ホーム > NZブログ > ジョー・ウィラー

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.9.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2018-2019 第2節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs サントリーサンゴリアス

トップリーグ2018-2019 第2節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs サントリーサンゴリアス

昨日、9月7日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われたNTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs サントリーサンゴリアスの試合を取材してきました。

キウイブリーズで注目しているのは、昨年も取材させていただいていたサントリーの「ジョー・ウィラー」選手です。

3R1A9742

サントリーでのプレーは今年で3年目となるジョーは、スーパーラグビーではハイランダーズで2013年から2017年までプレーし、2013年と2015年にマオリ・オールブラックスにも選出されています。

今日の試合後も、ジョーに独占インタビューを行い、記事の最後に載せていますので、最後までどうぞお楽しみください。

さて、本日の試合は風上にいるチームの方が優位になるのではと感じるほど強風の中で行われました。試合後のインタビューでNTTコムの監督は風の影響は無かったと言っていましたが、試合序盤は風上にいたサントリーが主導権を握り、スピードに乗ったボール回しとアタックで果敢に敵陣に攻め入りました。

セットプレーから2つのペナルティーゴール奪い、その流れで1トライも決めて、サントリーが13-0とリードします。

しかし、その後は昨年王者であるサントリーらしくないミス、特に不要なノックオンやオフサイド、ラインの連携ミスが多く現れ、稚拙な点が見られました。

3R1A9880

実際に前半残り10分からNTTコムが主導権を取り返して流れに乗りますが、その基点となったのも、サントリー側のミスからでした。

NTTコムはそのサントリーのミスを見逃さず、空いた右スペースを走り抜け、トライを決めたり、また試合全体を通じてスクラムでの粘り強さも見せました。

後半も一進一退の攻防が続き、試合は20-18でサントリーが辛勝しましたが、NTTコムは最後までプレッシャーを掛け続けました。

3R1A9934

また、勝つんだという気迫がプレーから強く感じられ、その点ではサントリーに勝っていたように感じました。

3R1A9749

逆に、サントリーはスクラムや連携でのミスはもちろん、相手への危険なプレーで10分間の一時退場のペナルティーを与えるなど、修正する点が多数あったように思います。

サントリーは来週、神戸製鋼との試合になりますが、この1週間でどれだけ修正できるかが、来週の試合展開を左右しそうです。

さて、お待たせしました。ジョー・ウィラー選手の独占インタビュー内容です。

今日の試合についてどう思いますか?

スタートはなかなか良かったと思います。試合開始から20分、私たちはチームの戦術を理解し、ゲームをコントロールしていました。しかし、NTTコムも動きがよくなり、プレッシャーをかけてきたときに、我々のよくない点が出てきました。
来週は神戸製鋼との戦いとなり、それを重要な試合と位置づけていますが、今日のセットピースやスクラムでの課題、ライン、エリアマネジメントなどの確保も、しっかりと反省し、立て直す必要がありますね。

トム・フランクリンと対戦することになりますね

そうですね。
彼とは(ハイランダーズで)数年一緒にプレーしていましたが、非常に良い仕事をしていた選手です。同じポジションですし、同じチームで戦っていた相手との対戦は本当に楽しみです。今週の試合は(北海道地震の影響で)キャンセルになりましたよね。ですので、来週は非常にフレッシュで元気な状態で対戦することになると思いますので、ワクワクしています。彼以外にもハイランダーズでプレーしている選手がいるので、とても楽しみです。

そして、リチャード・バックマンやヘイデン・パーカーとも対戦ですね

はい。ヘイデンはサンウルブズで良いシーズンを送り、キックで成功していますよね。キックするのがとても上手で、規律を整えて、ハーフラインから先50mは、どこからでもポイントを狙えるということを頭に入れておかねばなりません。ペナルティーを与えると3点取られてしまうので、規律をしっかりしてしっかりと守る必要があります。

また、リチャードはアタックがとても上手で、脅威を感じます。彼はユーティリティープレーヤーであり、12番、13番、14番、15番のどこでもプレーできます。
彼がどのポジションでプレーするかは分かりませんが、どこでも非常に巧みで器用な仕事をします。ですので、彼はチームにとって大変役に立つ選手ですし、チームは良い選手を確保したなと思います。
手ごわい相手ですが、来週に向けてしっかり準備して、対戦に非常にワクワクしています。

来週の神戸製鋼戦で、サントリーがどれだけ立て直してくるのかはもちろん、ジョー選手の活躍にも期待が高まりますね。

来週がとても楽しみです。

試合後、ファンサービスをするジョー選手。

3R1A0057

日本語も少しずつ上達してきましたと、笑顔で話してくれました。

なお、昨日の試合では、ジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウンの姿も見かけました。

3R1A9838

来年のワールドカップに向け、色々と動き出しているのでしょう。

そういった意味でも今シーズンのトップリーグ、目が離せませんね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.4.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サントリー ジョー・ウィラー選手が挙式したワイナリー「セント・クレア」に行ってきました

サントリー ジョー・ウィラー選手が挙式したワイナリー「セント・クレア」に行ってきました

こんにちは。

ニュージーランド滞在4日目は、マールボロにあるワイナリーを3つ取材させていただきました。

最初に訪れたのは、「セント・クレア」というワイナリーです。

セント・クレアは、1978年からマールボロでブドウの栽培を手掛けていたイボットソン夫妻が、1994年に創業した家族経営のワイナリーで、2010年、2011年と2年連続で、ベスト・ニュージーランド・ワイン・カンパニー・オブ・ザ・イヤーに評されています。

42

また国際的に見ても、毎年ブルゴーニュで開催され、およそ35以上の国から800本近くのシャルドネのみが集う品評会「シャルドネ・デュ・モンド」にて、世界トップ10シャルドネに選ばれるなど、その実力は世界でも認められています。

日本でも「神の雫」という漫画でセント・クレアのピノ・ノワールが取り上げられているので、読まれていて記憶にある方も多いかもしれません。

37

それだけ評価の高いワインですが、価格も2,500円から5,000円と、非常にリーズナブルなのが特徴で、後日スーパーマーケットや酒屋さんを覗いた際も、ほぼ必ずと言ってよいほど置いてあったのがセント・クレアのワインでした。

そんなセント・クレアですが、サントリー・サンゴリアスに所属するラグビープレーヤー、ジョー・ウィラー選手が、昨年挙式したワイナリーでもあります。

IMG_7263

結婚式は併設するレストランではなく、「パイオニア・ブロック23」と呼ばれるセント・クレアのブドウ畑で行われたそうです。当日はそのブロック23で作られたピノ・ノワールがゲストに振舞われたそうで、今回の取材でも、ジョー選手が振舞った「パイオニア・ブロック23 ピノ・ノワール2016」をテイスティングさせていただきました。

22

フルーティーなベリーと、スミレの花のような香りが交じり合い、非常にアロマティックで繊細な香りが立ち上ります。飲み口も柔らかで程よいタンニンが長く口に残ります。

春や秋のさわやかな季節の晴天の日に、屋外で飲みたくなる印象で、きっとジョー選手の結婚式に、ブーケのようなアロマティックな香りが華を添えたことと思います。

なお、ワイナリーにはレストランも併設されており、連日セラードアとともに、にぎわっていました。レストランのお食事もリーズナブルで、とても美味しかったです。

この日いただいたのは、近海のマールボロサウンズで捕れた、サーモン、アワビ、グリーンマッスルとフレッシュサラダとバケットの盛り合わせプレート(Outof the sonuds $34=約2,700円)

32

魚介のブラックパスタ(Kai Moana Pod$29.5=約2,350円)

31

そしてマリアージュでサジェストされたリザーブ ソーヴィニヨン・ブラン2017($11.5=920円)。

サーモンやアワビが非常に新鮮で美味しく、ソーヴィニヨン・ブランの柑橘系のアロマととてもよくマッチしていました。

マールボロ滞在の際に訪れるワイナリー&レストランとして、お薦めのひとつですので、良かったら行かれてみてくださいね。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.1.31 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本選手権 決勝 サントリー vs パナソニック

ラグビー日本選手権 決勝 サントリー vs パナソニック

1月29 日(日)に行われたラグビー日本選手権 決勝 サントリー vs パナソニックの試合を取材しに、秩父宮ラグビー場まで行ってきました。
今シーズン最終戦でもある日本選手権。会場には多くのラグビーファンが駆けつけ、満席で立ち見の観客も見受けられました。

昨年の日本選手権はパナソニックが帝京大学に勝利し、優勝。
対するサントリーは公式戦無敗で完全勝利を達成出来るか注目が集まった試合でした。

自分が注目したのは、パナソニック(CTB)のリチャード・バックマンとサントリー(LO)のジョー・ウィラーです。両選手はスーパーラグビーで同じハイランダーズでプレーするチームメイト。
試合開始早々、リチャードに対してジョーの厳しいタックル。普段は友人同士と話す二人でしたが、試合になると激しかったです。。。

IMG_2236

また試合も15対10と接戦で、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。

サントリーは全てのスコアは小野のPG。

IMG_2307

このことからもいかに接戦で均衡していたかがわかると思います。

試合後のセレモニーでは、ニュージーランド航空のClovis Peryer日本支社長からサントリーの松島 幸太朗へニュージーランド航空杯が!

IMG_2507

昨年はパナソニックの新垣だったと思います。

良い笑顔です!

IMG_2578

試合後、恒例のパナソニック(CTB)のリチャード・バックマンとサントリー(LO)のジョー・ウィラーにインタビューを行いました。

リチャード・バックマン

IMG_2231

本日の試合の感想は

とてもタフな試合でディフェンスがとても良かった。
優勝出来なかったのは悔しかったです。
リチャード・バックマンは本日(1月31日)夜の便で日本を出国し、ハイランダーズに合流とのこと。

来シーズンに関しては戻ってこれたら戻って来たいと思っているとの事なので、是非ともまたトップリーグでプレーをしてもらいたいです。

ジョー・ウィラー

IMG_2653

本日の試合の感想は

とてもタフなゲームでした。自分たちの思ったようなプレーが出来ませんでした。そして両チームともフラストレーションが溜まり、PGが多くなりました。
このような決勝という舞台では両チームとも均衡する試合になると思っていましたので、勝利し優勝出来て嬉しく思っています。

またサントリーという素晴らしいチームの一員としてプレーが出来たことを誇りに持っています。

ジョー・ウィラーは、2月6日にハイラインダーズに合流するとのことです。
来年も日本でプレーをするとの事なので、今以上にチームに貢献すると確信しています。

最後に本日のベストショット!

IMG_2642

監督胴上げ!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information