ホーム > NZブログ > ニュージーランドワイン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.4.17 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「マナ バイ インヴィーヴォ」をテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「マナ バイ インヴィーヴォ」をテイスティングしました。

マナバイインヴィーヴォ」のソーヴィニヨン・ブラン2018、ピノ・ノワール2017をテイスティングしました。

マナバイインヴィーヴォ」は2007年、当時30歳だったティム・ライトボーン(マーケティング&ディレクター)とロブ・キャメロン(ワインメーカー&ディレクター)によって設立され、南島のマールボロとセントラルオタゴから世界水準の高品質なワインを生産するワイナリーです。

世界中に最高のニュージーランドワインを届けるという理想のもと、2009年以降数々の賞を受賞し、世界規模のワイナリーに成長しています。

ワイナリー名の「インヴィーヴォ(ラテン語)」は英語では「IN THE LIFE」という意味を持ちます。

商品名の「マナ(MANA)」はニュージーランドの先住民族であるマオリ族が大切にしていた価値観であり、日本語では「」や「品格」を意味します。

ニュージーランドに貨幣制度が存在する前、マオリ族の間で流通していたのはお金ではなく「MANA」という価値観でした。

マオリ族はお金や物資のためではなく「MANA」を高めるために生きていたといい、人間が本来持つ高潔さや気品という尊い価値観を大切にしていたマオリ族の思想を意味しています。

①ソーヴィニヨン・ブラン 2018

IMG_1199

生産地 マールボロ
アルコール度数 12.5%

南島のマールボロ地方のアワテレとワイラウで収穫されたぶどうを使用し、約28%はビオグロ認証(オーガニック認証)を受けた畑のぶどうが使用されています。

トロピカルフルーツやライム、グースベリーのアロマが香り、爽やかな酸味とキリッとした辛口の爽快な白ワインです。

IMG_1200

アスパラガスの天ぷら」と「イカのマリネ」とマリアージュしましたが、旬のアスパラガスと衣のサクッとした食感がソーヴィニヨン・ブランの爽やかさとマッチし、天ぷらにかけたレモンとマリネの酸味も相性が良かったです。

②ピノ・ノワール 2017

IMG_1198

生産地 マールボロ・セントラルオタゴ
アルコール度数 13%

マールボロ産のピノ・ノワール80%とセントラルオタゴ産のピノ・ノワール20%を使用し、約11ヶ月間フレンチの古樽で樽熟成されました。

マールボロの赤系果実(イチゴ・ラズベリーなど)の風味にセントラルオタゴの黒系果実(ブルーベリー・ブラックチェリーなど)の風味がバランス良く調和し、生き生きとした酸ときめ細かい滑らかなタンニンが優しい口当たりです。

IMG_1201

ポークソテー グリーンピースソース」と「マカロニ ナポリタン」とマリアージュしましたが、旬のグリーンピースに塩・コショウでシンプルに味付けした豚肉の旨みと甘みがピノ・ノワールの果実味たっぷりの滑らかな口当たりと良く合い、口の中に豚肉の脂っぽさが残らず心地良かったです。

また、ナポリタンのトマトの味わいともよくマッチしました。

あらゆる肉料理に合わせやすいピノ・ノワールです。

MANA」シリーズのワインはニュージーランド在住の執筆家・森の生活者である四角大輔氏がプロデュースした減農薬ワインなので、初心者の方からワイン好きな方まで楽しめる世界トップクラスのニュージーランドワインです。

楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っておりますので詳細はこちらです。

杉山

タグ : , ,

投稿日 : 2019.4.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「キャット・シリーズ」をテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「キャット・シリーズ」をテイスティングしました。

キャット・シリーズ」のソーヴィニヨン・ブラン2014、ピノ・グリージョ2014、シャルドネ2014、メルロー2013をテイスティングしました。

キャット・シリーズ」のワインは「ローンカウリ」シリーズ同様、1980年にオークランド北部のフアパイに設立されたワイナリー「クーパーズ・クリーク」によって生産されたワインです。

「香りの魔術師」という異名を持つサイモン・ナンズ氏のもと「全てのぶどうを常に最良のものが得られる場所で育てる」というポリシーを掲げ、常に新しいぶどうに挑戦を続ける名門ワイナリーです。

ラベルに猫の絵がデザインされ、キャップの上の部分に肉球が1つ、その周りを足跡が一周するデザインがとても可愛らしいので、特に猫好きな方はデザインも楽しめるワインです。

5

①「Cat’s Pee on a Gooseberry Bush」

2

ソーヴィニヨン・ブラン 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「セリヨウスグリの茂みにかかった猫のオシッコ」というユーモアあふれる名前のソーヴィニヨン・ブランは、セイヨウスグリやグレープフルーツ、トロピカルフルーツのしっかりとしたアロマが特徴的で、爽やかな酸味の余韻が続く白ワインです。

アサリと豚ロースと春キャベツの白ワイン蒸し」とマリアージュしましたが、アサリの旨みと春キャベツ、ローズマリーのハーブ感が爽やかで清涼感あふれるソーヴィニヨン・ブランにピッタリでした。

10

②「Posh Puss」

3

ピノ・グリージョ 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「上品な猫」というユニークな名前のピノ・グリージョは、桃や洋ナシなどの豊かなアロマが香り、フレッシュでフルーティーな爽快な白ワインです。

「エスニック風蒸し鶏」と「生春巻き」とマリアージュしましたが、ピリ辛なエスニック料理の辛さをピノ・グリージョが和らげてくれて、スッキリと楽しむことが出来ました。

どんな料理にも合わせやすい安心の白ワインです。

8

③「Fat Cat」

1

シャルドネ 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「太った猫」という遊び心のある名前のシャルドネですが、「太った」とは、トロピカルフルーツのアロマやアメリカンオーク樽で熟成された樽感とバニラの香りが強い「豊かな」フルボディのワインであることを意味しています。

チキンとアスパラのクリームパスタ」とマリアージュしましたが、濃厚なクリームソースに負けない辛口のシャルドネが相性抜群でした。

6

④「Tom Cat」

4

メルロー 2013

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13.5%

「雄猫」を意味するメルローは、ブルーベリーやカシスのアロマとフレッシュな甘み、程よい酸味と共に、アメリカンオーク樽で熟成された深みのある味わいです。

ビーフシチュー」とマリアージュしましたが、重めのデミグラスソースを柔らかいタンニンがさっぱりさせてくれてマッチしました。

9

高品質を保ちながら気軽に楽しめるお手頃なワインを生産する「クーパーズ・クリーク」が生み出す「キャット・シリーズ」のワインは、遊び心あふれるワインなので、リラックスして楽しめるオススメのワインです。

楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っておりますので詳細はこちら

杉山

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.3.31 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2019 ダイヤモンド・トロフィー ニュージーランドワイン2種選出 特別セットのご紹介

“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2019 ダイヤモンド・トロフィー ニュージーランドワイン2種選出 特別セットのご紹介

先月、幕張メッセにて発表された“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2019のダイヤモンド・トロフィー。

以前の記事はこちら

ニュージーランドワイン2種類が、なんとトロフィーに選ばれました。
昨年はトロフィーには選ばれず、一昨年は1本だったので、過去最高です。

それを記念しまして、楽天ブリーズオンラインショップでトロフィーセットを100個限定で販売します。

トロフィーワインをご紹介いたします!

まず1本目は、シレーニ セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン 2018

3R1A3481

ニュージーランド北島のホークス・ベイにワイナリーがあり、日本で一番売れているニュージーランドワインです。

トロピカル・フルーツ、レモンやライム、西洋スグリなどにハーブや青草が入り混じった洗練された香りで、クリーンで真っ直ぐなフルーツの味わいが口いっぱいに広がり、フレッシュな酸が果実味を引き立てています。

バランスに優れ、ドライでフレッシュな後味が印象的なワインです。

アウトドアで飲むのに最適で、コストパフォーマンスの高い1本です。和食など、料理にも合わせやすいです。

続いてはインヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン 2018

3R1A3482

ニュージーランドで最もクリエイティブなワイナリーと言われているインヴィーヴォ。こちらのソーヴィニヨンブランはマールボロで生産されています。

ボトルを開けるとまずフレッシュなハーブや青草、フローラルなライムの香りが立ち昇ります。活気に満ちた新鮮でみずみずしい味わいを感じることができ、シレーニと比べると味わいに厚みのあるソーヴィニヨンブランです。
中華料理や焼鳥などに合わせるのもおすすめです。

この2本セットを、送料込みで4080円で全国発送いたします!

詳しくはこちら

沖縄だけはすみません。送料が通常の料金となってしまいますのでご了承ください。。。
今後改善が必要だと思っています。

ご注文お待ちしております!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.3.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「ローンカウリ」シリーズをテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「ローンカウリ」シリーズをテイスティングしました。

ソーヴィニヨン・ブラン2016・シャルドネ2016・ピノ・ノワール2017・メルロー/マルベック2009をテイスティングしました。

生産者のクーパーズ・クリークは1980年オークランドから北西約35㎞のフアパイにアンドリューとシンシア・ヘンドリー夫妻によって設立されました。

1980年代後半にニュージーランドを代表する醸造家のキム・クロフォード氏がワインメーカーに就任し、現在は「香りの魔術師」という異名を持つサイモン・ナンズ氏が後任として就任しています。

北島のホークス・ベイや南島のマールボロの東海岸(イースト・コースト)の畑から厳選したぶどうを使用し、バラエティ豊かでリーズナブルなワインを生み出しています。

国内外での評価が高く、現在世界の20ヶ国以上に輸出されています。

①ソーヴィニヨン・ブラン2016

1

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 12.5%

フレッシュなパッションフルーツや桃、青草などの香りが広がり、クリアな酸や豊かな果実味、爽やかな清涼感のバランスに優れたワインです。

チキンの香草焼きとマリアージュしましたが、チキンに合わせたローズマリーとソーヴィニヨン・ブランのハーブの香りがマッチし、キリッとした酸が鶏肉の脂をスッキリさせてくれるので、後味が爽やかで相性が良かったです。

・チキンの香草焼き

8

②シャルドネ2016

4

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

桃やメロンのアロマが広がり、オーク樽熟成により、深みのある豊かな味わいが感じられます。

天ぷらとマリアージュしましたが、しっかりとした深い味わいのシャルドネが素材の味を活かした繊細な天ぷらの味わいを引き立てていました。

・天ぷら

7

③ピノ・ノワール2017

2

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

イチゴやラズベリーなどの心地よいアロマに柔らかなタンニンを感じ、後味は甘いフルーツの香りが広がる滑らかな味わいです。

牛肉のステーキとマリアージュしましたが、程よいタンニンが牛肉の脂をさっぱりとさせてくれて、口当たりが良く、余韻も長く感じられました。

・牛肉のステーキ

9

④メルロー/マルベック2009

3

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

芳醇なベリーの果実味がたっぷりの濃厚な味わいで、滑らかで飲みやすいです。

メルロー(85%)+マルベック(15%)の2種類のぶどうはそれぞれ別々に醸造され、オーク樽で熟成された後ブレンドされます。

程よいタンニンで樽の香りを感じます。

ニュージーランド産ラムチョップとマリアージュしましたが、ワインのコク、風味とラム肉のしっかりした質感が相性が良く、地元の料理とワインは合うという原則通り、ニュージーランド産のラム肉とニュージーランドワインのマリアージュはオススメです。

・ニュージーランド産ラムチョップ

6

飲む人をワクワクさせるクーパーズ・クリークが生み出すワインは今後も楽しみです。

杉山

タグ : ,

投稿日 : 2019.3.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

FOODEX JAPAN 2019 & 第6回 サクラアワード授賞式 レポート

FOODEX JAPAN 2019 & 第6回 サクラアワード授賞式 レポート

こんばんは!

2019年3月5日〜3月8日まで幕張メッセにて開催されている、FOODEX JAPAN 2019に行ってきましたので、レポートします!

今年もニュージーランドワイン及びニュージーランドプロダクトを取材させていただきました。

初日の3月5日に、第6回サクラアワード 授賞式が行われました。

560名の女性審査員により、4326アイテムのブラインドテイスティングが行われ、その中から栄えあるダイヤモンド トロフィー(わずか48アイテム!)に輝いたニュージーランドワインは、2つです!!

INVIVO MARLBOROUGH SAUVIGNON BLANG 2018

3R1A1691

SILENI CELLAR SELECTION SAUVIGNON BLANG 2018

3R1A1685

受賞おめでとうございます!!

後日こちらの2種のワインをテイスティングし、レポートしようと思っています。

また、受賞記念として、こちらのワイン2種のセットをブリーズオンラインショップで販売する予定ですので、どうぞお楽しみに!

他にも、まだ日本に入ってきていないニュージーランドプロダクトも見てきました。

1つ目は、カクテル!

3R1A1613

この見た目、とてもお洒落ですよね!社長は中国系の方で、いい意味でニュージーランドらしくない新しい商品だなと思います。

2つ目は、シリカ水です。

3R1A1652

ホークスベイの水で、シリカも入っています。なめらかで飲みやすかったです。
ボトルにニュージーランドの象徴であるシダがプリントされてあるのもいいですね!
日本に入ってきたら、ぜひ拡販したいです。

3つ目は、キウイのドライフルーツです。

3R1A1643

こちらは、オーストラリアの会社の商品なのですが、偶然見つけました。甘酸っぱくて美味しいです。パッケージも可愛いですね。

毎年取材させていただいていますが、年々ニュージーランドの出展が少なくなっていて寂しいです。。。
ニュージーランド大使館の商務部などがバックアップして、ぜひ盛り上げていただきたいです!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2019.2.4 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「ザ・スプリングス」シリーズをテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「ザ・スプリングス」シリーズをテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「ザ・スプリングス」シリーズのピノ・ノワール2017、ピノ・グリ2017、リースリング2018、ソーヴィニヨン・ブラン2018をテイスティングしました。

醸造所サザン・バンダリーは、1982年ニュージーランドの南島ワイパラ地区に設立し、ワイパラ地区で最初にブドウを栽培したパイオニア的な存在で、4世代に渡る家族経営の老舗ワイナリーです。

作り出すワインは全てワイパラ地区・マールボロ地区の100%自社畑にこだわり、サステーナブル農法(有機栽培で生態系を壊さない、人にも環境にも安心安全な営み)を取り入れ、質の高いワインを作り出しています。

ワイパラ地区は、南島の中心都市クライストチャーチから北へ約60㎞・車で約1時間の場所で、ニュージーランドで最も新しく成長を続ける産地の一つであり、冷涼な気候でピノ・ノワールやリースリングの栽培に適しています。

日照量が多く、降水量が少ない穏やかな気候で、寒暖差が酸やアロマを生み出し、石灰質土壌の為、繊細で高品質のブドウ育成に適した土壌環境です。

①ピノ・ノワール 2017

生産地 ワイパラ
アルコール度数 13%

フレッシュなレッドベリーやチェリーのアロマが印象的で、果実味が口の中に広がり、ブドウの熟成度、緻密なタンニンが感じられます。

6ヶ月間オーク樽熟成+6ヶ月間ステンレス・タンク熟成されている為、複雑な味わいが表現された赤ワインです。

果実味のボリュームが牛肉の旨味を引き立て、フレッシュな酸味がさっぱりと流してくれるので牛肉料理にピッタリです。

・ローストビーフ

5

・ステーキ

3

②ピノ・グリ 2017

生産地 ワイパラ
アルコール度数 12%

洋梨・生姜の皮・ハチミツ・イチジクなどの豊富なアロマを持ち、ステンレス・タンクで熟成されたフレッシュで爽やかな白ワインです。

ジューシーで深みがあるので口の中に余韻が残り、料理にも合わせやすいデイリーワインです。

香りがスパイシーなのでしっかりした味わいの料理との相性が良く、今回はチキン南蛮、グリーンカレーとマリアージュしました。
料理を引き立てるバランスの良いワインです。

・チキン南蛮
8

・グリーンカレー

6

③リースリング 2018

生産地 ワイパラ
アルコール度数 13%

柑橘類やオレンジの花などのアロマが豊かで、酸味と程よい甘さのバランスが良く、ステンレス・タンクで熟成されたフレッシュでフルーティーな白ワインです。

ポトフや鯵の香草パン粉焼きなど素材を活かす味付けの料理との相性が良く、繊細で優しい口当たりが印象に残ります。

・ポトフ

7

・鯵の香草パン粉焼き

9

④ソーヴィニヨン・ブラン 2018

生産地 サウスアイランド
(ほぼワイパラ区域のブドウを使用していますが、エリアを拡大している為、一部ワイパラ区域以外のブドウも混ざっています。)

アルコール度数 13%

パッションフルーツや若草のアロマに加えて、ハーブの様な爽やかでスッキリした飲みやすい白ワインです。

ミネラルも豊富に感じられ、ステンレス・タンク熟成により清涼感が保たれています。

アサリからあふれ出る旨みと爽やかなソーヴィニヨン・ブランがマッチしますし、ホタテのミネラルあふれる味わいとワインの持つミネラル感の相性が良いので、魚介類とのマリアージュがオススメです。

・ボンゴレ ビアンコ

4

・ホタテのカルパッチョ

2

醸造所サザン・バンダリーが生産する「ザ・スプリングス」は高いコストパフォーマンスで人気を集めるオススメのニュージーランドワインです。

杉山

タグ : , ,

1 / 251234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information