ホーム > NZブログ > アーロン・クルーデン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.3.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦  東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

3月4日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

久しぶりの秩父宮かつナイトゲームです。
3月とはいえ、夜はまだまだ肌寒かったです。。。

image0

キウイブリーズが注目するのは、東京サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A0033

テビタ・リー

3R1A0037

コベルコ神戸スティーラーズのアーロン ・クルーデン

3R1A0216

です。

ダミアン・マッケンジーとアーロン・クルーデンは、以前チーフスでチームメイトでした。
また、トップリーグの時に強豪でともに優勝経験もあるチームの対戦ということで、自分の中でもかなり注目していましたが。。。

いざ試合が始まってみたら、東京サンゴリアスの一方的な試合でした。

東京サンゴリアスは、序盤はディフェンスの時間こそありましたが、前半14分のサム・ケレビのトライを皮切りに怒涛の攻撃で得点を重ねました。

前半は28-5で東京サンゴリアスがリードして折り返しました。

後半は神戸が意地を見せる時間もありましたが、東京サンゴリアスはペースを崩すことなく攻め続けていました。
攻撃のバリエーションも豊富で、チームの戦術としてやりたいことがしっかりとできていたようでした。

神戸は昨年までの良さはどこに行ってしまったのでしょうか。。。メンバーが大幅に入れ替わったわけではないはずですが、終始噛み合っていないように感じました。
テンポが速い東京サンゴリアスを止められず、自分たちの流れを掴めなくてフラストレーションが溜まっていたのかもしれません。
どうにか良い方向に修正して、リーグ後半は巻き返して欲しいところです。

試合は、56-17で東京サンゴリアスが勝利しました。
テビタ・リーは3トライ。素晴らしいです。

3R1A0126

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)は、3トライ+ゴールキック8本全て決めたダミアン・マッケンジーでした!
やはり彼は別格です。スピードが速いですし、動きにキレがあります。華麗なプレーで観客をワクワクさせてくれますね。
以前取材した時よりもずっとチームにフィットしていました。

 

3R1A0189

 

3R1A0182

新型コロナウイルスの影響で直近2試合は不戦敗だったとはいえ、神戸は2勝6敗とかなり苦しいです。
東京サンゴリアスは、7勝1敗です。

ここで、久しぶりのキウイブリーズ独占情報をお届けします!
コベルコ神戸スティーラーズのヘイデン ・パーカー

怪我のため今シーズンの出場がまだありません。。。
たまたまコンタクトできたので少し話せたのですが、もうすぐ試合に復帰できそうとのことです!!

3R1A0054

昨日も試合前のトレーニングに参加していました。

最終的に決めるのはチームなのでわかりませんが、本人としてはもうそろそろ試合に出れそうなくらいに仕上がっているそうです。ですので、近いうちにメンバー入りする可能性が十分にあります。

試合で彼のプレーを見れるのが今から待ち遠しいですね!

 

本日の一枚。ダミアンにタックルにいくアーロン。

3R1A0110

来週もリーグワンの取材に行く予定です。

ではでは

熊木

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2020.11.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ベン・スミス & アーロン・クルーデン 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 入団記者会見レポート

ベン・スミス & アーロン・クルーデン 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 入団記者会見レポート

こんばんは!
元オールブラックスのベン・スミスとアーロン・クルーデンの神戸製鋼コベルコスティーラーズ 入団記者会見に行ってきました。

弾丸で神戸へ!

会見は、神戸シーバスbohbohの屋外デッキで行われました。神戸らしい場所でいいですよね。
3R1A7365

キウイブリーズでは、元ハイランダーズのベン・スミスのコメントを中心にお届けします。

まず、自分と同じ高校の後輩であるベンが日本に来てくれて良かったです。
キングスハイスクール出身で日本でプレーした選手は、
トニー・ブラウン(三洋電機ワイルドナイツ)
ウィリ・コロファイ(コカ・コーラウエスト)
ポール・ミラー(栗田工業ラグビー部)
に続いて、ベンが4人目になります。

ダニーデンの人口(自分がいたときは14万人くらいでした)を考えると、こんなにも日本のチームでプレーするのはすごいです。

そのダニーデンを本拠地とするハイランダーズでプレーしたことのある
トム・フランクリン(今シーズンキャプテン)
リチャード・バックマン
ヘイデン・パーカー
がチームメイトなので、きっと助け合うことと思います。

ベンは、最初の挨拶は日本語で「皆さんとプレーするのを楽しみにしています。神戸の優勝に貢献できるよう頑張ります」と力強く話しました。

3R1A7248

きっと事前に練習していたんだと思います。勤勉で真面目なベンらしいです。でも緊張していましたね。。。あと半袖で寒そうでした。

10月末にチームに合流し、他の選手たちも温かく受け入れてくれて、いい空気の中プレーできているとのことです。

彼は日本語を頑張ると言っていて、日本のチームで仲間と日本語でコミュニケーションをとろうという意欲があるので、早くチームにフィットできるのではないかと思います。そういった面でも模範的選手になることでしょう。

好きな日本食は、ラーメンと焼肉。
神戸といえば、やはり神戸牛!世界に誇る神戸牛を是非たくさん食べてほしいです。

あと、鳥刺しを食べるのが楽しみだそうです。

質疑応答の中で、「日本ラグビーはここ数年でレベルが上がっているので、トップリーグにも期待しています。

3R1A7419

日本でのプレーを楽しみにしています。コンディションも良いので、これから戦術の理解を深めていき、他の選手とプレーを合わせて試合で最大のインパクトを与えたい」と言っていました。

また、知っている日本人選手は?との問いに、堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ)と田中史朗(キヤノンイーグルス)の名前を挙げていました。対戦するのを楽しみにしているそうです。

特に田中は、リポビタンDチャレンジカップ2013 日本代表–ニュージーランド代表の試合後に談笑していたほど仲の良い選手みたいです。

ベンはユーティリティープレイヤーなので、複数のポジションをこなすことができます。
ジャージをもらった際は15番でしたが。。。(ウイング、フルバック、センターなど)

3R1A7303

リチャード・バックマンを始め山中やティモシーなどタレントが多い神戸製鋼の中で、戦術的部分で融合していくのかが楽しみです。
勝つための攻撃のパターンが増えるので、他のチームからしてみれば怖い選手になることが予想できます。

2年契約ですが、「新しいレガシーを皆さんと一緒に作っていくのを楽しみにしている。神戸で長くプレーしたいと思っている」と、早くもこのようなコメントが聞けるのは嬉しいですね。

3R1A7339

昨今の情勢により個別取材はできなかったのですが、自分を見かけて「どう?元気?」と声をかけてくれました。
家族も日本に来るのを楽しみにしているそうで、プライベートでまた会えるのが待ち遠しいです。

来年のトップリーグはニュージーランドの選手が多くいるので、自分としてもとても嬉しいですし楽しみにしています。なので、できる限りトップリーグの取材をしたいと思っています!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2014.11.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オールブラックス アメリカ・ヨーロッパツアー 2014

オールブラックス アメリカ・ヨーロッパツアー 2014

対アメリカ 6-74

 

対イングランド 21-24

 

対スコットランド 16-24

 

対ウェールズ 16-34

 

アメリカ及びヨーロッパツアー全勝!!!

 

イングランド戦とスコットランド戦では、最後の最後までどうなるか分からないギリギリの勝利。

 

ウェールズ戦もスコアだけ見ると18点離れているが、ラスト10分でのトライラッ

シュがあった。

 

いずれにしても経験が物を言う試合だった。どんな環境でも負けないのが世界No.1の証と言える。

 

リッチー・マコウ

ウェールズ戦では、キャプテン「リッチー・マコウ」が100キャップに。

 

ニュージーランドでは首相より有名と言われるだけある。

 

来年のW杯が集大成だろう。

 

また、オールブラックスは世代交代も上手くいっているように感じる。

特に注目は10番(スタンドオフ)である。

 

1102 game

ダン・カーター

アーロン・クルーデン

アーロン・クルーデン

ボーデン・バレット

ボーデン・バレット 誰が背負うか?!

ウェールズ戦ではバレットは機能していた。しかしキックの精度が今一つ。。。

 

彼はNo.10よりもフルバックの方が向いているかもしれない。

 

そうするとベン・スミスがウィングか!?

 

来年のW杯に向けて、彼らの動向も楽しみである。

 

高橋

タグ : , , , , , , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information