ホーム > NZブログ > サントリーサンゴリアス

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.4.3 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2021 リーグ戦 第6節 サントリーサンゴリアス vs クボタスピアーズ レポート

トップリーグ2021 リーグ戦 第6節 サントリーサンゴリアス vs クボタスピアーズ レポート

2021年4月3日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われた、トップリーグ2021 リーグ戦 第6節 サントリーサンゴリアス vs クボタスピアーズを取材してきました。
キウイ・ブリーズが注目する選手は、サントリーのボーデン・バレット

3R1A3970

クボタのバーナード・フォーリー

3R1A3708

そして元オールブラックスのライアン・クロッティ

3R1A3927

です。

レッドカンファレンス全勝同士の対決は、サントリー・クボタともにお互いの良さを潰す戦い方でした。
なので、試合を観ている人からしてみたら、歯がゆく感じたかもしれません。
地味な戦いでしたが、とにかくお互いを分析し合っているなと感じました。
どっちが勝ってもおかしくない試合でした。

クボタはFW陣のパワーが強く、素晴らしい働きをしていました。
バーナード・フォーリーはシンビンになったものの、上手かったです。ボーデン・バレットと同じポジションかつ、オーストラリアとニュージーランドというライバル関係でもあるので、余計に力が入ったのかもしれません。

3R1A3792

バレットは終始クボタからの厳しいマークを受けていましたが、バックパスなど上手く使っていました。視野が広く、ボールがどう来るか見ているような動きをしていました。
始めはSOでしたが、後半途中からFBにポジションをチェンジしました。
後半38分には田村からのパスを受け、最後は個人技で魅せてくれました。ああいうプレーでトライをとり、MOMにも輝くところが流石ですね。。。

3R1A3955

オールブラックスでもFBでプレーをしていて、FBの方が自由に動けるので、あの決勝トライにつながったのでしょう。

試合は33-26でサントリーが勝利しました。

会見でキャプテンの中村も「10番であれ15番であれ、グラウンドにいるだけでチームメイトとして頼もしく感じる。

3R1A3888

ゲームコントロール、ラン、キック、パスとすべてにおいてハイレベルで、チームを前に動かしてくれる選手。」と言っていましたが、どこのポジションにいても自らの実力を発揮し、さらに周りをうまく動かすことができるのはさすがだなと思います。

3R1A3802

試合後には、ボーデン・バレットが奥さんのもとへ行き、ハグからのキス!

3R1A4015

ラブラブでした。こういった光景はなかなか日本では見られないですよね。
周りからも「ヒュー!」と歓声が上がっていました。

最後に。。。
流の満面の笑みが良かったので、その瞬間の写真を!

3R1A3842

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2021.3.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2021 リーグ戦 第4節代替 東芝ブレイブルーパス vs サントリーサンゴリアス レポート

トップリーグ2021 リーグ戦 第4節代替 東芝ブレイブルーパス vs サントリーサンゴリアス  レポート

3月20日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われた トップリーグ2021 リーグ戦 第4節代替 東芝ブレイブルーパス vs サントリーサンゴリアス を取材してきました。
先週の13日に雷雨の影響で前半途中で中止になり、本日代替試合が行われました。

キウイブリーズが注目したのは、サントリーのボーデン・バレット!

3R1A1332

あと元オールブラックスの東芝のマット・トッドです。

3R1A1312

ボーデン・バレットの素晴らしいところは、とにかく視野が広い!!

3R1A1415

神戸製鋼のベン・スミスも同じく視野が広いのですが、違いはキックの多様性です。
予想外のところにボールを回すなど、ディフェンスの不意を突いていました。

3R1A1227

さらに2・3人先の選手にパスをするシーンもありました。よく見えるなと思いました。。。

彼はマークされている中でも、パスのもらい方が上手でした。決め切る力は流石です!

3R1A1324

SH流ともコミュニケーションをよくとっていて、やりたいラグビーをするために周りを上手く動かすことができるのが、世界で活躍している一流の選手なんだなと思いました。

3R1A1212

また、サントリーのテビタ・リー。

3R1A1432

キレがあって、BKなのにパワフルでした。
トライを決め切れる力を持っていますので、今後楽しみな選手です。

3R1A1442

宗像サニックスブルースに所属しているカーン・ヘスケスと似ていますね。
パワーがあって止めにくいですし、途中から出場したときには空気を変えられるインパクトプレイヤーだと思います。

あと、なんといってもサントリーのNo8 テビタ・タタフ!
マン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍ぶりでした。
とにかく強い。。。臆することなく突っ込んでいき、東芝のリーチ・マイケルを吹っ飛ばしていました。

3R1A1281

3R1A1288

サントリーはチームとしてまとまっていて、FW・BKともにやるべき仕事をしっかりやっていました。

対する東芝はマット・トッドが後半27分に意地のトライ!しかし東芝はミスや反則が多く、終始サントリーが圧倒していました。

試合は73-5でサントリーが勝ちました。
メディアぬきで1ファンとしていい試合を見れたなと感じました。。。

試合後に選手とコミュニケーションを取りたいですが、今は我慢の時です。

トップリーグの試合が見られることだけでもありがたいですよね。
コロナが落ち着いたらまた独占インタビューをしたいです!

余談ですが、ボーデン・バレットは後半26分に下がってからマスクしていたのですが、鼻までしっかりガードしていました。

3R1A1522

海外は今までマスク文化があまりなく、ここだけの話マスクをしていても鼻が出ている選手も少なくないのです。。。
そういった面からもボーデン・バレットは真面目だなと思いました。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2021.1.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見レポート

サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見レポート

こんばんは!
1月6日(水)に東京プリンスホテルにて行われた、サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見を取材してきました。

ボーデン・バレットは現在29歳で、ポジションはSO、FBです。

3R1A0145

ワールドラグビー年間最優秀選手賞を2度受賞し、現在もオールブラックスの中心選手として活躍しています。

ラグビーワールドカップ日本大会では、弟のスコット・バレット、ジョーディー・バレットと三兄弟揃って試合に出場するなど大活躍していたので、記憶に残っている方も多いかと思います。

スーパースターのボーデン・バレットが日本のトップリーグでプレーするということで、多くの報道関係者が来ていました。

IMG_6851

注目度の高さがうかがえます。

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、一人ひとり検温や消毒など厳重に対策された上で、記者会見が行われました。

まず、ボーデンから「日本に来ることができて嬉しいです。家族を含めて快適に過ごせています。」さらに、「サンゴリアスの一員になれて光栄です。トップリーグ開幕がとても楽しみです。」と挨拶しました。

また、「サンゴリアスのラグビーが自分に合っています。」と話していました。

3R1A0103

記者から「対戦したい相手は?」という問いに、神戸製鋼のブロディ・レタリックとベン・スミス
NTTドコモレッドハリケーンズのTJ・ペレナラの名前を挙げていました。

オールブラックスのチームメイトとの対戦を、彼自身もとても楽しみにしているようです!
また、対戦したいチームはパナソニック ワイルドナイツとのことです。

さらに、「10番(SO)と15番(FB)はどっちが好き?」と尋ねられ、「10番」と答えていました。

3R1A0168

トップリーグは1/16(土)に開幕します。

サントリーサンゴリアスは、豊田スタジアムにてキアラン・リードが所属するトヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦します。

ボーデン・バレットは「(メンバーの)23人に選ばれるよう頑張ります。」と話していました。

3R1A0179

新型コロナウイルスの感染者が日々増えていて心配ではありますが、今季のトップリーグが無観客試合にならないことを願っています。

それではまた。

タグ : , ,

投稿日 : 2018.9.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2018-2019 第3節 サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

トップリーグ2018-2019 第3節 サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

昨日は秩父宮ラグビー競技場で行われた、サントリーサンゴリアス vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズの取材をしてきました。

秩父宮ラグビー競技場は、会場オープン前の17時半から、外まで並ぶ大行列。

というのも、実は今日はニュージーランドのスーパースター、ダン・カーター選手の神戸製鋼でのデビュー戦だったんです。

3R1A0304

神戸製鋼が東京・秩父宮で試合を行うのは、レギュラーシーズンではこの日1回のみ。ダンのトップリーグでの初戦ということもあるかもしれませんが、昨年チャンピオンのサントリーと神戸製鋼の対戦という好カードだったこともあり、平日夜にもかかわらず、競技場は約17,000人の観客で埋め尽くされました。

さて、ダン・カーター選手といえば、現在は代表からは引退したものの、ニュージーランド代表としては112キャップを誇り、2015年までプレーし続けたスーパーラグビーでは141試合に出場、通算最多得点の1708点を記録している、スーパースターです。

試合開始前、「ダン・カーター」と名前が呼ばれると、競技場から非常に大きな拍手と歓声が沸き起こりました。

3R1A0626

サントリーのキックオフでスタートした試合の前半3分、神戸製鋼が相手の空いたスペースを狙い、早々とトライをあげます。

3R1A0329

その後のキックではダンはあいにく外してしまいますが、前半7分、サントリーの反則から得たペナルティーキックで、神戸製鋼での初得点を挙げます。

また、前半17分には、スーパーラグビー・ハイランダーズでプレーしていた、キウィブリーズ注目のリチャード・バックマン選手がトライで追加点を取ります。

3R1A0438

リチャード選手、そして同じく元ハイランダーズでキウィブリーズ注目のトム・フランクリン選手の2名に、試合後独占インタビューを行っていますので、最後まで記事をお楽しみくださいね。

(ちなみになぜハイランダーズ選手を注目しているかというと、代表熊木の高校が、ハイランダーズのホームであるオタゴ地区にあるからです)

さて、前半22分、サントリーのスペースの空いた右ウィングからパスを受け、ついにダン・カーター選手がトライを決めました。競技場全体から沸き起こる大歓声たるや、すごいものがありました。

サントリーも果敢に攻め、ようやく前半36分にトライを決めますが、前半は神戸製鋼の分厚いラインを崩すことに苦戦していました。

逆に一瞬空いた両ウィングのスペースを攻められ、得点を許してしまうという場面が何度かあったので、サントリーは来週以降、この辺りの修正が必要でしょう。

3R1A0524

23-8で神戸製鋼のリードで迎えた後半は雨が降り始め、スピードと展開の早い前半から、ややスローダウンして、一進一退の攻防が続きます。

結果は36-20で神戸製鋼がサントリーを下し、ダン・カーター選手は21得点でマン・オブ・ザ・マッチに選出されました。

3R1A0933

試合後の共同記者会見で、ダンは「16年のキャリアがあるが、いつも新しいチームでの初戦は緊張する。今日は自分のスキルを出すことが出来て本当に良かった。」と話していました。

3R1A1002

共同記者会見の詳細については、また明日アップさせていただきますね。

ラグビーはチーム戦なので、たった一人のスーパープレーヤーが入ったとしても、そこまで戦力は変わらないのではないかと思っていたのですが、ダン・カーター選手が加入したことで、神戸製鋼はチーム全体が大きくレベルアップしているように感じました。

3R1A0359

実際、彼はパス、キック、ラン、状況判断すべてにおいて超一流ですが、プレーしていないときでも常にチームの選手たちに細かい指示やコミュニケーションを取っていたそうです。それが堅固なディフェンスや、隙を突いて得点に結びつけるプレーにつながったのだと思います。

さて、お待たせしました。リチャード・バックマン選手とトム・フランクリン選手への独占インタビューです。

リチャード・バックマン選手

3R1A1040

今日の試合についてどう感じましたか?

いい試合でした。長い時間試合に出ていなかったので、試合に出られて嬉しいですし、勝てて嬉しいです。この数年チームはサントリーになかなか勝つことが出来ていなかったので、今日の結果はとても良かったです。

パナソニックから、また日本のトップリーグへの復帰ですね。今どんな気持ちですか?

青いジャージから赤いジャージに変わりましたが、(神戸製鋼は)非常に素晴らしいチームメート、スタッフ、そして非常に素晴らしい文化を持っています。
シーズンを通じてプレーできることがとても楽しみです。

トム・フランクリン選手

3R1A1038

今日の試合についてどう感じましたか?

非常にハードな試合でしたが、とても楽しむことが出来ました。選手たちはみんな頑張ってくれました。勝つことが出来て嬉しいです。

チームでの目標について教えてください

トップリーグはもちろん、日本選手権での優勝です!このまま勝利を続けていきたいです。

神戸製鋼は終始気迫が途絶えず、ダンが加入したことで、かつての社会人ラグビー常勝チーム、神戸製鋼復活の兆しが見えたように思います。
もちろん、ダンだけでなく、リチャードやトムなど、いい選手のそろった神戸製鋼の結果に目が離せそうにありません!

我妻

タグ : , , , ,

投稿日 : 2018.9.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2018-2019 第2節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs サントリーサンゴリアス

トップリーグ2018-2019 第2節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs サントリーサンゴリアス

昨日、9月7日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われたNTTコミュニケーションズシャイニングアークス vs サントリーサンゴリアスの試合を取材してきました。

キウイブリーズで注目しているのは、昨年も取材させていただいていたサントリーの「ジョー・ウィラー」選手です。

3R1A9742

サントリーでのプレーは今年で3年目となるジョーは、スーパーラグビーではハイランダーズで2013年から2017年までプレーし、2013年と2015年にマオリ・オールブラックスにも選出されています。

今日の試合後も、ジョーに独占インタビューを行い、記事の最後に載せていますので、最後までどうぞお楽しみください。

さて、本日の試合は風上にいるチームの方が優位になるのではと感じるほど強風の中で行われました。試合後のインタビューでNTTコムの監督は風の影響は無かったと言っていましたが、試合序盤は風上にいたサントリーが主導権を握り、スピードに乗ったボール回しとアタックで果敢に敵陣に攻め入りました。

セットプレーから2つのペナルティーゴール奪い、その流れで1トライも決めて、サントリーが13-0とリードします。

しかし、その後は昨年王者であるサントリーらしくないミス、特に不要なノックオンやオフサイド、ラインの連携ミスが多く現れ、稚拙な点が見られました。

3R1A9880

実際に前半残り10分からNTTコムが主導権を取り返して流れに乗りますが、その基点となったのも、サントリー側のミスからでした。

NTTコムはそのサントリーのミスを見逃さず、空いた右スペースを走り抜け、トライを決めたり、また試合全体を通じてスクラムでの粘り強さも見せました。

後半も一進一退の攻防が続き、試合は20-18でサントリーが辛勝しましたが、NTTコムは最後までプレッシャーを掛け続けました。

3R1A9934

また、勝つんだという気迫がプレーから強く感じられ、その点ではサントリーに勝っていたように感じました。

3R1A9749

逆に、サントリーはスクラムや連携でのミスはもちろん、相手への危険なプレーで10分間の一時退場のペナルティーを与えるなど、修正する点が多数あったように思います。

サントリーは来週、神戸製鋼との試合になりますが、この1週間でどれだけ修正できるかが、来週の試合展開を左右しそうです。

さて、お待たせしました。ジョー・ウィラー選手の独占インタビュー内容です。

今日の試合についてどう思いますか?

スタートはなかなか良かったと思います。試合開始から20分、私たちはチームの戦術を理解し、ゲームをコントロールしていました。しかし、NTTコムも動きがよくなり、プレッシャーをかけてきたときに、我々のよくない点が出てきました。
来週は神戸製鋼との戦いとなり、それを重要な試合と位置づけていますが、今日のセットピースやスクラムでの課題、ライン、エリアマネジメントなどの確保も、しっかりと反省し、立て直す必要がありますね。

トム・フランクリンと対戦することになりますね

そうですね。
彼とは(ハイランダーズで)数年一緒にプレーしていましたが、非常に良い仕事をしていた選手です。同じポジションですし、同じチームで戦っていた相手との対戦は本当に楽しみです。今週の試合は(北海道地震の影響で)キャンセルになりましたよね。ですので、来週は非常にフレッシュで元気な状態で対戦することになると思いますので、ワクワクしています。彼以外にもハイランダーズでプレーしている選手がいるので、とても楽しみです。

そして、リチャード・バックマンやヘイデン・パーカーとも対戦ですね

はい。ヘイデンはサンウルブズで良いシーズンを送り、キックで成功していますよね。キックするのがとても上手で、規律を整えて、ハーフラインから先50mは、どこからでもポイントを狙えるということを頭に入れておかねばなりません。ペナルティーを与えると3点取られてしまうので、規律をしっかりしてしっかりと守る必要があります。

また、リチャードはアタックがとても上手で、脅威を感じます。彼はユーティリティープレーヤーであり、12番、13番、14番、15番のどこでもプレーできます。
彼がどのポジションでプレーするかは分かりませんが、どこでも非常に巧みで器用な仕事をします。ですので、彼はチームにとって大変役に立つ選手ですし、チームは良い選手を確保したなと思います。
手ごわい相手ですが、来週に向けてしっかり準備して、対戦に非常にワクワクしています。

来週の神戸製鋼戦で、サントリーがどれだけ立て直してくるのかはもちろん、ジョー選手の活躍にも期待が高まりますね。

来週がとても楽しみです。

試合後、ファンサービスをするジョー選手。

3R1A0057

日本語も少しずつ上達してきましたと、笑顔で話してくれました。

なお、昨日の試合では、ジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウンの姿も見かけました。

3R1A9838

来年のワールドカップに向け、色々と動き出しているのでしょう。

そういった意味でも今シーズンのトップリーグ、目が離せませんね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.1.14 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

第55回 日本選手権 決勝 サントリーサンゴリアス VS パナソニックワイルドナイツ

第55回 日本選手権 決勝 サントリーサンゴリアス VS パナソニックワイルドナイツ

1月13日(土)に秩父宮ラグビー場で行われた、サントリーサンゴリアス vs パナソニック ワイルドナイツの試合を取材してきました。
キウイブリーズ注目のジョー・ウィーラーはスタメンでスタートです。

IMG_6942

両チームともに今期最後の試合を勝利し優勝したいという気持ちが溢れる試合展開でした。

IMG_6909

開始4分のサントリー中村のトライ。

IMG_6879

10番マット・ギタウの素晴らしいキックパスからでした。

IMG_6890

これは経験とチームの練習の賜物だと思います。
このトライでゲームはトライ量産となるのかと思いましたが、両チームともにとても集中していて観客も引き込まれるような試合展開でした。

IMG_6968

時間もあっというまの80分で、12-8でサントリーサンゴリアスが2連覇を果たしました。両チームともにとてもレベルが高く「日本一」に相応しい試合でした。

IMG_7091

日本ラグビー協会会長の岡村氏からトロフィーを受けるジョー。

IMG_7181

とても嬉しそうでした。

試合後には自分のスパイクやリストバンドを応援に来てくれたファンにプレゼントしていました。

IMG_7258

ファンの方も喜んでいました。

恒例となっているジョー・ウィーラーへ試合の感想を伺いました。
2連覇ということで「2」のポーズです。

IMG_7263

試合の感想

とてもタフな試合でした。
前半はとても良い試合運びができていました。数回ミスはありましたが、常にパナソニックにプレッシャーを与えられていたと思います。
このような接戦を勝利できて、チームを誇りに思います。
いい仕事が出来たと感じています。

これからの目標について

まずは火曜日にニュージーランドに戻り、新婚旅行で奥さんとキャンピングカーを借りてニュージーランドの北島を回ろうと思っています。
レインガ岬・ベイオブプリンティ・コロマンデル・ロトルア・タウポなどです。
いつもとは違うことをやりたいと思っています。

2月上旬からはプレーはしませんがハイランダーズの練習に参加します。
そこでトレーニングを行い、成長してまた日本に帰ってきます!

最後にプログラムにサインをしてもらいました。

IMG_0081

ご希望の方はキウイブリーズ宛にジョーへのメッセージをお願いします。

ではでは

熊木

タグ : , ,

1 / 3123

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information