ホーム > NZブログ > コベルコ神戸スティーラーズ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2022.5.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

5月8日(日)にユアテックスタジアム仙台にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第16節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

キウイブリーズが注目するのは、コベルコのベン・スミス。

3R1A2944

ベンは3月に途中加入ということもあり、あっという間に今季最終戦を迎えました。

コベルコはすでにプレーオフ出場を逃してはいるものの、前節はチーム全体から勝利への強い気持ちを感じました。最終戦も勝って、来シーズンへつなげてほしいところです。

試合開始直後から流れをつかんだのは、コベルコでした。
SO李のペナルティゴールで先制します。まだ若い選手なので、今後が楽しみです。

3R1A2806

前半11分から6トライもの得点ラッシュ!
WTB山下楽平が大活躍していました。

3R1A2833

前半は41-10でコベルコがリードします。

後半にアクシデントがあり山中が脳震盪のチェックでいなかったときには、ユーティリティバックスとしてFBになったり、CTB、WTBとさまざまなポジションをこなしていました。積極的に声出しをしつつその時々に合わせて柔軟に対応する力は、やはり長年の経験があるからこそできることだと思います。パスの精度も素晴らしかったです。

3R1A2738

さらにはディフェンスも頑張っていました。

そして、後半29分にベンのトライ!

3R1A2892

トップリーグ2021 リーグ戦第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs NECグリーンロケッツ 以来のトライです。

3R1A2877

長年彼を取材してきましたが、このようにガッツポーズをするなど感情を出してプレーをするのは珍しいなと感じました。

3R1A2953

試合は74-34でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

チームとしての課題は、得点は多くても失点も多かったということです。良い時間帯と悪い時間帯があるので、90分通して同じパフォーマンスができるようになってほしいです。

試合後にはベンのリラックスした笑顔も見られました。他の選手と戯れ合う姿も!

3R1A3050

出身高のキングスハイスクールの制服を持ったベン

3R1A3060

来週中にコベルコから退団選手リリースが出るそうです。その内容によって、また記事を書きたいと思っています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.5.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス レポート

5月1日(日)に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第15節 コベルコ神戸スティーラーズ vs 横浜キヤノンイーグルス を取材してきました。

試合開始前に17日に57歳で他界したヘッドFWコーチのスティーブ・カンバーランド氏への黙とうが捧げられました。

3R1A2369

ハイランダーズやオタゴでのコーチの経験もあり、長きにわたって日本ラグビーの発展に貢献されました。心よりご冥福をお祈りします。

3R1A2371

ホーム最終戦で、彼に勝利を届けたいところです。

キウイブリーズが注目するのは、コベルコのベン・スミス。試合前日にメンバー変更があり、リザーブからスターティングメンバーになりました。復帰後初です!

3R1A2374

そして、ヘイデン・パーカー。
第11節(3月27日)以来2回目のリザーブです。

3R1A2519

前半7分にSO李が先制トライを決めます。ベン・スミスからのパスが得点につながりました!

3R1A2391

前半は17-12でコベルコがリードします。

後半4分にトライを許し逆転されるも、コベルコもすぐにトライを決めその後も得点を重ねていきます。

後半28分にベン・スミスと交代でヘイデン・パーカーが入りました。

キヤノンは粘りを見せて9点差まで追い上げましたが、届かず。

コベルコは、規律を守れていなかったように感じました。TMOで反則やエラーによりノートライになるなど、粗い面が見られました。もっと丁寧にしてミスを減らせていたら、さらに点を離せたのではないでしょうか。
また、最後の10分くらいは声があまり出ていなかったのでコミュニケーションの面においても次節に向けて修正が必要です。
ただ、ホーム最終戦を勝つんだという強い気持ちがチーム全体にあったように感じました。

試合は、42-33でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

最終戦は8日にユアテックスタジアム仙台にて、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安と対戦します。

なお、試合前日にベン・スミスに独占インタビューを行いました。

3R1A1893

オタゴデイリータイムスで彼が今季で引退を検討していると報じられているので、その件についてです。
シーズン終了前にこういったデリケートな話を聞くことに対しての批判もあるかとは思います。しかしこのタイミングでオタゴデイリータイムスから記事が出ました。。。
自分たちは高校の先輩後輩という長い付き合いですし信頼関係があるので、彼からこの件について直接聞かずにはいられなかったことをご理解いただきたいです。

ベンは、「去就は今は未定で、全く決めていない。まだリーグワンの試合も(インタビュー時点で)2試合残っているので、今はそちらにフォーカスしている。自分の感覚にずれがあるけど、ベテランとしてまだやれるとも思っている。帰国後、家族と話し合ってから決断するつもり」とのことでした。

コベルコの攻撃のスピード、テンポの良い攻撃スタイルはリーグワントップクラスです。そこに経験豊かなベンの的確な指示出しやパスは絶対的な力になると思っています。
インタビューを行った試合前日の練習でもキレのある動きが見られましたし、昨日の試合でファーストトライの起点となった彼のパスは本当に素晴らしかったです。
来週もメンバー入りして活躍してくれるのを期待しています。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2022.4.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第13節 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第13節 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

4月16日(土)に熊谷スポーツ文化公園ラグビー場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第13節 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

早いものでリーグワンもあと4試合となりましたが、今シーズン初の埼玉パナソニックワイルドナイツの取材です。新型コロナウイルスの感染者が出て開幕から2試合は不戦敗となりましたが、その後は10連勝して現在2位と好調です。
対するコベルコは7位で、プレーオフ進出のためアウェーで絶対に負けられない状況となっています。

キウイブリーズが注目するのは、ワイルドナイツのクレイグ ・ミラー

3R1A1541

そして、、、コベルコに復帰したベン・スミス!

3R1A1558

昨年12月、突然の退団発表に驚かれた方も多かったと思います。最近報道があった通り、昨年10月に産まれたベビーの心臓に穴があることが判明しどうしても家族の側にいたかったためです。しかし症状が落ち着いたことで、3月に復帰が決まりました。

ニュージーランドに帰国してからもしっかりとトレーニングしていたようですし、なにより経験豊富な彼がユーティリティバックスとして複数のポジションをこなすことができるのはチームにとっても大きいと思います。

もう1人は、アーロン・クルーデンです。

3R1A1484

今やコベルコの心臓として、攻守の起点となるキープレイヤーとして活躍しています。

ちなみにクレイグ・ミラーとベン・スミスはハイランダーズでチームメイトでした!
今日はともにリザーブからのスタートです。

立ち上がりから感じたのは、ワイルドナイツはミスが少ないということ。立て直す力も目を見張るものがあります。
コベルコはアタッキングがコンパクトでスピードが速いです。

前半は、ワイルドナイツが11-10でわずかにリードして折り返します。

後半5分に稲垣に代わってクレイグ・ミラー

全力でぶつかり、きっちりと仕事をこなす姿は流石でした。

両チームともに譲らない展開となっていたのですが、後半16分の山中のシンビンで、大きく流れが変わってしまいました。1人欠けた時間帯に痛恨の2トライを許します。ここぞとばかりにワイルドナイツがギアを上げたのが感じられました。

後半26分、山中と交代でベン・スミスが入りました。

3R1A1636

積極的に声掛けしていました。
まだ合流して日が浅いので、フィットの面は仕方がないとは思います。しかし短い時間の中でも彼らしい泥臭いプレーも見られました。

また、アーロン・クルーデンを見ていて、昨シーズンより圧倒的に連携や戦術理解度が高まっていると感じました。これからもチームに貢献していってほしいです。

3R1A1422

あと、ワイルドナイツのWTBマリカ ・コロインベテとコベルコのWTBアタアタ ・モエアキオラの激しいアタッキングもすごかったです。場内も盛り上がっていました。

3R1A1494

意地を見せたコベルコですが、力及ばず悔しい敗戦。。。

3R1A1564

最後まであきらめない姿勢はすばらしかったです!!

試合は、37-31で埼玉パナソニックワイルドナイツが勝利しました。

プレーオフに向けて残りはあと3試合となります。できる限り取材していきたいと思っています!
また、試合後はベンとティモシーは戦術面で話してました。

3R1A1699

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2022.3.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦  東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

3月4日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第8節 交流戦 東京サントリーサンゴリアス vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

久しぶりの秩父宮かつナイトゲームです。
3月とはいえ、夜はまだまだ肌寒かったです。。。

image0

キウイブリーズが注目するのは、東京サンゴリアスのダミアン・マッケンジー

3R1A0033

テビタ・リー

3R1A0037

コベルコ神戸スティーラーズのアーロン ・クルーデン

3R1A0216

です。

ダミアン・マッケンジーとアーロン・クルーデンは、以前チーフスでチームメイトでした。
また、トップリーグの時に強豪でともに優勝経験もあるチームの対戦ということで、自分の中でもかなり注目していましたが。。。

いざ試合が始まってみたら、東京サンゴリアスの一方的な試合でした。

東京サンゴリアスは、序盤はディフェンスの時間こそありましたが、前半14分のサム・ケレビのトライを皮切りに怒涛の攻撃で得点を重ねました。

前半は28-5で東京サンゴリアスがリードして折り返しました。

後半は神戸が意地を見せる時間もありましたが、東京サンゴリアスはペースを崩すことなく攻め続けていました。
攻撃のバリエーションも豊富で、チームの戦術としてやりたいことがしっかりとできていたようでした。

神戸は昨年までの良さはどこに行ってしまったのでしょうか。。。メンバーが大幅に入れ替わったわけではないはずですが、終始噛み合っていないように感じました。
テンポが速い東京サンゴリアスを止められず、自分たちの流れを掴めなくてフラストレーションが溜まっていたのかもしれません。
どうにか良い方向に修正して、リーグ後半は巻き返して欲しいところです。

試合は、56-17で東京サンゴリアスが勝利しました。
テビタ・リーは3トライ。素晴らしいです。

3R1A0126

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)は、3トライ+ゴールキック8本全て決めたダミアン・マッケンジーでした!
やはり彼は別格です。スピードが速いですし、動きにキレがあります。華麗なプレーで観客をワクワクさせてくれますね。
以前取材した時よりもずっとチームにフィットしていました。

 

3R1A0189

 

3R1A0182

新型コロナウイルスの影響で直近2試合は不戦敗だったとはいえ、神戸は2勝6敗とかなり苦しいです。
東京サンゴリアスは、7勝1敗です。

ここで、久しぶりのキウイブリーズ独占情報をお届けします!
コベルコ神戸スティーラーズのヘイデン ・パーカー

怪我のため今シーズンの出場がまだありません。。。
たまたまコンタクトできたので少し話せたのですが、もうすぐ試合に復帰できそうとのことです!!

3R1A0054

昨日も試合前のトレーニングに参加していました。

最終的に決めるのはチームなのでわかりませんが、本人としてはもうそろそろ試合に出れそうなくらいに仕上がっているそうです。ですので、近いうちにメンバー入りする可能性が十分にあります。

試合で彼のプレーを見れるのが今から待ち遠しいですね!

 

本日の一枚。ダミアンにタックルにいくアーロン。

3R1A0110

来週もリーグワンの取材に行く予定です。

ではでは

熊木

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2022.2.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第5節 NECグリーンロケッツ東葛 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第5節 NECグリーンロケッツ東葛 vs コベルコ神戸スティーラーズ レポート

2月6日(日)に柏の葉公園総合競技場にて行われた、NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1 第5節 NECグリーンロケッツ東葛 vs コベルコ神戸スティーラーズ を取材してきました。

NECグリーンロケッツ東葛の取材は先週に引き続き2回目、コベルコ神戸スティーラーズは今季初の取材です。

キウイブリーズが注目するのは、グリーンロケッツのアッシュ・ディクソン

3R1A9843

神戸のリチャード・バックマン

3R1A9835

ともにハイランダーズでプレーした経験があります。

スタジアムは風が強く、とても寒かったです。。。

前半は神戸のミスが多く、決めきれず苦しい展開が続きました。
しかしそのような中でもグリーンロケッツの隙を見つけて積極的に攻めてボールを動かすことで、トライに繋げて行きました。
ところどころのピンチも全員でハードワークし乗り切っていました。

3R1A9873

アッシュの2試合連続トライ!!!モールからのトライなので写真があまり良くなくてすみません。。。

対するグリーンロケッツは良い部分もあったものの、コベルコに流れを持って行かれてしまった時間が長かったです。
前半10分にトライを決めたアッシュ・ディクソンが前半43分に交代してしまいました。これについてはどういった理由なのか、わかっていません。。。
3R1A9924

後半は40分ひたすらバイクを漕いでいました。

アクセントプレイヤーでありコミュニケーションについても皆をリードできるので、怪我など大事にならないといいなと願っています。

前半は22-10でコベルコ神戸スティーラーズがリードして折り返しました。

後半に入り、神戸は前半の悪いところをきちんと修正してミスを減らし、さらに点差を広げて行きました。
第1節でリーグワンの初得点・初トライを決めたリチャード・バックマンは、CTBラファエレとの相性も良く阿吽の呼吸でうまく連携が取れていました。怪我がちなので、本人は問題ないとは言っていましたが少し気がかりです。

3R1A9930

試合は、48-17でコベルコ神戸スティーラーズが勝利しました。

神戸はこれまで5節すべて試合が開催できている唯一のチームです。初めは2連敗したものの、徐々に良くなってきているなと感じました。それぞれの特性を理解し、戦略を組み立てることができているのではないでしょうか。

グリーンロケッツはまだ連携が取れていない印象です。うまく連携がとれてかみ合えばもっともっと良くなれると思います。

試合後、キウイブリーズだけが撮れるとっておきの1枚!

3R1A9955

ハイランダーズ出身の2人が談笑している姿がなんとなくダニーデンかと思いました!?

3R1A9996
グリーンロケッツ選手全員がトンガ地震のチャリティーTシャツを着ていました。

来週の試合はありませんが、第6節以降もリーグワンの取材に行く予定です。

また、この日も家族も試合観戦をしていました。ワンチームって感じですね!

3R1A9974

ではでは

熊木

タグ : , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information