ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.6.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2019年J2リーグ 第18節 大宮アルディージャVS FC岐阜 レポート

2019年J2リーグ 第18節  大宮アルディージャVS FC岐阜 レポート

2019年6月15日(土)にNACK5スタジアム大宮で行われた 大宮アルディージャVS FC岐阜を取材してきました。

結構強い雨の中でしたが、岐阜のサポーターが埼玉まで足を運んでいました。

3R1A2051

言うまでもありませんが、キウイブリーズ注目の元ニュージーランド代表のライアン・デ・フリースは、スターティングメンバーで出場。

3R1A1905

試合後に恒例のインタビューを行ったのでお楽しみに。

次代表戦があったら招集されると思いますが、日本とは違い、ニュージーランドの国際試合は組むのが難しいのが現状です。。。なので元としか書けないのですが、今の状態だと間違いないでしょう。

FC岐阜は現在J2で最下位のチームなんですが、決して悪いわけではないんです。。。
スーパーラグビーのサンウルブズと重なる部分があります。。。

この試合でも、前半15分大宮に先制点を与えてしまいました。ポイントはここでした。
その後30分に山岸が1点を挙げ、同点で前半を折り返しました。

3R1A1697

しかし、最初の失点を取られてしまったことで、そこからゲームプランを遂行するには余計な力を使わなくてはいけません。
自分たちの時間を多くするためにも、セカンドボールをしっかり取りに行くことが必要です。

FC岐阜の得点シーンも、相手に早いプレッシャーを与えそこから早い攻撃からの得点だったように、相手への早いプレッシャーが重要となるでしょう。

試合は2-1で大宮アルディージャが勝利しました。

ライアンは前半足を踏まれ痛そうでしたが、試合後に確認したところ、大丈夫とのことだったので良かったです。

結果が繋がらずFC岐阜は歯がゆい感じですが、勝ち点3を挙げられたら上昇する兆しが見られた試合だったので、今のFC岐阜のサポーターに必要なのは忍耐だと思います!

自分も試合後の選手たちの笑顔が見たいと思い、取材してますが。。。。

3R1A2060

また、ライアンの前半25分のシーンはシュートしてほしかったです。

3R1A1671

シュートで終わることで、リズムを作りやすくなると思うので。

また、この試合で注目選手をもう一人。
昨年まで川崎フロンターレでプレーをしていたタビナス・ジェファーソン。

3R1A1813

声を良く出す選手で今の岐阜の中でとても必要な選手のように思いますし、キレのあるクロスや足が速い選手なので、これから非常に楽しみです!
もっと試合に絡むようになれば、レギュラーに定着するのではないでしょうか。

恒例となっている、試合後のライアンのインタビューです‼

3R1A2085

試合の感想は!?

前半は良いリズムで試合を運ぶことができました。後半は相手に流れを渡してしまったことにより、この結果になってしまいました。悪い試合ではなかったように思っています。

次節に向けて修正箇所は!?

この試合のポジティブな部分を継続して、1週間の練習をハードにして、次節に備える。その繰り返しだと思っています。

スタジアムに入るときに聞いてる音楽は!?

ヒップホップやR&Bを私のプレイリストに入れていてそれを聞いてます。一番好きなのはR&Bです。

来月ライアンのお母さまが来日するので、ホームの試合で得点を挙げてもらいたいですね!

3R1A1622

現状調整中ですが、8月11日に長良川競技場へ行く予定です。おススメのスポットがあれば是非行ってみたいので、教えてもらいたいです。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.6.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン試飲会2019 レポート

ニュージーランドワイン試飲会2019 レポート

6/3(月)にザ・リッツ・カールトン・東京にて開催されたニュージーランドワイン試飲会2019に行ってきましたので、レポートいたします。

こちらは、年一度開催され国内最大規模というニュージーランドワインに特化した試飲会です。

IMG_0004

今年は、36のインポーターと1つの輸入元募集中のワイナリーと計37もの出展社が集まり、合計300以上のワインがありました。
高品質なワインが数多く取り揃えられていて、会場はたくさんの人で賑わっていました。

まず、ニュージーランドといえば、ソーヴィニヨン・ブランを想像される方も多いのではないでしょうか。
今回、ソーヴィニヨン・ブランだけでもたくさんのワインがありました。

パティ・ボースウィック、マトゥア、アンツフィールド、グラッドストーン、ペレグリン、アランスコットファミリーワインメーカー、ホワイトクリフ、ワイメア・エステート、ドッグ・ポイント・ヴィンヤード、ソーホー・ワインズ、インヴィーヴォ、ツーリヴァース、グリーンソングス、ラブブロック、サイフリード・エステート、アストロラーベ …と、本当はもっといろいろあったのですが、限られた時間の中で試飲させていただいたものが上記の品です。

その数あるソーヴィニヨン・ブランの中から、印象に残ったものをご紹介いたします。

これを選べば間違いない!と言えるのは、やはりこちらです。
インヴィーヴォ・マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン2018」です。

IMG_0002

フレッシュな果実味と青草のニュアンスに、きれいな酸味を感じます。全体のバランスが良く、フレッシュで爽やかな飲み口です。トロピカルと柑橘の香りが豊かで、青空の下で飲みたくなるような、夏にぴったりの一品です。

こちらは現在楽天ブリーズオンラインショップで販売中です。詳しくはこちらから

もう1つは、「ドッグ・ポイント・ヴィンヤード セクション94 ソーヴィニヨン・ブラン」です。

一般的なソーヴィニヨン・ブランとはまた全く違っていて、初めて口にした瞬間、正直驚きました。ソーヴィニヨン・ブランといえば、フレッシュで爽やかな飲み口を想像される方も多いかと思いますが、こちらは、柑橘の果実味に樽のニュアンス(古いフレンチオークで18ヶ月熟成されています)がうまく合わさり、しっかりとした味わいです。複雑さをじっくりと感じながら飲みたくなります。特定の区画のブドウのみを使用した、こだわりの一品です。

他にも、現在は取り扱いはないもののとても美味しいワインをいくつか見つけました。

そのうちの1つが、「ラブブロック ソーヴィニヨン グリ2014」です。

IMG_0001

ソーヴィニヨン グリとは、ソーヴィニヨンブランの亜種です。
ソーヴィニヨンのニュアンスに加え、ふくよかな味わいを感じました。樽熟成を経て、エレガントかつしっかりとした味わいとなり、飲みごたえがあります。

こちらは、取り扱いを検討したいと思っております。
その他含め新商品の発売が決まりましたら、ブログにてお知らせします。

今回ごく僅かしかご紹介できませんでしたが、試飲会を通して、ソーヴィニヨン・ブランをはじめニュージーランドワインのレベルの高さと素晴らさを改めて感じました。
これからもその魅力をお伝えできるよう、より一層邁進してまいります!

タグ :

投稿日 : 2019.6.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 ROUND 16 サンウルブズ vs ブランビーズ レポート

スーパーラグビー2019 ROUND 16 サンウルブズ vs ブランビーズ レポート

6月1日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2019 ROUND 16 サンウルブズ vs ブランビーズの試合を取材してきました。

この試合も、アシスタントコーチであるスコット・ハンセンが代理で指揮をしました。

トニー・ブラウンHCは今夜日本に戻って来るとのことです。
いよいよ日本代表のスコットも発表され、W杯へ向けての合宿が始まります!!!

ホーム最終戦ということもあり、選手やファンの方の熱気が、前節のレベルズ戦の時よりも高かったように感じました。

また、この試合でダン・プライアーが欠場になり、ヘイデン・パーカーがキャプテンとしてチームを牽引しました!

3R1A0894
試合後に独占取材を行いましたので、ぜひ最後までご覧ください。

3R1A1177

シーズン当初は、クレイグ・ミラーとマイケル・リトル共同キャプテンからトンプソン ルークをはじめ、多くの選手がキャプテンとしてチームを牽引するなど、他のスーパーラグビーのチームと比べるとユニークではあると思います。一方ファンの立場からすると、もちろん勝利を見たいと思いますが、色々な選手が見られるということも嬉しいですよね。

この試合で、ファーストトライは前半1分のホセア・サウマキ。注目したのは出だし。

3R1A0943

いかに早くペースを握るかが重要だったので、このトライは意味のあるものだったと思います。

しかし規律とコミュニケーション不足によりトライを許し、徐々にブランビーズのペースに。。。

しかし、サンウルブズにはマシレワがいます。

3R1A1054

個人で突破して独特なステップでトライを挙げます。

3R1A1079

このトライで後半に向けて明るい兆しが見えましたが。。。。

後半は同じ形からのトライを許し、前半以上に規律に問題が見えましたし、外国の選手と日本の選手との間で溝のようなものを感じました。

3R1A1144

実際のところ、現在未勝利が続いていることもあり、とある選手からはあまり良い空気ではないと言われました。。。

しかしながら、選手たちはファンの為になんとか勝利を挙げたいという強い気持ちを感じる試合だったと思います。

試合は、42対19でブランビーズが勝利しました。

残り2戦、1つでも多く勝利を見せてもらえるように選手たちを後押ししたいです!

ここからは、試合後のヘイデン・パーカーの独占インタビューです。

3R1A1509

写真は共同記者会見での写真です!

本日の試合の感想は

とてもタフな試合だったと思います。この試合に向けて、先週までの課題について解決するべく準備をしました。しかしながらブランビーズにペナルティーを多く与え、コーナーにキックされモールで多く崩されました。結果はがっかりしていますが、先週より良い戦いができているので、ポジティブな部分も見えてきています。来週の南アフリカのケープタウンで良い準備をして、良いプレーを見せたいと思っています。

来シーズンのスーパーラグビーのチームは

まだ何も決めてませんが、まずは神戸製鋼でプレーをして、今は日本でプレーをしたいです!!

試合後、ホーム最終戦ということもあったので、自分の一番おすすめであるスパークリングワイン クラウディーベイ ペロリュスをプレゼントしました。

3R1A1521

ヘイデンはビール派ですが、クラウディーベイのことは知っていて、チームのみんなで飲むとのことです!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.5.26 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2019 ROUND 15 サンウルブズ vs レベルズ レポート

スーパーラグビー2019 ROUND 15 サンウルブズ vs レベルズ レポート

5月25日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2019 ROUND 15 サンウルブズ vs レベルズの試合を取材してきました。

この試合は、トニー・ブラウンHCは日本代表へ向けての準備のためニュージーランド滞在中ということもあり、アシスタントコーチであるスコット・ハンセンが代理で指揮をしました。

トニーは分析がとても優れていると思っています。

サンウルブズはグランドを広く使って早いテンポのスタイルで攻撃し、そのバリエーションも他のチームより多くあります。

ヘイデンの腕には、攻撃のパターンがずらっと書いてあります。。。

3R1A0460

この試合で注目したのは、レベルズのリース・ホッジとサンウルブズのヘイデン・パーカーです。

リース・ホッジはユーティリティーバックでボールを持ち自分で走ることもできますし、パスやキックにも長けた選手です。

3R1A0244

試合後、リース・ホッジに独占インタビューを行ったのでお楽しみに。

試合の結果は、7-52でレベルズがサンウルブズを下しました。

レベルズは、フォワードが素晴らしかったです。サンウルブズへの初動が早く、プレッシャーを与えスペースを与えずに、サンウルブズの良さを消していました。

3R1A0370

レベルズは本来バックスが良く、ディフェンスがあまり良くないイメージだったので、大きな違いでした。。。

3R1A0330

この試合の結果でプレーオフの進出も視野に入れていて、気合を感じました。

サンウルブズはイージーなミスが多く、連携があまり良くありませんでした。

3R1A0283

毎週選手が入れ替わることが原因だと思いますが、選手間のコミュニケーション不足もあるのではないでしょうか。

ハンドリングエラーも多かったので、次節ホーム最終戦では修正していってほしいです。

この試合で唯一のトライを挙げたジェイソン・エメリーも、チームとして挙げたトライではなく個人でプレッシャーをかけてのトライでした。

3R1A0555

トライ自体は良いことですが、サンウルブズらしい流れるようなパスで最後はウィングのトライを見たいです!

準備してきた形でトライを挙げることにより、チームとしても自信が沸き、皆が同じ方向を向けると思います。

また、もう一つ修正が必要なのはセットピースです。これも毎週メンバーが変わるのでコーチ陣も悩むところだと思いますが、チームとしてのスタイルを貫いてもらいたいです。

6月1日はホーム最終戦です。秩父宮ラグビー場でスタンドが赤く染まる写真を是非撮影したいと思います!

ここからは、レベルズのリース・ホッジのインタビューです。

3R1A0690

試合の感想は!?

とても楽しむことができた試合でした。前半はとてもフィジカルな試合だったんですが、フォワードの選手が良い活躍をしてくれました。また、自分たちが準備していたように攻撃からトライを挙げられたので良かったです。

オーストラリア代表として今年のW杯への夢は!?

全てのオーストラリア人のラグビー選手が目指しているところだと思います。ワールドカップ前には多くの試合があり、多くのトレーニングがあります。また、まだ大会まで多くの時間があります。そのため、自分のベストを常に出すことが大切だと思います。そうすればセレクターからワラビーズに選ばれてくると思っています。

また、ヘイデン・パーカーは、試合は残念な結果となってしまいましたが、試合後にはスタジアムを出て多くのファンに囲まれて1人1人に丁寧に対応していました。

3R1A0696

スーパーラグビー最終戦後、すぐに神戸製鋼に合流するそうです。

3R1A0611
トップリーグ期間中にはファミリーも神戸に来られるようなので、ますますの活躍が期待されます!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.5.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2019年 J2リーグ ジェフユナイテッド千葉 VS FC岐阜 レポート

2019年 J2リーグ ジェフユナイテッド千葉 VS FC岐阜 レポート

2019年5月19日(日)にフクダ電子アリーナにて行われた、J2リーグ2019 第14節 ジェフユナイテッド千葉 VS FC岐阜を取材してきました。

昨日も多くのFC岐阜のサポーターが選手を後押ししていました!

3R1A9558

この試合でキウイブリーズ注目のニュージーランド代表のライアン・デ・フリースはサブからのスタート。

3R1A9583

アップを見る限りコンディションが悪いように見えなかったので、最初は起用方法に疑問を持っていましたが、後でその理由がわかりました。

後半32分から投入されたライアン。

3R1A9967

グラウンドへ入ると、ジェフユナイテッド千葉の最終ラインとキーパーとのスペースを再三狙っているように見えました。
また、彼が入ることによりボールをキープでき、チームとして安定していました。

3R1A0040

後半の30分というもっとも辛い時間帯にこのような選手が入ることで、相手チームに脅威を与えることができると思いました。

そして後半45分、ライアンが今シーズン2得点目となるゴール!

3R1A0043

ライアンが昨年加入してから、初めて生でゴールを見れました!
また、FC岐阜としても最後の最後での得点。次回に繋がったと思います。

また、ゴール後急いでボールを持ち、もう1点とりに行こうとする姿は、他の選手にも影響するのではないでしょうか。

3R1A0075

試合は、ジェフユナイテッド千葉のバリエーション豊富な攻撃。
FC岐阜のディフェンスラインのギャップを上手く攻めたという印象です。
そしてペースを掴み、前半で4対0。この試合を決めた前半でした。。。

試合は、5対1でジェフユナイテッド千葉が勝利しました。

試合後に恒例のインタビューを行いました。

3R1A0176

得点を挙げたのでこのポーズをリクエスト!

この試合の感想は!?

タフな試合でした。私たちは多くのスペースを与えてしまって、この結果となってしまいました。帰ってビデオを見て修正をして、次節に臨みたいです!

コンディションはどうですか!?

特には悪くはないと思っています。

怪我などはあるのでしょうか!?

特に怪我はありません。コーチの判断です。私はコーチの判断を尊敬していますので、ピッチに立ったらベストを尽くしてチームに貢献するだけです!

また、7月にライアンのお母さまが来日し、2~3週間ほど滞在されるそうなので、是非活躍する姿を見せてもらいたいと思います!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.5.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「ストラタム」シリーズをテイスティングしました!!!

ニュージーランドワイン「ストラタム」シリーズをテイスティングしました!!!

ニュージーランドワイン「ストラタム」の以下の6シリーズをテイスティングしました。

①ソーヴィニヨン・ブラン 2018
②リースリング 2016
③ピノ・グリ 2017
④シャルドネ 2017
⑤ピノ・ノワール ロゼ 2017
⑥ピノ・ノワール 2017

ニュージーランドの家族経営のワイナリーである「シャーウッド・エステート」は、ニュージーランド南島の都市クライストチャーチから車で約1時間程北上した場所に位置するワイパラ・ヴァレーに1987年にダイアン&ジルのシャーウッド夫妻によって設立されたワイナリーです。

ワイパラ・ヴァレーと国内最大のワインの生産地であるマールボロに自社畑を所有している「シャーウッド・エステート」は、「高品質のワインは世界中の人々を魅了する」という信念を掲げ、ブドウの栽培から醸造、熟成、ボトリングまで一貫して自社で行い、無農薬、化学肥料不使用、サステイナブルプログラム(環境保全型で環境に配慮した手法でのワイン造り)に取り組み、その活動はニュージーランドワインの発展に大きく貢献しています。

①ソーヴィニヨン・ブラン 2018

生産地 マールボロ
アルコール度数 13%

トロピカルフルーツの豊かなアロマにあふれ、フレッシュな酸味が爽快で、心地よい清涼感が長く続きます。

IMG_1606

「彩り押し寿司」と「塩から揚げ」とマリアージュしましたが、酢飯の酢と甘みがソーヴィニヨン・ブランの爽やかな酸味とフルーティーでかすかな甘みとマッチし、塩から揚げに絞ったレモンはワインの爽快さと相性が良く、スッキリ味わう事が出来ました。

②リースリング 2016

5

生産地 ワイパラ・ヴァレー
アルコール度数 12%

レモンやライムのアロマが印象的で、豊かな果実味でやや甘口、そして優しい口当たりなので飲みやすい味わいです。

IMG_1608

「麻婆豆腐」と「アボカドとツナのサラダ」とマリアージュしましたが、麻婆豆腐のピリッとした辛さにリースリングの優しい甘さを合わせる事で全体的に味わいがまろやかになり、油分もリースリングの酸が流してくれるので口の中がスッキリしました。

また、アボカドのまったりとした甘さとリースリングのフルーティーな味わいと酸味が相性が良かったです。

③ピノ・グリ 2017

3

生産地 ワイパラ・ヴァレー
アルコール度数 13%

桃やシトラス、洋ナシのアロマが広がり、熟した豊かな果実味を感じる事が出来ます。

ジューシーな余韻が長く続き、ふくよかで深みのある白ワインです。

IMG_1605

「スイートチリチキン」とマリアージュしましたが、味わいに厚みのあるピノ・グリは強い味付けの料理にも負けない存在感を感じました。

④シャルドネ 2017

4

生産地 ワイパラ・ヴァレー
アルコール度数 12.5%

アプリコットや洋ナシ、桃などのアロマと樽の豊かな香りが印象的で、キレのある酸とドライな味わいを持ち、フレッシュで滑らかな芳醇な味わいです。

IMG_1604

「チキンソテー きのこクリームソース」とマリアージュしましたが、シャルドネの豊かなコクがクリームソースのコクと相性が良くマッチしました。

⑤ピノ・ノワール ロゼ 2017

6

生産地 ワイパラ・ヴァレー
アルコール度数 12.5%

サーモンピンクの華やかな色合いで、チェリーやリンゴ、野生のイチゴのアロマがいっぱいに広がります。

フレッシュな味わいで、爽やかな酸味とドライな味わいのバランスが良く、あらゆる料理に合わせやすい万能なロゼワインです。

冷やして飲むとスッキリ感が増し、印象が大きく変わります。

IMG_1607

 

「サーモンのアクアパッツァ」とマリアージュしましたが、魚介のシンプルな旨みにスッキリと口当たりが良く馴染みました。

⑥ピノ・ノワール 2017

1

生産地 マールボロ
アルコール度数 12%

ラズベリーやチェリー、ストロベリーなどの赤系果実のフルーティーなアロマが広がり、シャープな酸とタンニンを感じ、果実味豊かで滑らかな味わいです。

IMG_1609

「ラタトゥイユ」とマリアージュしましたが、煮詰めたトマトの酸味とピノ・ノワールの酸がよく合いました。

シャーウッド・エステート」は設立から約30年の間に大きな成長を遂げましたが、生産量が増えた今なお、家族経営でワイナリーを運営しています。

高品質なワインを造り続け、ニュージーランドのワイン業界に大きな存在感を示しています。

楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っておりますので詳細はこちらです。

杉山

タグ : , , ,

7 / 269« TOP...6789...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information