ホーム > NZブログ > ダニーデン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.6.26 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

『絶景・秘境に息づく 世界で一番美しいペンギン図鑑』の紹介

『絶景・秘境に息づく 世界で一番美しいペンギン図鑑』の紹介

大変魅力的で素敵な贈り物を頂きましたので紹介します。

京都大学出身の水口博也氏、長野敦氏編著のペンギンに特化した写真集です。

南極を中心に様々な場所に生息するペンギンの生き生きとした姿が収められ、彼らの歴史から、今現在抱えている問題にも触れられています。

自分はペンギンが大好きだった事がきっかけで高校時代ニュージーランドはダニーデンへ留学し(ダニーデンには絶滅危惧種のキガシラペンギンが生息していることからこの地を選びました)、
その生態だけでなく彼らを取り巻く環境にも興味を持ち、大学や大学院では環境保全について学び、研究していたという経緯があります。

IMG_7580

ビーチまで1時間位かけて自転車で野生のペンギンを観察しに行き、ボランティア活動に参加したりもしました。

ペンギン以外にも昆虫から甲殻類まで、多くの種類の生物を研究しましたが、やはり最初に興味を持ったペンギンには特別な思い入れがあります。
太古に大陸から分離し、人間が上陸するまで独自の生態系を保ってきたニュージーランドについては、これまでも何度かお話ししてきたかと思います。

ペンギンも例外ではなく、ニュージーランドにはそこにしかいない4種の固有のペンギンが暮らしています。

IMG_7600-640x426

しかし、人間がこの地に到達したことがきっかけで様々な哺乳類が持ち込まれ、空を飛べないペンギンも格好の餌食となり、その個体数は激減してしまいました。

ニュージーランドの国鳥のキーウィやカカポ、トゥアタラなどもそうですね。

そのため現在では、特定の島や地域から外来動物を駆除し、そこに在来種を保護し個体数を維持するプロジェクトが行われています。
自分が専攻した保全生態学はニュージーランドがまさに先駆的な取り組みを行っており、当時から市民との協働が盛んでした。

この本は「ペンギン可愛い~!」だけでなく、こういった踏み込んだ話題まで読めるので、とても読み応えのある一冊でした。

d12109-474-903762-1

もちろん、その可愛らしさ、力強さを目で楽しむ読み方もアリ!ですけどね。
ニュージーランドに暮らすペンギンについて執筆されている長野氏は、会社員として働きながら野生生物の写真を撮り続けている方です。

僕も今はペンギンから遠ざかった生活をしていますが、これからも何らかの形では関わっていきたいと常々思っています。

そんな気持ちを改めて抱かせてくれるきっかけになりました。

ニュージーランドへ行かれた事のある方、もしかしたら観光でペンギンの保護地区にも足を運ばれた方がいらっしゃるかもしれません。
そんな皆さんには是非。また、まだ実際には目にした事がない方にも、手に取ってみて頂きたい一冊です。

この一冊がきっかけでニュージーランドへ行ってみたい!と思われる方が少しでも増えたら、自分もとても嬉しいです。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.12.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

キングス・ハイスクールの生徒たちをニュージーランド大使館に案内しました

キングス・ハイスクールの生徒たちをニュージーランド大使館に案内しました

こんばんは。

先日、日本に短期滞在している、ニュージーランドのダニーデンにある「キングス・ハイスクール」の生徒15名と、引率の先生3名を、ニュージーランド大使館にアテンドさせていただくお手伝いを熊木とともにしてきました。

さて、このブログをいつも読まれている方はピンと来たかもしれませんが、キングス・ハイスクールは、弊社の熊木の母校です。

そして、神奈川県の厚木市は、東京オリンピック・パラリンピックにおけるニュージーランドのホストタウンになっています。

そのため、弊社と交流のあった厚木市と、キングス・ハイスクールを繋げさせていただき、ニュージーランドとの国際交流の一環として、厚木市および、厚木市ラグビーフットボール協会に、今回のキングス・ハイスクールの生徒たちのホストになっていただいたんです。

普段ならニュージーランド大使館へ生徒たちを案内するということは滅多にできないのですが、今回は特別に許可を頂き、生徒たちを案内していただきました。

IMG_0142

生徒15名は全員日本語を勉強している高校1年と2年の生徒たち。
憧れの日本で、しかも大使館という特別な場所で働くキーウィーの先輩の話を熱心に聴きながら、大使館にある素敵なお庭を堪能していました。

初めての海外という子も多く、あと1,2年で高校を卒業し、自分の将来を考える年頃の彼らにとって、今回の短期滞在は一生の思い出となる体験になったのではないかと思います。

こうやって国際交流の場、人生を左右するかもしれない場に立ち会わせていただけるというのも、私たちアテンド側の喜びですね。

また是非日本に戻ってきて欲しいものです。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.5.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

懐かしスポット サンドフライベイ (イエローアイドペンギン) スポット

懐かしスポット サンドフライベイ (イエローアイドペンギン) スポット

ペンギンファン必見のスポットです!
オタゴ半島にある「サンドフライベイ」。

IMG_2834

ここでも「イエローアイドペンギン」を見ることが出来るんです。

IMG_7624

高校時代、自転車で3時間位かけてペンギンを見に通った場所です。

今回は車で移動したのですが、改めてその距離を走ってみて「若いってすごいな・・・」と思いました。
一心不乱にペンギンを探したことを今でも鮮明に覚えています。

IMG_2853

ペンギンプレイスでは、野生のビーチでイエローアイドペンギンを見ることが出来ず、不完全燃焼だった自分。。。
リベンジの為に車を飛ばし行って来ました!

カップルのイエローアイドペンギンを見ることが出来ました。

IMG_7637

野生にこのような場所があるということが素晴らしいですよね。

また、自分が通っていた10数年前より道が整備され、案内もしっかり出来上がっていました。

IMG_2837

懐かしのスポットに行くと童心に帰れるように思います。
ビーチを裸足で走り(下り) → ペンギンを探す→ 観察

高校時代を思い出せる貴重な場所です。

とても貴重な体験を出来る場所なので、ダニーデンを訪れる際は是非行ってみて下さい。

因みにフラッシュ撮影は禁止です!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.5.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ペンギン・プレイス in ダニーデン

ペンギン・プレイス in ダニーデン

15年ぶりにダニーデンにあるペンギン・プレイスへ訪れました。市内から車で50分位で到着します!
自分は自然の中でペンギンを見たくてニュージーランドに留学しました。

そしてワイルドライフの宝庫であるダニーデン。

IMG_7600

ニュージーランド留学でオークランドやクライストチャーチを選ぶ人が多い中、自分がダニーデンを選んだのは自然の中でペンギンを見たかったからなんです。

IMG_7583

皆にこの話をしてもなぜか半信半疑ですが。。。偽りはありません!

ここでペンギン豆知識。
ニュージーランドの本島には、3種類のベンギンが生息しています。

一番メジャーなのはブルーペンギン。あとはフィオルドランド クレステッド ペンギン、そして世界で一番絶滅に近いといわれているイエローアイドペンギン(キンメペンギン)です。

ダニーデンにはブルーペンギンとイエローアイドペンギンが生息しています。

IMG_7565

そしてこの施設では絶滅危惧種のイエローアイドペンギン(キンメペンギン)を間近で見ることが出来ます。

こちらは私営保護区です。オタゴ半島の先端部に位置する家族経営の牧羊農場の一画にあります。ツアーの参加費全額が生息環境の再生、外来種の駆除、研究プログラム、病気やけが、飢えで弱ったペンギンのリハビリ施設の運営など、イエローアイドペンギンの保護活動に使われております。

IMG_7597

15年前に比べるとリハビリ施設があったり、ツアーの前の説明が充実した設備になったと感じました。

IMG_7557

また観察用に設置された壕などのユニークな施設を利用して、ペンギンたちの自然な行動を見ることが出来ることも特徴の一つです。

ツアー中にはしばしばニュージーラン・オットセイやブルーペンギンの生息も見る事も出来ました。

IMG_7607

IMG_7608

この日はイエローアイドペンギンを身近に見る事は出来ませんでしたが、自然の事なのでしょうがないと思います。

ツアーは所要時間約90分くらいで数キロは歩くので、ハイキングシューズで参加をしてみて下さい。

また、フラッシュ撮影は禁止されていますのでご注意を!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.5.3 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

懐かしスポット キングスハイスクール

懐かしスポット キングスハイスクール

ダニーデンにある男子校「キングスハイスクール」!

卒業した高校です。横にクイーンズハイスクールがあり交流もあるので100%男子校ではないのですが。3年間とても成長出来た場所でもあります。

留学が良いとか悪いとか話すことは好きではありませんが、自分にとっては非常に人格的にも大人になれた場所だったと思います。

今の自分があるのは、この高校を卒業した事が大きく関わっていると思います。

IMG_7468

校舎を歩いてみると、勉強した思い出やサッカーと陸上をしていた事が思い出されます。
また、ハカもやっていましたね。
ニュージーランドでは高校ごとにハカがあるので、全校生徒で練習を行うのです。

休日だったので残念ながら売店も閉まっていましたが、よくランチにパイを買って食べた思い出が蘇って来ました

日本の高校のカリキュラムとは違うので、自分で選択をし、責任を持って最後までやり抜く力を身に付けられた気がします。

IMG_7473

キングスハイスクールはスポーツの強豪校で、オールブラックスを始めニュージーランドのトップアスリートとして活躍する選手を多く輩出しています。また、アカデミックでも自分がいたころは優秀でした。

またいつか、先生や学生のいる平日に行ってみたいです。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.4.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

第二の故郷 ダニーデンにてベン・スミスと再会

第二の故郷 ダニーデンにてベン・スミスと再会

試合後ハイランダーズの選手はバスでダニーデンに戻りましたが、自分はインバカーギルで一泊して翌日ダニーデンへ行きました。

自分が16歳から4年を過ごした街「ダニーデン」。

IMG_7552

第二の故郷と言っても過言ではありません。

昨日、オールブラックスでありハイランダーズのキャプテンであるベン・スミスとの会話で「明日ランチ位にセントクレアビーチでね」と言っていたので行きました。

そこでなんと再会!ベン・スミスはダニーデンでは一番の有名人かもしれません。色々な人が声をかけたりしますが、嫌な顔をせず笑顔で対応していました。
因みに高校の後輩でもあります。

再会後ビーチ近くの「BEDFORD BURGER」でブランチ。

IMG_7491

ビーフバーガーを注文したんですが、めっちゃ美味しかったです。

IMG_7506

ドリンクは昼からビール!

ダニーデンの誇るクラフトビールのエマーソンズのピルスナー

IMG_7496

スタインラガーのTOKYOドライ!

IMG_7498

両方とも生です。空気もですが気持ち良い気分になりました。

話はベンに戻りますが、いつか日本でプレーしてもらいたいですね!
彼も「チャンスがあればね」って言っていましたし。。。

彼が着ていたTシャツがスパイツ(ダニーデン発祥のビール)がデザインされたTシャツで、ハファーで購入しましたとのことだったので買いに行きました。

IMG_8168

1年半位前にダニーデンにもハファーが出来たとの事です。

IMG_8169

ダニーデンレポートは次回のブログでも続きます。

ではでは

熊木

タグ : , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information