ホーム > NZブログ > オールブラックス

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2024.2.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クロスボーダーラグビー2024 第1戦 東京サントリーサンゴリアス vs ブルーズ レポート

クロスボーダーラグビー2024 第1戦 東京サントリーサンゴリアス vs ブルーズ レポート

2月3日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われた、クロスボーダーラグビー2024 第1戦 東京サントリーサンゴリアス vs ブルーズ を取材してきました。

昨季リーグワンでトップ4だったチームとスーパーラグビーのチームが対戦する、クロスボーダーラグビー2024。第1戦は東京サントリーサンゴリアスとブルーズの対戦です。
スーパーラグビーは2月23日に開幕するので、ブルーズにとってはプレシーズンマッチとなります。
ラグビーワールドカップ2023フランス大会でオールブラックスの一員としてプレーした選手も今回来日していますが、第1戦ではメンバー外となっています。

試合前に行われたイベントのため来場したトヨタヴェルブリッツのアーロン・スミスとボーデン・バレット

3R1A7578

アーロン・スミス「スーパーラグビーはプレシーズンの終盤なので、展開の早いタフな試合になることが予想されますが、ニュージーランドの質の高いラグビーを見せてくれることでしょう。オールブラックスの選手もたくさんいますし、若い才能あるプレイヤーも見てほしいです」

3R1A7600

ボーデン・バレット「ブルーズはコーチ陣が新しく変わったので、どういうパフォーマンスになるのかワクワクしながら見ていたいと思っています」

さらにアーロン・スミスは「来年はハイランダーズに来て欲しいです!」と言っていました。

試合開始からペースを握ったのはブルーズでした。
立ち上がりに攻め続けて前半4分に先制すると、その後も9分、15分と連続トライを決め圧倒します。

3R1A7700

前半20分すぎからようやく東京SGが敵陣に入り攻撃を仕掛けていき、30分に松島のトライが決まりました。

前半は19-7でブルーズがリードして折り返します。

リーグワンのチームがどのくらいできるのか、正直予想していたよりもずっと実力差を感じました。ブルーズはまだシーズン前ではありますが、これが世界トップレベルのアタッキングラグビーなんだなと思いました。

後半に入ってからもペースを握ったのはブルーズでした。後半3分、6分と連続トライでさらに点差を離していきます。

後半メインスタンドでハイランダーズのレジェンドの2人トニー・ブラウンとアーロン・スミスを発見!

3R1A7795

どんな話をしていたんでしょうか…?

入場者数は13,278人でした。

後半4トライを決めたブルーズに対し、東京SGは敵陣深くまで入るも決め切ることができず無得点に終わりました。

試合は、43-7でブルーズが勝利しました。

3R1A7866

POMはブルーズの13番コーリー ・エヴァンズ でした。

3R1A7727

まだ23歳と若くこれからが楽しみな選手の1人です。

また、10番のスティーブン・ペロフェタ

3R1A7671

パスを出す位置やタイミングが良くスキルの高さはもちろん、ゲームメイクが上手かったです。以前オールブラックスに選出され来日していましたが、今後オールブラックスの10番を争う1人となる可能性が高いです。

また、東京サントリーサンゴリアスはニコラス・サンチェスと交代で入った高本 幹也が視野が広くキックも良かったと思いました。将来的に日本代表のメンバーに入ってくるんじゃないでしょうか。

試合後の記者会見でバーン・コッターHCは、「7週間ほど練習をしてきて今日ゲームプランを実行する形で、自分たちがどのくらいできるのか確認することができました。私たちにとってベストな状態は前に進むことなので、前半それが上手くできていたと思います。それが今日の結果に繋がりました」

東京サントリーサンゴリアスの田中澄憲監督は、実際にプレーして感じた差について「最初の20分は受け身だったと思います。ボールを持つ時間が少なかったですが、ディフェンスの中でどうボールを取り返すか、アグレッシブにラインを上げるとか、どういうアタックをするかを試合の中盤まで出来なかったので、最初からできるマインドをしっかりと身につけなくてはいけないです」と話しました。

ブルーズは来週2月10日はニッパツ三ツ沢球技場にて横浜キヤノンイーグルスと対戦します。

3R1A7930
ラグビーワールドカップ2023フランス大会のメンバーだったケイレブ・クラークが出場する可能性があるという話も記者会見でありましたので、楽しみです。

次の記事では、クロスボーダーラグビー2024 第2戦 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs チーフス のレポートをお届けします。

金沢

タグ : , , ,

投稿日 : 2024.1.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン1 第6節 交流戦 三菱重工相模原ダイナボアーズ vs 東京サントリーサンゴリアス レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン1 第6節 交流戦 三菱重工相模原ダイナボアーズ vs 東京サントリーサンゴリアス レポート

1月20日(土)に相模原ギオンスタジアムにて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン1 第6節 交流戦 三菱重工相模原ダイナボアーズ vs 東京サントリーサンゴリアス を取材してきました。

今節から交流戦に入りました!

キウイブリーズが注目するのは、相模原ダイナボアーズのジャクソン ・ヘモポ
日本のラグビースタイルに順応できていて、三菱重工にとってはなくてはならい選手になっていました。

3R1A7329

オールブラックスで5キャップです。

元ハイランダーズで昨年のMVPで新加入したマリノ ・ミカエリトゥウはリザーブでメンバーに入っています。

3R1A7445

そして東京サントリーサンゴリアスのサム ・ケイン

3R1A7340

オールブラックスでキャプテンを務め95キャップと経験も豊富ですし、新加入でありながらリーダーシップがあります。

相模原ギオンスタジアムはあいにくの雨で冷え込んでいました。。。

前半開始してから間も無く流れを掴んだのは相模原DBでした!

前半5分岩村が抜け出してトライで先制すると、
9分にはヘモポのトライが決まります!

その後も11分、15分と相模原DBが4連続トライで一気に突き放していきます。
連続トライでスタジアム内は盛り上がり、大きな歓声が上がっていました!

相模原DBは前半20分くらいまでは自分たちのやりたいことができていたように感じました。
フィジカルもよかったですし、攻撃のリズムやギャップを突いたり、カウンターで圧倒していました。
特に10番のジェームス ・グレイソンのゲームメイクが良かったです。

東京SGはプランが遂行できず選手たちのコミュニケーションが不足気味になってしまっていました。
それでも20分以降は28分、37分にトライを決めて15点差まで詰めました。

前半は29-14で相模原DBがリードして折り返しました。

一時は29点もの差がありましたが、東京SGは 後半23分に逆転しました。
東京SGはキックの使い方など一貫性のある攻撃でうまくテリトリーを取ろうとしていました。

後半26分にマリノ ・ミカエリトゥウが交代で入りました。

3R1A7521

後半33分、近場で攻め続けた相模原DBは執念のトライで34-31と再逆転しますが。。。

3R1A7470

ラストワンプレーで東京SGがフェーズを重ね、最後は大外へのロングパスから中野がトライを決めました。

試合は、36-34で東京サントリーサンゴリアスが勝利しました。

3R1A7543

試合後のへモポのこの表情。

最後の最後までどちらが勝つかわからない、手に汗握る展開でした。
スタジアムは寒かったですが、とても熱い試合となりました!

後半途中から出場したマリノ ・ミカエリトゥウはインパクトプレイヤーですね。
最後のディフェンスの際も体を張ったプレーが他の選手の模範になっていたのではないでしょうか。

3R1A7533

相模原ダイナボアーズは前節埼玉パナソニックワイルドナイツとの対戦で大敗し、そこからうまく立て直してきたという印象です。
敗れはしましたが、決して悪い内容ではないと自分は思います。

2月3・4日と2月10日にはクロスボーダーラグビ ー2024が開催されるので、リーグワンは少し期間が空きますが、この悔しさをばねに頑張って欲しいです!

次取材した時は独占インタビューしたいと思います。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2024.1.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン1 第4節 東芝ブレイブルーパス東京 vs クボタスピアーズ船橋・東京ベイ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン1 第4節 東芝ブレイブルーパス東京 vs クボタスピアーズ船橋・東京ベイ レポート

1月7日(日)に等々力陸上競技場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン1 第4節 東芝ブレイブルーパス東京 vs クボタスピアーズ船橋・東京ベイ を取材してきました。

キウイブリーズが注目するのは、東芝ブレイブルーパス東京のオールブラックスのシャノン ・フリゼル

3R1A7103

リッチー・モウンガ

3R1A7062

 

2人ともオールブラックスでラグビーワールドカップ2023フランス大会を終えた後、今シーズンより東芝ブレイブルーパス東京に加入したばかりですが、それぞれ先月行われたゲームでプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出されるなど大活躍しています!
フランスW杯以降多くのオールブラックス選手がリーグワンでプレーしている中一番フィットしているチームではないでしょうか。
クボタスピアーズ船橋・東京ベイの最年長のデイン ・コールズとのマッチアップにも期待です。

3R1A6871

開幕3連勝の東芝ブレイブルーパス東京と、昨年優勝したクボタスピアーズ船橋・東京ベイとの対決です。

前半17分デイン・コールズがリーグワン初トライを決めS東京ベイが先制しました。

しかしその後26分、29分と連続トライでBL東京が逆転します。

リッチー・モウンガのキック安定しています!

3R1A7013

前半終了間際にペナルティゴールを決め、S東京ベイが差を縮めます。

前半は、17-10でBL東京がリードして折り返します。

前半からお互いディフェンスで激しいプレッシャーをかけていました。

3R1A7031

自分はかれこれ15年くらいラグビーの取材をしていますが、トップリーグ、リーグワン通して今まで見た中で1・2を争うくらいのフィジカルバトルだと感じました。

後半に入り20分くらいから、S東京ベイがバテ気味になっている印象を受けました。
後半24分BL東京濱田のトライでさらに点差を離していきます。

リッチー・モウンガはラン、キック、パス全てにおいてチームに貢献する活躍ぶりでしたが、34分にハイタックルでイエローカードに。。。

3R1A7152

このイエローカードですがレッドカードでなくて良かったですが、この場所にモウンガ!?あらゆるピンチなところにいるのが世界基準の選手だなと思います。少しトニーブラウン(ラグビー日本代表のアシスタントコーチ)に似ています。

数的有利になったS東京ベイは35分にリアム ・ウィリアムズのトライで点差を縮め、ラスト1プレー粘りましたが及ばずノーサイド。
BL東京はしっかり守りきりました。

試合は、24-20で東芝ブレイブルーパス東京が勝利しました。

どっちが勝ってもおかしくない、見応えある良い試合だったと思います。

東芝ブレイブルーパス東京は開幕4連勝です!
4連勝しているのは、東芝ブレイブルーパス東京と埼玉パナソニックワイルドナイツの2チームのみです。
東芝ブレイブルーパス東京はディフェンスに強みのあるチームですが、過去と比較すると攻撃のバリエーションが増えている印象を受けました。欲を言えばあと1本パスが繋がるともっと良い攻撃が出来ると思います。。。
まだ第4節が終わったところですが、今シーズンとても楽しみなチームです!

また、ロブ・トンプソンのアタックはディフェンスのギャップを作るなどアクセントになっていて、良かったです。
体を張ってボールキャリーして突破する力もあります。一歩でも前へ、という気持ちが伝わってくるようなプレーでした。このチームでなくてはならない選手になるといいですね。

3R1A7048

試合後、モウンガとの一枚

3R1A7215

シャノン ・フリゼルがサムズアップしてくれました。

3R1A7280

諸事情によりミックスゾーンでの取材に行けなかったので、次は独占インタビューしたいと思います。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2023.12.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン3 第1節 清水建設江東ブルーシャークス vs 日野レッドドルフィンズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン3 第1節 清水建設江東ブルーシャークス vs 日野レッドドルフィンズ レポート

12月9日(土)に江東区夢の島競技場で行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2023-24 ディビジョン3 清水建設江東ブルーシャークス vs 日野レッドドルフィンズ を取材してきました。

正直、開幕戦どこに取材行くかかなり迷いました。。。
決め手となったのは、ハイランダーズのレジェンド、リマ・ソポアンガ

3R1A5567

ハイランダーズ最多得点の記録を持っています!
ちなみに2位はトニー・ブラウンです。

元オールブラックスでもあり、ラグビーワールドカップ 2023 フランス大会ではサモア代表だった経験豊富なプレイヤーです。

今シーズンより清水建設江東ブルーシャークスに新加入し、リーグワンデビューする姿が見たくてこのゲームを選びました!!

ソポアンガはSOでスターティングメンバーに入りました。

3R1A5494

前半3分リマ・ソポアンガがペナルティゴールでリーグワン初得点を決めました。

3R1A5528

ソポアンガは視野が広く、多様なキックでエリアをうまく使っていました。また、パスのスピードとランもうまかったです。

3R1A5686

6分にペナルティゴールで同点となった後から流れが日野RDに傾き、18分に逆転

35分ソポアンガがPGを決め、2点差まで縮めました。

前半終了間際に江東BSにチャンスが来ましたが決めきれず。。。

前半は8-6で日野RDがリードして折り返します。

後半に入ってからも日野RDは反則が多かったですが、攻撃のターンになるとしっかりと得点できている印象でした。

江東BSは敵陣深くまで攻め込むも決めきれないシーンが何度かあったのがもったいなかったです。

その差が勝敗を分けたと思います。

試合は、30-16で日野レッドドルフィンズが勝利しました。

清水建設江東ブルーシャークスは開幕戦勝利となりませんでしたが、これからに期待です!

ソポアンガは後半ハイタックルでシンビンとなる時間帯もありましたが、ペナルティゴール、コンバージョンゴールともに全て成功させました。

3R1A5722

また、積極的に声掛けして周りをうまく使っていました。

記者会見で仁木監督は、「開幕戦という雰囲気に(リマ・ソポアンガも)のまれてしまったのかなと。ただ彼はキャリアがあるので、良い時も悪い時もあるのがラグビーなので、必ず修正して次に向けて顔を上げて明日以降取り組んでいくと思っています。」
「今シーズンの目標として、ディビジョン2に昇格するだけではなく、昇格した後もしっかりと戦えるチームを作っていく。選手の入れ替えがあっても複数ポジションできて対応できるチームづくりを考えて起用、メンバー入れ替えを意識しています。」と話していました。

試合後、リマ・ソポアンガに独占インタビューしました。

3R1A5768

Q. 今日の試合の感想は

A. 少しストレスの溜まる試合でした。皆が望む結果が出ませんでした。しかし結果が全てなので、受け入れなくてはなりません。ただまだ1試合目なので、次に向けて良い準備をしていい試合をしたいです。

Q. 今シーズンの目標は

A. ディビジョン2に昇格することです。そのためにも次に向けてできる限りの準備をします。

これとは別にNZフレンズでたくさんの質問に答えてもらいました。

そちらは後日アップ予定です!

帰りに、会場の片付けをするケイン・ハミルトンに会いました。

IMG_9180

今は怪我しているものの、第3節くらいにはメンバーに入れるかもしれないとのことです。復帰を待っています!

ちなみに自分はファンクラブはプレミアム会員に入会しました。

定員100名とのことですが、特典もかなりあってお得なのでは!?

また機会があったら他の特典なども紹介できたらと思っています。

またレポートします!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2023.11.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

東芝ブレイブルーパス東京 リッチー・モウンガ&シャノン・フリゼル 記者会見 レポート

東芝ブレイブルーパス東京 リッチー・モウンガ&シャノン・フリゼル 記者会見 レポート

11月21日(火)に東芝ブレイブルーパス東京の記者会見が行われ、新加入のリッチー・モウンガ、シャノン・フリゼルが登場しました。ワールドカップを終えての心境とリーグワン開幕への意気込みについてのコメントを紹介します。

チームスケジュールの都合上、会見は選手1人ずつ行われました。

初めに、リッチー・モウンガです。

3R1A5079

「皆さんこんにちは。東芝加入を決めてから、来日して皆さんに会えることを楽しみにプレーしてきましたので、今すごく嬉しく思っています。オールブラックスでは私自身とても素晴らしい経験が出来ました。結果は自分たちの力が及ばなかったですが、東芝に繋がる多くの学びを得れたと思っています。学んだことをしっかり活かして、最終的には優勝に繋がるようにしていきたいです。加入してからここまで本当に素晴らしい時間を過ごせています。チームの文化、雰囲気は素晴らしいと感じています。府中は自分自身そして家族にとって、自分の場所と呼べるに相応しい素敵なところです。(リーグワン開幕への意気込みについて)まず自分が学んできたことを選手たちにフィードバックして、チームの力になりたいと思っています。リーグワンでは自分のラグビーのキャリアの中でも最高のパフォーマンスをしていきたいです。」

次に質疑応答です。一部を紹介します。

Q. 文化もラグビースタイルも違う日本でプレーを決めた理由は

A. ニュージーランドのクライストチャーチにずっと住んで同じチームでプレーし、オールブラックスでもプレーしてきました。自分にとってこの経験は違う環境で自分のラグビーの能力を試すチャンスだと思っています。東芝はこのチャンスをくれてとても光栄ですし、尊敬しています。自分のやることは、全ての学びを活かして東芝の為に費やすことです。サバティカルという言葉はあまり好きではありませんが、自分にとっては休みではありません。全ての覚悟を持って東芝でやっていきたいです。

Q. ワールドカップで学んだことというのは具体的にどのようなことか

A. ラグビーはある意味非常にシンプルなスポーツです。スペースをアタックして、ゲームの流れが非常に大事なスポーツです。なのでその大事な瞬間というのは本当に一瞬ですが、それをワールドカップで学んだというのは大きいです。東芝に来て、シンプルなことをしっかりやる重要性というのを意識しながら改めてやっていきたいと思っています。

Q. 日本代表のラグビーについて

A. タフなスタイルでペースがとても速く、選手たちも高いスキルを持っています。80分間諦めずにどんどん行く姿勢、という印象です。

シャノン・フリゼルについては、
「とてもパワフルでダイナミックな選手です。ボールキャリーは力強くてタフです。体が大きくランも速いですし、相手を突き飛ばすことができます。細かなスキルもあり、ラグビーIQが高いです。」と話しました。

次に、シャノン・フリゼルです。

3R1A5128

「こんにちは。ワールドカップはすごく楽しみました。とても充実していました。ワールドカップの後に日本に来てリーグワンでプレーすることをとても楽しみにしていました。すごくワクワクするリーグですし、スーパーラグビーにも似てる部分があると思っています。リーチマイケルをはじめとして尊敬する選手とプレーできること、様々な国の選手たちとプレーすることを楽しみにしています。」

Q. 日本でプレーしようと思った理由は

A. ここ数年リーグワンを見てきました。オールブラックスの選手をはじめとしてスーパーラグビーでプレーした色々な選手たちとプレーできる場としてここをチョイスしました。

Q. ワールドカップについて

A. ニュージーランド代表はワールドカップに念頭に入れてそこにピークを持って来れるようにやってきました。(チームが不振な時に)気にしなかったわけではありませんが、相手のチームがあることなのであくまでワールドカップに照準を絞ってやっていました。

リーグワンの試合の意気込みとして、「プレーを待ち望んでいます。準備は万端です!」とのことです。

リッチー・モウンガについては、「チームを引っ張るリーダーシップが素晴らしい選手です。彼はなんでもできる能力の高い選手です。チームをコントロールする力は国際試合やクルセイダーズでもしっかり見せてくれました。クルセイダーズで対戦相手としては嫌でしたけど、東芝で一緒にプレーできることを楽しみにしています。」とのことです。

リーグワンは、12月9日(土)に開幕します。
東芝ブレイブルーパス東京は味の素スタジアムにて、静岡ブルーレヴズと対戦します!

キウイブリーズもさまざまな試合へ取材に行き、できる限り独占インタビューを皆様へお届けしたいと思っております。どうぞお楽しみに。

金沢

タグ : , , , ,

投稿日 : 2023.11.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

清水建設江東ブルーシャークス 出陣祭2023 リマ・ソポアンガ レポート

清水建設江東ブルーシャークス 出陣祭2023 リマ・ソポアンガ レポート

11月18日(土)に夢の島競技場にて行われた、清水建設江東ブルーシャークスのブルーシャークス出陣祭2023に行ってきました。

イベントの1つとして、プレシーズンマッチで清水建設江東ブルーシャークス vs 日本製鉄釜石シーウェイブスが行われました。

キウイブリーズが注目するのは、新加入のリマ・ソポアンガです。

3R1A5053

元オールブラックスでもあり、ラグビーワールドカップ 2023 フランス大会で日本代表と同じプールDのサモア代表のメンバーで2試合に出場し、ベテランとしてチームをリードしました。
ハイランダーズでは総得点数やシーズン得点数などいくつもの素晴らしい記録を残しているレジェンドプレイヤーです。

ラグビーワールドカップ 2023 フランス大会後にチームに合流し、SNSで彼が日本での暮らしをエンジョイする姿を見ている方も多いかと思われます。
今回初のメンバー入りで、後半から出場して清水建設江東ブルーシャークスでのデビューを果たしました。

同じく元ハイランダーズで、2年目のケイン・ハミルトンはメンバー外でした。

3R1A4994

後半から出場してまもなく彼の正確なパスがトライに繋がりました。
視野が広く、パスを出す位置やタイミングはやはり上手いなと思いました!

3R1A4743

キックの精度も良かったです。

3R1A4762

また、ウォーミングアップの段階からメンバーに積極的に声をかけて鼓舞する姿や、試合中にも周りを上手く使うような動きが見られました。

3R1A4845

コンディションとしてはまだ万全ではないでしょうし、今後もっとフィットしていったら良いなと思います。

試合は33-24で清水建設江東ブルーシャークスが勝利しました。

試合後には出陣式が行われ、選手皆スーツ姿で登場しました。

仁木監督は「やっと勝てたな、というのが本音です。夢の島で昨シーズン1勝も出来ず悔しいシーズンを皆様にもさせてしまったなという思いでした。本日勝てましたが、まだまだだと思っています。ディビジョン2に戻り、その先ディビジョン2上位を狙うことを目標にしています。必ず上に上がって皆様を夢の島で笑顔にして、ディビジョン2定着、そして最終的にはディビジョン1を目指して戦っていきたいと思っています。」
と力強く話していました!

3R1A4958

また白子キャプテンは「1ヶ月後の12月9日、ここで日野レッドドルフィンズと開幕戦があってすごい大事な試合になるので、皆さんの熱い応援をいただければなと思っています。シーズン昇格を目指して頑張っていきますので、引き続き応援よろしくお願いします!」とチームを代表して挨拶しました。

3R1A4997

ソポアンガはチームマスコットの鮫太郎を撮ったり、記念撮影の際にはお茶目なポーズをとったりと楽しそうでした!

3R1A5034

出陣式の終わりには選手がお見送り花道を作り、ファンと触れ合っていました。
昨シーズンも試合後に行っていましたが、このような取り組みはブルーシャークスらしいアットホームな雰囲気を感じられてとても良いなと思います。
ソポアンガもファンからのサインや写真撮影に快く応じていました。

3R1A5044

たまたま彼と話せるタイミングがあったので質問したところ、「契約は2年ですが、できる限り長くプレーしたいです。日本での生活をとても楽しんでいます!」とのことです。

3R1A4900

ハイランダーズのジャージを見せたら喜んでいました!
とても気さくなので、皆さんもぜひ夢の島へ足を運んで彼に話しかけてみてください。

今回は取材という形ではなくプライベートで参加してきたので、試合もスタンドから見ていつもとは違う視点で良かったです。
シーズンが始まったら取材として行く予定なので、その際は独占インタビューします。お楽しみに!

プレミアム会員になろうか迷い中です。。。

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

1 / 161234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

Twitter

NZ Information