ホーム > NZブログ > ニュージーランドワイン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.5.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド ワイヘキ島のワイナリー 「ケーブルベイ(Cable Bay)」 レポート

ニュージーランド ワイヘキ島のワイナリー 「ケーブルベイ(Cable Bay)」 レポート

今回はニュージーランド滞在中に訪れたワイナリー&レストラン「ケーブルベイ(Cable Bay)」のご紹介です。

ケーブルベイはオークランドからフェリーで40分弱に位置するワイヘキ島にあるワイナリーです。

IMG_7833

ワイヘキ島のフェリー乗り場から最も近いワイナリーとしても知られており、車で5分、歩いても20分ほどで到着できます。

ワイナリー&レストランに到着すると、すばらしい景観が迎えてくれました。
中庭からのこの眺望は、ケーブルベイの大きな特徴であり、売りだと思います。

IMG_7835

訪れた日が休日だったこともあり、たくさんのお客さんが、日光浴と食事、ワインを楽しんでいました。
日常の喧騒を忘れ、のんびりと日光浴、景観、食事、ワインを楽しむには本当に最適な場所だと思います。

IMG_7869

また、ケーブルベイはワインで数多くの賞を受賞しているだけでなく、併設するレストランもこれまで2度レストラン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる等、非常にハイレベルです。

さて、この日はセールス&マーケティングマネジャーのジェームスさんに案内していただき、11種類のワインをテイスティングさせていただきました。

ケーブルベイではマールボロ、セントラルオタゴ、そしてこのワイヘキの3箇所で栽培しているぶどうを使ってワインを作っています。
特にワイヘキ・ロゼとも呼ばれるメルロー主体で作られるロゼワインは、ピノ・ノワールで作られるロゼとは一線を画した深い味わいを持つ人気の商品のひとつです。

IMG_7849

私も今回初めてワイヘキ・ロゼをテイスティングさせていただきましたが、すっきりとキレのある飲み口の中にも、メルローのしっかりした果実味やタンニンが含まれていて、とても興味深かったです。

また、個人的に特においしいと感じたのは、ワイヘキ産のシャルドネ2015と、セントラルオタゴ産のピノ・ノワール2014でした。
シャルドネはワイヘキの日照の強さと土壌の特徴がしっかりと現れていて、トロピカルでフルーティーな味わいの中にも、ミネラルや酸をしっかり感じられます。

IMG_7852

甘すぎず、かといってシャルドネの滑らかな舌触りもしっかりと感じられる、バランスの良い仕上がりでした。

ピノ・ノワールも同様に、セントラルオタゴの特徴がしっかりと現れていて、上品な土の香り、タンニン、ベリーやシナモンの香りがバランスよく味わえる良品でした。

IMG_7855

芝生に腰を下ろし、ゆっくりとグラスを回しながらこのワインを味わせて頂きました。非常に贅沢な時間でした。

IMG_7874

ちなみに、日本で取り扱っているケーブルベイのワインは、マールボロ産のソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ノワール、ピノ・グリのみですので、これらのワインは現地に行かないと残念ながら飲むことはできません。
将来は是非、日本未入荷のワイヘキ・ロゼや、シャルドネ、セントラルオタゴのピノ・ノワールを弊社で取り扱ってみたいものです。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.5.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

GRN ニュージーランドワイン試飲会 プロフェッツ・ロックver

GRN ニュージーランドワイン試飲会 プロフェッツ・ロックver

こんばんは、我妻です。

昨日はニュージーランドワインのインポーターであるGRNさん主催の試飲会に参加してきました。

今回はGRNさんの取り扱っているニュージーランドワイン約30種類の出展だけでなく、プロフェッツ・ロックの醸造長ポール・プジョル氏も来日し、会場に来ていました。

ポールさんにはインタビューを行いましたので、後日、NZ Friendsにアップさせていただきます。

さて、GRNさんがインポートしている主要なニュージーランドのワイナリーの中には、先日のニュージーランド滞在時に訪れた「アミスフィールド」もあります。

IMG_7080

今回の試飲会でも、アミスフィールドのワインは、ソーヴィニヨン・ブラン2014とピノ・ノワール2012が出展されていました。

こちらのソーヴィニヨンはほんの少しの期間、樽で熟成されていることや、2014ヴィンテージということもあり、いわゆるニュージーランドの代表的なソーヴィニヨンの持つフレッシュさや青臭さが抑えられ、まろやかさな舌触りとパッションフルーツのような香りが際立ち、また程よい酸味とミネラル感を味わえる素晴らしい仕上がりになっていました。

ピノ・ノワールも、口に含んだ瞬間に感じるセントラルオタゴのテロワール、芳醇な大地の香りとミネラル感が、いつも豊かな気持ちにさせてくれます。個人的にはアミスフィールドはとても大好きなワインです。

続いての「TOHU」はニュージーランドの先住民であるマオリ族が所有し、運営する世界初のワイナリーです。
日本で飲めるラインアップはソーヴィニヨン、リースリング、ピノ・ノワール、メルローの4種類で、どれもブドウ本来の果実味、ミネラル、タンニンをしっかりと味わえる形に仕上がっています。

これは、「土地を守り、大地から糧を得て、その恵みに感謝する」というマオリ文化の一つの表れで、高品質なブドウを自然に表現した結果なのだと感じました。

今回最後のレポートとして、プロフェッツ・ロックをご紹介させていただきます。

プロフェッツ・ロックはセントラルオタゴに位置し、醸造長のポールさんを含め、わずか3人で運営しているワイナリーですが、ブドウに対して肥料は一切使わない、自然酵母のみで発酵させる、重力に任せた自然ろ過をするなど、非常にこだわりぬいたワインメイキングをしています。
その結果もあり、世界トップワイン評論家であるジャンシス・ロビンソン氏から「世界を牽引するワインメーカー5人のうちの1人」と評されています。

IMG_9134

ピノ・ノワールは土壌の違いによって「ロッキー・ポイント ピノ・ノワール」と「プロフェッツ・ロック
ピノ・ノワール」と2種類のラインアップがありますが、両方ともポールさんのこだわりの凝縮のようなワインでした。

どちらも口に入れた瞬間に香る、ベリーやチェリーなどの香り、まろやかな舌触り、長く続くシナモンの味わいとタンニン。どれもが上品にバランスよく含まれています。まさにセントラルオタゴの土壌の味わいをしっかり感じることのできる、素晴らしいピノ・ノワールです。
これはゆっくりと時間をかけて、ワインが開いていく感じを味わっていくべき、高級ピノ・ノワールだと感じました。

また、今回の目玉として、ブルゴーニュワインの最高峰のひとつとして数えられる「ドメーヌ・ジョルジュ・コント・ド・ヴォギュエ」の醸造長フランソワ・ミエ氏と共同で生産した「キュヴェ・オー・アンティポード2015」も出展されていました。

IMG_9132

貴重なワインのため、本当に一口だけのテイスティングでしたが、口の中で一気に花が開くようにプラム、ベリー、シナモン、香辛料のような香ばしさがはじけます。酸味は抑え目です。そして飲み終わったあとも口に残るタンニンが非常に香ばしく、そして切れが良く、最後にスーッと口の中から香りが消えていく感じがとても上品でした。

こちらも、もっとゆっくり時間をかけて味わいたいものです。

ワインメーカーのポールさんとお話しながら試飲させていただいたこともあり、彼のこだわりをより感じることができた貴重な機会でした。

今回は詳しくレポートしませんでしたが、シャーウッド・エステートやジョージ・ミッシェル、ナタワラのワインもそれぞれに個性あふれる素晴らしいワインです。

こうやって一気にテイスティングさせていただくことで、それぞれの特徴をしっかりと味わうことができるので、大変素晴らしい機会になりました。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.5.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイナリー クラウディーベイ プロモーションビデオ紹介

ニュージーランドワイナリー クラウディーベイ プロモーションビデオ紹介

こんにちは。

先日のクラウディーベイ ワインメーカーズディナーにあわせて作りましたビデオを公開させていただきます。

こちらはクラウディーベイ滞在時に取材、撮影させていただいたものを元に作りました。

クラウディーベイプロモーションビデオ

現行のラインナップすべてについて、ジムから解説とテイスティングコメントをもらっています。
このビデオを見れば、クラウディーベイのワインについて詳しく知ることができますよ。

また、日本向けのメッセージも頂いていますので、是非ご覧くださいね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.5.17 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

Cloudy Bayワインメーカーズディナー at チャイナブルー コンラッド東京

Cloudy Bayワインメーカーズディナー at チャイナブルー コンラッド東京

昨日、コンラッド東京のチャイナブルーで行われた「クラウディーベイメーカーズディナー」に行ってきました。
夜景がとても綺麗な部屋での10名限定のイベントでした。

前菜三種盛り合わせ
鮑タルト 鶏肉入り雲呑 中国漬物ザーサイ

IMG_8996

メニューではソーヴィニヨンブランとマリアージュとなっていましたが、何故かペロリュスと一緒のタイミングでサーブされ、あれっとなりました。
鶏肉入り雲呑と一番ペロリュスにマリアージュされていたと思います。

蝦とアスパラガスのさっぱり塩炒め 季節野菜と共に

IMG_9011

前菜とペロリュスのマリアージュをしてしまったので、このメニューと合わせたのはソーヴィニヨンブランとテココ。ここでポイントが、両ワインの温度が違ってサーブされたという事です。実際サーブされた温度はとても良かったです。蝦はテココと、アスパラガスはソーヴィニヨンブランとマリアージュしていました。また、下に豆腐がありこちらもテココと絶妙なマリアージュでした。

白身魚のラクサソース

IMG_9018

本日のフィッシュはヒラメでした。そして、ここでサーブされたのは2014のピノノワール。
メニューとMHDの資料では2014となっていますが、スタッフが事前に確認をした時には2013と回答があったので・・・ディナー後スタッフに確認しようと思った矢先、2013もサーブされました。
2014と2013の飲み比べを、という意味です。
もしかしたら2014(現行のヴィンテージ)をサーブしたのはミスかもしれませんが、判断力及び適応力が素晴らしかったです。
ピノノワールとラクサソースがマリアージュしていたかは???微妙なところでした。
ココナッツミルクをベースに魚介の香りがし、スパイシーだったので、多分テココの方がマリアージュ出来たと自分は思っています。

スペアリブ チャイナブルースタイル 季節のフルーツ

IMG_9022

これに合わせたのはテワヒ2014。イチゴとマヨネーズとらっきょうに甘めのスペアリブ。独創すぎてあまり理解出来ませんでしたが、食感や見た目が面白かったです。これもマリアージュと言われると。。。味付けが濃かったのは評価できますが。

揚げワンタン

IMG_9027

中にお餅が入っていて、ペロリュスとのマリアージュが良かったです。
これがもしかしたら本日のベストマリアージュだったかもしれません。

最後は、デザートに愛玉ゼリーと季節のフルーツ

IMG_9030

口の中がさっぱりするデザートでした。器がオシャレで目でも楽しめたのがポイント高いですね。

時間配分は本当に素晴らしかったです。また、ミスだったのかもしれないピノノワール2014をサーブしてからの、2013を素晴らしいタイミングでサーブして、飲み比べ提案にまで持っていけるスタッフのサービス力の高さを感じました。

色々勉強になった一日でした。

IMG_9040

このあとジムと最後の日本を満喫しました。
それは明日のブログで

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2017.5.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

Cloudy Bayワインメーカーズコラボ至高のメニューとペアリングワインのお愉しみ in ヒルトン東京お台場

Cloudy Bayワインメーカーズコラボ至高のメニューとペアリングワインのお愉しみ in ヒルトン東京お台場

昨日、ヒルトン東京お台場の“グリロジー”にて開催された「Cloudy Bayワインメーカーズコラボ至高のメニューとペアリングワインのお愉しみ」に行って参りました。

70名ほどが参加していた様です。
まずはお台場の景色を見渡せるテラス席で、乾杯のペロリュスと共に牡蠣の前菜を。

IMG_8874

IMG_8824

■ニュージランド産牡蠣とコンディメント
  フィンガーライム レモン ポン酢 サルサソース 赤ワインヴィネグレット
■オイスターブラディーマリー
■オイスターソルティードッグ
■オイスターマティーニ

この前菜はどれも個性的でした…

熟考されたメニューなんだと思いますが、私は、磯の香りを感じつつシンプルに頂くのが一番好みでしたね。

その後は店内に移動し、

IMG_8801

ソーヴィニヨンブランでスタート。

IMG_8875

■手長海老の炙り キャヴィアレモラード添え

IMG_8836

■ホワイトアスパラガスのスープ

IMG_8844

この手長海老の一皿がとても美味しかったです!
はじめ店内に入った時に何かを炙っていたのですが、それがこの円に形作られた手長海老でした。

一体一皿に何尾の海老が使われていたのか…
マヨネーズベースのソースにキャビアの塩味。
バルサミコのわずかな甘みも足しつつ頂きました。

アスパラガスのスープも風味が良く、どちらもソーヴィニヨンブランとの相性が良かったです。

次にサーブされたのは、テココ。

IMG_8877

■太刀魚のグリル ムール貝のブロスとポテトニョッキ添え

IMG_8852

こちらのお料理はあまり印象に残らず…
太刀魚は皮目のパリッと感があれば、もっと美味しかったかな〜と思いました。

テココは美味しく頂きました。

そしてメインに合わせるテワヒの登場。

IMG_8878

■本日のメインディッシュとして
グリロジーお勧めの逸品 国産プライム「トマホークステーキ」

骨付きの圧倒される肉の塊でした。

IMG_8850

そして脂の乗りがすごい…

IMG_8857

私はタイプのお肉でしたが、ヘビーだと感じる方も多かったでしょう。

フルーティーかつスパイシーなテワヒと合わせると、その脂もさっと流れる感じがし、最高のメインでした。

そして最後に、
■デザートはさっぱりとした
 シソ&ライムシャーベットをのせた柚子タルト

IMG_8871

ここでベリーやパッションフルーツのパブロバが出て来てくれたら、すごく嬉しかったんですが。
最後に酸味の効いたさっぱりとしたデザートで締め、大満足のコース終了。

途中ジムによるワインの解説が入ったりと、皆さん貴重な体験が出来たのではないかと思います。

IMG_8828

個人的にも美味しくて楽しいディナーでした。

またこの様な機会があれば、是非お邪魔したいです。

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2017.5.12 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

自然を感じながら楽しめる高品質なワイナリー&レストラン 「アミスフィールド」 レポート

自然を感じながら楽しめる高品質なワイナリー&レストラン 「アミスフィールド」 レポート

こんにちは、我妻です。

今回も、ニュージーランド滞在中に訪れたワイナリー&レストランのレポートです。

IMG_7080

今日はクイーンズタウンより車で15分、ヘイズ湖のそばに佇むワイナリー&レストラン「アミスフィールド」をご紹介します。

結論から言うと、大変すばらしいレストランでした。

IMG_7078

土曜日のランチ、雲ひとつ無い晴天に恵まれたこともあり、たくさんのお客さんでにぎわっていました。
テラス席では、その太陽を存分に楽しみながら、おいしい料理とワインを味わうことができます。

アミスフィールドのワインは弊社でも扱っていますが、日本にはインポートされていない品種も数多くあります。
最初の乾杯で頂いたスパークリングも、まだ日本では取り扱いがありません。

IMG_7046

これはマリアージュの王道でもある、生牡蠣(ブラフオイスター)と合わせました。

IMG_7057

新鮮な生牡蠣のおいしさをさらに引き立ててくれる、絶妙なドライさと甘さのバランスのスパークリングでした。

牡蠣以外でも、海産物には、とても良く合うスパークリングだと思います。

ちなみにこの牡蠣の上に乗っているのは、塩!
・・・ではなく、氷を砕いたものでした。

続いては、スタンダードのピノ・ノワール2013と、リザーブのピノ・ノワール2013を飲み比べ。

こんなことができるのは、とても贅沢ですよね(笑)

「リザーブ」とは特別なワイン、上級のワインに付く名称です。ですので、リザーブのほうがおいしいに決まっているだろう、と思いませんか?

IMG_7054

ところが、スタンダードのほうもリザーブに負けず劣らず、大変すばらしいワインでした。

IMG_7056

勝ち負けというよりも、それぞれの特徴が違うので、それを知ることで、料理とのマリアージュがしやすくなると思います。

まずはベースとして両方ともセントラルオタゴのワインの特徴である、どっしりとした土の香りと、柔らかなベリーの香り、滑らかな舌触りが特徴です。そして、ワインが時間経過とともに開いていくことで、やさしく上品なブドウの香りが鼻に抜けていきます。

違いはというと、スパイス感とタンニンだと思います。スタンダードのほうが両方とも滑らかで、いわゆるシルクのような上品な感じ、リザーブのほうがスパイスやタンニンが強く、長く香りを楽しめるのが特徴でしょうか。

ところで、ニュージーランドのレストランでは他でも良く見かけましたが、フードメニューにはその料理にベストマリアージュのお勧めワインが書かれています。

スタンダードのピノにはダックを、リザーブには鹿料理をとのことだったので、それに従って注文しました。

IMG_7066

スパイスとタンニンの強いリザーブは、上手に鹿の臭みを消してくれ、またより味を引き立ててくれました。

逆に滑らかなスタンダードは、ダックの複雑な味を引き立ててくれました。

IMG_7096

ワインと料理のマリアージュって、本当に奥が深いですね。
非常に勉強になる体験でした。

ちなみに、リザーブのピノ・ノワールも、日本未入荷です。
いつか弊社で取り扱って、皆様に飲んでもらいたいものです。

ともあれ、アミスフィールドのワイナリー&レストランは非常にお勧めです。

IMG_7075

クイーンズタウンから近いので、是非訪れてみてくださいね。

我妻

タグ : , ,

1 / 131234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2016.8.22

NZギャラリーに「Dan Carter」をアップしました!!

Twitter

NZ Information