NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.11.29 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ブリーズオンラインショップより新商品「ペッパーステーキパイ」のお知らせ!

ブリーズオンラインショップより新商品「ペッパーステーキパイ」のお知らせ!

こんばんは。
今日は、ブリーズオンラインショップの新商品をご紹介させて頂きます!

DAD’S PIESの新しい味「ペッパーステーキパイ」です。
パイの表面に大粒のブラックペッパーがパラパラと乗っていますね。

オーブンで温めてカットしてみると、パイ特有のトロミのついたフィリングの中に、ゴロッとかたまりの牛肉が入っていました。
名前の通り噛み応えのある、赤身のステーキ肉です。

compass1511872429

このフィリング自体にも黒コショウが効いていて、食べ進めると口の中がホットになる感じ。
小さなお子さんにはちょっと辛いかも?というくらいです。

この黒コショウのスパイシーな感じが、シラーと良く合っていました。
このパイには是非、ニュージーランドのシラーを合わせてみて欲しいですね。

現地流に、ケチャップで味の変化を付けつつペロリと平らげてしまいました。
これは中々のヒット!

一箱には200gのパイが4つ入っています。

compass1511872816

冷凍で保存可能ですので、食べたい時に食べたい数だけ出しやすいのもメリットです。
家族でランチにしたり、これからの季節ならおもてなしの席に出すのにもピッタリなのではないでしょうか?

ニュージーで食べたあの味・・・
ご家庭でも楽しんで下さいね!

詳しくは、楽天ブリーズオンラインショップのこちら

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2017.11.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

元オールブラックス ダン・カーター 来季から神戸製鋼に加入!

元オールブラックス ダン・カーター  来季から神戸製鋼に加入!

昨日、日本ラグビー界に嬉しいニュースが入りました!
元オールブラックス(ニュージーランド代表)のダン・カーターが来季から神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入します。

ラグビー関係者やニュージーランドに関心のある方なら、ダン・カーターをすでにご存知かもしれませんね。
サッカーで例えるならばメッシみたいなすごい選手です。
個人的に1番日本で見たかった選手です!

オールブラックスとしては2009年のブレディスローカップ

IMG_9814

2013年のリポビタンDカップで来日しています。

IMG_0451

他にもイベントでは来日していましたが、まさか日本のトップリーグで生のプレーを見れるようになるとは。。。夢のようです。

紳士的で丁寧な対応がとても魅力的な選手です。
取材もそうですが、プライベートにもぜひ密着したいです。

オールブラックスで来日したときにも、「いつか日本でプレーをすることが出来たら」と言っていたので本当に嬉しかったです。

ダン・カーターの来日会見などの予定があるか神戸製鋼の広報担当者に確認しましたが、今のところ予定はないとのことです。

予定が決まり次第取材をして、読者の方にいち早く生のコメントをお届けしたいと思っています!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2017.11.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「エアーニュージーランド ワインアワード2017」 トロフィー速報

「エアーニュージーランド ワインアワード2017」 トロフィー速報

こんにちは。

本日、ニュージーランドワイン界で最も栄誉ある賞のひとつである「エアーニュージーランド ワインアワード2017 (Air NZ Wine Awards 2017)」のトロフィー発表および授賞式が、ニュージーランドのホークスベイにて行われました。

こちらのワインアワードは、毎年1,300を超えるエントリーの中から、各ブドウ品種の部門別チャンピオンと、すべてのワインの中からナンバーワンを決めるコンテストです。

昨年度チャンピオンはロウバーン・フェリー(Lowburn Ferry)の「ホーム・ブロック ピノ・ノワール2014(セントラル・オタゴ)」でした。

IMG_4406

ロウバーン・フェリーは、ニュージーランド国内外で、著名な賞を数多く受賞している実力派。実際、今年前半に発表された、ニュージーランド航空の「優良ワイン2017」でもピノ・ノワール部門で金賞を受賞しています。

日本未入荷ですが、先日運よくテイスティングさせていただくことができました。芳醇な香りと果実味、ミネラル、そして酸のバランスが絶妙で、口の中で何層にも味が変わっていくのが印象的でした。

ロウバーン・フェリーが二年連続チャンピオンという快挙を成し遂げるのか注目していましたが、果たして結果は・・・

今年のチャンピオンは、
「イザベル・エステート・ヴィンヤード(Isabel Estate Vineyard)」の「シャルドネ2016」でした。

イザベル・エステートは、マールボロ地区に古くからあるワイナリーで、有機農法、ビオグロ認証を受けてワインを醸造しています。

弊社ではまだ取り扱いがありませんが、イザベル・エステートのワイン自体は、日本に輸入されてきているようです。
しかし、今回受賞した2016ヴィンテージは日本にまだ入ってきていないようですので、早くテイスティングさせていただきたいものです。

ちなみに私はまだイザベルのワインをテイスティングしたことはありませんが、弊社代表の熊木は、過去に2005ヴィンテージを飲んだことがあるようです。

IMG_5576

そういったご縁もありますので、今後弊社でもイザベル・エステートのワインの取り扱いを検討したいと考えています。

また、今回はリザーブワイン、オープン赤ワイン、ピノ・ノワールの3部門で受賞した「ダッシュウッド(Dashwood)」のピノ・ノワール2016にも注目です。

ダッシュウッドもイザベルと同じように、マールボロ地区に古くからあるワイナリーで、CO2の削減、太陽光発電による電力の削減や、サステイナブル・ワインメイキングで認証を得ており、テロワールを反映した葡萄のポテンシャルを最大限に生かすワイン作りをしています。

こちらも2016ビンテージはまだ日本には入ってきていないようですが、お手ごろ価格のワインとして、今後注目されそうです。

今回はマールボロ産のワインが多くトロフィーを手にする結果となりました。

IMG_6791

近年はピノ・ノワールはセントラル・オタゴ産の方に注目が集まっていましたが、今年の結果を得て、マールボロ産のピノ・ノワールが大きな波に乗ってくるかもしれません。

このように、良質なワイナリーがお互いにしのぎを削って、高めあっているニュージーランドワイン業界は、さらに世界的に注目度が高まってくると思います。

今後も目が離せませんね!

以上、「エアーニュージーランド ワインアワード2017」速報でした。

我妻

<参考>

チャンピオン(AIR NEW ZEALAND CHAMPION WINE OF THE SHOW)
Isabel Chardonnay Marlborough 2016

リザーブワイン部門(O-I NEW ZEALAND RESERVE WINE OF THE SHOW)
Dashwood Pinot Noir Marlborough 2016

▼部門各賞
赤ワイン(New Holland Agriculture Champion Exhibition Red Wine)
Falcon Ridge Estate Syrah Nelson 2016

白/スパークリングワイン(New Zealand Winegrowers Champion Exhibition White or Sparkling Wine)
Isabel Chardonnay Marlborough 2016

スパークリング(Wineworks Champion Sparkling Wine)
Aotea by the Seifried Family Methode Traditionelle Nelson NZ

デザートワイン(New Zealand Winegrowers Champion Sweet Wine)
Forrest Botrytised Riesling Marlborough 2016

ピノ・ノワール(JF Hillebrand New Zealand Champion Pinot Noir)
Dashwood Pinot Noir Marlborough 2016

メルロー&カベルネ ブレンド(Bayleys Real Estate Champion Merlot, Cabernet and Blends)
Villa Maria Cellar Selection Organic Merlot Hawke’s Bay 2016

シラー(Fruitfed Supplies Champion Syrah)
Coopers Creek Reserve Syrah Hawke’s Bay 2016

シャルドネ(Rabobank Champion Chardonnay)
Isabel Chardonnay Marlborough 2016

ピノ・グリ(Guala Closures New Zealand Champion Pinot Gris)
Saddleback Pinot Gris Central Otago 2017

ソーヴィニヨン・ブラン(Label and Litho Champion Sauvignon Blanc)
Goldwater Sauvignon Blanc Wairau Valley Marlborough 2017

ゲヴェルツトラミナー(Riedel New Zealand Champion Gewurztraminer Trophy)
Lawson’s Dry Hills Gewurztraminer Marlborough 2016

リースリング(Plant & Food Research Champion Riesling)
Mount Riley Riesling Marlborough 2017

その他白ワイン(Quay Connect Champion Other White Styles)
Nautilus Albarino Marlborough 2017

オープン赤ワイン(Dish Magazine Champion Open Red Wine)
Dashwood Pinot Noir Marlborough 2016

オープン白ワイン(New World Champion Open White Wine)
Goldwater Sauvignon Blanc Wairau Valley Marlborough 2017

※現地速報を元にした表記をしておりますので、賞の名前は正式ではない可能性があり、後日発表される名称と異なる場合があります。
速報という性質のため、あらかじめご了承ください。

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2017.11.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

yahoo!ショッピングサイト内に「ブリーズオンラインショップ」がオープンしました!

yahoo!ショッピングサイト内に「ブリーズオンラインショップ」がオープンしました!

こんばんは。

このたび楽天、アマゾン、自社サイトに続きまして、yahoo!ショッピングサイト内にも、弊社オンラインショップがオープン致しました!

詳しくはこちら

自社サイトとともに、yahoo!ショッピング内のサイトにつきましても、我妻が店舗運営責任者に就任しまして、皆様により親しみやすいオンラインショップを作らせていただく所存です。

本サイトではニュージーランドワインをより詳しく知っていただくためのコンテンツや、オススメのワイン特集、よりお求め易いセットなど、限定商品も販売していく予定です。

yahoo!ショッピングでは、お買い求めいただいた金額に応じて、Tポイントが付与されます。

この機会に是非、ご利用くださいませ。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.11.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オーガニック栽培で作られたニュージーランドの“オレンジワイン”

オーガニック栽培で作られたニュージーランドの“オレンジワイン”

こんにちは。
突然ですが、オレンジワインって知ってますか?

お恥ずかしい話、初めてオレンジワインという名前を聞いたとき、私はオレンジで作られたワイン、もしくはオレンジの皮のエッセンを使ったワインなのかなと思いました。

白ブドウを原料に、赤ワインの製法を用いて造られたワインが“オレンジワイン”なのだそうです。

通常、赤ワインは皮ごと醸造し、白ワインは皮や種を取り除いて醸造します。
オレンジワインとはつまり、白ブドウの皮や種も一緒に仕込むことで、皮の持つ香りや、渋味などを伴う複雑な味わいのワインなんです。

白、赤、ロゼに続くワインとして、今注目を浴びています。

そんなオレンジワインですが、今回ニュージーランドでそのワインを製造している「アントマッケンジーワインズ」というワイナリーの「クラフトファーム
ホームヴィンヤード ローズヒップ」というワインをテイスティングさせていただきました。

IMG_4700

アントマッケンジーワイナリーは、アント・マッケンジー氏がオーガニック栽培(現在ビオグロ認証の申請中)をベースに、亜硫酸の使用も極少量に抑えて、葡萄由来のエネルギッシュなフレーバーと凝縮感をワインに表現しているのが特徴です。

クラフトファーム ホームヴィンヤード

ローズヒップ2016は、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ・プティグラン、アルバリーニョ、ピノグリの4つのブドウ品種のブレンドで造られたワインです。

注いだ瞬間から立ち上る香りは、ゲヴュルツトラミネールのニュアンスが強く、白い花やグレープフルーツのようなフルーティーな甘い香りが鼻に広がります。

続いて口に含んでみると、花のような甘い香りとともに、ローストしたナッツのような複雑なニュアンスも感じ、続いてピノグリの持つ洋ナシのような南国の香りが後からやってきて、幾層もの味わいを楽しむことができました。

ゆっくりと味わってみると、白ブドウの皮をかんだときに出てくる苦味のような、そんなエッセンスも感じましたが、決してそれが嫌な味わいではなく、むしろそれが洋ナシのようなフルーティーな甘みと相まって力強いテクスチャーとなり、非常にリッチで長い余韻を作っているのだなと感じました。

実際のフードには合わせていませんが、シーザーサラダ、生春巻き、えび料理、軽いエスニックの料理など、幅広くたくさんのフードに合いそうです。

今回このワインはファーストリリースで、たった800本しか造られていません。
しかも日本には120本しか入ってきていないので、大変貴重な1本だったのですが、今回運よくテイスティングさせていただけました。

フルーティーな香りに加え、甘みと苦味、力強いテクスチャーは、やや好みが分かれるかもしれませんが、私は美味しいなと感じました。

120本限定なので、すぐに売切れてしまうかもしれませんが、弊社でも取り扱っていますので、新感覚のオレンジワイン、是非この機会に試してみてくださいね。

もっと詳しくはこちら

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.11.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ミス・インターナショナル2017 × ニュージーランド代表 ミシェル・アイズモンガー

ミス・インターナショナル2017 × ニュージーランド代表 ミシェル・アイズモンガー

11/14に東京ドームシティホールにて行われたミスインターナショナル2017を取材してきました。

ニュージーランドからは学生のMichelle Isemonger(ミシェル・アイズモンガー)さんが代表として出場しました!

19歳とは思えない落ち着きと大人っぽさが目立っていました。

オープニングで69か国の代表が民族衣装でステージに上がった時、すごいと思った人が多いのではないでしょうか!?

1次審査の民族衣装

IMG_3609

黒と白のニュージーランドを代表するシダのコスチュームでウォーキングをしました。

後ろのドレスにもシダがパウワ(アワビの一種)でデザインされているようでとても華やかでした。

IMG_3621

2次審査は水着

IMG_3693

ニュージーランドの国旗のような色の水着で登場しました。とても堂々としたパフォーマンスでした。

3次審査ではイブニングドレス

IMG_3824

白のドレスで登場しました。
落ち着いた風貌の中でチャーミングな笑顔が特徴的な印象を受けました。

2015年から始まったミス五大陸

IMG_4034

なんとミスニュージーランドのMichelle Isemonger(ミシェル・アイズモンガー)さんがミスオセアニアに選ばれました!!!

グランプリにインドネシア代表のKevin Lilliana(ケビン・リリアナ)さんが選出されました。

IMG_4678

また、世界4位に入ったミスオーストラリアのAmber Dew(アンバー・ドゥ)さんが学生とは思えないくらい輝いていました。

IMG_4362

ミス日本の筒井菜月さんは世界5位に入賞しました。

IMG_3523

彼女は最後まで観客に手を振り感謝の気持ちを表現していました。

IMG_3740

さらに、他の賞を受賞された人に歩み寄って声をかけていました。今後の活躍に期待したいと思います。

この大会は、外見的な美しさだけでなく、国際社会への貢献を目指しています。各国が互いに交流を深め文化交流をするということも目的としているので、今後の活躍に期待しています!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

1 / 212

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information