ホーム > NZブログ > ピノ・ノワール

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.4.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ試飲&宿泊レポート

クラウディーベイ試飲&宿泊レポート

こんにちは。
我妻です。

オークランドに到着後はトランジットでブレイナムへ。
空港にはクラウディーベイの畑の責任者、ジムが迎えに来てくださり、ワイナリーに向かいました。
IMG_2379

ワイナリーではヴィンテージから最新のワインまで、テイスティングさせて頂きました。
今日は特に最新のワインについてレポートさせていただきますね。
IMG_2384

まずはシャルドネ2016ですが、口に入れると鼻に抜けるトーストのような高貴な香りが素晴らしく、非常に完成度が高いと思いました。来月より日本でも買えるようになります。

そしてピノ・ノワール2016はフレッシュながらもシナモンやベリー、バニラ香などがバランスよく複雑に絡み合い、なかなかの仕上がりです。

ジム曰く、飲み頃は3年くらい先だろうとのこと。その頃に素晴らしいワインになるポテンシャルを感じさせてくれました。ちなみに日本への入荷時期は未定だそうです。

また今回、市販はされないものの、実験的に作ったロゼも飲ませていただきましたが、残念ながらこれは御蔵入りだそうです。

最初はなかなか面白いなと思ったのですが、確かに他のワインと比べると、「クラウディーベイ」というブランドを背負うにはまだまだなんだなと感じました。

そういう意味でワイン生産の難しさも感じた一面でした。

また、普通は入れない工場の中も見学させて頂き、4月頭に樽詰めしたばかりの生まれたてのワインまで飲ませていただきました。
IMG_2348

既にアルコール度数は高く、ここから発酵していくと、よりまろやかなシャルドネやピノ・ノワールになっていくそうです。

今回はクラウディーベイのプロモーションビデオを制作するため、ジムのテイスティングコメントやインタビューも撮影させて頂きました。

完成したらお披露目させていただきますので、どうぞお楽しみに!

さて、この日はそのままシャックと呼ばれるクラウディーベイの宿泊施設に滞在させて頂きました。非常に洗練され、高級感あふれるシャックは、日常の喧騒や時間を忘れてリラックスできました。
IMG_2332

家具や内装、装飾品など至る所にクラウディーベイのこだわりが散りばめられています。
IMG_2317
IMG_2369
IMG_2355

窓からはブドウ畑を見ることができ、鳥のさえずりと爽やかな風が旅の疲れを吹き飛ばしてくれました。

翌朝、日の出を見るために早く起きて外に出ると、ブドウ畑の先から日が昇る様子に心から感動し、自然と感謝の念が湧きました。

素晴らしい体験をさせて頂いたジムやクラウディーベイのスタッフの方に心から感謝します。

我妻

タグ : , , , , , ,

投稿日 : 2015.10.31 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

カジュアルフレンチGONZO × クラウディーベイ ピノ・ノワール フェアー

カジュアルフレンチGONZO × クラウディーベイ ピノ・ノワール フェアー

渋谷の道玄坂にあるカジュアルフレンチGONZOで「クラウディーベイ ピノノワール×リーデルグラス」フェアーを開催!

今回は、リーデルのピノノワール専用グラス(日本のレストランで取り扱いはここだけ)での提供です。

グラスによってワインのテイストが変わることを実際体験して下さい!
11月限定のイベントです。

IMG_8851

グラスはくれぐれも割らないようにお願いします。。。。

因みに
グラスで1200円
ボトルで5900円
です!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2015.10.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リーデル ピノ・ノワールグラス飲み比べ

リーデル ピノ・ノワールグラス飲み比べ

先日、青山にあるリーデルにてピノ・ノワール(赤ワイン)グラスの違いをレクチャーしてもらいました。

IMG_8709

左から

オールドワールド ピノ・ノワール グラス
ニューワールド ピノ・ノワール グラス
エクストリーム ピノ・ノワール グラス
レストラン エクストリーム ピノ・ノワール グラス
です。

IMG_8718

ニュージーランドでは赤ワインの中でもピノ・ノワールの生産量が多く、日本でも人気です。
そこで実際にどのような違いがあるのかを知りたくて。。。
A Breezeで一部ワインを卸している「カジュアルフレンチGONZO」メンバーと行ってきました。

IMG_8727

たまたま当日シレーニのピノ・ノワール2014があり、それぞれ4種類のリーデルグラスに入れて実際に試飲したのですが、やはり違います。

結論:本当に勉強になりました。

グラスについて勉強になりましたし、口元がチューリップになっている理由や、ディティールについて詳しく教えてもらい良い経験になりました。

カジュアルフレンチGONZOでは、10月25日(日)からクラウディーベイのピノノワールフェアを開催します!

ピノノワール2013 (2)

リーデルレストランシリーズ エクストリーム ピノ・ノワールグラスとクラウディーベイ ピノ・ノワール2013とのマリアージュを日本で初めて行います!!!

是非、普通のグラスと飲み比べて見て下さい!スタッフに言えばやってくれるはず!?
ボトル:5900 yen
グラス:1200 yen
ちなみに、グラスはくれぐれも割らないようにお願いします。。。

A Breeze支給なので。。。笑

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2014.12.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

Churton 試飲及びセミナー

Churton 試飲及びセミナー

11月27日、ニュージーランド・マールボロのワイン「Churton」の試飲およびセミナーに参加して来ました。
今回のセミナーでは生産者の「サム・ウィーバー」も来日し説明をしてくれました。
以前、来日時取材した記事はこちら

当日テイスティングしたワイン(右から)
IMG_7393

2012 Marlborough Sauvignon Blanc
2011 Marlborough Viognier
2010 Marlborough Pinot Noir
2010 Marlborough Pinot Noir Abyss
2012 Marlborough Petit Manseng

計5種類です。

この中で注目したいのは、「Petit Manseng
フランス南西部のポーが原産で、初のニュージーランドで生産しているワイナリーで、他は2つのワイナリー位しかないみたいです。

テイスティングコメントとしては、モモ・柑橘類・トロピカルフルーツのアロマ。
羊のチーズとマリアージュしたら良いかもしれません。

sam weaver

食後もしくは食前にChurton のPetit Mansengを是非!!!

ではでは

熊木

タグ : , , , , , , , , ,

投稿日 : 2014.8.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

シレーニ・エステート スペシャルイベント

シレーニ・エステート スペシャルイベント

82313時~ ワインショップ・エノテカ 広尾本店にて行われた「シレーニ・エステート」のイベントを取材した。

当日は、9種類のシレーニのワインを3000円でテイスティング出来、コスパが良いイベントだと感じた。

70名のゲストが参加し、NVスパークリングを片手にチーフワインメーカーの「グラント・エドモンズ氏」を迎えた。

ニュージーランドのこと・ワイン及び個別ワインの説明をし、それに合わせるフードについても説明があった。

フィンガーフードの提供もあり、大盛況でイベントは終了。イベント後半には、ワインボトルにエドモンズ氏からサインをもらったり、写真を一緒に撮るゲストも見られた。

 

テイスティングワイン一覧

 

1 NVスパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

2 シャルドネ2013(セラー・セレクション)

3 ピノ・ノワール2013(セラー・セレクション)

4 ザ・ストレイツ・ソーヴィニヨン・ブラン2013(エステート・セレクション)

5 ザ・トライアングル・メルロ2012(エステート・セレクション)

6 シャルドネ2006(エクセプショナル・ヴィンテージ)

7 ピノ・ノワール2009(エクセプショナル・ヴィンテージ)

8 メルロ2007(エクセプショナル・ヴィンテージ)

9 レイト・ハーヴェスト・セミヨン2012

3年ぶりの来日となった「エドモンズ氏」だが、もう少し頻繁に日本に来たいとコメントを残した。極めて多忙な日本での滞在であったが、満喫出来た様だ。

今回提供したワインの中で一番のおススメは「シャルドネ2006(エクセプショナル・ヴィンテージ)」で、刺身やお寿司とマリアージュして欲しいとのこと。

 

後日、NZフレンズにてインタビュー内容をアップしますのでお楽しみに!!!

ではでは

熊木

 

タグ : , , , , , , , ,

投稿日 : 2014.8.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

Breeze Shop × Amisfield (ニュージーランド産ワイン)

Breeze Shop ×  Amisfield (ニュージーランド産ワイン)

取扱いアイテム第13弾は、セントラルオタゴ産の「Amisfield(アミスフィールド)」というワインです!!

ワイナリーと畑はセントラル・オタゴ地方、ピサ・レンジの麓、クロムウエルの町の近郊に位置するレイク・ダンスタンの西側、標高230mの場所にあります。

その高い標高に加えて南緯45度という高い緯度がもたらす冷涼な気候と、長いブドウの生育期間が、高い凝縮度を持つワインを産んでいるのです。

また、このワイナリーはイギリスのロイヤルファミリー(ウィリアム王子)が立ち寄った唯一のワイナリーでもあります。

レストランも併設されていてかなりおススメみたいです。

ここでうんちくタイムです。

アミスフィールドのワイン造りのモットーは、“Grown Not Made”。良いワインは畑から産まれるという事を信念に、日々精進しているみたいです。

オススメアイテムのテイスティングコメントです。

ピノ・ノワール 2009

暗みがかったルビー色のワイン。香りは、ダークチェリーやプラム等の黒い果実と、モカとスパイスのような複雑さが特徴。熟成させてみたいポテンシャルを持っています。

高橋

タグ : , , , , , , , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information