ホーム > NZブログ > 2017年 > 4月 > 01日 > クーパーズクリーク レザーバック セントラルオタゴ ピノノワール2015 試飲レポート

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.4.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze

クーパーズクリーク レザーバック セントラルオタゴ ピノノワール2015 試飲レポート

クーパーズクリーク レザーバック セントラルオタゴ ピノノワール2015 試飲レポート

こんにちは。
今日はニュージーランドでも有数のワインの産地、セントラルオタゴで作っている「クーパーズ・クリーク」というワイナリーの赤ワイン、「レザーバック」をご紹介します。
詳しい方はクーパーズクリークはオークランドって思われる方もいると思いますがなんとセントラルオタゴでも作っているんですよ。

ピノ・ノワールという品種で作られたこのワインは、深いタンニンの味わいと、ブラックベリーやブドウ本来の持つ果実味をふんだんに感じることが出来ます。
色はオーソドックスなピノ・ノワールではあるものの、これがピノかと思うほどにフルボディーの味わいを感じることが出来るワインです。

IMG_5404

なかなかこれだけフルボディーのピノ・ノワールは味わうことは出来ないと思います。

その鍵となるのは、オーク樽での7ヶ月の熟成期間。

ピノ・ノワールは、樽の香りを吸いやすい品種とされていますが、絶妙な熟成期間の調整があるのでしょう。
樽の香りをほとんど感じさせないながらも、まろやかな果実味を引き出す、生産者の技術が光ります。

肉料理、特に岩塩などで味付けされたラム肉などにあわせたら、ラム本来の香りをとても引き立ててくれそうなワインです。
パプリカ、ブロッコリーなどの焼野菜にも良く合うでしょう。

また、空気とのふれあいによって、時間と共に変化していく味わいも必見です。

IMG_5394

日本では、弊社の運営する楽天ブリーズオンラインショップでのみ購入できます。
また、レストランでは渋谷道玄坂にあるEbizoで取り扱っています。

これから拡販する予定ですが、本数が少ないので。
ご希望の方はお早めにお求めください。

是非、このフルボディーのピノ・ノワールを片手に、贅沢な時間を味わってみてくださいね。

我妻

タグ : , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information