ホーム > NZブログ > Air NZ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.8.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド航空「オークランドー羽田便」レポート

ニュージーランド航空「オークランドー羽田便」レポート

こんにちは。

だいぶ前に「羽田ーオークランド便」のレポートを書かせて頂きましたが、今日は帰りの飛行機「オークランドー羽田便」のレポートをさせて頂きます。

参考:羽田ーオークランド便レポートはこちら

オークランドは夜23時05分発のフライトとなり、羽田へは翌朝5時55分に到着するというスケジュールです。
(※当時はサマータイムでしたので、日本との時差は+4時間です)

(現在は、夜22時発、翌朝5時55分着で就航されています)

その日めいいっぱいオークランドで時間を過ごし、羽田に当日はお仕事にも行けてしまうという時間帯ですね。これはなかなかに工夫されていて素敵なフライトタイムだと感じました。

フライトは順調にオンタイムで出発し、1時間位した後、日本時間で21時くらいに夕食がサーブされました。

オークランド出発前は、早めに軽く食事を済ませておくと、ちょうど良いタイミングでの夕飯になりますね。

夕食は行きと同じように、洋食と和食のどちらかを選ぶことができました。

今回の洋食は
「牛肉のラグーソース ショートパスタ」

91

和食は
「照り焼きチキンとライス」

89

というメニューでした。行きと同じように、メインディッシュにサラダとバター、パン、チーズ、クラッカー、デザートが付きます。

私はパスタを選びましたが、デミグラス風味のラグーソースがチーズと絡み合って、とても美味しい味付けで、ワインが進んでしまいました。

そのワインですが、帰りも行きと同じように5種類の中から選ぶことができ、

IMG_4670

・DUCETのスパークリングワイン
・VIDALのソーヴィニヨンブラン
・THORNBURYのシャルドネ
・VILLA MARIAのピノ・ノワール
・THORNBURYのメルロー

がラインアップされていました。

今回は、THORNBURYのシャルドネとメルロー、VILLA MARIAのピノ・ノワールをいただきました。

IMG_4666

IMG_4669

これは機内ではもう仕方の無いことですが、、プラカップではなく、グラスでちゃんと飲んでみたかったです。

特にピノ・ノワールは、プラカップではその美味しさは半減してしまいますね。

ピノ・ノワールはラグーパスタにもマッチしていましたし、ポテンシャルがあると感じただけに、ちょっと残念です。

IMG_4665

さて、美味しくお食事を頂き、少し眠った日本時間で朝4時半ころ、朝食がサーブされました。

こちらも同じように洋食と和食が選べます。

洋食は
「スクランブルエッグ チキンソーセージとベイクドビーンズ添え」

93

和食は
「焼き鮭と大根の煮物」

92

でした。

今回は初めて和食を選びました。久しぶりに食べる焼き鮭や煮物は美味しかったですが、卵焼きがちょっと味が薄かったです。。しかし、ライスは外国の機内食でよくあるべちゃべちゃな感じではまったく無く、良い炊き加減でした。

ところで、エアーニュージーランドでは色々な工夫や演出がいたるところに施されています。

今回とても素敵だなと感じたのは、照明です。

IMG_E4674

エコノミークラスには残念ながら無いのですが・・
プレミアム・エコノミー以上では、お食事の時間帯にはこのような紫の光で、機内を演出していました。

味やワインだけでなく、周りの雰囲気にもこだわる、いい演出ですよね。

フライトはほとんど揺れることも無く、夕飯を食べて少し寝て、朝食を食べたらあっという間に羽田なので、時間はほとんど感じさせないフライトでした。

さすがに着いたその日は少し眠かったですが、オークランドからの羽田便は、とても便利ですね。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.4.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド航空エコノミークラスレポート

ニュージーランド航空エコノミークラスレポート

こんにちは。
我妻です。

弊社熊木とともにこれから1週間、ニュージーランドに滞在します。
私にとって初のニュージーランドなので、どんな1週間になるか、非常に楽しみです。

この1週間は私から随時レポートさせて頂きますね。(もちろん、熊木もレポートさせて頂きますよ!)

さて、最初のレポートはニュージーランド航空のフライトです。

まず驚いたのは、最新式のタッチパネルモニターやUSBでの充電が可能なこと、そして1席に1つ電源が付いているなど、設備がとても充実していることでした。

ブランケットも大きめのものが用意されており、日本からニュージーランドへの9時間半のフライトが快適に過ごせるように工夫されていました。

ただし、耳栓やアイマスクなどは無かったので、必要な方はご自分で用意されると良いかと思います。

フライトのお楽しみは何と言っても機内食でしょう。

夕食は和食と洋食のどちらかをチョイスできましたが、私は洋食を選びました。
今回の洋食のメインは牛肉のデミグラスソース煮込み。
image1(1)

口に入れた瞬間にデミグラスソースの豊かな香りが広がるとともに、軽く噛むだけでお肉がほどける、素晴らしい味わいに仕上がっていました。
付け合わせのマッシュポテトも、コンソメで丁寧に味付けされており、なかなかの逸品に仕上がっていました。

そしてお待ちかねのドリンクは、ニュージーランドの厳選されたワインが楽しめます。

スパークリング、白2種類(ソーヴィニョン・ブランとシャルドネ)、赤2種類(ピノ・ノワールとメルロー)の計5種類を飲むことができました。
image1

全てニュージーランド産のワインで、エコノミークラスであってもこれだけの品揃えはなかなかないと思います。
おそらくほとんどの航空会社では、白赤1種類ずつしか置いていないのではないでしょうか。

今回頂いた5種類全て、ニュージーランドワインの特徴がとてもよくわかるワインなので、ワインの導入としては最適だと思います。

個人的にはヴィラ・マリアというオークランド国際空港からほど近いワイナリーのシャルドネとピノ・ノワールは、今回の機内食にとてもマッチしていて、美味しさを引き立ててくれるなど感じました。

また、今回のスパークリング「DULSET」は、日本に入ってきておらず、ニュージーランド航空でしか飲めないものらしく、是非トライしてみてください。

飲み口はドライですが、口に入れた時に広がる発泡感とともに、ほのかな甘みも味わえますよ。

驚いたポイントの3つ目は、フライトアテンダントの方が非常にワインの知識が豊富だったことです。まだまだ勉強中の私ですが、少しワイン談義をさせて頂きました。

初めての方は、是非アテンダントの方へ色々とワインのことを聞いてみると、空の旅がさらに楽しくなることと思います。

朝食の時間になると、いよいよ到着まであとわずかとなります。

朝食も洋食をチョイス。エッグ・ベネディクトでした。こちらは夕食ほどの感動はありませんでしたが、フレッシュなフルーツが目を覚ましてくれました。
image2

そんなこんなで、長時間のフライトを感じさせない、とても快適な空の旅でした。

我妻

タグ : ,

投稿日 : 2016.4.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド航空 100円で「スカイカウチ」シートにアップグレード!

ニュージーランド航空 100円で「スカイカウチ」シートにアップグレード!

ニュージーランド航空で4月8日~28日限定で、100円で「スカイカウチ」シートにアップグレードできるキャンペーンが実施されます。

スカイカウチは通常のエコノミークラスのシート一列・3席をつなげ、ベッドとして使えるシート。
ニュージーランド航空を通じて購入した場合、ひとりならエコノミークラスの運賃にプラス8万円、2人ならプラス4万円(ひとりあたり2万円)、3人ならプラス1万5,000円(ひとりあたり5,000円)となるそう。

様々な規定がある様なので、詳しくはホームページをご覧下さい。

【キャンペーン概要】
出発地:  東京(成田空港)
目的地:  オークランド
販売期間: 2016年4月8日(金)-2016年4月28日(木)
旅行期間: 2016年4月8日(金)-2016年7月20日(水)(4月28日-5月8日は除外)
対象路線: 東京(成田)-オークランド間(NZ90/99/94/95便)
販売方法: ニュージーランド航空公式サイト( https://www.airnewzealand.jp

福本

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information