ホーム > NZブログ > オールブラックス

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.5.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 決勝 東京サントリーサンゴリアス vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 決勝 東京サントリーサンゴリアス vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ レポート

5月29日(日)に国立競技場にて行われた、 NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 決勝 東京サントリーサンゴリアス vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ を取材してきました。

昨年のトップリーグ決勝と同じカードとなりました。最後のトップリーグを制したのはワイルドナイツでしたが、リーグワン初代王者に輝くのはどちらのチームでしょうか!?

真夏日となった国立競技場。33,604人の観客が入りました。きれいなスタジアムですね。

image0 (2)

 

ワイルドナイツは開幕から2試合新型コロナウイルスの影響で不戦敗となりましたが、その後15連勝です。2月26日に行われた第7節 交流戦では、34-17で直接対決を制しています。ディフェンスが強く、ターンオーバーから一気にトライへ持ち込む力があります。
サンゴリアスはアタッキングラグビーを特徴としていて、とにかく早いテンポでパスを回し、攻撃のバリエーションが豊富です。そのスピードの速さはリーグワントップです。

キウイブリーズが注目するのは、サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A4151

テビタ・リーです

3R1A4048

いつもならばワイルドナイツのクレイグ ・ミラーもなのですが、決勝はメンバー外でした。

image0

試合前に会えたので少しだけ話せたのですが、怪我とのことでした。しっかりと治して、また代表入りして欲しいです。

 

先制したのは、サンゴリアス。
ワイルドナイツのオフサイドからPGを選択し、ダミアン・マッケンジーが決めました。

3R1A4170

 

前半11分にモールからの展開で、ワイルドナイツ内田がトライしたかと思われましたが、TMOによりスローフォワードでノートライ

しかしその後PGで3-3とします。

ワイルドナイツはスペースを潰し、サンゴリアスに攻撃の隙を与えません。

この試合で最初トライとなったのは、前半28分!ワイルドナイツのマリカ ・コロインベテが決めました。

続いて前半31分スクラムから展開し、マリカ ・コロインベテのトライは、TMOによりまたしてもノートライに

ペースは完全にワイルドナイツでしたが、前半終了間際にサンゴリアスが個人技で反撃に出ます。
前半39分にダミアン・マッケンジーがトライ目前でタックルによりノックオン。惜しかったです。。。

3R1A4070

前半は、10-3でワイルドナイツがリードします。

後半は、ダミアン・マッケンジーがPGを3本決め、点差を縮めていきます。

3R1A4178

 

しかし後半33分にディラン ・ライリーがトライを決め、さらに突き放すワイルドナイツ

それでも終了間際にチャンスを得たサンゴリアスでしたが、痛恨のペナルティ。。。
それだけワイルドナイツのプレッシャーが凄かったんだと思います。

試合は、18-12で埼玉パナソニックワイルドナイツが勝利しました。

3R1A4220
ワイルドナイツは苦しい時間帯もありましたが、サンゴリアスをノートライに抑え、固いディフェンスで最後まで守り抜きました。

試合後の記者会見で坂手キャプテンのコメントにもありましたが、最後の1秒までどちらに転ぶかわからない、タフなゲームでした。どちらのチームも素晴らしかったです。

試合後の表彰式
3R1A4244

バックスタンドでの一枚

3R1A4278

今後も、日本代表の試合などラグビーの取材をしていく予定です。

観客の声援に応えるダミアン・マッケンジー!

3R1A4268

 

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2022.5.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

5月8日(日)にユアテックスタジアム仙台にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

キウイブリーズが注目するのは、コベルコのベン・スミス。

3R1A2944

ベンは3月に途中加入ということもあり、あっという間に今季最終戦を迎えました。

コベルコはすでにプレーオフ出場を逃してはいるものの、前節はチーム全体から勝利への強い気持ちを感じました。最終戦も勝って、来シーズンへつなげてほしいところです。

試合開始直後から流れをつかんだのは、コベルコでした。
SO李のペナルティゴールで先制します。まだ若い選手なので、今後が楽しみです。

3R1A2806

前半11分から6トライもの得点ラッシュ!
WTB山下楽平が大活躍していました。

3R1A2833

前半は41-10でコベルコがリードします。

後半にアクシデントがあり山中が脳震盪のチェックでいなかったときには、ユーティリティバックスとしてFBになったり、CTB、WTBとさまざまなポジションをこなしていました。積極的に声出しをしつつその時々に合わせて柔軟に対応する力は、やはり長年の経験があるからこそできることだと思います。パスの精度も素晴らしかったです。

3R1A2738

さらにはディフェンスも頑張っていました。

そして、後半29分にベンのトライ!

3R1A2892

トップリーグ2021 リーグ戦第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs NECグリーンロケッツ 以来のトライです。

3R1A2877

長年彼を取材してきましたが、このようにガッツポーズをするなど感情を出してプレーをするのは珍しいなと感じました。

3R1A2953

試合は74-34でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

チームとしての課題は、得点は多くても失点も多かったということです。良い時間帯と悪い時間帯があるので、90分通して同じパフォーマンスができるようになってほしいです。

試合後にはベンのリラックスした笑顔も見られました。他の選手と戯れ合う姿も!

3R1A3050

出身高のキングスハイスクールの制服を持ったベン

3R1A3060

来週中にコベルコから退団選手リリースが出るそうです。その内容によって、また記事を書きたいと思っています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.5.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

5月1日(日)に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス を取材してきました。

試合開始前に17日に57歳で他界したヘッドFWコーチのスティーブ・カンバーランド氏への黙とうが捧げられました。

3R1A2369

ハイランダーズやオタゴでのコーチの経験もあり、長きにわたって日本ラグビーの発展に貢献されました。心よりご冥福をお祈りします。

3R1A2371

ホーム最終戦で、彼に勝利を届けたいところです。

キウイブリーズが注目するのは、コベルコのベン・スミス。試合前日にメンバー変更があり、リザーブからスターティングメンバーになりました。復帰後初です!

3R1A2374

そして、ヘイデン・パーカー。
第11節(3月27日)以来2回目のリザーブです。

3R1A2519

前半7分にSO李が先制トライを決めます。ベン・スミスからのパスが得点につながりました!

3R1A2391

前半は17-12でコベルコがリードします。

後半4分にトライを許し逆転されるも、コベルコもすぐにトライを決めその後も得点を重ねていきます。

後半28分にベン・スミスと交代でヘイデン・パーカーが入りました。

キヤノンは粘りを見せて9点差まで追い上げましたが、届かず。

コベルコは、規律を守れていなかったように感じました。TMOで反則やエラーによりノートライになるなど、粗い面が見られました。もっと丁寧にしてミスを減らせていたら、さらに点を離せたのではないでしょうか。
また、最後の10分くらいは声があまり出ていなかったのでコミュニケーションの面においても次節に向けて修正が必要です。
ただ、ホーム最終戦を勝つんだという強い気持ちがチーム全体にあったように感じました。

試合は、42-33でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

最終戦は8日にユアテックスタジアム仙台にて、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安と対戦します。

なお、試合前日にベン・スミスに独占インタビューを行いました。

3R1A1893

オタゴデイリータイムスで彼が今季で引退を検討していると報じられているので、その件についてです。
シーズン終了前にこういったデリケートな話を聞くことに対しての批判もあるかとは思います。しかしこのタイミングでオタゴデイリータイムスから記事が出ました。。。
自分たちは高校の先輩後輩という長い付き合いですし信頼関係があるので、彼からこの件について直接聞かずにはいられなかったことをご理解いただきたいです。

ベンは、「去就は今は未定で、全く決めていない。まだリーグワンの試合も(インタビュー時点で)2試合残っているので、今はそちらにフォーカスしている。自分の感覚にずれがあるけど、ベテランとしてまだやれるとも思っている。帰国後、家族と話し合ってから決断するつもり」とのことでした。

コベルコの攻撃のスピード、テンポの良い攻撃スタイルはリーグワントップクラスです。そこに経験豊かなベンの的確な指示出しやパスは絶対的な力になると思っています。
インタビューを行った試合前日の練習でもキレのある動きが見られましたし、昨日の試合でファーストトライの起点となった彼のパスは本当に素晴らしかったです。
来週もメンバー入りして活躍してくれるのを期待しています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.3.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦  東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

3月4日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

久しぶりの秩父宮かつナイトゲームです。
3月とはいえ、夜はまだまだ肌寒かったです。。。

image0

キウイブリーズが注目するのは、東京サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A0033

テビタ・リー

3R1A0037

コベルコ神戸スティーラーズのアーロン ・クルーデン

3R1A0216

です。

ダミアン・マッケンジーとアーロン・クルーデンは、以前チーフスでチームメイトでした。
また、トップリーグの時に強豪でともに優勝経験もあるチームの対戦ということで、自分の中でもかなり注目していましたが。。。

いざ試合が始まってみたら、東京サンゴリアスの一方的な試合でした。

東京サンゴリアスは、序盤はディフェンスの時間こそありましたが、前半14分のサム・ケレビのトライを皮切りに怒涛の攻撃で得点を重ねました。

前半は28-5で東京サンゴリアスがリードして折り返しました。

後半は神戸が意地を見せる時間もありましたが、東京サンゴリアスはペースを崩すことなく攻め続けていました。
攻撃のバリエーションも豊富で、チームの戦術としてやりたいことがしっかりとできていたようでした。

神戸は昨年までの良さはどこに行ってしまったのでしょうか。。。メンバーが大幅に入れ替わったわけではないはずですが、終始噛み合っていないように感じました。
テンポが速い東京サンゴリアスを止められず、自分たちの流れを掴めなくてフラストレーションが溜まっていたのかもしれません。
どうにか良い方向に修正して、リーグ後半は巻き返して欲しいところです。

試合は、56-17で東京サンゴリアスが勝利しました。
テビタ・リーは3トライ。素晴らしいです。

3R1A0126

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)は、3トライ+ゴールキック8本全て決めたダミアン・マッケンジーでした!
やはり彼は別格です。スピードが速いですし、動きにキレがあります。華麗なプレーで観客をワクワクさせてくれますね。
以前取材した時よりもずっとチームにフィットしていました。

 

3R1A0189

 

3R1A0182

新型コロナウイルスの影響で直近2試合は不戦敗だったとはいえ、神戸は2勝6敗とかなり苦しいです。
東京サンゴリアスは、7勝1敗です。

ここで、久しぶりのキウイブリーズ独占情報をお届けします!
コベルコ神戸スティーラーズのヘイデン ・パーカー

怪我のため今シーズンの出場がまだありません。。。
たまたまコンタクトできたので少し話せたのですが、もうすぐ試合に復帰できそうとのことです!!

3R1A0054

昨日も試合前のトレーニングに参加していました。

最終的に決めるのはチームなのでわかりませんが、本人としてはもうそろそろ試合に出れそうなくらいに仕上がっているそうです。ですので、近いうちにメンバー入りする可能性が十分にあります。

試合で彼のプレーを見れるのが今から待ち遠しいですね!

 

本日の一枚。ダミアンにタックルにいくアーロン。

3R1A0110

来週もリーグワンの取材に行く予定です。

ではでは

熊木

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2022.1.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第2節 東京サントリーサンゴリアス vs トヨタヴェルブリッツ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第2節 東京サントリーサンゴリアス vs トヨタヴェルブリッツ レポート

1月16日(日)に味の素スタジアムにて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第2節 東京サントリーサンゴリアス vs トヨタヴェルブリッツ を取材してきました。

先週府中ダービーを制した東京サンゴリアスと、第1節が中止となってしまったため今日が実質初戦となるトヨタヴェルブリッツ。
昨年のトップリーグではともにベスト4入りを果たした強豪同士の一戦です!

キウイブリーズが注目するのは、東京サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A9224

そしてトヨタヴェルブリッツのパトリック ・トゥイプロトゥ

3R1A9274

現役オールブラックスの2人の対戦が日本で見れるなんて、本当に嬉しいですよね。

前半3分にダミアン・マッケンジーからショーン・マクマーンに繋いで先制トライ!
そのあとのコンバージョンキックもきっちりと決めて、東京サンゴリアスが良いスタートを切りました。

3R1A9472

対するトヨタヴェルブリッツは、11分にペナルティゴールでリーグワン初得点を決めます。

しかし16分にはまたもダミアン・マッケンジーが得点に絡む活躍で、東京サンゴリアスの勢いが止まりません。

トヨタヴェルブリッツはボールを保持し攻撃の流れを作りたいところです。
その後トヨタヴェルブリッツはじりじりと縦に攻める展開になりますが、東京サンゴリアスも鉄壁のディフェンスでなかなかトライに繋がらない展開に。

3R1A9370

東京サンゴリアスはターンオーバーからのスピードの速さが素晴らしかったですし、攻撃のバリエーションが豊富でした。

東京サンゴリアスが大きくリードし、29-3で前半を終えます。

そして後半5分、スクラムから横へ展開していき、ダミアン・マッケンジーがリーグワン初トライ!!

3R1A9417

先週よりもチームにフィットしていて、日に日に良くなっているようです。攻撃のバリエーションも田村との息もだんだんあってきているように思えました。後半最後のトライはキレイでした!

3R1A9486

スペースを見つけたらラン出来る選手なので自由にさせたくない選手です。

トヨタヴェルブリッツは今節が初試合なため、まだコンディションや連携が整っていない影響を感じました。

3R1A9339

それでも、後半11分には念願の初トライを決めました。
スクラムからボールを動かすこの流れは、ずっとヴェルブリッツがやりたかったものだったのではないでしょうか。

後半16分からは注目のテビタ・リーが入りました。

3R1A9447

トヨタヴェルブリッツは、まだチームとしてまとまりきっておらず、せっかくのチャンスを決めきれないパターンが多く見受けられました。
パトリック・トゥイプロトゥはパワフルでしたが、東京サンゴリアスのショーン・マクマーンなどにマークされ、思うように動けていなかったように見えました。
他にも南アフリカ代表で2019年に世界最優秀選手賞にも輝いたピーターステフ ・デュトイをはじめ、素晴らしい選手がたくさんいるので、個のプレーではなくもっと連携がとれてまとまっていければチームとして良くなっていけると思います。

試合は、50-8で東京サンゴリアスが勝利しました。

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)は、1トライ6ゴール1PGで大活躍のダミアン・マッケンジーでした!

彼の履いてるブーツです。この写真をアップしているのはうちの媒体だけでは!?

3R1A9352

試合後のインタビューでは、「チームで良いパフォーマンスができて勝利できた。日本のラグビーは展開がとても早いので、そのあたりも体感できた。」「日本の生活も、リーグでの戦いも皆さんのおかげで楽しめている。素晴らしいファンがたくさんいると感じながらプレーできているので、楽しい時間を過ごせている」とコメントしました。

また、トヨタヴェルブリッツの姫野は「完敗だった。敗北をしっかりと受け止める。チームのクオリティには満足していない」「今シーズン盛り上げて、ラグビー人気を高めたい」と話しました。

残念ながら今回もミックスゾーンでの個別取材はできませんでした。。。
またしても新型コロナウイルスの感染が拡大していますが、なんとかリーグワンが中止にならないことを心から願っています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2021.1.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見レポート

サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見レポート

こんばんは!
1月6日(水)に東京プリンスホテルにて行われた、サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見を取材してきました。

ボーデン・バレットは現在29歳で、ポジションはSO、FBです。

3R1A0145

ワールドラグビー年間最優秀選手賞を2度受賞し、現在もオールブラックスの中心選手として活躍しています。

ラグビーワールドカップ日本大会では、弟のスコット・バレット、ジョーディー・バレットと三兄弟揃って試合に出場するなど大活躍していたので、記憶に残っている方も多いかと思います。

スーパースターのボーデン・バレットが日本のトップリーグでプレーするということで、多くの報道関係者が来ていました。

IMG_6851

注目度の高さがうかがえます。

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、一人ひとり検温や消毒など厳重に対策された上で、記者会見が行われました。

まず、ボーデンから「日本に来ることができて嬉しいです。家族を含めて快適に過ごせています。」さらに、「サンゴリアスの一員になれて光栄です。トップリーグ開幕がとても楽しみです。」と挨拶しました。

また、「サンゴリアスのラグビーが自分に合っています。」と話していました。

3R1A0103

記者から「対戦したい相手は?」という問いに、神戸製鋼のブロディ・レタリックとベン・スミス
NTTドコモレッドハリケーンズのTJ・ペレナラの名前を挙げていました。

オールブラックスのチームメイトとの対戦を、彼自身もとても楽しみにしているようです!
また、対戦したいチームはパナソニック ワイルドナイツとのことです。

さらに、「10番(SO)と15番(FB)はどっちが好き?」と尋ねられ、「10番」と答えていました。

3R1A0168

トップリーグは1/16(土)に開幕します。

サントリーサンゴリアスは、豊田スタジアムにてキアラン・リードが所属するトヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦します。

ボーデン・バレットは「(メンバーの)23人に選ばれるよう頑張ります。」と話していました。

3R1A0179

新型コロナウイルスの感染者が日々増えていて心配ではありますが、今季のトップリーグが無観客試合にならないことを願っています。

それではまた。

タグ : , ,

1 / 131234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information