ホーム > NZブログ > インヴィーヴォ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.1.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

インヴィーヴォ エイトポイント (Eight Point) ソーヴィニヨン・ブラン2016&2017 飲み比べ

インヴィーヴォ エイトポイント (Eight Point) ソーヴィニヨン・ブラン2016&2017 飲み比べ

こんにちは。

先日、「エイトポイント バイ インヴィーヴォ(Eight Point byInvivo)」のソーヴィニヨン・ブラン2016と2017のヴィンテージの違いを飲み比べてみました。

エイトポイントは、ニュージーランドを代表するワイナリーのひとつ、インヴィーヴォの送るブランドのひとつです。

compass1448024992

当時30歳のニュージーランド人、Tim LightbourneとRobCameronの2人によって2007年に設立されたインヴィーヴォは、非常に短期間のうちに世界市場に認められるワイナリーに成長しています。

compass1448024985

例えば、Decanter World Wine Award 2010においては、世界トップ10のソーヴィニヨンブラン(Top10Sauvignon Blanc in the world)に選ばれたり、
2011年には424本のマールボロ産ワインのみで行われた「theMarlborough wineshow」にて最優秀ソーヴィニヨンブランと最優秀ワインの2冠に輝くなど、数多くの輝かしい成功を成し遂げています。

そんな彼らの作り出すブランド「エイトポイント」のソーヴィニヨン・ブランが、年によって違いがあるのかを試してみたく、この飲み比べをしてみました。

まず、それぞれをグラスに注いだこちらの写真をご覧ください。

違いが分かりますか?

IMG_3845

ちょっと写真が見づらいかもしれませんが、左が2016、右が2017です。

どうでしょう。

2017の方が、色が薄いんです。

IMG_3831

香りを比べてみると、2017の方がガツンと来るフレッシュな香りがします。青草のようなグラッシーなアタックが強く、より強い柑橘の香りが立ち上ってきます。

2016ももちろんフレッシュでグラッシーではあるのですが、比較すると2017の強さをより感じます。

まさに摘み立て、フレッシュな「搾り立て」といった表現が分かりやすいかなと思います。

実際の味はといいますと、グレープフルーツやライムのような柑橘系の果実を手でぎゅっと搾った時に感じる、みずみずしいインパクトを強く感じました。まさに「搾り立て」のライムやグレープフルーツ。そんな果実味がファーストインプレッションですが、同時にその果実味から来る酸味は、人によってはやや強いと感じたり、少し苦いと感じるかもしれません。

しかし、それだけフレッシュだという証拠で、まさに「柑橘系白ワイン」といえるかもしれません。

魚介類、特に牡蠣や新鮮な白身のお刺身などに、とても合うワインだと思います。

それに比べ、2016はフレッシュさと、まろやかさが同居している感じです。柑橘系、グレープフルーツのようなみずみずしい酸をしっかり感じるのですが、2017ほど苦味は感じず、「搾り立て」というよりも、程よく円熟されている感じです。

IMG_3830

他社のソーヴィニヨン・ブランに比べても、マールボロの特徴的な青草の香り、柑橘のアロマ、酸味が良く出ているのですが、2017と比べてしまうと、落ち着いた印象を受けるのが面白いですね。

おそらくこれが、1年間瓶内で熟成されたことによる、円熟味なのでしょう。

好みが分かれるところですが、両ビンテージともとても美味しくいただけました。

ちなみに、冬だったこともありますが、キャップをあけた4~5日後であっても、劣化の少ないワインでした。

予想では、香りが完全に飛んでしまうかなと思ったのですが、確かに開栓後のガツンと来るみずみずしさは弱まりましたが、柑橘系の香りは健在で、味の方も、2017は少し丸みを帯びた感じはありましたが、美味しく頂けました。

両ビンテージとも、少なくとも3日間くらいは栓を開けたあとも十分に楽しめるお得なワインです。

こんな記事を書いておいて申し訳ないのですが、2016は既に在庫切れで、現在取り扱っているのは2017のみですが、是非フレッシュでみずみずしい、エイトポイントのマールボロ
ソーヴィニヨン・ブランをお試しくださいね!

金額もとってもリーズナブルですよ!

我妻

楽天ブリーズオンラインショップ

Yahoo! ブリーズオンラインショップ

タグ : , ,

投稿日 : 2016.8.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン2016 入荷

インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン2016 入荷

大変ご無沙汰しています!
ブログ更新をしていなかったらお客様から安否確認が。

オリンピックのメダルについての記事を書くためにリサーチしておりますが、
本日紹介するのはワイン。

先日、日本で初めて2016のヴィンテージワインが入荷しました。

インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブランです!

『インヴィーヴォ』 はマールボロとセントラルオタゴからワールドクラスのワインを生産するプレミアムワイナリーです。インヴィーヴォ(ラテン語)は英語で「In the life」を意味しています。2007年にTim LightbourneとRob Cameron(winemaker)の2人によって設立されました。
ニュージーランドの有名なファッションハウス『Zambesi』がデザインした、インヴィーヴォのユニークで美しいラベルは、船の羅針盤を表しています。

スタッフで試飲しましたが、Theニュージーランドソーヴィニヨンブランというお味です。
下記、プロのテイスティングコメント

「フレッシュなハーブや青草、フローラルなライムの香りが立ち昇る。活気に満ちた新鮮でみずみずしい味わい。トロピカルフルーツのニュアンスも。味わいに厚みのある辛口ソーヴィニヨンブランです。」

また、ラベルが金に変わり高級感が出ております。おしゃれですよ!

もし良かったら楽天のブリーズオンラインショップで販売しておりますので是非是非!
  ↓
詳しくは、こちらです。

高橋

タグ : ,

投稿日 : 2014.10.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サザンクロス インヴィーヴォ 試飲会

サザンクロス インヴィーヴォ 試飲会

昨日は、恵比寿にて行われた(株)サザンクロスの試飲会に行ってきました。

『インヴィーヴォ』 はマールボロとセントラルオタゴからワールドクラスのワインを生産するワイナリーです。
インヴィーヴォ(ラテン語)は英語で「In the life」を意味しています。

また、インヴィーヴォのラベルは、 ニュージーランドのファッションブランド『Zambesi』がデザインした、船の羅針盤をデザインしたものです。

インヴィーヴォ (2)

本日、初お披露目したセントラルオタゴ産のシャルドネ及びピノ・ノワール×2種類。

ピノ・ノーワルは自分の一番好きなクラウディー・ベイ「Te Wahi」(日本未入荷)と同じ畑で作っているとのことでした。

Te Wahiについては後日記事にします!!お楽しみに。

テイスティングの中で一番のおススメワインは、リースリング 2012(セントラルオタゴ産)です。

リースリング生産者のトップ3に入るラックコーポレーションが代理店のリッポン「リースリング」に匹敵する味です!!!

現在、準備中のワインリストにもインしたいと思っています。

お願い:おススメNZワイン等ございまましたら教えて下さい!!!

ではでは

熊木

 

 

タグ : , , , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information