ホーム > NZブログ > 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.4.11 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2021 リーグ戦 第7節 ホワイトカンファレンス NTTドコモレッドハリケーンズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

トップリーグ2021 リーグ戦 第7節 ホワイトカンファレンス NTTドコモレッドハリケーンズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

4月10日(土)に東大阪市花園ラグビー場にて行われたトップリーグ2021 リーグ戦 第7節 ホワイトカンファレンス NTTドコモレッドハリケーンズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズを取材してきました。

今日は神戸製鋼がブルーのジャージでした。いつもの赤のジャージとはまた違った印象で、新鮮でした!

キウイブリーズが注目するのは、神戸製鋼のベン・スミス

3R1A4153

NTTドコモのTJ・ペレナラ

3R1A4164

そして同じくNTTドコモのマーティ・バンクス

3R1A4165

です。
他にも元ハイランダーズの選手が多数いました!
自分としては、日本のトップリーグでこんなにもたくさんの元ハイランダーズの選手が見れるなんて、夢のようです。

試合は、どちらが勝ってもおかしくない展開でした。 

NTTドコモは神戸製鋼をしっかり分析してきていて、神戸製鋼の動きを封じていました。
神戸製鋼は自分たちのやりたいことがうまくできず、トライが取りきれないといった状況。フラストレーションがたまっていたと思います。
まるで前節のサントリー vs クボタのゲームのようでした。

TJ・ペレナラは短い期間ながらチームに馴染んでいて、ムードメーカーという印象を受けました。
3R1A4297

声出しも積極的にしていました。

ベン・スミスは今節はCTBでした。ユーティリティーバックスとして、さまざまなポジションでプレーできるのが彼の強みです。時にはSHの動きをする場面も見られました!

3R1A4301

しかし、1番得意とするFBとはもちろん動きが違うことや、疲れがあるのかいつもよりミスマッチな感じがありました。

3R1A4246

オールブラックスでチームメイトだったTJ・ペレナラにトライのチャンスを潰されたりと悔しそうな表情を見せていました。。。

3R1A4206

そして後半21分に林と交代しました。

本当に最後の最後までわからない固い試合でしたが。。。
試合終了間際には、モールからの松岡のトライが決まり、神戸製鋼が逆転!意地を見せました。

3R1A4488

試合は31-29で神戸製鋼が勝利しました。

NTTドコモは最後に敗れたものの、上手いゲーム運びができていました。
昨年0-97で負けたとは思えないほどの動きでした。

TJ・ペレナラというスター選手が加入したということだけでなく、チーム全体がまとまっていて強くなっているなと感じました。

神戸製鋼は、ホワイトカンファレンス2位通過となり、次はプレーオフトーナメント2回戦が24日に行われます。(対戦相手はまだ未定)

3R1A4531

プレーオフトーナメントも取材に行く予定です!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2021.2.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ジャパンラグビー トップリーグ 2021 第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズvsNECグリーンロケッツ

ジャパンラグビー トップリーグ 2021 第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズvsNECグリーンロケッツ

2月20日(土)に東大阪花園ラグビー場にて行われた、ジャパンラグビー トップリーグ2021 第1節 神戸製鋼コベルコスティーラーズvsNECグリーンロケッツを取材してきました。

遂にこの時がやってきました!!!
当初の予定では1月16日(土)から開幕する予定でしたが、新型コロナウイルス感性症の影響により、延期となっていました。

選手・スタッフのPCR検査を毎週行うなど、安心・安全を確保したうえでの開催となります。メディアも検温や消毒など徹底的に対策をしております。

キウイブリーズが注目するのは、神戸製鋼のベン・スミス!

3R1A0735

自分の高校の後輩でもあります。

元オールブラックスで今シーズンより神戸製鋼に加入しました。
ユーティリティーバックスで複数のポジションをこなすことができる選手です。

3R1A0715

今節は14番(右ウイング)での出場でした。

3R1A0508

他にもハイランダーズ出身選手でキャプテンを務めるトム・フランクリン

3R1A0551

SOヘイデン・パーカー

3R1A0578

CTBリチャード・バックマン

3R1A0784

がスタメンに名を連ねました。

ハイランダーズファンだったらまさにドリームチームみたいですね。

試合は初戦とういこともあり、緊張感が漂っていました。その影響があったのか、両チームともミスが多かったように感じました。

ベン・スミスは持ち味のあるハイパンドやグラウンドを広く使うプレーに観客からも声援が届けられていました。
チームメイトとも積極的にコミュニケーションを図ろうとしていたのが印象的でした。

3R1A0685

後半3分にはベンがトップリーグ公式戦初トライ!

3R1A0725

生で見ることが出来てよかったです。

試合は47-38で、神戸製鋼が勝利しました。

3R1A0852

これから試合数を重ねることで連携も更に良くなっていくと思うので楽しみです。

新型コロナウイルス感染対策のため、試合後ミックスゾーンでの取材が出来ないのが残念ですがいつか出来るようになったら昨シーズンみたいに独占インタビューをお届けしたいと思っています。
また自分に気づいて高校の制服で来ないのってふざけて言われました。。。

Jリーグも来週開幕するので、ラグビーもサッカーも出来る限り取材に行きたいと思っています!!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2020.11.5 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ベン・スミス & アーロン・クルーデン 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 入団記者会見レポート

ベン・スミス & アーロン・クルーデン 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 入団記者会見レポート

こんばんは!
元オールブラックスのベン・スミスとアーロン・クルーデンの神戸製鋼コベルコスティーラーズ 入団記者会見に行ってきました。

弾丸で神戸へ!

会見は、神戸シーバスbohbohの屋外デッキで行われました。神戸らしい場所でいいですよね。
3R1A7365

キウイブリーズでは、元ハイランダーズのベン・スミスのコメントを中心にお届けします。

まず、自分と同じ高校の後輩であるベンが日本に来てくれて良かったです。
キングスハイスクール出身で日本でプレーした選手は、
トニー・ブラウン(三洋電機ワイルドナイツ)
ウィリ・コロファイ(コカ・コーラウエスト)
ポール・ミラー(栗田工業ラグビー部)
に続いて、ベンが4人目になります。

ダニーデンの人口(自分がいたときは14万人くらいでした)を考えると、こんなにも日本のチームでプレーするのはすごいです。

そのダニーデンを本拠地とするハイランダーズでプレーしたことのある
トム・フランクリン(今シーズンキャプテン)
リチャード・バックマン
ヘイデン・パーカー
がチームメイトなので、きっと助け合うことと思います。

ベンは、最初の挨拶は日本語で「皆さんとプレーするのを楽しみにしています。神戸の優勝に貢献できるよう頑張ります」と力強く話しました。

3R1A7248

きっと事前に練習していたんだと思います。勤勉で真面目なベンらしいです。でも緊張していましたね。。。あと半袖で寒そうでした。

10月末にチームに合流し、他の選手たちも温かく受け入れてくれて、いい空気の中プレーできているとのことです。

彼は日本語を頑張ると言っていて、日本のチームで仲間と日本語でコミュニケーションをとろうという意欲があるので、早くチームにフィットできるのではないかと思います。そういった面でも模範的選手になることでしょう。

好きな日本食は、ラーメンと焼肉。
神戸といえば、やはり神戸牛!世界に誇る神戸牛を是非たくさん食べてほしいです。

あと、鳥刺しを食べるのが楽しみだそうです。

質疑応答の中で、「日本ラグビーはここ数年でレベルが上がっているので、トップリーグにも期待しています。

3R1A7419

日本でのプレーを楽しみにしています。コンディションも良いので、これから戦術の理解を深めていき、他の選手とプレーを合わせて試合で最大のインパクトを与えたい」と言っていました。

また、知っている日本人選手は?との問いに、堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ)と田中史朗(キヤノンイーグルス)の名前を挙げていました。対戦するのを楽しみにしているそうです。

特に田中は、リポビタンDチャレンジカップ2013 日本代表–ニュージーランド代表の試合後に談笑していたほど仲の良い選手みたいです。

ベンはユーティリティープレイヤーなので、複数のポジションをこなすことができます。
ジャージをもらった際は15番でしたが。。。(ウイング、フルバック、センターなど)

3R1A7303

リチャード・バックマンを始め山中やティモシーなどタレントが多い神戸製鋼の中で、戦術的部分で融合していくのかが楽しみです。
勝つための攻撃のパターンが増えるので、他のチームからしてみれば怖い選手になることが予想できます。

2年契約ですが、「新しいレガシーを皆さんと一緒に作っていくのを楽しみにしている。神戸で長くプレーしたいと思っている」と、早くもこのようなコメントが聞けるのは嬉しいですね。

3R1A7339

昨今の情勢により個別取材はできなかったのですが、自分を見かけて「どう?元気?」と声をかけてくれました。
家族も日本に来るのを楽しみにしているそうで、プライベートでまた会えるのが待ち遠しいです。

来年のトップリーグはニュージーランドの選手が多くいるので、自分としてもとても嬉しいですし楽しみにしています。なので、できる限りトップリーグの取材をしたいと思っています!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2020.8.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オールブラックス ベン・スミス 神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入決定!

オールブラックス ベン・スミス 神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入決定!

こんにちは!
7月の初めにボーデン・バレットがサントリーサンゴリアスに加入することが発表され、驚いた方も多かったかと思います。

そして昨日、またまたビッグニュースが!!

自分と同じ高校の後輩で、友人としても交流のあるベン・スミスが日本にやってきます。

ベンスミス (4)

 

2020年度に神戸製鋼コベルコスティーラーズに新加入することになりました!

キウイブリーズでも何度も紹介しているので、ご存知の方も多いかと思いますが、改めて。
ベン・スミスは34歳で、ポジションはWTBやFB・CTBとBKのオールラウンダーです。

3R1A6701

ハイランダーズやオールブラックスで長年活躍し、昨年のラグビーワールドカップ日本大会をもってオールブラックスを引退。
今年はフランスのポーでプレーしました。

今回の件については、自分はW杯の最中から知っていたので。。。やっと正式リリースされ、本当に嬉しいです。

3R1A7483

以下、神戸製鋼コベルコスティーラーズからリリースされたベンのコメントです。

「神戸製鋼コベルコスティーラーズに入団できることを本当に楽しみにしています。ここ数年のチームの成功は、コベルコスティーラーズが選手のパフォーマンスを引き出すことができる、ワールドクラスのラグビープログラムを保有している事を示していると思います。私自身は非常に競争心が高く、チームのために貢献できると自負しています。コベルコスティーラーズの輝かしい歴史を更に輝かせることができる様に頑張ります。私と家族は、違う文化やライフスタイルを経験できる機会を楽しみにしています。」

神戸製鋼コベルコスティーラーズは本当に選手層が厚く、ポジション争いにも目が離せないですね。

彼は練習も人一倍やる選手で若い選手の模範になること間違いなしです。

ベンスミス (6)
ハイランダーズでプレーしたことのある選手が多いのも嬉しいです。

ただ自分としては、ベンが赤いユニフォームを着ている姿がまだ見慣れないですね。

ハイランダーズはネイビーで、ライバルチームのクルセイダーズが赤なので。。。

ベンと同じタイミングで加入が発表された、アーロン・クルーデンについては次回紹介したいと思います!

ベンダーの活躍に期待です!

 

 

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.7.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグカップ2019 プール戦 第3節 リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

トップリーグカップ2019 プール戦  第3節  リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

2019年7月5日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われた、リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を取材してきました。

この試合で注目すべき点は、サンウルブズでも大活躍したヘイデン・パーカーのトップリーグ今期初戦ということと、東京で開催される唯一の試合ということもあり、コンディションや連携などを中心に見ていました。

3R1A2665

両チームともまだ3戦目ということもあり、連携面では物足りなさを感じましたが、気持ちの入ったプレーで会場を盛り上げていました。

ヘイデンも得意のキックで100%と素晴らしいスキルを見せていましたが、後半19分脳震盪の疑いでピッチを去り、試合終了まで戻ることはありませんでした。

3R1A2828

試合は、神戸製鋼が19-13で勝利しました。
これで神戸製鋼は3連勝となりました。

連携のところは、まだチームに合流したばかりということもあり、もう少しだと思いました。
しかしハーフバックのアンドリュー・エリスとの連携はそこそこ出来ていたと思います。

3R1A2879

また、ハーフバックのアンドリュー・エリスは最初にトップリーグに加入した際に、神戸へ取材をしたことがありますが、年々フィットしているように感じました。

3R1A2725

また、彼の特徴でもある明るい性格でチームを牽引していました。35歳とは思えない動きだったので、今シーズンも楽しみです。

試合後、ヘイデン・パーカーに取材を申し込みましたが、脳震盪の疑いがあるとのことでメディアには対応をしませんでしたが、バスに乗る前にキャッチをしました。

3R1A2930

状態はそこまで悪くないとのことでした。また、2週間ニュージーランドでゆっくり過ごし、リフレッシュできたとのことです。

また、彼女も神戸に来てくれるとのことで、公私ともに良い状態になると良いと思います。

試合後、多分一番人気でファンサービスをするヘイデン。

3R1A2926

また、神戸製鋼のダン・カーターは9月から10月位にラグビーW杯のイベントやPRのため、来日はしますが、チームには合流したいようで、大会終了後に合流する見込みとのことでした。

リコーでハイランダーズでも活躍したエリオット・ディクソンもマオリ・オールブラックスに選出されているため、正式には決まっていないとのことですが、10月くらいからチームに合流するようです。

今年のトップリーグにも多くの素晴らしい選手が世界からやって来る予定なので、今から楽しみです!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2018.9.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ダン・カーター共同記者会見+キウイブリーズグッズ紹介

ダン・カーター共同記者会見+キウイブリーズグッズ紹介

昨日のゲームレポートに続き、試合後に行われたダン・カーター共同記者会見内容について書きます。

以下、ダン・カーターのコメントです。

「今日はチームにとっても、私にとっても素晴らしい試合になりました。相手は昨年度のチャンピオンチーム。サントリーにはずっと勝てていなかったそうですので、今日はチャレンジでした。非常にハードワークでしたが、トップリーグに出られてとても嬉しく感じています。

日本に来て2ヶ月、ようやくジャージを着て試合に出ることができて、とても嬉しいです。また、本当に多くの人が試合を観にきてくれたことも、嬉しかったです。

2ヶ月の間、色々な人に助けてもらいました。そのおかげで日本に慣れるのはとても早かったです。夏合宿では、チームで色々トライしてハードワークをこなしました。マン・オブ・ザ・マッチの受賞はとても嬉しいことですが、チームの誰が取ってもおかしくなかったと思います。チームメンバーに感謝したいです。

日本のラグビーの基準は毎年レベルアップしています。
今日は80分フルに試合に出るつもりはありませんでした。後半にリザーブの選手が入ってきたときに交代かなと思いましたが、そうではなく80分間プレーしました(笑)

日本のラグビーはスピードが速いので、そこに慣れていくことが必要です。後半は雨が降って、スピードが落ちたので助かりました。また、4ヶ月の試合のブランクがあったので、緊張しました。16年のキャリアがありますが、新しい国でスタートするときは、過去の実績は関係なくまた1から作っていく必要があるため、だいぶ緊張していました。今日はあくまでスタートです。毎週改善していかないといけません。

全体的に、今日の自分のプレーには満足しています。通常自信がつくまで、いつもなら数試合かかりますが、今日は自分のスキルをしっかり出すことができて本当に良かったです。ハードワークのおかげです。チームメンバーも、自分がやりやすいようにしっかりと動いてくれました。」

一流の選手はコメントも一流だということが、記者会見からよくわかりました。

3R1A1011

会場にいた多くのメディアからの質問に丁寧に受け答えする姿に、皆がダン・カーターの人間として素晴らしさを感じていたと思います。

試合後のグリーティングのときのダン・カーター。

3R1A0965

笑顔が素敵ですよね。

最後までファンの方にサインをしていました。

3R1A0981

共同記者会見があり、スタッフが呼びに来るまでずっと書いていました。

人としても素晴らしく、2009年オールブラックスとして来日したときに貰った、オールブラックスのジャージ。

FullSizeR (1)

その翌年にクラストチャーチで行われたブレディスローカップで貰った、オールブラックスジャージ。

FullSizeR

そのときに、日本でいつかプレーをして下さいと言ったところ、「自分のキャリアはどうなるかわからないけど、プレーできたらいいね」と言ってくれたことを覚えています。

さらに、2013年にオールブラックスとして来日したときにもらった手形。

1

サインをしながら、「日本には色々な物があるんだね」と言っていました。

全ての人を本当に大切にする姿勢こそが、ダン・カーターが世界中から慕われている理由かもしれません。

またいつか神戸でインタビューができたらと思っています!

All The Best DC!

ではでは

熊木

タグ : , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information