日(土)に三協フロンテア柏スタジアムにて行われた、明治安田生命J2リーグ 第30節 柏レイソル vs アルビレックス新潟を取材してきました。

久しぶりのアルビレックス新潟の取材となりました。
キウイブリーズが注目するのは、2年半振りにアルビレックス新潟へ復帰したニュージーランド出身の舞行龍ジェームズ!

3R1A0165

この試合もたくさんのファン・サポーターが柏まで足を運んでいました。

3R1A0205

そして、試合前には聞きなれた舞行龍のチャントをサポーターが熱唱。
思わず胸が熱くなりました。。。同じチャントっていいですよね!!!

対戦相手の柏レイソルはJ2首位で11連勝中。
先週のFC岐阜とのゲームも取材して見ていましたが、とにかく攻撃力が高いチームです。
対するアルビレックス新潟は、3連敗かつ1試合で複数の失点が続いていて、守備面が課題となっています。

ここからは試合のレポートです。

前半は良かったです。立ち上がりから新潟がペースを握り、特に良かったのがディフェンスで、センターバックの1人が相手にプレッシャーをかけ、もう1人がカバーリングをするという動きが徹底されていました。
高い得点力を持つ柏を前半無得点で抑えました。

後半は柏に押し込まれる時間が続くという苦しい展開となりましたが、後半18分に1失点するものの、新潟は最終ラインでよく粘っていました。

試合は1-1の引き分けで終了しました。

舞行龍は積極的に声出しをして、いい動きをしていました。

3R1A0155

193cmと、舞行龍よりも長身のFWオルンガをよく抑えていたと思います。

3R1A0251

先週、先々週は途中交代だったので、フル出場したというのも重要です。

まだ移籍して間もなく、攻守のスタイルも川崎フロンターレとは違うのと他の選手の特徴や連携面でも難しいかと思いますが、毎試合出てるうちに精度が高くなってくると思います。

個人的には、アルビレックス新潟のサッカースタイルの方が舞行龍に合っていると感じました。
川崎フロンターレでは出場機会に恵まれませんでしたが、舞行龍の持ち味であるハードワークのスタイルは変わっていませんでした。

3R1A0192

今まで感情をあまり表に出さず飄々としていた舞行龍が、今は勝利への想いが前面に出ていて、今までにない感じがしています。

表情がとても良かったです。

また、彼の特徴の一つのロングフィード良かったです!

3R1A0643

 

ただひとつ心配なことが。。。スライディングなど体を張ったプレーをしているので、とにかく怪我に気をつけてほしいです。

3R1A0143

試合後に舞行龍にインタビューしました。

3R1A0871

Q. 新潟に戻って、初のフル出場かつ勝点1です。今の感想は
A. 最低限勝点1をとれたのは良かったですが、勝点3が欲しかったので、この引き分けを次に繋げていきたいです。

Q. 今日はCBでプレーしましたが、自分の中ではどう感じましたか
A. やはりCBの方がしっくりきます。でも特に後半の方は、もっとチームでボールを回せると思うので、自分も皆もそういう意識を持って練習をやっていけば、もっといい試合ができると思います

Q. ゾーンで守るのと対人で守るのはどちらが好きですか
A. どっちでも大丈夫です。今日は基本的にオルンガについていたので、ある程度は抑えられかなと思います。一対一の場面で負けないよう、皆今週の練習でやってきたので、今日の試合で生かせたのではないかと思います

Q. J1に昇格するためにチームに必要なことは何だと思いますか
A. とにかく結果にこだわること。目標は引き分けという最低限の結果は出せたので、これをもっともっと良くすることが非常に大事。

ここからチーム一丸となってやっていけば勝点を重ねられて、プレーオフ内でいい位置に行ける可能性なくはないと思います

アルビレックス新潟は連敗ストップとなり、これを機に風向きが変わればいいなと思います!

3R1A0873

上位に食い込める力はあります。これからの活躍に期待しています!!

ではでは

熊木

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information