ホーム > NZブログ > 2014年 > 10月 > 06日 > プレナスなでしこリーグ2014 エキサイティングシリーズ 第3節 ASエルフェン埼玉 VS ベガルタ仙台レディース

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2014.10.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze

プレナスなでしこリーグ2014 エキサイティングシリーズ 第3節 ASエルフェン埼玉 VS ベガルタ仙台レディース

プレナスなでしこリーグ2014 エキサイティングシリーズ 第3節 ASエルフェン埼玉 VS ベガルタ仙台レディース

こんにちは

昨日は、川越運動公園陸上競技場にて行われた「ASエルフェン埼玉 VS ベガルタ仙台レディース」の試合を取材してきました。

サッカーニュージーランド女子代表のサラ・グレゴリアスはベンチスタート。

試合は、前半の10分間が全てだった。

雨の為ウェットなグランドコンディションの中、ゲームはスタートした。

前半の開始早々、ベガルタ仙台のプレス及び精度の高いパス回しを、ASエルフェン埼玉の選手たちはプレッシャーをかけるのでもなくただただボールを見てしまっていた。

立て直すことが出来ず、4分・7分・9分の3失点。

IMG_8300

そんな中、運動量が豊富で俊足のサラを前半34分ピッチに送り出した監督。この判断でゲームの流れは変わったように思えた。

サラはグランド(ボールを持った選手)に激しくプレッシャーをかけ、をASエルフェン埼玉の選手がセカンドボールを取りチャンスを作ることが増えた。

IMG_8574

前半のシュート数0に対して後半は6本だった事からも、サラの投入で流れが変わった事が分かる。

後半は何度もチャンスを作ることが出来ていたが、得点をあげることが出来ず0対4の完敗。

IMG_8600

試合後にVSベガルタ仙台戦についてサラにインタビューを行った。

「とても難しい試合でした。雨が強くてすごく寒かった。その為、ボールのコントロールが難しかった。

試合開始早々のベガルタ仙台のプレッシャーが強かった。その結果、前半10分までで3失点をしてしまった。」

この試合でホーム3連戦が終了し、残り3試合アウェーの戦いが残っている!!サラには是非ともスターティング11としてプレーしてもらいたい。

ではでは

熊木

タグ : , , , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information