ホーム > NZブログ > ダン・カーター

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.9.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ダン・カーター共同記者会見+キウイブリーズグッズ紹介

ダン・カーター共同記者会見+キウイブリーズグッズ紹介

昨日のゲームレポートに続き、試合後に行われたダン・カーター共同記者会見内容について書きます。

以下、ダン・カーターのコメントです。

「今日はチームにとっても、私にとっても素晴らしい試合になりました。相手は昨年度のチャンピオンチーム。サントリーにはずっと勝てていなかったそうですので、今日はチャレンジでした。非常にハードワークでしたが、トップリーグに出られてとても嬉しく感じています。

日本に来て2ヶ月、ようやくジャージを着て試合に出ることができて、とても嬉しいです。また、本当に多くの人が試合を観にきてくれたことも、嬉しかったです。

2ヶ月の間、色々な人に助けてもらいました。そのおかげで日本に慣れるのはとても早かったです。夏合宿では、チームで色々トライしてハードワークをこなしました。マン・オブ・ザ・マッチの受賞はとても嬉しいことですが、チームの誰が取ってもおかしくなかったと思います。チームメンバーに感謝したいです。

日本のラグビーの基準は毎年レベルアップしています。
今日は80分フルに試合に出るつもりはありませんでした。後半にリザーブの選手が入ってきたときに交代かなと思いましたが、そうではなく80分間プレーしました(笑)

日本のラグビーはスピードが速いので、そこに慣れていくことが必要です。後半は雨が降って、スピードが落ちたので助かりました。また、4ヶ月の試合のブランクがあったので、緊張しました。16年のキャリアがありますが、新しい国でスタートするときは、過去の実績は関係なくまた1から作っていく必要があるため、だいぶ緊張していました。今日はあくまでスタートです。毎週改善していかないといけません。

全体的に、今日の自分のプレーには満足しています。通常自信がつくまで、いつもなら数試合かかりますが、今日は自分のスキルをしっかり出すことができて本当に良かったです。ハードワークのおかげです。チームメンバーも、自分がやりやすいようにしっかりと動いてくれました。」

一流の選手はコメントも一流だということが、記者会見からよくわかりました。

3R1A1011

会場にいた多くのメディアからの質問に丁寧に受け答えする姿に、皆がダン・カーターの人間として素晴らしさを感じていたと思います。

試合後のグリーティングのときのダン・カーター。

3R1A0965

笑顔が素敵ですよね。

最後までファンの方にサインをしていました。

3R1A0981

共同記者会見があり、スタッフが呼びに来るまでずっと書いていました。

人としても素晴らしく、2009年オールブラックスとして来日したときに貰った、オールブラックスのジャージ。

FullSizeR (1)

その翌年にクラストチャーチで行われたブレディスローカップで貰った、オールブラックスジャージ。

FullSizeR

そのときに、日本でいつかプレーをして下さいと言ったところ、「自分のキャリアはどうなるかわからないけど、プレーできたらいいね」と言ってくれたことを覚えています。

さらに、2013年にオールブラックスとして来日したときにもらった手形。

1

サインをしながら、「日本には色々な物があるんだね」と言っていました。

全ての人を本当に大切にする姿勢こそが、ダン・カーターが世界中から慕われている理由かもしれません。

またいつか神戸でインタビューができたらと思っています!

All The Best DC!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.9.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2018-2019 第3節 サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

トップリーグ2018-2019 第3節 サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

昨日は秩父宮ラグビー競技場で行われた、サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズの取材をしてきました。

秩父宮ラグビー競技場は、会場オープン前の17時半から、外まで並ぶ大行列。

というのも、実は今日はニュージーランドのスーパースター、ダン・カーター選手の神戸製鋼でのデビュー戦だったんです。

3R1A0304

神戸製鋼が東京・秩父宮で試合を行うのは、レギュラーシーズンではこの日1回のみ。ダンのトップリーグでの初戦ということもあるかもしれませんが、昨年チャンピオンのサントリーと神戸製鋼の対戦という好カードだったこともあり、平日夜にもかかわらず、競技場は約17,000人の観客で埋め尽くされました。

さて、ダン・カーター選手といえば、現在は代表からは引退したものの、ニュージーランド代表としては112キャップを誇り、2015年までプレーし続けたスーパーラグビーでは141試合に出場、通算最多得点の1708点を記録している、スーパースターです。

試合開始前、「ダン・カーター」と名前が呼ばれると、競技場から非常に大きな拍手と歓声が沸き起こりました。

3R1A0626

サントリーのキックオフでスタートした試合の前半3分、神戸製鋼が相手の空いたスペースを狙い、早々とトライをあげます。

3R1A0329

その後のキックではダンはあいにく外してしまいますが、前半7分、サントリーの反則から得たペナルティーキックで、神戸製鋼での初得点を挙げます。

また、前半17分には、スーパーラグビー・ハイランダーズでプレーしていた、キウィブリーズ注目のリチャード・バックマン選手がトライで追加点を取ります。

3R1A0438

リチャード選手、そして同じく元ハイランダーズでキウィブリーズ注目のトム・フランクリン選手の2名に、試合後独占インタビューを行っていますので、最後まで記事をお楽しみくださいね。

(ちなみになぜハイランダーズ選手を注目しているかというと、代表熊木の高校が、ハイランダーズのホームであるオタゴ地区にあるからです)

さて、前半22分、サントリーのスペースの空いた右ウィングからパスを受け、ついにダン・カーター選手がトライを決めました。競技場全体から沸き起こる大歓声たるや、すごいものがありました。

サントリーも果敢に攻め、ようやく前半36分にトライを決めますが、前半は神戸製鋼の分厚いラインを崩すことに苦戦していました。

逆に一瞬空いた両ウィングのスペースを攻められ、得点を許してしまうという場面が何度かあったので、サントリーは来週以降、この辺りの修正が必要でしょう。

3R1A0524

23-8で神戸製鋼のリードで迎えた後半は雨が降り始め、スピードと展開の早い前半から、ややスローダウンして、一進一退の攻防が続きます。

結果は36-20で神戸製鋼がサントリーを下し、ダン・カーター選手は21得点でマン・オブ・ザ・マッチに選出されました。

3R1A0933

試合後の共同記者会見で、ダンは「16年のキャリアがあるが、いつも新しいチームでの初戦は緊張する。今日は自分のスキルを出すことが出来て本当に良かった。」と話していました。

3R1A1002

共同記者会見の詳細については、また明日アップさせていただきますね。

ラグビーはチーム戦なので、たった一人のスーパープレーヤーが入ったとしても、そこまで戦力は変わらないのではないかと思っていたのですが、ダン・カーター選手が加入したことで、神戸製鋼はチーム全体が大きくレベルアップしているように感じました。

3R1A0359

実際、彼はパス、キック、ラン、状況判断すべてにおいて超一流ですが、プレーしていないときでも常にチームの選手たちに細かい指示やコミュニケーションを取っていたそうです。それが堅固なディフェンスや、隙を突いて得点に結びつけるプレーにつながったのだと思います。

さて、お待たせしました。リチャード・バックマン選手とトム・フランクリン選手への独占インタビューです。

リチャード・バックマン選手

3R1A1040

今日の試合についてどう感じましたか?

いい試合でした。長い時間試合に出ていなかったので、試合に出られて嬉しいですし、勝てて嬉しいです。この数年チームはサントリーになかなか勝つことが出来ていなかったので、今日の結果はとても良かったです。

パナソニックから、また日本のトップリーグへの復帰ですね。今どんな気持ちですか?

青いジャージから赤いジャージに変わりましたが、(神戸製鋼は)非常に素晴らしいチームメート、スタッフ、そして非常に素晴らしい文化を持っています。
シーズンを通じてプレーできることがとても楽しみです。

トム・フランクリン選手

3R1A1038

今日の試合についてどう感じましたか?

非常にハードな試合でしたが、とても楽しむことが出来ました。選手たちはみんな頑張ってくれました。勝つことが出来て嬉しいです。

チームでの目標について教えてください

トップリーグはもちろん、日本選手権での優勝です!このまま勝利を続けていきたいです。

神戸製鋼は終始気迫が途絶えず、ダンが加入したことで、かつての社会人ラグビー常勝チーム、神戸製鋼復活の兆しが見えたように思います。
もちろん、ダンだけでなく、リチャードやトムなど、いい選手のそろった神戸製鋼の結果に目が離せそうにありません!

我妻

タグ : , , , ,

投稿日 : 2017.11.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

元オールブラックス ダン・カーター 来季から神戸製鋼に加入!

元オールブラックス ダン・カーター  来季から神戸製鋼に加入!

昨日、日本ラグビー界に嬉しいニュースが入りました!
元オールブラックス(ニュージーランド代表)のダン・カーターが来季から神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入します。

ラグビー関係者やニュージーランドに関心のある方なら、ダン・カーターをすでにご存知かもしれませんね。
サッカーで例えるならばメッシみたいなすごい選手です。
個人的に1番日本で見たかった選手です!

オールブラックスとしては2009年のブレディスローカップ

IMG_9814

2013年のリポビタンDカップで来日しています。

IMG_0451

他にもイベントでは来日していましたが、まさか日本のトップリーグで生のプレーを見れるようになるとは。。。夢のようです。

紳士的で丁寧な対応がとても魅力的な選手です。
取材もそうですが、プライベートにもぜひ密着したいです。

オールブラックスで来日したときにも、「いつか日本でプレーをすることが出来たら」と言っていたので本当に嬉しかったです。

ダン・カーターの来日会見などの予定があるか神戸製鋼の広報担当者に確認しましたが、今のところ予定はないとのことです。

予定が決まり次第取材をして、読者の方にいち早く生のコメントをお届けしたいと思っています!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2017.11.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

元オールブラックス ダン・カーター 来日!

元オールブラックス ダン・カーター 来日!

ワールドラグビーの年間最優秀選手賞を3回受賞した、元ニュージーランド代表ダン・カーターが来日しました。

今回来日したのは、マスターカード社がワールドワイド・パートナー契約を締結している「ラグビーワールドカップ2019日本大会」を盛り上げるアンバサダーにダン・カーターが就任したからなんです!
他にもラグビー日本代表キャプテンのリーチ・マイケル選手と山田章仁選手がアンバサダーになりました。

これからアンバサダーとして、2019年ラグビーワールドカップに向けていろいろとプロモーション活動をするみたいです。

RWC_TEMPLE_2PM

アンバサダーに会えたりスタジアムツアーなどマスターカードのカード会員限定の企画や、観戦チケットが当選しやすくなるキャンペーンなどもあるようなので、ご興味ある方は要チェックです!もしかしたらプライスレスな体験ができるかも!?

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2016.7.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ダン・カーター自伝 紹介 + サイン入り写真プレゼント

ダン・カーター自伝 紹介 + サイン入り写真プレゼント

ニュージーランド人でダン・カーターと言って、知らない人はいないというくらい有名なラグビー選手。
出版社「東洋館出版」の担当の方より彼の自伝を送って頂いたのでご紹介します。

内容を詳しく書く事は簡単ですが、ここでは敢えて軽く触れるだけにしておきます。
彼ほど順風満帆なラグビー生活を送った選手がいるだろうか!?ルックスが良く、司令塔としてNO1を何度も経験しています。

そんな彼にも怪我の苦労や若手選手の台頭がありました。いつもクールなイメージ(メディアへの対応)ですが、彼も一人の人間。
この本は葛藤や苦悩が隠すことなく書かれたヒューマン自伝でした。

ラグビー好きの方はもちろん、経営者の方にも是非とも読んでもらい作品だと思います。
必ず共感出来る点があると思います!

IMG_0788

今月、チャリティーの一環として来日したダン・カーター。
はがきサイズの写真にサインをもらいましたので、1名の方にプレゼントします。

ご希望の方は、お名前・ご住所・ダン・カーターへのメッセージをお書きの上、info@kiwibreeze.jpまでメールをお送り下さい。

締切:7月31日(日)23時59分まで

bc-dan-sign-t1

ところで、2009年ブレディスローカップでオールブラックスとして来日した際、ユニフォームにサインをもらいました。とても優しく紳士な選手であったと記憶しています。

allblacks2013-31

また、2013年オールブラックスの一員として来日した際は、手形を取らせてもらいました。
今となってはとても貴重な物だと思います。

いつかトップリーグで彼のプレーを見てみたいです!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2016.7.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ダン・カーター チャリティプログラム 共生社会普及促進企画 ウィルチェアーラグビー、車椅子バスケットボール、車いすテニスの体験プログラム

ダン・カーター チャリティプログラム 共生社会普及促進企画 ウィルチェアーラグビー、車椅子バスケットボール、車いすテニスの体験プログラム

ダン・カーター チャリティプログラムの一環で、首都大学東京荒川キャンパスにて行われた「共生社会普及促進企画 ウィルチェアーラグビー、車椅子バスケットボール、車いすテニスの体験プログラム」を取材して参りましたので、ご報告致します。

ダンカーター (9)

今回のチャリティプログラムの中でも個人的に一番興味があったプログラムです。
幸いにもこれまで車椅子を使うことのない生活をしてきましたし、普段から使っている方と触れ合う機会もあまりありませんでした。
生活をするだけでも大変そうなのに、プラスしてスポーツ!?自分だったらネガティブになってしまってスポーツどころじゃなくなってしまうと思います。

ウィルチェアーラグビーを行うダン・カーター

ダンカーター (7)

ダンカーター (8)

車椅子バスケットボールを行うダン・カーター

ダンカーター (5)

ダンカーター (6)


車いすテニスを行うダン・カーター

ダンカーター (3)

ダンカーター (4)

どれもこの素晴らしい笑顔!
オールブラックスでは見る事のできなかった顔です。また、時々真剣な顔になり本気でプレーをすることもありました。アスリートとしての血が騒いだ瞬間でしょうか!?

ダンカーター (2)

3種のスポーツを体験したカーターは最後のコメントで「車いすでスポーツをすることの大変さや難しさを感じた。みなさんがすごいことをやっていると身を持って感じた。」と話していました。

取材して自分が感じたのは、どの競技者も終始笑顔で、心より楽しんでいたという事です。
2020年の東京パラリンピックに向け、このようなあまり一般の目に触れる機会のないスポーツも多くのメディアが取り上げ、目を向けるきっかけになれば素晴らしいと思います。

アスリートの皆さんと参加者の皆さんがこのような体験することにより、車椅子の方への理解も進むと思いますし、競技の普及にも繋がると思います。
ダン・カーターをきっかけにこのイベントを取材出来たことを嬉しく思いました!
出来れば取材ではなく、実際に体験をしてみたかったです。

休憩中もサインや写真対応をしていたダン・カーターは、スポーツ選手としてだけでなく人としても本当に素晴らしい方だと改めて感じました。

次のブログでは、ダン・カーターの自伝とスタッフからもらったサイン入り写真を紹介します!また、2009年に来日した際にもらったグッズ+2013年に来日してもらった手形等貴重なアイテムも紹介します。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information