ホーム > NZブログ > 2014年 > 11月 > 25日 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 柏レイソルU-18 vs市立船橋高校

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2014.11.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze

高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 柏レイソルU-18 vs市立船橋高校

高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 柏レイソルU-18 vs市立船橋高校

1122()日立柏総合グラウンド(人工芝)で行われた、柏レイソルU-18 vs市立船橋高校の試合を取材してきました。

 

ニュージーランドU-20のデン・ヘイジャー・マイケル ジェームスはベンチスタート。

 

前半は市立船橋のフォーメーションにフィットしていない様に思えたが、徐々に修正しゲームを柏のペースで運ぶ。前半シュート数4本に対して市船は1本と、危なげないゲーム展開。

 

後半に入ってからはレベルの違いを見せていた。体力面及びゲーム運びと精度、全てにおいて勝っていたように思う。

 

デン・ヘイジャー・マイケル ジェームスは、後半ロスタイムからの出場!!!

 

2分ほどのプレーだったので評価は出来ない。

 

 

試合は31で柏レイソルU-18の勝利。清水エスパルスユースが勝利した為、今節の優勝とはならなかったが、次節でEASTの優勝を決めたいところである。

 デン・ヘイジャー・マイケル ジェームス

試合後、出場しなかった選手たちによる前後半35分の試合が行われた。

 

そこでプレーをしていたデン・ヘイジャー・マイケル ジェームス。

 

Zでプレーしていたら明らかに良い選手と言える。

ボールタッチ及びコントロール等はやはり日本の選手の方に軍配があがるが、フィジカルやピンポイントにもなる。

やはりコミュニケーションが現時点での課題だと思う。それも日本での滞在が長くなれば問題無くなるだろう。

 

また、今のスタイルは現NZ代表(オールホワイト)のスタイルの方がフィットしていると思う。

 

イングランドでプレーしている「クリス・ウッド」のように、センターでボールを受け、周りの選手が動くようなNZの典型的なスタイル。

デン・ヘイジャー・マイケル ジェームスの方が足元の精度も高いかもしれない!?

 IMG_9819

これからの彼の活躍に期待する。

 

ではでは  

 

熊木

タグ : , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information