ホーム > NZブログ > リチャード・バックマン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.2.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第5節 NECグリーンロケッツ東葛 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第5節 NECグリーンロケッツ東葛 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

2月6日(日)に柏の葉公園総合競技場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第5節 NECグリーンロケッツ東葛 vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

NECグリーンロケッツ東葛の取材は先週に引き続き2回目、コベルコ神戸スティーラーズは今季初の取材です。

キウイブリーズが注目するのは、グリーンロケッツのアッシュ・ディクソン

3R1A9843

神戸のリチャード・バックマン

3R1A9835

ともにハイランダーズでプレーした経験があります。

スタジアムは風が強く、とても寒かったです。。。

前半は神戸のミスが多く、決めきれず苦しい展開が続きました。
しかしそのような中でもグリーンロケッツの隙を見つけて積極的に攻めてボールを動かすことで、トライに繋げて行きました。
ところどころのピンチも全員でハードワークし乗り切っていました。

3R1A9873

アッシュの2試合連続トライ!!!モールからのトライなので写真があまり良くなくてすみません。。。

対するグリーンロケッツは良い部分もあったものの、コベルコに流れを持って行かれてしまった時間が長かったです。
前半10分にトライを決めたアッシュ・ディクソンが前半43分に交代してしまいました。これについてはどういった理由なのか、わかっていません。。。
3R1A9924

後半は40分ひたすらバイクを漕いでいました。

アクセントプレイヤーでありコミュニケーションについても皆をリードできるので、怪我など大事にならないといいなと願っています。

前半は22-10でコベルコ神戸スティーラーズがリードして折り返しました。

後半に入り、神戸は前半の悪いところをきちんと修正してミスを減らし、さらに点差を広げて行きました。
第1節でリーグワンの初得点・初トライを決めたリチャード・バックマンは、CTBラファエレとの相性も良く阿吽の呼吸でうまく連携が取れていました。怪我がちなので、本人は問題ないとは言っていましたが少し気がかりです。

3R1A9930

試合は、48-17でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

神戸はこれまで5節すべて試合が開催できている唯一のチームです。初めは2連敗したものの、徐々に良くなってきているなと感じました。それぞれの特性を理解し、戦略を組み立てることができているのではないでしょうか。

グリーンロケッツはまだ連携が取れていない印象です。うまく連携がとれてかみ合えばもっともっと良くなれると思います。

試合後、キウイブリーズだけが撮れるとっておきの1枚!

3R1A9955

ハイランダーズ出身の2人が談笑している姿がなんとなくダニーデンかと思いました!?

3R1A9996
グリーンロケッツ選手全員がトンガ地震のチャリティーTシャツを着ていました。

来週の試合はありませんが、第6節以降もリーグワンの取材に行く予定です。

また、この日も家族も試合観戦をしていました。ワンチームって感じですね!

3R1A9974

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.9.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2018-2019 第3節 サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

トップリーグ2018-2019 第3節 サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

昨日は秩父宮ラグビー競技場で行われた、サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズの取材をしてきました。

秩父宮ラグビー競技場は、会場オープン前の17時半から、外まで並ぶ大行列。

というのも、実は今日はニュージーランドのスーパースター、ダン・カーター選手の神戸製鋼でのデビュー戦だったんです。

3R1A0304

神戸製鋼が東京・秩父宮で試合を行うのは、レギュラーシーズンではこの日1回のみ。ダンのトップリーグでの初戦ということもあるかもしれませんが、昨年チャンピオンのサントリーと神戸製鋼の対戦という好カードだったこともあり、平日夜にもかかわらず、競技場は約17,000人の観客で埋め尽くされました。

さて、ダン・カーター選手といえば、現在は代表からは引退したものの、ニュージーランド代表としては112キャップを誇り、2015年までプレーし続けたスーパーラグビーでは141試合に出場、通算最多得点の1708点を記録している、スーパースターです。

試合開始前、「ダン・カーター」と名前が呼ばれると、競技場から非常に大きな拍手と歓声が沸き起こりました。

3R1A0626

サントリーのキックオフでスタートした試合の前半3分、神戸製鋼が相手の空いたスペースを狙い、早々とトライをあげます。

3R1A0329

その後のキックではダンはあいにく外してしまいますが、前半7分、サントリーの反則から得たペナルティーキックで、神戸製鋼での初得点を挙げます。

また、前半17分には、スーパーラグビー・ハイランダーズでプレーしていた、キウィブリーズ注目のリチャード・バックマン選手がトライで追加点を取ります。

3R1A0438

リチャード選手、そして同じく元ハイランダーズでキウィブリーズ注目のトム・フランクリン選手の2名に、試合後独占インタビューを行っていますので、最後まで記事をお楽しみくださいね。

(ちなみになぜハイランダーズ選手を注目しているかというと、代表熊木の高校が、ハイランダーズのホームであるオタゴ地区にあるからです)

さて、前半22分、サントリーのスペースの空いた右ウィングからパスを受け、ついにダン・カーター選手がトライを決めました。競技場全体から沸き起こる大歓声たるや、すごいものがありました。

サントリーも果敢に攻め、ようやく前半36分にトライを決めますが、前半は神戸製鋼の分厚いラインを崩すことに苦戦していました。

逆に一瞬空いた両ウィングのスペースを攻められ、得点を許してしまうという場面が何度かあったので、サントリーは来週以降、この辺りの修正が必要でしょう。

3R1A0524

23-8で神戸製鋼のリードで迎えた後半は雨が降り始め、スピードと展開の早い前半から、ややスローダウンして、一進一退の攻防が続きます。

結果は36-20で神戸製鋼がサントリーを下し、ダン・カーター選手は21得点でマン・オブ・ザ・マッチに選出されました。

3R1A0933

試合後の共同記者会見で、ダンは「16年のキャリアがあるが、いつも新しいチームでの初戦は緊張する。今日は自分のスキルを出すことが出来て本当に良かった。」と話していました。

3R1A1002

共同記者会見の詳細については、また明日アップさせていただきますね。

ラグビーはチーム戦なので、たった一人のスーパープレーヤーが入ったとしても、そこまで戦力は変わらないのではないかと思っていたのですが、ダン・カーター選手が加入したことで、神戸製鋼はチーム全体が大きくレベルアップしているように感じました。

3R1A0359

実際、彼はパス、キック、ラン、状況判断すべてにおいて超一流ですが、プレーしていないときでも常にチームの選手たちに細かい指示やコミュニケーションを取っていたそうです。それが堅固なディフェンスや、隙を突いて得点に結びつけるプレーにつながったのだと思います。

さて、お待たせしました。リチャード・バックマン選手とトム・フランクリン選手への独占インタビューです。

リチャード・バックマン選手

3R1A1040

今日の試合についてどう感じましたか?

いい試合でした。長い時間試合に出ていなかったので、試合に出られて嬉しいですし、勝てて嬉しいです。この数年チームはサントリーになかなか勝つことが出来ていなかったので、今日の結果はとても良かったです。

パナソニックから、また日本のトップリーグへの復帰ですね。今どんな気持ちですか?

青いジャージから赤いジャージに変わりましたが、(神戸製鋼は)非常に素晴らしいチームメート、スタッフ、そして非常に素晴らしい文化を持っています。
シーズンを通じてプレーできることがとても楽しみです。

トム・フランクリン選手

3R1A1038

今日の試合についてどう感じましたか?

非常にハードな試合でしたが、とても楽しむことが出来ました。選手たちはみんな頑張ってくれました。勝つことが出来て嬉しいです。

チームでの目標について教えてください

トップリーグはもちろん、日本選手権での優勝です!このまま勝利を続けていきたいです。

神戸製鋼は終始気迫が途絶えず、ダンが加入したことで、かつての社会人ラグビー常勝チーム、神戸製鋼復活の兆しが見えたように思います。
もちろん、ダンだけでなく、リチャードやトムなど、いい選手のそろった神戸製鋼の結果に目が離せそうにありません!

我妻

タグ : , , , ,

投稿日 : 2017.1.31 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ラグビー日本選手権 決勝 サントリー vs パナソニック

ラグビー日本選手権 決勝 サントリー vs パナソニック

1月29 日(日)に行われたラグビー日本選手権 決勝 サントリー vs パナソニックの試合を取材しに、秩父宮ラグビー場まで行ってきました。
今シーズン最終戦でもある日本選手権。会場には多くのラグビーファンが駆けつけ、満席で立ち見の観客も見受けられました。

昨年の日本選手権はパナソニックが帝京大学に勝利し、優勝。
対するサントリーは公式戦無敗で完全勝利を達成出来るか注目が集まった試合でした。

自分が注目したのは、パナソニック(CTB)のリチャード・バックマンとサントリー(LO)のジョー・ウィラーです。両選手はスーパーラグビーで同じハイランダーズでプレーするチームメイト。
試合開始早々、リチャードに対してジョーの厳しいタックル。普段は友人同士と話す二人でしたが、試合になると激しかったです。。。

IMG_2236

また試合も15対10と接戦で、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。

サントリーは全てのスコアは小野のPG。

IMG_2307

このことからもいかに接戦で均衡していたかがわかると思います。

試合後のセレモニーでは、ニュージーランド航空のClovis Peryer日本支社長からサントリーの松島 幸太朗へニュージーランド航空杯が!

IMG_2507

昨年はパナソニックの新垣だったと思います。

良い笑顔です!

IMG_2578

試合後、恒例のパナソニック(CTB)のリチャード・バックマンとサントリー(LO)のジョー・ウィラーにインタビューを行いました。

リチャード・バックマン

IMG_2231

本日の試合の感想は

とてもタフな試合でディフェンスがとても良かった。
優勝出来なかったのは悔しかったです。
リチャード・バックマンは本日(1月31日)夜の便で日本を出国し、ハイランダーズに合流とのこと。

来シーズンに関しては戻ってこれたら戻って来たいと思っているとの事なので、是非ともまたトップリーグでプレーをしてもらいたいです。

ジョー・ウィラー

IMG_2653

本日の試合の感想は

とてもタフなゲームでした。自分たちの思ったようなプレーが出来ませんでした。そして両チームともフラストレーションが溜まり、PGが多くなりました。
このような決勝という舞台では両チームとも均衡する試合になると思っていましたので、勝利し優勝出来て嬉しく思っています。

またサントリーという素晴らしいチームの一員としてプレーが出来たことを誇りに持っています。

ジョー・ウィラーは、2月6日にハイラインダーズに合流するとのことです。
来年も日本でプレーをするとの事なので、今以上にチームに貢献すると確信しています。

最後に本日のベストショット!

IMG_2642

監督胴上げ!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2016.12.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ 2016-2017第12節 パナソニックvs リコー

トップリーグ 2016-2017第12節 パナソニックvs リコー

トップリーグ第12節 パナソニック vsリコーの試合を取材しに、秩父宮ラグビー場へ行って参りました。
結果は45対17でパナソニックが勝利を飾りました。

スコアだけで言えばパナソニックの圧勝に見えますが、実際は接戦でした。

IMG_9709

スピードの速さや相手のペースの際にトライをしたり、バーンズの正確なキックのお陰で最終的にこのようなスコアになったんだと思います。

キウイブリーズの注目選手、リチャード・バックマンは前半終了までで交代。

IMG_9671

そのことによりフィジカル面が下がり、リコーの攻撃を早く止める事が出来なくなったように思えました。

この試合のMOMに選ばれた山田の後半のトライは、とても美しくチームの勢いを加速させたように思います。

IMG_9731

また、試合後のゴジラポーズも彼らしくユーモアがありますよね!?トップの写真です。

試合後にリチャード・バックマンに本日の試合の感想と怪我の状態を取材しました。

IMG_9853

本試合の感想は?

始めは激しい試合で、私たちがすべきプレーをする事が出来ませんでした。相手のチームのプレーの方が良かったと思います。ボーナスポイントを上げる事が出来なかったのが悔しかったです。でも、試合は勝つ事が大切で、結果としては良かったと思います。次節には修正して望みたいです。


前半終了で途中交代した意味は?

ハムストリングが張ってしまったので、大事を取って交代しました。
明日(12月19日)にチェックをしてもらいます。

IMG_9760

何も問題ない事を祈っていましたが、発表された次節24日のメンバーからは外れたみたいです・・・
このタイミングでの怪我はチームにとっても大きな打撃となるでしょう。

年明け残り2試合しかないので、年末年始しっかりと治してもらいたいと思います。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2016.10.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ 2016-2017 第8節 キヤノンvs パナソニック

トップリーグ 2016-2017 第8節 キヤノンvs パナソニック

ラグビートップリーグ第8節 キヤノンvs パナソニックの試合を取材しに、町田市陸上競技場へ行って参りました。
結果は、29対16でパナソニックがキヤノンを下しました。

IMG_2759

この試合を語る上で欠かせないのは、マンオブザマッチも獲得した195センチ/125キロの大型ウィング、タンゲレ・ナイヤラボロ。

IMG_2808

キヤノンの和田も2回飛ばし交代を余儀なくされるなど驚異のパワーを見せつけました。タックルした和田の表情が痛々しかったです。

負けはしましたが、最後の最後まで諦めずトライを狙ったキヤノンの闘志は、今後必ず生きてくると思います。

後半38分にキックを選択した所で、ほぼ全員の選手が「キック」と声を出していたのが、グラウンドでよく聞こえました。

IMG_2660

また、キヤノンのアダム・トムソンの疲労が考慮されて、途中出場でリフレッシュな試合が出来たと思います。

前節は途中交代をしたものの、スーパーラグビーからずっとラグビーをしていることもあり、この試合のベンチスタートという選択は重要だったように思えました。

その決断をした永友監督は、選手の状態をよく理解し考えられる監督だと感じました。

IMG_3055

また、タンゲレ・ナイヤラボロをしっかり止めるなど、ベテランとしての仕事もしっかりこなしていました。

また、ジャッカルなど素晴らしい動きも見せていました。

IMG_2664

キウイブリーズで注目しているパナソニックのリチャード・バックマンは、攻守に渡りチームに貢献していました。

特にディフェンスが良かったと思います。試合後に、来週の試合後のスケジュールを聞いたのでそれはまた後程。
試合後、アダム・トムソンとリチャード・バックマンにインタビューをしました。

IMG_3076

アダムは、大好きなツマナヨおにぎり2個を頬張りながらのインタビュー!笑
ニュージーランド学生代表として初来日した時の写真を見せたら「若くてハンサムだね」と、チームメイトに自慢していました。。。

また、キウイブリーズ独占情報。

昨年同様、トップリーグ後はスーパーラグビーでプレーをするのか?という問いに「身体をメンテナンスし、ゆっくりして日本だけでプレーする」とコメント。

日本を心底好きになっている模様です。
そして、これはまた後日ご紹介しますが、10月30日(Bチームの練習試合がある)のニュージーランドのイベントに出演するそうです。
キヤノンのチームにも承諾を得ているので大丈夫、とのこと。歌手の彼女の歌声も初めて聞けるので今から楽しみです!!!

また、リチャード・バックマンへもインタビューを行いました。

IMG_2880

本日の試合の感想は!?

前半はスローな展開でしたが、後半は多少改善をして良くなったと思います。また、ボーナスポイントを獲得して終われたことが良かったです。
来週の試合後の予定は!?

このアンサーもキウイブリーズ独占内容

バーバリアンズ「ホームグラウンドを持たず、数名の役員によって選ばれた世界一流選手で編成される、伝統あるラグビーユニオンクラブ」のトリップに参加します。

3試合をヨーロッパで行う予定です。

その後はパナソニックの宮崎キャンプに参加するので、休みがなくタフだけど楽しみです。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2016.10.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ 2016-2017 第6節 パナソニックvs NEC

トップリーグ 2016-2017 第6節 パナソニックvs NEC

ラグビートップリーグ第6節 パナソニックvs NECの試合を取材しに、熊谷陸上競技場へ行って参りました。
結果は、51対26でパナソニックがNECを下し、今季4 勝目を挙げました。

IMG_1722

この試合で注目したのは大学生初のトップリーガー、山沢拓也。若いうちからこのレベルで経験を積めるということは、必ず日本ラグビーにとってプラスになると思いますし、実際に日本選手権でもそうだった様に、大学生がどこまで試合をコントロール出来るのか見てみたいという気持ちもありました。
彼の10番のポディションはまさにゲームメーカーと言っていいポディションであり、攻守に渡り指示をする、司令塔みたいな役割があると言えます。

IMG_1704

さて、そんな中での結果ですが、初トライを決め、キックでは6ゴール3PGの計26点を獲得と、かなりチームの勝利に貢献していました。また、地元でのマンオブザマッチに選ばれるなど素晴らしい才能を目の当たりにしました。
若い彼の今後にも注目して行きたいと思っています。

IMG_1796

また、センターのリチャード・バックマンは独特なステップでNECの選手を交わし、ベテランのヒーナンも安定したプレーを披露していました。

IMG_1970

前にも記事で書いた通り、パナソニックは若手とベテランのバランスが取れて来ていると思います。日本代表のキャンプがあり代表の試合もある。そんな過酷なスケジュールの中で、主力が代表に招集されたことを想定したチーム作りを行っているのだと思います。
史上初の4連覇がかかる中、今後のチームの成長を考えた選手起用など、若手の育成に注力しているロビー・ディーンズ監督の采配は、やはりトップクラスの監督と言えるのではないでしょうか。普通(自分)だったら今の采配は勇気が無く出来ないと思います。

試合後、リチャード・バックマンに今回の試合の感想と今後についてインタビューを行いました。

本日の試合の感想は

ストップ・スタートなゲームをしてしまった。また、前の試合より早かったように感じました。攻撃では良い動きをすることが出来ましたが、ディフェンスでもう少し向上できると思うので、トレーニングで改善していきたいと思っています。

パナソニックプレー後、スーパーラグビーではハイランダーズでプレーをするのか

はい。1月からハイランダーズでプレーをすることが決まっています。パナソニックのアドバイザーのトニー・ブラウンが監督でエキサイティングに思うし、とても心強いです。

IMG_1999

取材後はファンの方へサインをしていました。

ではでは

熊木

タグ : , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information