ホーム > NZブログ > オールブラックス

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.10.31 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs オールブラックス 試合後会見&独占インタビュー

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs オールブラックス 試合後会見&独占インタビュー

試合レポートはこちらから

試合後の記者会見内容をまとめたいと思います。

日本代表 ジェイミー・ジョセフHC

3R1A4131

Q. 今日の試合について

A. 選手たちはいい試合をしてくれた。勝てるチャンスを作った。勝てていたら、日本の歴史に残る試合だった。チームは6週間、一緒にやってきて、コネクトしてきた。試合に出られない選手もいるが、チームのためにサポートしてくれた。そういう選手がいるからこそ、いい方向に行くことができた。そういう選手に感謝しなければいけない。試合は、最初からやりたいことができた。勝てるのに十分なチームになってきたが、最終的に届かなかった。ノックオン、小さなミス、ペナルティなど、改善点は修正しなければいけない。

Q. 今日の試合でもっともポジティブに映ったことは

A. 沢山いいところがあり、ひとつには絞れない。前回、オーストラリアA代表とは20点差で勝っていても相手に勢いを与えてしまうことがあった。しかしオーストラリアAとの3連戦で土台を作ることができた。チームを繋げられた。ただ、これからイングランド・フランス強豪チームとやるには、個々の細かいミスをしてはいけないとわかった。ミスが多すぎたことが影響したと思っている。ラインアウトはよかったし、ゲインラインを取れた。相手のモールもシャットダウンできた。それをやっても勝つのに十分ではないのがこの結果。

Q. いつオールブラックスに勝てるか。南半球のラグビーチャンピオンシップに参加できるか

A. 試合は勝敗がその日に決まる。25年前、オールブラックスと戦うのはどのチームも怖かった。いまは違うかもしれない。今日この試合に向かうにあたって、我々はしっかりと自分たちのやることをやれれば、勝つことができるという気持ちでこの日を迎えた。セットピースでも身体の大きな相手に対応した。アタックでも自信があるがまだ勝てない。そこは今後の課題としていきたい

Q. きょうは早めの選手交代が目立った

A. 試合がどんどん進むなか、選手にどう貢献してもらいたいかを考える。この試合では、点差を近づけて試合を運ぶことを考えていた。(14日の試合では)インパクトを出してくれたメンバーがいた。いつ交代するか、どのタイミングでメンバーを代えるかについては具体的な答えはない。

オールブラックス イアン・フォスターHC

3R1A4120

Q. 試合を振り返って

A. 素晴らしい1週間だった。日本代表にとっても意味ある試合だったと思うし、最初から素晴らしいプレーをしていた。若い選手や初めて試合に出た選手もいたので、彼らにはいい経験になった。

Q. 監督からどういうことを求めたか

A. 落ち着いていない場面が何回かあった。うまくいっていない時に、シェイプが崩れていないところが良かった。プレッシャーがかかっている状況で落ち着いていた。パフォーマンスは理想的ではなかったが、最終的に結果に持っていけたのは良かった。

Q. レタリックのレッドカードは今後の遠征に影響するか

A. 試合のタイミングでは見ていたが、後で映像を見て確認する。最初の感覚としてはクリーンアウトしようとしていたので、それほど悪くなさそうだが、ルールなので。我々は文句を言うつもりはない。次の48時間後は忙しいタイミングになるだろう。

Q. 過去には大敗もした、日本ラグビーのレベルアップについて

A. 当時と今を比較すると、体のつくりが違う。80分通して激しいプレーする力もついていきてる。チームが成長する中で、どこかの試合で自信がつく。(2015年ワールドカップで)日本代表は南アフリカに勝って、自信がついた。パフォーマンスが改善されて、今日も素晴らしかった。勝つことができるという自信が成長している部分だと思う。

Q. 欧州遠征に向けて

A. 2018年以来で楽しみにしている。そこで3つのタフな試合が待っている。我々は改善しないといけないところがいくつかある。セットピースのラインアウトやディフェンスで相手のプレーを読むところも改善しなければならない。

オールブラックス サム・ケインキャプテン

3R1A4125

Q. 日本と戦ってみて

A. 予想通り日本代表のレベルが高く、高いスキルでプレーをしてきた。カウンターやラインアウトでもやられた部分があったし、最後までハードワークしなければならなかった。

Q. 元チームメイトのリーチ・マイケルとは試合後何を話したか

Q. リーチとは対戦相手として試合をして素晴らしかった。家族の話や、体は大丈夫かという話をし、ジャージを交換した。

3R1A3929

Q. 日本代表に追い上げられていたが、14人になった後に勝ち切れた理由は

A. 日本はボールをつなぐ力が素晴らしかった。ターンオーバーからボールを早く回していたし、どんどんオフロードでつないでいた。我々は14人で最後の15分を、まずは一瞬一瞬集中しようとした。最後までハードワークすることが勝利につながったと思う。

ここからは、キウイブリーズ独占インタビューをお届けします。

オールブラックス リッチー・モウンガ

3R1A4007

Q. 今日の試合の感想は

A. 良い試合でした。最高でしたね。日本でプレーするのが好きだし、日本の皆さんが好きだし、チームも好きです。だから、ここでプレーすることに関してネガティブなことは何もないですね。

Q.ここまでの日本チームについてどう思いますか

A.彼らは素晴らしいです。日本のチームは素晴らしいですね。日本でワールドカップが開催されたことと、トップリーグ(リーグワン)が本当に質の高いラグビーをする様になってきたことが、この日本のチームにも活かされていると思います。

日本代表 クレイグ・ミラー

3R1A4036

Q.今日の試合はどうでしたか

とてもクールな経験でした。ただ、がっかりしています。チャンスをすべてものにすることができませんでした。

Q.ロマックス選手とユニフォームを交換していましたが、ハイランダーズでチームメイトだったからですか?

いや、僕は彼と一緒のチームにはいませんでした。でも、彼はいいやつで、試合の後、楽しく話して盛り上がったんです。それでユニフォームを交換しました。

Q.ヨーロッパでの目標を教えて下さい

今日は、いくつかの重要な場面でうまくいかなかっただけで、それを糧にしていくことができました。そして、世界のベストチームに挑むというのは、本当に心強いことです。これから数週間、素晴らしいプログラムが待っていると思いますし、みんな本当にやる気満々です。

今回の滞在で、オールブラック選手と関係者はカレッタ汐留の焼肉トラジへ、

image0

image1

image2

また一部の選手はラーメン屋さんにも行っていました。

なお、アーロン・スミスはSNSの投稿によると、一蘭に行っていたようです!

image0 (6)

アーロンのTwitterの写真の再現をやってみました!?どっちが本物でしょうか!?

どの選手に聞いても、「日本が好き、日本のご飯は美味しい」と話してくれるので、嬉しくなりますね。

今回来日したハイランダーズの3人(シャノン・フリゼル、アーロン・スミス、イーサン・デグルート)からジャージにサインをもらいました。

image0

image2

また、日本代表のトニー・ブラウンアシスタントコーチのファミリーにもTシャツにサインしてもらいました。日曜日にニュージーランドにファミリーは帰ってしまったのでまた会えるのを楽しみにしています!

image0 (5)

ファミリーの中では肩身が狭い感じが面白かったです。

あと、一部メディアではすでに噂されているので気になっている方も多いかと思いますが、リッチー・モウンガとアーロン・スミスはラグビーワールドカップ2023フランス大会後に日本に来るみたいです。

まだ正式リリースされていないのでチーム名は伏せますが、アーディー・サヴェアはコベルコ神戸スティーラーズへの加入が発表されていますし、来年多くのオールブラックスの選手のプレーが日本で見れるようになるのは本当に嬉しいですね。待ち遠しいです!!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2022.10.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs オールブラックス レポート

リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs オールブラックス レポート

10月29日(土)に国立競技場にて行われた、リポビタンDチャレンジカップ2022 日本代表 vs オールブラックス を取材してきました。

2018年11月以来4年ぶりの対戦です!
リポビタンD チャレンジカップ2018は、69-31でオールブラックスが勝利していて、過去の対戦で日本代表は0勝6敗です。
なお、現在オールブラックスは世界ランキング4位、日本代表は10位となっています。

キウイブリーズが注目するのは、前日のキャプテンズランの記事(http://kiwibreeze.jp/14152/)でも紹介しましたが、オールブラックスの6番フランカーのシャノン・フリゼル!
現在28歳でハイランダーズ所属にしていて、2018年に代表デビューし21キャップです。

3R1A3758

身体能力が高く、空中戦も得意な選手です。

また、CTBロジャー・トゥイヴァサ=シェック

3R1A3502

FBスティーブン・ペロフェタ

3R1A3595

この2人は代表初先発です。
今年オールブラックスデビューしたばかりなので、アピールするチャンスかと思います!

また、おなじみの日本代表トニー・ブラウンアシスタントコーチ

3R1A2923

今回は家族も来日してて一緒にすき焼きを食べたりして色々プライベートな話をしました。ラグビーに関してはメディアという立場もあるので細かい話はせず先輩と後輩と言った話です。

ハイランダーズでヘッドコーチを務めていたので、今回来日したシャノン・フリゼル、アーロン・スミス、イーサン・デグルートとは久しぶりの再会です。

試合前に行われた伝統舞踊ハカは、カマテでした。
リードしたのはアーロン・スミスでした。

3R1A3344

試合序盤から日本代表らしいアタックでオールブラックス相手にプレッシャーをかけられていたのではないでしょうか。
最初の20分が鍵だと思っていたので、日本代表の戦略通りです。
あとはフィニッシュまで持っていければ、というところでした。

しかし11分にラインアウトから最初のトライを奪ったのは、オールブラックスでした。
神戸製鋼に在籍していた、ブロディー・レタリック

3R1A3419

コンバージョンキックを決めるリッチー・モウンガ

3R1A3455

26分にオフロードパスで流れるように速いパス回しでブレイドン・エノーがトライ

3R1A3556

続いて32分ラインアウトからの攻撃でセヴ・リースの独走でトライ

3R1A3566

前半は、21-17でオールブラックスがリードして折り返します。

リードを許してはいるものの、日本代表は連続トライで4点差まで縮めた状態で終えられたのは良かったと思います。

キックを多用し、ディフェンスもしっかり決まっていましたし、個ではなくしっかりとまとまっていたように見えました。

3R1A3484

後半開始直後の2分、フィジカルが強くスピードのあるケイレブ・クラークのトライ

3R1A3663

ラグビースクールで見せる顔とは別人でした。また、プライベートでは陽気な選手で日本語ではいとかリスペクトしていると言っていました。

3R1A3676

後半8分ハイランダーズでプレーし、現在は埼玉パナソニックワイルドナイツの日本代表クレイグ・ミラーが入りました。

3R1A3752

元ハイランダーズのチームメイトのシャノンと。

後半16分ワーナー・ディアンズがチャージから日本代表初トライ!
選手皆で喜んでいました。このトライはミックスゾーンにいたニュージーランドメディアからも評価されていました。

後半21分ホスキンス・ソトゥトゥのトライ

3R1A3803

ウォーターボーイが入ってしまっていてすみません。。。
ホスキンスも来年のW杯に向けて楽しみな選手の一人でした。

3R1A3369

後半22分に交代で入ったハイランダーズのアーロン・スミス

3R1A3856

本日の試合で112キャップとなり、オールブラックスのバックス選手の歴代最多キャップとなりました。

観客は6万5188人で、国立競技場が新しくなってから最多入場者数となりました。

3R1A3834

試合は、38-31でオールブラックスが勝利しました。
歴史的勝利とはなりませんでしたが、日本代表はオールブラックス相手に素晴らしい戦いぶりでした。

試合後のミックスゾーンでリッチー・モウンガと誕生日だったクレイグミラーへ独占取材を行ったので次の記事で紹介します。両選手とも日本メディアとしてはKiwi Breezeだけでした。
また、リーグワンに来る大物オールブラックス選手もチームは非公開ですが書きたいと思います。

オールブラックスはヨーロッパへ向け、本日7時にホテルを出て羽田経由でイングランドに向かいました。
キャプテンのサム・ケインとコーディー・テーラーはチームには帯同せずケガの治療の為ニュージーランドへ帰国するとのことです。

ワールドカップ2023フランス大会に向け、どのようなメンバーそして戦い方を見せてくれるのか楽しみです!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2022.10.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンⅮチャレンジカップ2022 ニュージーランド代表キャプテンズラン レポート

リポビタンⅮチャレンジカップ2022  ニュージーランド代表キャプテンズラン レポート

明日10月29日(土)に国立競技場にて行われる、リポビタンⅮチャレンジカップ2022日本代表 vs ニュージーランド代表 のキャプテンズランを取材してきました。

4年ぶりの対戦で、約6万5000枚ものチケットは完売となっています!

満員の国立競技場に取材に行くのが今から楽しみです。

キウイブリーズが注目するのは、6番フランカーのシャノン・フリゼル。
ハイランダーズに所属していて、現在21キャップです。

3R1A2733

同じく日本代表で6番フランカーを務めるのは、姫野 和樹です。
2021年に期限付きでハイランダーズに加入し、プレーしました。

同じ背番号6番であり、ハイランダーズでもチームメイトだった2人の対戦に注目したいと思っています。

オールブラックスの控えにはアーロン・スミスもいますので、途中出場で彼の素晴らしいパス捌きが見れることを期待しています!

3R1A2741

練習最後にはバックスの選手が的にキックして当てる練習をして終了しました!

 

3R1A2857

練習後、取材対応したサム・ケインキャプテンは、「リーチは本当に良い選手で、日本代表のハートであり魂。私も対戦を楽しみにしていた」と話した。

3R1A2780

リーチとはスーパーラグビーのチーフスでのチームメイトなのでここも注目の一つでもあります。

また、日本代表の控えには、ハイランダーズでプレー経験のあるプロップ クレイグ・ミラーがいます。

3R1A9893

先日行われたJAPAN XV vs オーストラリアA代表 第1戦で独占インタビューした際に、「オールブラックスとの対戦は、クールで特別なことだと思います。」と話していましたので、途中出場してくれたらなと思います。

試合は、10月29日(土)14:50キックオフです!
もちろん試合レポートもしますので、お楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2022.5.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 決勝 東京サントリーサンゴリアス vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 決勝 東京サントリーサンゴリアス vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ レポート

5月29日(日)に国立競技場にて行われた、 NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 決勝 東京サントリーサンゴリアス vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ を取材してきました。

昨年のトップリーグ決勝と同じカードとなりました。最後のトップリーグを制したのはワイルドナイツでしたが、リーグワン初代王者に輝くのはどちらのチームでしょうか!?

真夏日となった国立競技場。33,604人の観客が入りました。きれいなスタジアムですね。

image0 (2)

 

ワイルドナイツは開幕から2試合新型コロナウイルスの影響で不戦敗となりましたが、その後15連勝です。2月26日に行われた第7節 交流戦では、34-17で直接対決を制しています。ディフェンスが強く、ターンオーバーから一気にトライへ持ち込む力があります。
サンゴリアスはアタッキングラグビーを特徴としていて、とにかく早いテンポでパスを回し、攻撃のバリエーションが豊富です。そのスピードの速さはリーグワントップです。

キウイブリーズが注目するのは、サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A4151

テビタ・リーです

3R1A4048

いつもならばワイルドナイツのクレイグ ・ミラーもなのですが、決勝はメンバー外でした。

image0

試合前に会えたので少しだけ話せたのですが、怪我とのことでした。しっかりと治して、また代表入りして欲しいです。

 

先制したのは、サンゴリアス。
ワイルドナイツのオフサイドからPGを選択し、ダミアン・マッケンジーが決めました。

3R1A4170

 

前半11分にモールからの展開で、ワイルドナイツ内田がトライしたかと思われましたが、TMOによりスローフォワードでノートライ

しかしその後PGで3-3とします。

ワイルドナイツはスペースを潰し、サンゴリアスに攻撃の隙を与えません。

この試合で最初トライとなったのは、前半28分!ワイルドナイツのマリカ ・コロインベテが決めました。

続いて前半31分スクラムから展開し、マリカ ・コロインベテのトライは、TMOによりまたしてもノートライに

ペースは完全にワイルドナイツでしたが、前半終了間際にサンゴリアスが個人技で反撃に出ます。
前半39分にダミアン・マッケンジーがトライ目前でタックルによりノックオン。惜しかったです。。。

3R1A4070

前半は、10-3でワイルドナイツがリードします。

後半は、ダミアン・マッケンジーがPGを3本決め、点差を縮めていきます。

3R1A4178

 

しかし後半33分にディラン ・ライリーがトライを決め、さらに突き放すワイルドナイツ

それでも終了間際にチャンスを得たサンゴリアスでしたが、痛恨のペナルティ。。。
それだけワイルドナイツのプレッシャーが凄かったんだと思います。

試合は、18-12で埼玉パナソニックワイルドナイツが勝利しました。

3R1A4220
ワイルドナイツは苦しい時間帯もありましたが、サンゴリアスをノートライに抑え、固いディフェンスで最後まで守り抜きました。

試合後の記者会見で坂手キャプテンのコメントにもありましたが、最後の1秒までどちらに転ぶかわからない、タフなゲームでした。どちらのチームも素晴らしかったです。

試合後の表彰式
3R1A4244

バックスタンドでの一枚

3R1A4278

今後も、日本代表の試合などラグビーの取材をしていく予定です。

観客の声援に応えるダミアン・マッケンジー!

3R1A4268

 

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2022.5.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

5月8日(日)にユアテックスタジアム仙台にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

キウイブリーズが注目するのは、コベルコのベン・スミス。

3R1A2944

ベンは3月に途中加入ということもあり、あっという間に今季最終戦を迎えました。

コベルコはすでにプレーオフ出場を逃してはいるものの、前節はチーム全体から勝利への強い気持ちを感じました。最終戦も勝って、来シーズンへつなげてほしいところです。

試合開始直後から流れをつかんだのは、コベルコでした。
SO李のペナルティゴールで先制します。まだ若い選手なので、今後が楽しみです。

3R1A2806

前半11分から6トライもの得点ラッシュ!
WTB山下楽平が大活躍していました。

3R1A2833

前半は41-10でコベルコがリードします。

後半にアクシデントがあり山中が脳震盪のチェックでいなかったときには、ユーティリティバックスとしてFBになったり、CTB、WTBとさまざまなポジションをこなしていました。積極的に声出しをしつつその時々に合わせて柔軟に対応する力は、やはり長年の経験があるからこそできることだと思います。パスの精度も素晴らしかったです。

3R1A2738

さらにはディフェンスも頑張っていました。

そして、後半29分にベンのトライ!

3R1A2892

トップリーグ2021 リーグ戦第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs NECグリーンロケッツ 以来のトライです。

3R1A2877

長年彼を取材してきましたが、このようにガッツポーズをするなど感情を出してプレーをするのは珍しいなと感じました。

3R1A2953

試合は74-34でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

チームとしての課題は、得点は多くても失点も多かったということです。良い時間帯と悪い時間帯があるので、90分通して同じパフォーマンスができるようになってほしいです。

試合後にはベンのリラックスした笑顔も見られました。他の選手と戯れ合う姿も!

3R1A3050

出身高のキングスハイスクールの制服を持ったベン

3R1A3060

来週中にコベルコから退団選手リリースが出るそうです。その内容によって、また記事を書きたいと思っています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.5.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

5月1日(日)に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス を取材してきました。

試合開始前に17日に57歳で他界したヘッドFWコーチのスティーブ・カンバーランド氏への黙とうが捧げられました。

3R1A2369

ハイランダーズやオタゴでのコーチの経験もあり、長きにわたって日本ラグビーの発展に貢献されました。心よりご冥福をお祈りします。

3R1A2371

ホーム最終戦で、彼に勝利を届けたいところです。

キウイブリーズが注目するのは、コベルコのベン・スミス。試合前日にメンバー変更があり、リザーブからスターティングメンバーになりました。復帰後初です!

3R1A2374

そして、ヘイデン・パーカー。
第11節(3月27日)以来2回目のリザーブです。

3R1A2519

前半7分にSO李が先制トライを決めます。ベン・スミスからのパスが得点につながりました!

3R1A2391

前半は17-12でコベルコがリードします。

後半4分にトライを許し逆転されるも、コベルコもすぐにトライを決めその後も得点を重ねていきます。

後半28分にベン・スミスと交代でヘイデン・パーカーが入りました。

キヤノンは粘りを見せて9点差まで追い上げましたが、届かず。

コベルコは、規律を守れていなかったように感じました。TMOで反則やエラーによりノートライになるなど、粗い面が見られました。もっと丁寧にしてミスを減らせていたら、さらに点を離せたのではないでしょうか。
また、最後の10分くらいは声があまり出ていなかったのでコミュニケーションの面においても次節に向けて修正が必要です。
ただ、ホーム最終戦を勝つんだという強い気持ちがチーム全体にあったように感じました。

試合は、42-33でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

最終戦は8日にユアテックスタジアム仙台にて、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安と対戦します。

なお、試合前日にベン・スミスに独占インタビューを行いました。

3R1A1893

オタゴデイリータイムスで彼が今季で引退を検討していると報じられているので、その件についてです。
シーズン終了前にこういったデリケートな話を聞くことに対しての批判もあるかとは思います。しかしこのタイミングでオタゴデイリータイムスから記事が出ました。。。
自分たちは高校の先輩後輩という長い付き合いですし信頼関係があるので、彼からこの件について直接聞かずにはいられなかったことをご理解いただきたいです。

ベンは、「去就は今は未定で、全く決めていない。まだリーグワンの試合も(インタビュー時点で)2試合残っているので、今はそちらにフォーカスしている。自分の感覚にずれがあるけど、ベテランとしてまだやれるとも思っている。帰国後、家族と話し合ってから決断するつもり」とのことでした。

コベルコの攻撃のスピード、テンポの良い攻撃スタイルはリーグワントップクラスです。そこに経験豊かなベンの的確な指示出しやパスは絶対的な力になると思っています。
インタビューを行った試合前日の練習でもキレのある動きが見られましたし、昨日の試合でファーストトライの起点となった彼のパスは本当に素晴らしかったです。
来週もメンバー入りして活躍してくれるのを期待しています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

1 / 141234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information