ホーム > NZブログ > ウィンストン・リード

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.10.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

キリンチャレンジカップ2017 ニュージーランド代表 選手インタビュー&マグリンチィのお祝い

キリンチャレンジカップ2017 ニュージーランド代表 選手インタビュー&マグリンチィのお祝い

試合後、ミックスゾーンでキャプテンのウィンストン・リードとクリス・ウッドにコメントをもらいました。

ウィンストン・リード

IMG_0320

試合の感想とプレーオフに向けてのコメント

難しい試合となってしまった。両チームにとって大きな試合になった。どっちに転んでもおかしくない展開だった。これがフットボールだね。
来月行われるW杯出場を決める南米チームとのプレーオフについては、ポジティブに捉えてる。今回の試合のミステイクを学び修正して臨みたいと思っている。

クリス・ウッド

IMG_0348

試合の感想

とてもタフな試合なゲームだった。日本はとても良いチームだった。結果には満足していないが納得はしている。

試合後、ニュージーランド代表の滞在ホテルでマグリンチィたちと、ニュージーランド産のスパークリングワインで代表50試合達成のお祝いをしました。

セレクトしたワインは自分の1番オススメ[クラウディーベイ ペロリュス]

IMG_0918

マグリンチィもとても好きなワインだと言っていました。

彼は今でも英語のサイトでベガルタ仙台の結果を見ているそうです。2014年に一緒に戦っていたチームメイトのこと、ファミリーのこと、今後についてなど話しました。

彼としては日本でやり残したことがあると思っていて、ウエリントンフェニックスとは今年までの契約で移籍金が発生しないので、できたらベガルタ仙台でリベンジをしたいとも思っているようでした。

また、試合後には長友選手とユニフォーム交換をしたとのことでした。

IMG_0914

インテルでプレーをしていることを伝えると喜んでいました。

短い時間でしたが、いろいろ話ができて良かったです。

試合翌日は朝7時10分にチェックアウトをして、シンガポール経由でニュージーランドへ帰国しました。

最後に、恒例となっている今回来日選手全員のサイン入りボードです。

IMG_1512

ニュージーランドサッカー協会の関係者にも恒例になっているので、みんな喜んで書いて回してもらっていました!

来月の試合は生で観戦できませんが、テレビで応援したいと思っています!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2017.10.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

キリンチャレンジカップ2017 日本代表 vs ニュージーランド代表 レポート

キリンチャレンジカップ2017 日本代表 vs ニュージーランド代表 レポート

10月6日(金)に豊田スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2017 日本代表 vs ニュージーランド代表の試合を取材してきました。

この試合で注目していたのは、なんといっても元ベガルタ仙台でこの試合で50キャップを迎えたマイケル・マグリンチィ。

IMG_0314

試合前の独占インタビューでも「日本は素晴らしいチームなので、諦めることなくベストを尽くして結果を出したいと思う」とコメントをもらいました。

フォーメーションは、11月に行われる大陸間プレーオフを想定した5-3-2。守備をしっかり整えて攻撃をする、いつものスタイルです。メンバーも主力はW杯予選とほぼ同じでした。
キャプテンのウィンストン・リード(ウエストハム)が久々に代表復帰し、チームとしてもこの試合に懸ける気持ちを感じます。

IMG_0665

前半は、戦術通り日本の早いパス回しにしっかり対応できるようにしようと言っていたように、ペースは日本代表にあったものの0対0で終わりました。

日本代表のスタメン。もっとメンバーを代えてくるかと思っていましたがニュージーランド代表のアナリストの想定内でした。

IMG_0417

日本代表の香川にネガディブなコメントを出しているメディアもいますが、マグリンチィがカバーリングポジショニングをしていたから、香川に仕事をさせなかったのだと思います。

IMG_0550

試合前に何度も香川のプレースタイルを確認していたからに他なりません。
日本は決定機をなかなか決められませんでしたが、あれもニュージーランド代表の寄せ(プレッシャー)や天候が影響していたと思います。

また、多くのメディアが注目したクリス・ウッド。

IMG_0565

現在プレミアリーグのバーンリーでプレーしていて、ニュージーランド代表の中心選手です。

191cmと長身である彼にボールを集め、セカンドボールを11番マルコ・ロハスや7番コスタ・バーバルーゼスが拾って繋ぐサッカーを目指していたようですが、あまり機能しませんでした。

IMG_0461

前半28分のマルコ・ロハスからのクリス・ウッドのシュートは、長年代表チームでプレーをしていることでのコンビネーションとタイミングだったと言えるでしょう。

50分に、ウエリントン・フェニックスのキャプテンでもある22番アンドリュー・デュランテのアクシデントなハンドはもったいなかったですが、この雨のコンディションのなかペナルティーエリア左からのシュートを打った山口の判断が良かったです。そしてこの大迫のゴールでゲームが動き出します。南米5位のチームと対戦するニュージーランド代表。この展開はまさに想定内。

IMG_0725

その後59分にニュージーランド クリス・ウッドの得点。

IMG_0819

少ないチャンスをものにするところが素晴らしいです!
お決まりのポーズ!

IMG_0823

このままニュージーランドが勝ち越すかと思っていましたが、ハリルホジッチの選手交代。
乾を入れたことでチームとして攻撃のバリエーションが増えたのと、足元が悪くてもキレキレのドリブルは、ニュージーランド代表にとっても体力的にもきつかったことでしょう。

そして87分には、倉田の代表初ゴール。ニュージーランド代表の交代カードを切るタイミングや選手変更があっての失点だったと思います。

試合は2-1で日本が勝利しました。

ニュージーランド代表としては多くの反省点を見つけることができた試合でしたが、同時にW杯のプレーオフに向けてポジティブな連携も確認できたのではないでしょうか。

IMG_0454

来月の試合が楽しみです。

最後に、7番のコスタ・バーバルーゼスは日本の宮崎駿監督の映画が大好きで、2020年頃に愛知にできるジブリパークに行きたいと言っていました。

IMG_0624

また、現在メルボルン・ビクトリーでプレーしているので、「もし日本のチームと対戦できれば、大好きな日本にまた来たい」とコメントを貰いました。
現在27歳と一番いい時期の選手ですが、Jリーグでもプレーをしたいとも!?彼のキレキレなドリブルはJリーグでも通用すると思います。もしかしたら来日するかもしれない、ニュージーランド代表の選手です。
代理人は元名古屋グランパスに所属していたケネディーと同じみたいです。

試合後、ミックスゾーンでキャプテンのウィンストン・リードとクリス・ウッドにインタビューをしたので、その記事は明日アップします。日本代表に対して勝ちに行ってたんだと思いました。。。

さらに、マグリンチィ選手が日本代表選手と交換したユニフォームと、打ち上げの模様も!キウイブリーズ独占情報です。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information