NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.11.18 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

J2リーグ 2018 最終戦 FC岐阜 vs アビスパ福岡

J2リーグ 2018 最終戦 FC岐阜 vs アビスパ福岡

2018年11月17日(土)に長良川競技場にて行われたJ2リーグ2018最終戦 FC岐阜 vs アビスパ福岡を取材してきました。

強行スケジュールでしたが、行ってよかったです!

キウイブリーズ注目は10番ライアン・デ・フリースです。
ニュージーランドのオークランドシティFCから今期より加入し、ニュージーランド代表キャップもある選手です。

3R1A6221

彼は一年契約なので、この試合が最後になるかもしれないということもあり、なんとしても行きたかったんです。

試合を生で観たのは夏以来でした。当初は裏への飛び出しなど、戦術面でも時間がかかると思っていましたが、だいぶ理解しているようにみえました。
また、ディフェンスにも積極的に参加してよく動いていました。

前節のようにゴールを期待していたファンも多かったのではないでしょうか。

ライアンは2回くらいチャンスがありましたが、本日はノーゴール。。。

3R1A6244

チームとしては、彼にボールを集めそこからサイドをうまく使えると、もっと攻撃のバリエーションが増えたかもしれません。あとは決定力ですよね。

相手チームを崩すことまではできても、得点を取るところまで攻撃を完結できたら、チームとして連携がさらに良くなるのではないでしょうか。

試合後、ライアンにインタビューを行ったので最後まで読んでみてください。

後半右足のお尻の部分を痛めて途中交代をした後も、フィールドでプレーしている選手にライン際までドリンクを持って行くなど、素晴らしい人柄でした。

また、この日も多くのファン・サポーターがスタジアムに足を運んで、チームを後押しする声援を送っていました。

3R1A6409

チームが低迷していた時も、アウェーの地までたくさんの人が足を運んでいた姿を思い出しました。本当に熱いサポーターだと思います。

試合後の大木監督の記者会見の第一声が、「一年間どんな時も声援を送ってくれたサポーターに感謝したい。みなさんの力がなかったらここまでできなかった。」とコメントがあったのも納得です。

3R1A6624

試合後のセレモニーでは、選手がスタジアムを1周してファンの声援に応えていました。

ライアンは子供をだっこしていましたので写真を。

3R1A6646

メインの前と多くのFC岐阜のファンがいるサイドで写真を撮っていました。

本日の試合の感想

福岡は勝利すればプレーオフに進出できるので難しい試合でした。しかし私たちもゲームをコントロールできていたと思います。

来季について

FC岐阜のスタッフや選手のみなさんは私にとても良くしてくれましたし、素晴らしい経験ができました。
将来のことは誰にもわかりませんが、これからオフがあるのでしっかり考えたいです。

いつニュージーランドに帰るか

FC岐阜との話し合いが終わってからすぐにニュージーランドに戻ると思います。

このあとライアンファミリーをスタジアムで撮影し、ライアンに写真を送りました。

3R1A6647

また、今シーズンのユニフォームにサインをもらいました。さらに今期4ゴールの日を入れてもらいました。

もしFC岐阜と契約を更新できたら、来季は今期以上の結果が求められますが、彼なら成し遂げてくれると思います。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2018.11.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワインの巨匠 アタ・ランギ ピノ・ノワール垂直試飲会

ニュージーランドワインの巨匠 アタ・ランギ ピノ・ノワール垂直試飲会

先月のことですが、記事を書く時間がなかなかとれず、今になってしまいました。

アタ・ランギは、1980 年にクライヴ・ペイトンと妻のフィル、クライヴの妹アリソンと夫のオリバー・マスターズの4人によって設立されました。

compass1525783041

クライヴはマーティンボローの外れに5ヘクタールの痩せた牧草地を購入し、ピノ・ノワールのほかカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、シラーを植えました。

そこは”マーティンボロー・テラス”と呼ばれる、砂利に覆われたシルト粘土壌で、約20メートルの深さまで水はけのよい地層がつづき、凝縮したブドウが実ります。
”テラス”の評判はすぐさま広まり、マーティンボローはニュージーランドを代表するピノ・ノワールの産地として認知されました。

アタ・ランギでは殺虫剤、化学肥料、除草剤などは使用せず、サステイナブルと一部バイオダイナミック農法を取り入れており、ワイナリーは環境マネジメントシステムISO14001 に認定されています。

ちなみにウェリントンで開催されたインターナショナル・ピノ・ノワール2010において、アタ・ランギはNZピノ・ノワールにおける「グラン・クリュ」「もっとも偉大な成長」と称賛した“Tipuranga Teitei oAotearoa”賞を受賞しました。

ワインメーカーのヘレン氏の来日にともない、アタ・ランギの代表格でもあるピノ・ノワール2種類の2013年から2016年までのビンテージを飲み比べました。

3R1A2969

ピノ・ノワールとマクローン・ビンヤードピノ・ノワールの土壌の違いや環境などの説明があり、ブラインドテイスティングでビンテージを当てるクイズを行いました。

3R1A3087

自分は2か所間違えてしまいましたが、とても貴重な経験となりました。

垂直試飲をすると、ビンテージによって畑の違いやテロワールの違いがわかり、お客さんに説明しやすくなりました。

3R1A3091

来年に日本で開催されるラグビーW杯に、アタランギのオーナーであるクライヴが来日するとのことですので、タイミングが合えばぜひお会いしたいと思っています!

楽天ブリーズオンラインショップでは、現在アタ・ランギを取り扱っております。

もしよかったらこちらを一度覗いてみてください。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.11.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

東京でニュージーランドビールの代表 スタインラガーが飲めるお店!

東京でニュージーランドビールの代表 スタインラガーが飲めるお店!

こんばんは

やっと記事になるネタを見つけてしまいました。

ニュージーランドといえばビール。
ワインも美味しいのですが実はみんなビールが大好きなんです。

先日、来日したオールブラックスの選手も試合の後にはビールでした。

余談ですが、アサヒのスーパードライが他のビールより人気がありました。

オールブラックスのスポンサーでもある「スタインラガー」が都内でハッピーアワーの時間のみ飲める場所が日本橋にあるんです!

それも500円!

IMG_2699

これはニュージーランドファンとしては行くしかないですね。

SEPTIEME ブラッスリー&バーというお店で日本橋の高島屋の7階にあります。

IMG_2700

16時~19時までの限定商品なのでその時間に行って見てくださいね。

A Breezeでは今後スパイツを始めニュージーランドビールの輸入を検討中なのでお楽しみに!

高橋

タグ : , ,

投稿日 : 2018.11.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドフォトグラファー 滑田広志氏 最新版の写真が届きました!

ニュージーランドフォトグラファー 滑田広志氏 最新版の写真が届きました!

こんにちは。
先日、ニュージーランドフォトグラファー滑田広志氏の最新版の写真が届きました!

街中のちょっとした風景からレストランの美味しそうな料理などなど・・・

Keiyaku9027

そして、クリアな青空や真っ白な雪山、氷河、高山植物といったニュージーランドらしい鮮やかで素晴らしい風景がたくさんでした。

Keiyaku9053

これを見ていると、またニュージーランドに行きたくなります。

Keiyaku9012

行った事のない人もきっと引き込まれてしまうはず。

これから少しずつごNZスポット等で紹介していきますのでお楽しみに!!

福本

タグ : ,

投稿日 : 2018.11.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ご報告

ご報告

いつもキウイブリーズをご覧いただき、ありがとうございます。

昨日、11月7日をもちまして、弊社所属の我妻悠を解雇しましたことをご報告いたします。
今までニュージーランドワインの記事やイベント等でのご愛顧に感謝申し上げます。

オールブラックス来日などで、ご報告が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

これからも充実したニュージーランド情報をお届けできるよう、より一層努力してまいりますので、今後ともキウイブリーズをよろしくお願いいたします!!!

ではでは

熊木

タグ :

投稿日 : 2018.11.4 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックス

リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックス

2018年11月3日(土)に味の素スタジアムで5年ぶりに行われた、リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表 vs オールブラックスの試合をレポートします。

この試合は43751人ものたくさんの観衆が見守る中、世界ランク1位のニュージーランド代表(オールブラックス)に、日本代表が来年日本で開催されるラグビーW杯で現状のレベルを見て適用するところや修正が必要なところを見つける意味でも、重要な試合だったと思います。

試合前にジャパンのトニーブラウンコーチに「Best Wishes!」とメールをしたところ、「いいねの絵文字」と返ってきました。

そして練習前に自分を見つけてこのポーズ!

3R1A4905

その瞬間、日本代表は何かやってくれるのではないかと感じました。

ジェイミージョセフがヘッドコーチですが、細かい攻撃パターンや戦術はトニーが組み立てています。
そういった意味で、彼は日本代表を知り尽くしています。。。

三洋でプレーをしていた当時は、ニュージーランドの有名なアーティストが来日した際ライブに一緒に行ったり、食事に行っていたことが懐かしいです。
メディアとして接するときと、高校の先輩として接するときがあり、トニーからも自分が「昔よりも日本人っぽい」とたびたび言われています。。。

さて、他の媒体ではこの試合に出場するメンバーが2軍と表記されているのを目にしましたが、自分はそうは思いません。

3R1A5108

確かに、先週行われたブレディスローカップ出場メンバーの多くは、木曜日に日本からイギリスに向かっています。
しかしながら、正式なテストマッチである以上、2軍というわけではないですし、この若手チームの方が怖さもありました。
ここで結果を出すことが、オールブラックスで今いる選手やコーチに一番のアピールとなるからです。

試合でもオールブラックスの選手の本気を見ることができました。

また、ファーストキャップが日本のゲームとなった選手は、決して日本を忘れることはないと思います!

この試合でキャプテンを務めたルーク・ホワイトロックも、2013年に日本で行われた試合でファーストキャップを手にした選手です。

3R1A5920

その時のことや日本のことを忘れないと言っていました。

この試合で注目したのは、
5番のジャクソン・ヘモポ

3R1A5351

8番のルーク・ホワイトロック

3R1A5475

11番のワイサケ・ナホロ

3R1A5617

16番のリアム・コルトマン

3R1A5868

18番のティレル・ロマックス

3R1A5765

19番のディロン・ハント

3R1A5820

です。

スーパーラグビーを観ている人はわかるかもしれませんが、全員ハイランダーズの選手です。

この試合で11か月ぶりのオールブラックスとしての試合になった、2番のデーン・コールズも観ることができました。

3R1A5369

彼はトライも挙げ、怪我を感じさせないプレーを披露しました。走ることもできますし、最年長としてチームを引っ張っていました。

また、ニュージーランドファンなら誰もが知っている「ハカ

本日試合で披露されたのは「カマテ」です。

3R1A5174

日本で一番有名なハカだと思います。先週のブレディスローカップではカパオパンゴだったので、両方会場に行った人はある意味ラッキーだったのではないでしょうか。

そしてハカをリードしたのは、マオリオールブラックスとしても来日し、先週は世界選抜としてもプレーした14番ネヘ・ミルナースカッダー

3R1A4936

ハカの最中は会場が静まり返り、自分は鳥肌が立ちました。

試合は、日本がオールブラックス戦で過去最高となる5トライを挙げて健闘したものの、69対31でオールブラックスが勝利しました。

日本代表はこの試合で課題がいくつか見つかりました。オールブラックスのような格上のチームと対戦したときに、プレッシャーにどこまで耐えられるか、またキックの使い方、ラインブレイク、タックルの精度にも課題がみられました。

上記問題は、次のヨーロッパ遠征の際には修正してもらいたいですし、ワールドカップに向けて、今課題が見つかった方が良いと思います。

この試合で素晴らしい活躍をした選手は23番のジョージ・ブリッジ

3R1A5737

スーパーラグビーのクルセイダーズで15トライを挙げ、23歳であるものの素晴らしいスピードと決定力を持った今後注目の若手選手です。
この試合で後半からの出場で、2トライと結果も残しました。

試合後のミックスゾーンでは、ニュージーランドメディアに対して、「オールブラックスとして初めてデビューして嬉しかった」と言っていました。
これからの活躍が期待できる選手だと思います。

ニュージーランドのミックスゾーンでのメディア対応する選手。

ジョージ・ブリッジ(クルセイダーズ)

3R1A5990

ブレット・キャメロン(クルセイダーズ)

3R1A6003

ティレル・ロマックス(ハイランダーズ)

3R1A6007

リッチー・モウンガ(クルセイダーズ)

3R1A6009

ンガ二・ラウマペ(ハリケーンズ)

3R1A6011

どの選手も笑顔があり、オールブラックスとしての第一歩を踏み出して行くんだなと思いました。

選手たちは今頃飛行機の中で、ニュージーランドとイギリスに向けて旅立っていきました。
自分としても、この2週間は本当に充実した日々を過ごしました。来年のW杯では、この興奮が1か月続くと思うと本当に嬉しいですね。

最後に、日本戦で出場したハイランダーズ所属の選手全員のサインが入ったジャージ!

来年4月にはハイランダーズとサンウルブズとの試合が秩父宮で行われるので、そちらも今から楽しみでしょうがないです!

次の記事では、今回の滞在でゲットしたキウイブリーズ独占情報をお届けしますので、ぜひお楽しみに!

ではでは

熊木

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information