ホーム > NZブログ > ニュージーランドワイン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.9.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「ミーシャズ・ヴィンヤード」ワインメーカーズディナー開催決定!

「ミーシャズ・ヴィンヤード」ワインメーカーズディナー開催決定!

こんにちは。

ちょうど1ヵ月後の10月25日(水)19時より、渋谷道玄坂にあるレストランEbizoを貸しきって、ワインメーカーズディナーを開催することになりました。

今回のメーカーズディナーでは、私が中心となりワインとフードとのマリアージュなど、コーディネートをさせていただきます。

ゲストとしてお迎えするワイナリーは、セントラル・オタゴにある「ミーシャズ・ヴィンヤード」です。

compass14377396254

ご夫婦で経営されているワイナリーなのですが、10月にミーシャ・ウィルキンソンさんが来日されるのにあたり、今回のメーカーズディナー開催の運びとなりました。

かつてはシンガポールで世界的なIT企業の第一線で活躍していたウィルキンソン夫妻には、長年の夢がありました。

いつか自分たちでワインを造りたい。

彼らは休暇のたびに世界中のワイン産地を訪ね、ぶどう栽培やワイン醸造について多くの事を学び、そして2001年、彼らはついにワイン造りに取り組む決意をしました。

エレガントなピノ・ノワールを造りたいと考えていた彼らには、ニュージーランドのセントラル・オタゴを産地にすること以外に思い浮かばなかったそうです。

compass14377396252

紆余曲折を経て2008年に初リリースとなった彼らのワインは、多くのワインジャーナリスト達などから注目を集め、早くも高評価、高ポイントを獲得し、エアー・ニュージーランド・アワードではゴールドメダルを過去受賞するに至っています。

彼らの生産する6本のワインと、Ebizoのフードのコラボレーション。
詳細は随時このブログにてアップしていきますので、是非お楽しみに!

会費は10,800円(税込み)、事前予約&事前お振込制です。
詳細はこの記事の最後をご覧くださいね。

また、Ebizoでは10月よりミーシャズ・ヴィンヤードのワインをバイ・ザ・グラスで販売します。
6本のうちのどのワインがお店に並ぶかは、今後のお楽しみです。

是非お店にも遊びに行ってみてくださいね。

我妻

=================================

「ミーシャズ・ヴィンヤード」ワインメーカーズディナー詳細
■日時:
 2017年10月25日(水)19:00~

■会費:
 10,800円
 ※ 事前予約&事前お振込み制
 ※ ただし、当日お席がある場合のみ、当日参加も可能

■定員:
 12名

■内容
 6本のワインと、それぞれに合わせたフードをご提供

■お振込先:
 ジャパンネット銀行
 ビジネス営業部
 口座番号)1576386
 カ)エーブリーズコンサルティング

■キャンセルポリシー
 開催3日前までは全額返金(振込手数料差引額)
 それ以降のキャンセルは50%
 当日キャンセルは100%をそれぞれキャンセル料とさせて頂きます。

■お問い合わせ:
ロブスター&シャンパンEbizo
03-6416-3105

タグ : , ,

投稿日 : 2017.8.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

リースリングをとことん味わうNZワイン会 開催報告

リースリングをとことん味わうNZワイン会 開催報告

こんにちは。
昨日は私主催のニュージーランドワイン会を開催させていただきました。

題して「リースリングをとことん味わうNZワイン会」。

今回はリースリングのみに限定し、お料理とともに6本のニュージーランドリースリングワインをご提供させていただきました。

リースリングは、ドイツにおいて最も重要な地位を占める白ワイン用ぶどう品種です。
きりっとして料理に合わせやすい辛口から、ミネラルたっぷりの個性、やや甘口で食前酒にも最適な個性、そしてデザートワインとして有名な貴腐ワインまで、リースリングが創造するワインの世界は非常に広く深いのが特徴です。

生産者の個性や、ワイン作りのポリシーなどが最も反映されやすいワインのひとつでもあると思います。そんなドイツで有名なリースリングですが、ニュージーランドでも多くの生産者が手がけています。

最初にご提供したのは、「アストロラーベ」というワイナリーの「ドライリースリング2015」。
辛口でスッキリとした飲み口が特徴のこちらのワインには、
「いんげんのピーナッツバター和え」

IMG_3204

「ツナとアボカドのディップ」

IMG_3199

をご用意。

ピーナッツバターは、ニュージーランドの首都ウェリントンの名産でもあります。今回はウェリントンで入手したピーナッツバターを使いました。

ドライリースリングはとてもフードに合わせやすく、貝やカルパッチョなどとお出しするのが一般的ですが、こういった和え物や、アボカド、ツナなどにもとても良く合います。

2本目は「インヴィーヴォ」の「セントラルオタゴリースリング2014」。
系統としては「やや甘口」と呼ばれるカテゴリーですが、グレープフルーツのような柑橘系の甘さと、余韻として残る酸が絶妙なので、甘さを感じさせずにスッキリと頂くことができる良品です。

こちらには「三色サラダ」と、恒例となりつつある「鳥ハム」をお出ししました。

IMG_3200

鳥ハムは低温熟成で胸肉をじっくりローストしているため、フワッとジューシーに仕上がります。

IMG_3201

この鳥の旨味は、やや甘口のリースリングにとてもよく合うんです。

3本目は「シャーウッド・エステート」の「ストラタムリースリング2015」。

シャーウッド・エステートはワイパラ・ヴァレーに位置するサステイナブルプログラムおよび有機栽培に取り組んでいるワイナリーです。

こちらもやや甘口ですが、インヴィーヴォとは違って、桃や梨などのような甘さが引き立っています。

もちろん酸とのバランスも絶妙なので、甘さを感じながらもスッキリと飲める一本です。

こちらにはスパニッシュオムレツを合わせて頂きました。

IMG_3203

4本目は「アタマイ」の「トラディショナルリースリング2016」です。
今までの中では50gと、最も残糖が多いのですが、それを感じさせないだけのしっかりとした酸と、多様なアロマが特徴で、口の中で複雑に絡み合う感覚が幸福感を感じさせる、素晴らしい1本です。

5本目は「プロフェッツ・ロック」の「ドライリースリング2014」です。
ミシュランガイド全世界版のトップ50のレストラン中、15以上のレストランが採用しているこのワイナリーは、いずれ世界のワイン界をリードするだろうと言われています。

多彩な花の香り、シトラス、洋ナシなどの芳醇な香りが豊富なミネラルが特徴です。フレッシュでありながら凝縮した果実味としっかりとした酸を持ち、複雑な味わいが非常に素晴らしいプレミアムワインです。

こちらには、少し辛めに味付けしたペンネ・アラビアータをお出ししました。

IMG_3202

ドライリースリングには、こういった辛い料理もとてもよく合います。

最後にお出ししたのは、先日も記事を書かせていただいた「ラブブロック」の「リースリング2012」です。
とにかく有機栽培にこだわり続けて生産しているこちらのワインですが、まずは皆さんその色に驚かれていました。

黄金色に輝くボディーからは、完熟した南国のフルーツのような香りが漂います。「香りをかいでいるだけで幸せになる」とある参加者の方がおっしゃっていましたが、まさにその言葉通りだと思います。

口に含むと、その瞬間にいっぱいに広がる、完熟したパイナップルのような甘みと香り、続いて程よい酸味がマッチして、非常に飲みやすいのが特徴です。

こちらには、桃とシャインマスカットをあわせてデザートとして味わっていただきました。

3回目となる今回のNZワイン会。

IMG_3205

早速感想もたくさん頂いています。

「同じ品種のワイン、しかも良質なモノを飲み比べる機会は、今までになかったので、とっても勉強になりましたし、何よりすごく美味しかったです。」

リースリングを楽しんでいただけたようで、嬉しい限りです。
それぞれに話が盛り上がり、笑いの絶えないワイン会となりました。

ご来場くださった方に、改めて御礼申し上げます。

我妻

タグ : ,

投稿日 : 2017.8.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

食事の最後を彩るワイン、ラブブロック「リースリング2012」

食事の最後を彩るワイン、ラブブロック「リースリング2012」

こんにちは。

今日ご紹介するイチオシニュージーランドワインは、ラブブロックというワイナリーの「リースリング2012」です。
NZ Organic Wine Awards 2015にて、GOLDを受賞しています。

ラブブロックの特徴は、なんと言ってもこだわりぬいた有機栽培。マールボロとセントラルオタゴに2つの畑を持ち、30年以上有機栽培にこだわって、ワイン造りをしています。

compass1451996025

ニュージーランド政府規定のサスティナブルに加え、ビオディナミの手法を調和させていきました。2012年にビオグロ認証を受けています。

さて、こちらのリースリングは、マールボロの畑で栽培されたブドウのみを使って作られています。黄金色に輝くボディーからは、完熟した南国のフルーツのような香りが漂います。

ゆっくりと口に含むと、その瞬間にいっぱいに広がる、完熟したパイナップルのような甘みと香り、続いて程よい酸味がマッチして、非常に飲みやすいのが特徴です。

IMG_3189

アルコール度数も8%と通常のワインよりも低めのため、ぐびぐび飲めてしまうので、ある意味危険なワインです(笑)

一杯目は10度前後と少し低めの温度で是非お楽しみください。二杯目以降も飲まれる場合は、少し高めの温度で、完熟したフルーツのような芳醇な甘さと香りが立ち上ってくるのを楽しむのがオススメです。

パイナップルはもちろん、桃やパッションフルーツ、カシューナッツなどに良く合うと思います。

楽しいパーティーや食事の最後に味わうワインとして、是非一度お試しくださいね。

自社サイトおよび楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っております。

是非お試しください。

自社サイト(ブリーズオンラインショップ)
楽天サイト(ブリーズオンラインショップ)

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.8.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ブリーズオンラインショップをオープンしました

ブリーズオンラインショップをオープンしました

こんばんは。

本日8月1日は弊社の設立日です。
それを記念しまして、このたび楽天、アマゾンに続きまして、弊社オンラインショップ「ブリーズオンラインショップ」がオープン致しました!
詳しくはこちら

今までワイン関係を中心に記事を書かせて頂いておりました私、我妻が店舗運営責任者に就任しまして、皆様により親しみやすいオンラインショップを作らせていただく所存です。

オープンを記念しまして、一部商品を除きまして、本日より8月いっぱい、10%~最大22%オフにてご提供させていただきます。

また、本サイトではオススメのワイン特集や、よりお求め易いセットなど、限定商品も販売していく予定です。

この機会に是非、ご利用くださいませ。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.7.30 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

あつぎ鮎まつり 2017にニュージーランドブース出展します

あつぎ鮎まつり 2017にニュージーランドブース出展します

こんばんは!
突然ですが、8月5日(土)・6日(日)に「第71回あつぎ鮎まつり」が開催されます。
ラグビーがご縁で厚木市との繋がりができ、今回このイベントでニュージーランドブースを出展するはこびとなりました。
当日は、ニュージーランドのワインやスパークリングワイン、ビール、チョコレート、ホーキーポーキーアイスクリーム等を販売します。

キウイフルーツスパークリング

赤ワイン

白ワイン

ビールゴールド

ビールダーク

ホーキーポーキー

他にも多くの出店が並んだり、パレードやお笑いイベント等盛りだくさんの2日間になるそうですよ。
5日には花火大会も行われますので、是非足を運んでみて下さいね!
熊木もブースに行く予定です。
見かけたらお声掛け下さいね!!

日時:平成29年8月5日(土)・8月6日(日)
大花火大会は5日(土)19時~20時30分

会場:
《大花火大会》相模川河川敷(三川合流点)
《その他の催物》厚木中央公園・厚木公園(はとぽっぽ公園)・中央通り・厚木なかちょう大通り・厚木一番街

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2017.7.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

夏の夜をスパークリングワインで爽やかに彩るNZワイン会 開催

夏の夜をスパークリングワインで爽やかに彩るNZワイン会 開催

こんにちは。
昨日は私主催のニュージーランドワイン会を開催させていただきました。

今回のテーマは「夏の夜をスパークリングワインで爽やかに彩るNZワイン会」と銘打ちまして、6つのスパークリングワインをご紹介させていただきました。

最初の乾杯でお出ししたのは、インヴィーヴォのスパークリング ソーヴィニヨン ブランNV

compass1448024717

マールボロ地域にあるインヴィーヴォのスパークリングワインは、フレッシュな香りとキレが特徴で、キンキンに冷やすと、この暑い夏にはもってこいの一本です。

100%ソーヴィニヨン ブランのスパークリングは、とても珍しくいのですが、マールボロ特有のフレッシュさを味わえます。

これに合わせたのはタコと山形のダシという名物を合わせた一品。

IMG_2168

ワインは気取るものではなく、日常に飲むもの。そして、こういった和食にも合うんだよとお伝えしたかったのですが、皆さんそれを感じてくれたようです。

2本目は同じくマールボロ地域にあり、100%ソーヴィニヨン ブランで作られた、トイ・トイのスパークリングワインです。

compass1446557073

こちらは以前もレポートさせていただきましたが、すすきをあしらったラベルが目印のワインです。

インヴィーヴォとの飲み比べでお楽しみいただきました。インヴィーヴォと比べると、やや甘さを感じるテイストですが、グラッシーと呼ばれるソーヴィニヨンブランのフレッシュさもしっかり味わえます。

これに合わせたのは、グリーンサラダとNZ産コーンを潰してNZ産クラッカーに乗せたもの。ニュージーランドのコーンは非常に甘くてとても美味しいです。

IMG_2169

IMG_2173

3本目はオイスターベイのスパークリング キュヴェ・ブリュットNV。こちらはシャルドネ100%のスパークリングです。

compass1468672105

オイスターベイは、ニュージーランドで最も大きなワイナリーで、その名の通りオイスターによく合うワイン造りをベースとしています。

シャルドネの風味豊かな味わいが、パンのような香ばしさが、泡とともにプチプチと口に広がります。

これに合わせたのは、ニュージーランド産グリーンマッスルのアペタイザー。ワインビネガードレッシングをあしらいました。

IMG_2175

ニュージーランド特有の貝、グリーンマッスルは、肉厚で濃厚な味わいが特徴です。日本では弊社のオンラインショップでご購入いただけます。

それと鶏ハムもお出ししました。

IMG_2182

4本目はクラウディーベイのペロリュス NVをサーブさせていただきました。

compass1443792728

クラウディーベイのスパークリングは伝統的なシャンパーニュの製法にとてもよく似た形で作られており、シャルドネとピノ・ノワールがセパージュされています。

ほんのりと樽の香りも感じられ、濃厚で豊かな味わいは、是非一度飲んでいただきたい一本です。

通常はフリットやサーモンと合わせるのが一般的ですが、今回はなんとゴーヤーチャンプルーと合わせてみました。

IMG_2188

実はふとしたことでゴーヤーの程よい苦味とペロリュスが合うのではないかと閃きまして、試してみたところ、なかなかのマリアージュになりましたので、ご提供させていただきました。

良かったら、ゴーヤーとスパークリングを合わせること、試してみてください。

そして5本目には、クラウディーベイのペロリュス・ロゼをご提供させていただきました。

IMG_2194

ペロリュス・ロゼは、日本未発売ですが、先日ニュージーランドに行った際に、
持ち帰ってきたものです。

美しいピンクに立ち上る細かい泡。苺を思わせるようなフルーティーな香り、本当に素晴らしいワインです。

いつか日本でも販売して欲しいです。

最後に、デザート的な形でラブブロックというワイナリーのモスカートブリュット2014をお出ししました。

compass1459165835

モスカートという品種でワインを作っているのは、ニュージーランドでは非常に少なく、ラブブロックはビオグロ認証も受けている、自然にこだわったワイナリーです。

甘さだけでなく、香りと風味がしっかり泡とともに味わえます。それでいて甘ったるさが残らないので、とても美味しいワインです。

締めにはベーコンとほうれん草と舞茸のパスタをお出ししました。

IMG_2201

こちらもモスカートと上手にマッチしてくれたので、ご納得頂けたのではないかと思います。

それぞれに話が盛り上がり、笑いの絶えないワイン会となりました。

IMG_3091

ご来場くださった方に、改めて御礼申し上げます。

我妻

タグ : ,

1 / 151234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information